fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2008/04/28 (Mon) 01:38
2008年4月~6月の個人的連ドラ順位(4月27日終了時点)

1「トップセールス」
(…→2→2→1)
自殺による死者が出る展開になるとは思ってませんでしたからビックリでした。阿部は営業マンとしては優しすぎ弱すぎだったんでしょうね。阿部と販売最下位争いしている同僚のおデブちゃん社員ぐらいの脳天気図太さがあればなぁって感じでしたね。「ウーヤーター」は最後までひっぱるんですかねぇ。私このかけ声は知ってますけど「少年ジェット」がどんな話なのかは全然知りません。

2「ラスト・フレンズ」
(…→1→1→2)
宗佑登場するシーンが何か昼ドラみたいに思えるんですけど(^^;)。瑠可の所に逃げ込んだ美知留ですけど今後どうなるんですかね。顔が腫れ上がるぐらいに殴られたのなら病院に行って診断書とかもらえばすぐ告訴できると思うんですけどそこまでは踏み切れずに結局また宗佑の元に戻ってしまうんでしょうね。


3「絶対彼氏」
(…→…→4→3)
お気楽に見られておもしろいですよねぇ。もこみちさんの棒演技がこんなにロボット役に合うとはって感じで。今後はヒロイン巡るロボットと人間の男の三角関係になってゆくんでしょうか。洋菓子メーカーが舞台なんですからもっと美味しそうな洋菓子の場面とかも欲しいですね。

4「Around40~注文の多いオンナたち~」
(…→3→3→4)
今回は病院物ってゆう感じでしたよね。瑞恵の変貌ぶりがものすごかったですね。恋による心ときめきは凄いなあって感じがわかりやすく出てました。でも息子は敏感に変化感じてましたけど夫の方は全然気づいてませんでしたよね。

5「ホカベン」
(…→…→5→5)
実父による娘への性的虐待でしたからおぞましい展開でしたね。結果的に父親の方もさっさと離婚に応じて娘の親権渡していた方が社会的信用は失わなくてすんだのにって事ですよね。今回は母子救う為の戸籍法でしたけどあれって少年犯罪の加害者少年の場合とかにも適用される訳でしょう。神戸の酒鬼薔薇事件の加害者も名前変えて生活してるんですもんね。

6「新・科捜研の女4」
(…→…→7→6)
今週は野球中継の為にお休みでした。

7「篤姫」
(2→4→6→7)
篤姫と尚五郎が会うのはこれで最後かっと思わせてからこれで2回会ってますよねぇ。大奥に入ってしまうと流石に会えなくなってしまいますから今日が別れになるんですかね?次の再会は江戸幕府崩壊後って事なんでしょうか。

8「猟奇的な彼女」
(…→…→8→8)
初回同様面白い部分もあるけど何か無駄にだらだら~ってゆう部分もあるってゆう感じですよね。田中麗奈さんってこんな怖い顔でしたっけ(^^;)。可愛く見えませんよねぇ。これって可愛い時と猟奇的に切れてるギャップが見物のはずなのにって感じが。ガリレオのパロディはワロタ。

9「パズル」
(…→…→12→9)
初回の時はトリックもどきでつまらんなぁと思ってしまったんですけど2話目はおもしろく感じてしまいました。キャストに慣れたからでしょうかね。今後もっと↑になるかも。男子生徒3人のそれぞれの個性が弱いかなぁって気が。皆同じ感じですよね。

10「おせん」
(…→…→…→10)
初回ではまだ何ともって感じですけどねぇ。蒼井優さんの着物姿は可愛いですけど一体いつの時代の人間やねんってゆうキャラですよね(^^;)何かあの料亭の中だけで純粋培養されて育った様なキャラですし。今時電子レンジとかミキサー知らない人って凄いですな。内さん演じる板前の方がメイン?に見える感じもありましたけど。板前成長記って感じになるとちょっとな~って感じですね。

11「警視庁捜査一課9係3」
(…→…→9→11)
浅輪兄弟にからめての兄弟物だったんでしょうけどどっちもどっちでどうしようも無い馬鹿兄弟ってゆう感じでしたよね。浅輪の兄は過去に何やらかして母親に迷惑かけたんでしょ。借金しまくってトンズラこいていたとかなんですかね。

12「7人の女弁護士2」
(…→8→13→12)
学校なんかで生徒が自殺した場合の遺書ってこのドラマみたいに学校関係者によって隠されていたりって本当にありそうな感じしますから怖いですよねぇ。イジメで自殺って事になるとマスコミも殺到しますし。

13「バッテリー」
(1→6→10→13)
普通あんなすごい素質あるピッチャーってリトルリーグにゆくんちゃうの?って気がしますけど中学校が舞台にならないと児童文学小説になりませんもんね(^^;)。話自体の展開は遅いですよねえ。





1年単位半年単位のドラマも対象です。とにかく1月~3月期に60分物は4回以上30分物は8回以上ある物が対象です。
「花衣夢衣」「水戸黄門」「渡る世間は鬼ばかり」「ケータイ捜査官7」「週間真木よう子」「オトコマエ」「瞳」(週1~2は見続けると思いますけど…)「無理な恋愛」「秘書のカガミ」「密命 寒月霞斬り」「ごくせん3」「ROOKIES~ルーキーズ~」「キミ犯人じゃないよね?」はリタイア
スポンサーサイト



2008/04/28 (Mon) 01:04
5月放送予定の2時間ドラマ(放送内容変更や中止もあります)

☆月曜ゴールデン

5日「駅弁刑事・神保徳之助2」
小林稔侍、小林健、遠藤久美子、小野武彦、岡本信人、西村雅彦、大河内浩、管田俊、松尾伴内、中根徹、井上康、鳥居かほり、森廉、津村鷹志、松田洋治、浅野麻衣子他
小林稔侍さん父子がメインで共演(これまでにも共演は多数ありましたけど息子さんの方が脇役とゆう感じでしたから)ってゆうシリーズですね。稔侍さんが駅弁好きたたき上げ刑事で息子さんが警視庁のエリート刑事役(殉職した神保の元同僚刑事の息子)ってゆう設定でそこにフリーライターのエンクミちゃんがからんでくるって感じだったと思うんですけど。今度の舞台は福島の会津若松だそうで。

12日「弁護士・高見沢響子9」
市原悦子、あめくみちこ、洞口依子、梅沢富美男、朝加真由美、今泉野乃香、金山一彦ね野村涼乃田中康寛、岸端正浩、西慶子、勇静華、越村公一、小木小緒理他
昨年はありませんでした(その代わり市原さん主演で「楽園のライオン」ってゆう変なテイストのドラマがありましたけど)からお久しぶりですね。これは市原さん主演物の中ではシリアスで重めのテイストですよね。以前女子中学生が誘拐されて殺される内容で現実に同様の事件が起こって放送延期になった事もありましたね。

19日「女教師探偵・西園寺リカの殺人ノート」
 菊川玲 かとうかず子 金子昇 西村雅彦、北村総一朗、蛭子能収、大友康平、乃木涼介、舟木幸、堀まゆみ、鈴木理子、吉本選江、安田陽子、田村元治 他
菊川玲さんTBSで新シリーズなんですね。水ミスであった新聞記者物は最近無いですよねぇ。金プレでは松本清張物毎年やってますけど。このタイトルからすると学校教師役なんでしょうね。学校で起こる事件もしくは生徒や教師が巻き込まれる事件ってゆう展開なんですかね。

26日示談交渉人甚内たま子裏ファイル6
渡辺えり、宇梶剛士、平泉成、小野武彦、洞口依子、山本圭、小野寺昭、山口美也子、小林千春、橋本淳、かなやす慶行、いとうあいこ、パパイヤ鈴木他
これは交通事故の真相をつきとめるってゆう感じのドラマですから普通のサスペンスとはちょっと違いますよね。橋本淳さんって「ちりとてちん」のヒロインの弟正平役だった人ですよね。もしかしてたま子の息子役でしょうか?。




☆水曜ミステリー9

4月30日「神楽坂署生活安全課4 ご近所トラブル殺人事件」
舘ひろし、モト冬樹、藤田弓子、三浦理恵子、遠野凪子、ベンガル、清水章吾、誠直也、蒲生麻由、通山愛里、中村繁之他
予告のベンガルさんの女装姿ワロタ。何か実際にあった騒音おばさんみたいな感じになるんでしょうかね。コメディ色が強そうな感じですね。

5月7日「監察医篠宮葉月・死体は語る9」
高島礼子、地井武男、床嶋佳子、平泉成、小野武彦、金田明夫、佐戸井けん太、升毅、藤田弓子、星井七瀬、メイサツキ、浜田学、市川勇 他
高島礼子さんも主演のドラマってゆうと今はこれだけですかねぇ。土ワイドの「キソウの女」は結構好きだったんですけど昨年は無かったですし。

14日「指紋捜査官・塚原宇平 指紋は語る3」
橋爪功、中田喜子、烏丸せつこ、田中健、夏八木勲、冨家規政、渋谷琴乃、浜田学、井田國彦 木村理恵、近藤公園 他
今回で3作目ですけど1~2作目共私的に色々あった時で見てないのでどんな話なのか全然わかりません(^^;)タイトルからすると鑑識の指紋のスペシャリストが事件解決してゆく話なんでしょうか。

21日 「いい旅・夢気分3時間スペシャル」放送のためドラマ休止

28日放送作品未定



☆金曜プレステージ
2日「浅見光彦シリーズ31 喪われた道」
中村俊介 宮地真緒 出光元 柴田林太郎 小倉久寛 小島敏彦 小野了 吉満涼太 松井紀美江 渡辺康子 中山仁 野際陽子 他
1月に3週連続であったので秋ぐらいまでは無いのかっと思ってましたけどペース早いですよねぇ。宮地真緒さんがヒロインなんですね。最近時代劇でもなかなか見られない虚無僧イパーイwで楽しみ。

9日「鯨とメダカ」
田中邦衛、志田未来、高橋克実、余貴美子、八千草薫他
社長の座を追われた75歳の男性と女子中学生の心の交流が描かれるドラマらしいですけどどうなんでしょ。

16日「奇跡の動物園2008~旭山動物園物語~」
山口智充、戸田恵梨香、小出恵介、平岡祐太、伊東四朗、津川雅彦他
3作目ですけどこれまでも見てないのでおそらく見ません。

23日「最先端医療が奇跡を起こす!最強ドクターが救った命と家族の絆スペシャル4」放送の為にドラマは無し。

30日「ひみつな奥さん3 イケメンホスト殺人事件」
藤原紀香、葛山信吾、賀集利樹、新山千春、雛形あきこ他
これって前回までは殺人事件起きてませんでしたよね?。あんまりおもしろく無かった印象が(^^;)





☆土曜ワイド劇場

3日特別企画 「相棒 コンビ誕生篇」
水谷豊、寺脇康文、鈴木砂羽、高樹沙耶、勝部演之、川原和久、甲本雅裕、中村綾、武野功雄、近藤弐吉、大谷亮介、小野了 、片桐竜次、袴田吉彦他
新しく追加した部分加えて「相棒」の土ワイド1作目の放送みたいですけど映画公開に合わせての再放送って事ですよね。1作目放送の時はまさかその後現在みたいに半年単位の連ドラになってテレ朝の看板ドラマになるなんて予想できませんでしたね。懐かしさはありますけど再放送ですから見るけどあらすじとかは書きません。

10日「法医学教室の事件ファイル26」 21時~23時21分
名取裕子、宅麻伸、由紀さおり、冨士眞奈美、永島敏行、雛形あきこ、山下容莉枝、相島一之 山崎裕太、さとう玉緒他
由紀さおりさんは完全にレギュラーにって事なんですかね。犯人はどうせ永島敏行さんなんじゃって気が(^^;)

17日「ショカツの女2」
片平なぎさ、南原清隆、佐藤仁美、山崎裕太、石丸謙二郎、岡本信人、竹財輝之助、西興一郎、、金田美香、冨士眞奈美 他
これがシリーズ化になったって事は「変装婦警シリーズ」はもう終わりなんですかね?。また警視庁から管理官が来てショカツの女刑事が!みたいな展開になるんでしょうか。前回の管理官はチョロwでしたけど今回は誰なんでしょうかね。

24日「山村美紗十三回忌追悼 狩矢父娘シリーズ9京料理殺人事件」
藤谷美紀、田村亮、原田龍二、山村紅葉、平泉成、中山忍、神保悟志他
このシリーズももう9作目なんですね。中山忍さんって一作目で和美の同級生役で殺されてませんでしたっけ(^^;)シリーズ重ねると同じ女優さんが別人の役で登場ってゆうのはよくありますけど。このタイトルからすると和美が取材していた京料理の店で殺人ってゆう展開なんでしょうかね。


31日放送作品未定


☆土曜プレミアム
3日「愛馬物語」
岸谷五郎、薬師丸ひろ子、関めぐみ、西村雅彦、キムラ緑子、田中健、佐戸井けん太、
相島一之、中村嘉つ雄他
処分される寸前の一頭のサラブレッドを引き取って住宅街の自分の家の庭で世話する男性の奮闘や家族愛が描かれるそうです。

24日「裸の大将 宮崎の鬼が笑うので」
塚地武雅、大塚寧々、澁谷武尊、東国原英夫、水川あさみ、森本レオ、津川雅彦。梅宮辰夫、金子昇、柴田理恵、きたろう他
塚地武雅さん版裸の大将2作目ですけど前作も見てないので見ませんとゆうかドラマ3つ重なるので見れません

2008/04/27 (Sun) 21:22
トップセールス    3話     傷

前回小切手詐欺で車を騙し取られた槙野久子(夏川結衣さん)は1人で必死に騙し取られた車を取り戻す為に奔走していた。そして偶然町中でその車を発見して追いかけて車を返せっと迫るがその男はヤクザ系のゴロツキで久子の「ウーヤーター」攻撃wが通じる訳もなく逆に危ない状態に追いつめられる。そこに岡野(蟹江敬三さん)が駆けつける。岡野はその筋に詳しい麻雀仲間からの情報でその男をつきとめてやってきたのだった。岡野は車を返してくれと男に迫るが男はナイフ取り出して岡野に迫る。岡野は鞄から折り畳み傘を出してまるで特殊警棒の様にして男と格闘。で見事に男を倒して車の鍵を奪って車を取り戻す事ができたのだった。今回の詐欺の手口は闇金融がお金を貸していた運送会社に命じて小切手詐欺させて手にいれた車を転売するとゆう手口だったのだ。

岡野は久子の家を訪れて久子の母親光枝(十朱幸代さん)と話す。そこで光枝がどうして久子を採用してくれたのですか?っと岡野に尋ねて、岡野はそれは久子が心に傷があったからだと、セールスは頭でする物ではなく心でする物だと思っている。心に傷がある人間でないと本当に人の心には寄り添えないと考えていますと答えるのだった。この人なら自分の娘を任せても安心と思ったのか娘を頼みますと岡野に頭を下げる光枝だった。

1975年、自動車の排気ガスが大気汚染の悪化の原因となって社会問題となっていた、ミヤケモータースの営業所にも抗議のデモ隊の人々が押し掛けていた。その中の1人の母親は自分の子供が喘息で毎日ひどく苦しんでいるのを見るのがとても辛いと「車なんてこの世から無くなれば良いのに」っと叫ぶのだった。日本政府もこの問題を放っておけなくなり排ガス規制をはじめる事に。そして各自動車メーカー排気ガス規制した車が開発されて売られる様に法律改正なったのだがそれでは排気ガス規制前に製造された古い車が売れなくなってしまうとゆう事で1年間は排気ガス規制されていない車も販売して良いとゆうザル法的な部分があった。そうなると自動車販売会社は当然利益優先で残された1年間の間に排ガス規制前の古いタイプの車を売ってしまえとゆう方針になるのだった(在庫処理の面も。売れなくなってしまう訳だから余計に)。社長ら経営陣が交代したミヤケモータースも同様だった。

新経営陣は会議で各営業所所長に対して本社の販売方針を伝えるのだが岡野所長(蟹江敬三さん)はお客様の健康の為にも新型の排ガス対策車を売っていかなければならないのではないですか!っと本社経営陣に反論して衝突してしまったのだった。岡野はセールスマン時代から会社への貢献度も高かったので本社も簡単にはクビにはできなかった。その為本社からマネージャー名目で相川(モロ師岡さん)とゆう人間を送り込む事に。岡野は所長として営業所に在籍はしているものの所長の実権は全て相川が握る事になり実質飼い殺し状態にされてしまったのだった。

そんな本社の方針が1人の若いセールスマンを死に追い込んで行く事になるのだった。久子と同時期に中途入社した阿部(塩谷瞬さん)は最初の一台目販売は久子よりも遙かに早かったもののその後は優しい気弱な性格が災いしてか販売成績が伸び悩んでいた。岡野の同行訪問が無くなり1人で回る様になってからはいつも月間販売台数最下位が定位置になっていた。阿部はそれ以外にも北海道に住んでいる自分の母親が喘息で苦しんでいる為に排ガス対策されていない車を販売しなければならない事に抵抗感を感じ始めていた。おまけにこれまで厳しいが優しかった岡野に代わって実権を握った相川は成績不振の阿部を毎日言葉でネチネチと責めた為にますます精神的に追いつめられてストレスで胃が痛み胃腸薬を常用する状態に。相川はこんな駄目社員をこれまでよく放っておいたな等と岡野にもイヤミ言いまくりだった。阿部はセールスにも回らず営業所の車庫?でさぼって座り込む事も多くなってしまったのだがそんな弱音を吐い苦しんでいる阿倍に久子は「阿部さんのせいで所長が辛い立場に追い込まれているのよ…」っと責めてしまうのだった。

追い込まれた阿部は営業マンとしてやってはいけない手を使ってしまう事に。阿部の販売成績が急に伸びてなんと月間7台も販売したのだった。しかし久子は工場長(とゆうか整備責任者)か阿部が売ったのは値段の高い排ガス対策された低公害車ばかり(しかもけっこう高いオブションの付属装備付き)で不景気の現在立て続けにこんな車ばかりが売れるのはおかしいとしかも売ったのが阿部だとゆう事がひっかかるとゆう話を聞かされるのだった。工場長は岡野にこの事を報告しておくと言っていたが岡野は近々開始される店頭販売の準備の勉強で営業所に居ない日々が続いていた。

相川がお客からの代金が期日までに回収できてないじゃないかとどうなってるんだと阿部を責める。相川は代金払ってもらえないなら車を引き上げてこいっと命令し渋る阿部に代わってお客の所に向かおうとした。阿部はお客さんにはちゃんとお金をもらってますっと、そのお金を自分が…っと告白する阿部。相川は「それは横領だぞ!」っと阿部を責めて警察に突き出されたくなければすぐに弁償しろ!っと阿部に迫る。阿部がすぐには無理ですっと答えるとじゃあ北海道の母親に連絡して母親に払ってもらおうと母親に電話しようとした。阿部はそれだけはやめてください、明日までに必ず何とかしますからっと相川に懇願して母親への電話はされなかった。阿部はそのまま会社から走って飛びだして行ったまま夜になっても営業所には戻って来なかった。久子や同僚が阿倍の机の中をしらべるとものすごい数のサラ金からの督促状が見つかった。これが何を意味するのか…阿部は排気ガス対策車を販売する際に営業所が認めていた値引き幅を大幅に超える格安な値段で車を売っていた。更に高価なオプション付属品を無料でサービスしていた。値引きした差額分やオブションは阿部が自腹で払っていた(急に高価な車ばかり売れるようになった理由はこれだった)。自分の給料ではとても払えずサラ金に手を出したがそれももう借りられなくなってとうとうお客さんに払ってもらったお金に手をつけてしまったのだ。

そこに久しぶりに営業所に顔を出した岡野が。岡野は阿倍の事を知らされて慌てて久子らと共に阿部のアパートに向かう。部屋のドアには「金返せ!」等の紙がビッシリと貼られていた。岡野は部屋の電気がついてないのに部屋のガスメーターが回っている事に気づき、いかんっ!とドアのガラスをブチ破る。中からものすごいガスの匂いが。裏に回って窓ガラスを叩き割って岡野が中に入って部屋の中で倒れていた阿部の元に駆けつけて阿倍の名前を必死に叫んで呼びかけるが…もう手遅れで阿部は既に死亡していたのだった。

阿倍の母親が北海道から息子の遺骨を引き取りに来て営業所に挨拶に訪れた。母親は息子は岡野所長の事を好きで尊敬していると、岡野所長さんみたいになりたいとよく電話で話していたと。でも最近は自分の成績が悪くて所長さんの立場が悪くなって迷惑をかけてしまっていると思いつめた様に元気が無かったのだと。2人の話を聞いていた久子は「私のせいですっ」と「阿部さんが車を売らないと所長が困る」と言って阿部さんを責めてしまったからっと母親に謝りながらその場に泣き崩れるのだった。岡野も最近は営業所に居る事が少なくて阿部君がそんな追いつめられた状況に置かれていた事に気づいてあげられなかった。もし側にいたらもっと早く気づいてやれたはずなのにっと「私のせいです」っと久子と共に母親に深く頭を下げて謝るのだった。2人の言葉を聞いていた母親は「なして、うちの子は死んだんでしょう。車売るのに命を捨てなければならないのでしょうか?」っと2人に問うが2人は何も答える事ができなかった。母親は「私は人さんの事は恨みたくない。だから私は車を恨みます!」っと告げて帰ったのだった

岡野は阿部が死んだ事に何の責任も感じてない様子の相川にブチ切れてぶん殴り営業所を飛びだしていってしまう。久子が公園のブランコに座っている岡野を見つけて話をする。岡野はミヤケは昔は戦闘機を作っていて太平洋戦争中17歳の自分は飛行場で毎日その整備をしていた。そこは特攻隊の基地で目の前で自分と同じか年齢の近い若い特攻兵達が片道の燃料分だけが入った飛行機に乗って特攻に旅立っていくのを見送る辛い日々だった。戦争が終わってモーターショーの会場でミヤケが作った自動車を見て思った。以前久子が自分に言った「車を売るという事はお客様と未来を一緒に作る事」と同じ気持ちだった。戦争中ミヤケの戦闘機で人の未来を断ち切ってきた俺が今度はミヤケが作った車で人の未来を作れるんじゃないかと思ったのだと。それから俺は生き直した…それなのに俺はまた人の未来を潰してしまった…っとうなだれる岡野。岡野は「おまえ、まだ信じられるか?これが人の未来を作る仕事だと」っと久子に問う。が久子も今回の事で相当ショックを受けていて迷いがあり即答する事はできなかった。岡野は「信じなくちゃな、信じなくちゃ…」っとつぶやくのだった。






その他の動きでは
柴田(椎名桔平さん)の妻の真理子(石田ひかりさん)は家を尋ねてきた久子に自分は高校時代、久子が好きなのが柴田で柴田も久子の事が好きなのだとゆう事を2人の視線の動きなどではっきりと感じていた。それで自分が好きな柴田をどうやって自分の方に振り向かせるかっと考えてあの時久子に自分が柴田の事が好きだとゆう事を伝えて欲しいとわざと頼んだのだと告白(久子がそうすれば柴田は久子が自分の事を好きでは無いと思うだろうとゆう作戦ですよね)。その作戦が当たって自分と柴田は付き合うようになり結婚したのだと。久子は今になってどうして急にそんな事告白するの、ずっと秘密にしておけば良かったじゃないと、2人が結婚した事も自分に知らせず黙っておけば良かったのにっと高校卒業して以来ほとんど会ってなかったんだから等と真理子にくってかかる。真理子はあれから7年経って柴田と結婚した今も不安でたまらないのだっと久子に。柴田と久子が一緒に居て話しているだけで気になって仕方が無いと。真理子は「私から柴田君を取らないで」っと久子に哀願するのだった。その後柴田が帰ってきて何事も無かったかの様に普通に話す2人。が真理子は久子の前で当てつけの様に柴田とのアツアツぶりを装う感じでその場に居るのが辛くなる久子。

↑の事があったので阿倍の事で自責して落ち込んでいる久子を心配して柴田が来て久子を抱きしめてくれて久子も嬉しかったが真理子の「私から柴田君を取らないで」の言葉が脳裏に浮かんで柴田を突き放して去ってしまう久子でした。

ジャーナリストの大森(山口馬木也さん)は1人の若い新聞記者の告発記事が発端となって一国の総理大臣が失脚する形になった1976年のロッキード事件を目の当たりにしてジャーナリスト魂を揺さぶられてよ~し俺もっとゆう事で頑張るのだったが編集長にうちの雑誌のスポンサー企業糾弾する様な記事のせられるかっと自分が書いた記事をボツにされておまけに担当も変えられて苦しむ事に。高村(大沢健さん)も通産省役人として排ガス規制で揺れる日本とアメリカの狭間にとゆう感じに。








冒頭はコメディタッチのアクションドラマになってましたけど中盤から後半にかけては重苦しい展開でしたよねぇ。予告で阿部が横領やらかしてしまうってゆうのはわかってましたけどまさかこんな最悪の結末で死者が出る展開になるとは思ってませんでした。でもこれはもっと周りの人が注意してあげてれば最悪の結果は防げたんじゃないかって感じでしたよねぇ。岡野が日報に目通してれば2台目ぐらいでおかしい事に気づいていたかもしれませんし(人事管理の権限取り上げられたといっても見るぐらいはできたはずで)、営業所に毎日顔出していたら阿倍の変化にも気づいていたかもしれませんよね。久子も阿部が思いつめた悲愴な表情を見せてから会社飛びだしていったのに結局追いかけもせずにずっと会社で待っていただけでしたよね。夜遅くなって岡野が知ってからようやくアパートに駆けつけたがもう既に時遅しで。もっと早く発見して助けることができたんじゃあって気が。

阿部みたいに追い込まれてしまって成績あげる為にああゆう手段取って最終的には破滅してしまうってゆうのも実際にもあるんでしょうね。自転車操業で借金繰り返してもうどうしようも無くなってお客さんから集金したお金にも手をつけてしまって…っとまさにドロ沼でしたね。自分でも破綻してしまうのはわかっているはずなのに…でしたよねぇ。今の感覚だと営業合わないんだったらさっさと転職すりゃ良かったじゃんって思ってしまいますけどこの頃はオイルショック後で刑期が悪くて失業率も高くて辞めると次の仕事がって感じだったんでしょうね。それに転職者への世間の目も今と違って厳しかったでしょうし(あの頃って倒産とかでも無い限り普通一度入った会社で定年まで勤め上げるってゆうのが普通でしたもんね)。阿部も中途入社って事はこの会社も転職だったんでしょうし。


真理子イラネって感じが。柴田と久子だけでええやんって気が。ドラマ上この三角関係必要なの?。何かものすごく嫌な女ですよね。お嬢さんで育ちは良いのかも知れませんけど性格は最悪ですな。久子の言う通り結婚の事も知らせなければ良かったんですよねぇ。わざわざ知らせたって事は自分と柴田の結婚の姿をわざわざ久子に見せつけて勝ち誇りたかったってゆう事でしょうから。ところが2人が再会してお互いを見る目が高校時代と同じだったから急に柴田を奪われてしまうんじゃないかと嫉妬して「私から柴田君を取らないで!」って基地外じゃが仕方が無い馬鹿女ですな。

2008/04/22 (Tue) 20:58
2時間ドラマでよくありがちな事

☆ドラマの冒頭に顔が無惨に潰された死体や全身黒こげの焼死体が登場する場合はほとんど体型や年齢が似ていて血液型が同じ人間を犯人の替え玉にして世間的に亡くなった事にしている場合が多い。これは生命保険金詐欺が事件にからんでくる場合や自分の存在を完全に世の中から消して別人の戸籍で新しい人生をっとゆう場合の時に多い。歯形鑑定になった場合もその歯医者も犯人とグルであるもしくは犯人の健康保険証で歯医者に行かせる工作をしている。最近はDNA鑑定になった為にその元になるサンプル自体(ヘアブラシの髪の毛とか)を犯人の家族や恋人がグルになって偽装するケースも多い。


☆普通犯人役が多い人でも刑事役の時は安心だが羽場裕一さん(「刑事鬼貫八郎」は除く)と永島敏行さんは刑事役の時でも油断できない。


☆衝動的に身近にあった物で殴り殺してしまったとゆうケースが多いが室内ならまだわかる(灰皿とか置物とか時計とか色々あっても)が屋外でこれで殴って下さいっといわんばかりの手頃な握りやすそうな木の棒や石が不自然に都合良く犯人近くの地面に転がりすぎである。


☆前半善人として登場する人には必ず裏の顔があり犯人である事も多い。逆に無口で無愛想で人付き合いが苦手等の為前半疑われる人は実は良い人とかの場合が多い。


☆ドラマの中盤辺りで事件の核心に近づきつつある主人公達が道路を歩いていると暴走車(バイクの場合もあり)に轢かれそうになる(夜道で何者かに殴られる場合やヘリウムガス等で声を変えた脅しの電話がかかってくる事もあり)。犯人からのこの事件から手を引けっとゆう脅しだが逆に主人公らは自分達の探っている事が正しいと確信し事件解決に向けて張り切る結果になる。


☆事件解決後被害者の幼い子供(親が亡くなって施設か親戚の元に引き取られる)の様子を見に訪れてそっと帰ろうとする刑事に子供が無邪気に「おじちゃんバイバイ」と手をふる。そんな子供の様子を見て刑事はその子が幸せに強く生きて欲しいと願うのだった。


☆主人公や準メイン級のキャラの場合は鉄パイプでボコボコに殴られたり車に轢かれたりけっこう急所に近いところを刺されても死なずにしかも超人的な回復力ですぐに退院する。しかし殺されるキャラの場合はちょっと机の角で軽く頭をぶつけただけでこんなに出るんかいっと突っ込みたくなるぐらいドクドク大出血して即死してしまう


☆車椅子の人間は実は歩ける。目が不自由な人は実は目が見える。痴呆症の老人はボケたふりをしている。


☆途中で犯人の犯行を知り恐喝する人はなぜか人気のない夜の寂しい場所で犯人と待ち合わせておまけに既に殺人を犯している相手なのににものすごく無防備(犯人に背を向けたり)になり背後から刺し殺されたり殴り殺される。犯人が既に犯行で飲み物に毒を入れる方法を使った事を知っているのに犯人から差し出されたコーヒー等の飲み物をあっさり飲んでしまってあの世行きになるケースも多い。


☆「冥土の土産に全て教えてやろう…」(最近の2ドラでは「冥土」はあまり聞きませんけど^^;)と言って犯人が断崖の上で主人公(女性)に犯行の動機や手口等一部始終を長々と全て勝ち誇った様に話した後主人公を崖から突き落とそうとしてもみあって女性が崖から突き落とされそうになった時に刑事や警官(主人公の夫や恋人の場合や刑事達と両方駆けつける場合もある)が急に駆けつけてきて「そこまでだ!…」と声をかける。するとあっさり観念しておとなしくなる犯人(中には悪あがきで主人公にナイフ等を突きつけて抵抗する場合もあり)。


☆山村美紗物の立食パーティでは必ず誰かが「うっ」っと飲み物やコップやストロ-に仕込まれていた毒で毒殺され倒れる。


☆さっきまで家の中など屋内だったのに犯行告白になると事件関係者全てが突然断崖にワープ状態に。しかもまるであらかじめ立ち位置を決めていたかの様な見事に間隔を取った配置で佇んでいる。


☆地方が舞台の場合聞き込みついでに次々有名な観光地が登場するが地元の視聴者の人から「そんなにすぐにそこからあそこに行ける訳がないやろうっ!」とツッコミが入る様なありえないルートで登場する。


☆主人公が宿泊する旅館ではその旅館の豪華な最高の料理ばっかりがテ-ブルに並ぶ。女将役がスト-リ-の鍵を握る場合は女優さんだがそうでない時は本物の女将さんがセリフ棒読みで登場する。


☆主人公(素人探偵の場合)らが事件関係者の家を訪問してチャイム鳴らして応答がなかった時にドアノブを素手で思いっきり握って「あれっ開いてるぅ」っと言いながら部屋の中にズンズン勝手に不法侵入で入っていって死体を発見して(死体で躓く場合もあり)「キャ~!死んでるぅぅ」っと驚く。たまに現場に残ってる凶器までしっかり素手で握りしめてしまう場合もあり。


☆刑事が聞き込みに使う被害者や容疑者の写真は「こんな写真どこにあったんや?いつ撮ってん?」っと突っ込みたくなる様な背景が青色のまるで芸能人の宣伝写真やブロマイドの様な顔がくっきりはっきり写った綺麗な写真ばかりである。


☆昨日か一昨日ぐらいの事ならまだしも「何月何日の何時頃どうされてました?」っとかなり前の事を聞かれても間髪入れず「その日は何時からずっと~でした」とスラスラ答える事件関係者達。


☆独身の女性が主人公(女性3人の旅行物等)の場合旅行先で一目惚れした男性はいつも警察に殺人事件の犯人と疑われる。その男性の無実を晴らそうと主人公は奮起して真犯人をあげ男性の無実を証明するが…結局努力は報われる事なく恋が成就する事はない。


☆ドラマ中に登場する手紙はたいていの場合あんた書道何段でっか?っと聞きたくなるぐらい達筆な物ばかりである。


☆ベッドシーンの場合たいてい上に男性下に女性で男性は女性の右の肩口ぐらいをハグハグ愛撫している。(これは女性の悶える顔の表情をカメラでとらえる為だと思われる。が最近はベッドシーン自体が残念ながらほとんどない)


☆刑事がかかってきた電話を取ったと思ったらわずか2~3秒後に「何、事件の容疑者の○○が今朝△△で撲殺死体で発見された!凶器は、何!例の事件と同じバ-ルの様な物?」等と聞き返すがこれだと電話相手はよほどものすごい早口で用件を伝えないと無理である(^^;)


☆刑事が被害者や容疑者のアパ-トやマンションの聞き込みをしていると「うるさいわね~」っと頭に髪巻きカールつけたままのネグリジェ姿の水商売風の女性が眠そうな顔で登場する。(これも最近は見なくなりましたけど^^;)


☆死体を発見するのが主人公ではない場合は現場が町中や公園の場合は新聞配達人かジョギング中の人か犬の散歩中の人で現場が水辺の場合は釣り人である。


☆単発物やシリ-ズ初期の場合主人公とその相棒的な人が死体発見して驚くってゆうのはわかるがシリ-ズ重ねて20作ぐらいになっても毎回死体発見して大袈裟に驚くのは…もうあんたら普通の警察官以上に死体見慣れてるやろっと突っ込んでしまうw

2008/04/22 (Tue) 20:54
2時間ドラマによく登場するセリフ

2時間ドラマによく登場するセリフを取りあげてみました。(「お手柄!お手柄!」とか「あなたの声を聞かせて!」とか「火元はお前だ!」とか「亀さん、我々も乗ってみようじゃないか」等そのシリーズのみの物は除きます)

☆「このドロボウ猫!」
夫や恋人の浮気相手に対して妻や恋人が見下した様に吐き捨てて言い放つ言葉。

☆「こんな事をして死んだ○○さんが喜ぶと思ってるんですか…」
連続殺人を犯してしまった犯人の最後の犯行を止めようとする時に主人公か刑事が犯人説得する時に出る言葉。昔は断崖でのシーンが多かった。しかし復讐殺人の原因になった被害者の中には草場の陰で「よく私の怨みを晴らしてくれた。ありがとう△△」と思っている人もいるのでは?っとつい思ってしまう事もあるのだが…

☆「待ってるから…」
殺人を犯してしまった犯人が警察に連行されてゆく時に犯人の家族(妻や子供や兄妹や両親)や恋人やたまに血は繋がっていないが家族同然の繋がりのある人等があなたが罪を償って戻ってくるまで待ってるとゆう気持ちで犯人にかけてあげる言葉。しかし身勝手で私利私欲の極悪卑劣な犯人ではなく事故や事件で殺された肉親の復讐とか視聴者が同情できる様な犯人の場合のみに限定される。

☆ 「○○さん(刑事さん)にもっと早く出会えていたら…」
既に犯行を犯してしまった犯人が主人公や刑事に諭されて自分が犯した罪の大きさや虚しさに気づいた後に後悔から出る言葉。

☆「君とはもっと早く違う場所で出会っていたかった…」
↑と同じケースだが主人公が女性でドラマ中でお互いに好意を持った男性が犯人だった場合はこれ。

☆「殺すつもりは無かったんだ…」
最初の犯行が正当防衛的な場合の時や当初全く標的ではなかった人間を殺さざるを得なくなった時の犯人に多いセリフ。しかしその犯行を隠す為に新たな殺人(犯行に気づいて脅迫してきた人間もしくは善意で自首を勧めた人等)を犯してしまうケースも多い。

☆「明日全て話しますので一日だけ待って下さい」
主人公達が事件に関して事情を知っているもしくは犯人に心あたりがあるらしい人物を問いつめた時にその人物から言われる言葉。しかし翌日その人物との約束場所に主人公達が行ってみると100%その人物は既に殺されて死体となって転がっている。

☆「あなたは子供の産めない体だからね…」
妊娠した夫の愛人が妻(不妊症や病気で子宮摘出した事で悩んでいる)に対して放ってしまう禁句(見下す様に勝ち誇った不敵な笑みを浮かべなからのケースが多い)。この言葉に我を忘れて激怒した妻が衝動的に愛人を殺害してしまう事が多い。

☆「これは事件関係者の皆さんにお聞きしている事ですので…」
刑事が聞き込み中に相手から「アリバイですか?私も容疑者なんですか?」等と問われた時の刑事の定番の返答。

☆「はっきりしたことは解剖してみないと分かりませんが…」
殺人現場で死体を見た刑事や鑑識がおおまかな死亡時刻を推定する前置きに言うセリフ。

☆「がしかし、全ては推理(推論)だ、証拠がない(トリックを崩せない)…」
だいたい22時15~20分頃主人公or刑事が推理でほぼ真犯人の目星をつけるが肝心の物的証拠がなかったりトリック崩しができない時に出るセリフ。しかし必ずその後のCM開けに主人公の家族や恋人や友人や同僚によるヒントタイムが訪れる。

☆「あなたはまだ若い…罪を償ってきっとやり直せる…」
自殺しようとする犯人を諭す時によく使われる言葉だが殺したのが1人ならともかく3人以上殺してしまった人間にまで言っている時があるがあれはちょっと無理がある。最近の2ドラは最後に犯人自殺ってゆうのを極力避ける作りになってるのでやむを得ないのだろうが…

☆「また、あんたか…」
主人公達行くところに死体ありの場合毎回殺人現場で顔を合わせる刑事にイヤミで言われるセリフ

2008/04/22 (Tue) 20:50
2008年1月~3月期の個人的連ドラ最終順位

「ロス:タイム:ライフ」が4月19日までありましたので遅くなりました。

1「フルスイング」
(…→…→1→1→1→1→1→1→1→1→1→1→1)
ドラマ始まる前は高橋克実さん主演ねぇっ大丈夫かなぁって感じでしたけど始まってみると初回から最終話までずっとひきつけられました。実話がモデルですから主人公が最後に亡くなってしまうってゆうのもわかってましたけど単純にお涙頂戴物ではなかったですよね。最終回以外は毎回その回のメイン的な感じで1人の生徒が話にからんできましたけどそれぞれ良い味出してましたよね。それぞれのエピが無駄にならずに最終回に効果的に繋がってました。話数も6話ぐらいで短すぎず長すぎず丁度良かったのではないでしょうか。この枠のドラマとしては視聴率も良かったみたいですし。

2「鹿男あをによし」
(…→…→10→9→8→3→2→2→2→2→3→2→2)
1話の時点では何これ?(^^;)ってゆう感じで不安でしたけどその後はどんどんおもしろくなる一方でしたね。不思議系ドラマに恋愛モードが邪魔にならずに上手くからまってました。奈良が舞台ってゆうのも終わってみれば神秘的で良かったですね。視聴率的には序盤の方で見るの止めてしまった人が多かったからが残念な結果になってしまいましたけど。奈良には年に2~3度は行く(柳生街道とか山の辺の道とか明日香とか)んですけど今度行く時は何かイメージ変わりそうですね。特に奈良公園で鹿とか見た時は。リチャード役の児玉清さんがこれまでのイメージ壊す様な自己中心でわがままな悪役でしたよね。まぁこの人が悪さしてなければ儀式あっさり終了しちゃっていた訳ですけど。ヒロイン2人(綾瀬はるかさん、多部未華子さん)もそれぞれ魅力的で良かったですね。最終回のキスシーンも。鹿に乗って空中飛んで銅鏡キャッチする多部さんには笑いましたけど。玉木宏さん痩せすぎな感じで神経衰弱的な役柄にピッタリでしたよね。EDの音楽と映像が良かったですね。毎回次回が気になる所でドラマが終わってあのEDテーマ曲への流れも良かったですぅ。

3「あしたの、喜多善男」
(…→2→2→3→4→5→4→4→4→3→2→3→3→3)
全体的に地味な感じは否めませんでしたけど安定しておもしろい味わい深いドラマでしたよね。小日向文世さん主演って事で視聴率は最初から苦戦してましたけど1話短縮とかにならず善男が自殺すると決めてからの11日間を1日1話で11話まできっちり描けたのは良かったですね。最後もほとんどの人間にとってはハッピーエンドとゆうかこれからの新しい人生に希望や生き甲斐を持ってのぞんでゆけるってゆう感じでしたし。この喜多善男ってゆうキャラには小日向文世さんピッタリでしたよね。ネガティブ善男が登場するシーンの演じ分けは流石でしたよね。民放の連ドラ初レギュラーだった松田龍平さんのキャラも良かったです。今後も色んなドラマに出て欲しいですよね。宵町しのぶ役の吉高由里子さんは強烈なキャラでしたよね(^^;)。殺人事件の真相が驚きもなくちょっとショボかったかなって感じはありましたけど。役名もわからない様な女子社員が共犯でしたし。

4「相棒season6」
(1→1→3→2→2→2→5→7→7→6→4→4→4→4)
個人的に大好きなドラマなので必ず上位には来るんけど絶対に1位にはならないなぁって感じですね。ってゆうのも基本的に1話完結物で硬軟色んなタイプの事件が複数の脚本家さんによって描かれるので1クール中に1~3作ぐらいは自分の好みに合わないなぁってゆうのが必ずあるんですよね。GWに映画版公開って事でしたから映画に繋がる様な本編終了になるのかと思ったらそれは無かったですね。再来週の土曜ワイド劇場(5月3日)で「相棒」の土ワイド版1作目を新しく撮影したシーン加えて放送するみたいですけど映画公開に合わせてなんですね。

5「ちりとてちん」
(2→3→6→5→7→6→3→6→5→5→6→6→5)
前半3ヶ月の盛り上がりに比べると後半3ヶ月はやや物足りなかったかなぁってゆう感じもしましたけど久しぶりに毎日朝ドラが楽しみだなぁっと思えるドラマでしたね。結局続編はあるんですかねぇ?スピンオフ的なドラマはあるみたいですけど。ラストが新たな生命の誕生と廊下で自分の子供が産まれて嬉しくて号泣する草々。ベッドの上で出産終えて幸せそうな母親の顔で微笑む喜代美で終わりってゆうのは良かったですね。最後は弟子とか含めた大人数でのドタバタな場面で終わるのかな?っと思ってましたから。貫地谷しほりさんはもちろん良かったですけど母親糸子役の和久井映見さんが良かったですね。

6「だいすき!!」
(…→…→9→11→5→7→8→5→3→4→5→5→6)
美代子が胃癌になってしまった時は亡くなるのか?って感じでしたけど死ぬ展開にならなくて良かったですね。ひまわりの子育てとゆう点では本当に大変なのはこれからの様な気もするんですけど。ひまわりが成長して知的障害の事を理解して自分の母親がそうだと知った時にどんな反応になるのかとか。まだ現在の小学校1年生レベルの話だと柚子もついてゆけるでしょうけどひまわりが小学校高学年~中学生になったらもう知能レベルが完全に逆転してしまいますもんね。これは続編もあるんですかね。続きはいくらでも作れそうなラストでしたから。視聴率的にも最近のこの枠のドラマとしては良かったですもんね。連ドラ初主演の香里奈さんは頑張りはったんじゃないですかねぇ。すっぴんに近い感じでまるで別人でしたよね。今度普通の香里奈さんでドラマ主演した時に果たしてどうですかね。

7「薔薇のない花屋」
(…→…→7→8→10→10→11→10→11→9→10→9→7)
野島さんだからもっと過激な内容になって不幸な死者とかが出る展開になるのかと思ったら意外にソフトでしたよね。現在軸での死者はゼロでしたし過去の死者も出産による死亡だけでしたし。最後は登場人物それぞれが今後の人生に新たな希望持って歩んで行くってゆうラストでした。EDで主人公とヒロインが雪山に倒れ込む様な映像があったので色んな憶測が飛び交ってましたけどドラマの本筋には何の関係もなかったですよね。私はハッピーエンドで爽やかに終わって良かったと思います。雫役の八木優希さんが可愛かったですね。

8「刑事の現場」
(…→…→…→…→…→…→…→…→6→8→7→7→8)
良いドラマだったと思いますけど4話はちょっと短すぎたかなぁって気が、最後の方が何か駆け足状態になってしまった感じが。もう2話ぐらいは欲しかったですね。ようやく各警察官のキャラがわかってきた頃にもう終わりでしたからねぇ。

9「ロス:タイム:ライフ」 
(…→…→…→…→12→13→13→13→8→12→12→13→9)
5話(幼なじみ編)8話(部長編)9話(ひきこもり編)が良かったですね。特別編は前編は良かったですけど後編がグダグダだったのがちょっと…でした。9話で終わってればあと1~2位は↑だったのに。ドラマがはじまった頃は審判団がなんか鬱陶しかったですけど後半になってだんだん見慣れてくると気にならなくて楽しめる様になりましたね。だから今初回の頃の話見たら全然印象が変わっていたんじゃないかなぁって気が。結局途中でレッドカードで退場(ロスタイム強制終了)ってゆうのは一回も無かったですね。ロスタイムの個人差が人によってかなりありましたけど無駄に過ごしてしまった時間に比例していたって事ですよね。ひきこもり男性は12年もありましたし。

10「新・京都迷宮案内5」
(…→…→5→4→6→9→9→9→12→7→8→8→10)
杉浦があと1年で定年ってゆうのがドラマの中で何度か強調されてましたけど来年がラストシリーズになってしまうんですかね。主要キャストの方がお元気な限り続けて欲しいシリーズですのでもし終わってしまうとなると寂しいですけど。社会部遊軍設定になってからの新シリーズも味があって良いとは思いますけど私は旧シリーズの京都府警付き部署の時の方が好きですね。旧シリーズの2と3の頃が一番好きだったかなって感じです。

11「斉藤さん」
(…→4→8→7→3→4→6→8→10→11→9→10→11)
前半の強烈なインバクトに比べると後半はちょっと…ってゆう感じでしたけどまずまず面白かったですね。観月ありささん主演の連ドラ最後まで見たのもかなり久しぶりでした。斉藤さんも良かったですけどミムラさん演じる真野若葉のキャラが良かったですね。結婚してしばらくドラマ出演とかなかったですからもしかして引退?っと思ってましたから復帰は嬉しいです。高視聴率だったって事は皆心の中では斉藤さんの様になりたいっと思っている人が多いんでしょうか。でも実際に斉藤さんの様に行動するのは無理ですもんね。注意してうるさいっとナイフで刺されてしまうとか現時にありそうですし。

12「交渉人~THE NEGOTIATOR~」
(…→7→12→10→11→8→7→3→9→10→11→11→12)
最終回の印象が最悪だったのでここまでズルズルと下がってしまいました。このドラマって全8回でしたけど打ち切りでそうなったんじゃなくて最初からその予定だった訳ですよね。それなのに前半の展開がやたら無駄にゆったりしてて中盤からめちゃめちゃジェットコースター的になってラス前とか最終回になって突然これまで全然触れられても匂わせてもなかった後付けの新事実が何個も明らかになってごちゃごちゃしたままえっこれで終わりってゆう感じだったので何かなぁって感じでした。展開によってはもっとおもしろくなったのにっとゆう感じがするので惜しいなあってゆう気が。この枠としたら視聴率は良かったので米倉さん主演ではまた何かドラマあるでしょうね。

13「篤姫」
(3→6→13→13→13→12→12→12→14→13→13→12→13)
篤姫誕生から成長、生家の今和泉島津家から島津本家に養女に、で家定の御台所になる為に江戸に向かうってゆうまでが3月までの流れでしたけど4分の1終了してまだここまでしか進んでないのかって感じも(^^;)これって最終的には江戸幕府終焉で明治維新の時点までなのかその後篤姫が亡くなるまでの暮らしも描かれるのかどこまでなんでしょ。幕末までなら確かにこれぐらいのペースじゃないと1年間話が持たないかなって感じはしますけど

14「3年B組金八先生8」
(…→5→4→6→9→11→10→11→13→14→14→14→14)
これまでなら3月最終週に最終回卒業2時間SPってゆうのが定番でしたけど3月3週目の通常の1時間の放送であっさり終了で寂しかったですね。実質1話(2時間分)短縮だったって事ですかね。だから美香や特に大将の問題も何か中途半端に終わってしまった感じが。何か霊能力の回でもう脚本の人投げたのかな?って気がしてしまったんですけど。さて新シリーズはあるんですかねぇ。あったら見てしまいますけど。やるとしたら普通路線に戻して失敗してしまいましたから6や7以上に過激にするしか無くなってしまう気がするんですけど。でも7以上に過激って事になるともうクラスから死者が出るとか殺人犯が出る様な展開になってしまいますかねぇ(^^;)


1年単位半年単位のドラマも対象です。とにかく1月~3月期に60分物は4回以上30分物は8回以上ある物が対象です。
「京都へおこしやす!」「1ポンドの福音」「安宅家の人々」「三代目のヨメ!」「ハチミツとクローバー」「鞍馬天狗」「エジソンの母」「ネコナデ」「コスプレ幽霊 紅蓮女」「貧乏男子 ボンビーメン」「佐々木夫妻の仁義なき戦い」「未来講師めぐる」「四姉妹探偵団」「幻十郎必殺剣」は「水戸黄門第38部」その他昼ドラや特撮物はリタイア



前半は「フルスイング」がぶっちぎりで独走かなって感じでしたけど後半「鹿男あをによし」と「あしたの、喜多善男」が激しく追い上げて競馬に例えると3頭横並びの写真判定でハナ、ハナ差ぐらいの大接戦の上位3作品でした。

2008/04/21 (Mon) 21:11
2008年4月~6月の個人的連ドラ順位(4月20日終了時点)

1「ラスト・フレンズ」
(…→1→1)
上野樹里さんが良いですねぇ。外見もボーイッシュになったってゆうのもありますけどそうゆう
人にちゃんと見えますもんね。初回は現在の美知留が過去を後悔しながら振り返るって感じでしたけど2話では瑠可があの時の事を後悔するみたいなナレーションがありましたね。美知留は最後まで生き残ってますけど果たして誰が亡くなるんでしょうか。

2「トップセールス」
(…→2→2)
岡野所長みたいな上司は良いですよねぇ。仕事にはめちゃめちゃ厳しいけど道が開ける様にちゃんと優しくアドバイスもしてくれるとゆう感じで。ただ怒鳴りつけるだけの上司とは全然違いますよね。女性の車の営業マンって現在でもそんなにめちゃめちゃ多くは無いですよねぇ。ショールームとかで案内している女性はいますけど。

3「Around40~注文の多いオンナたち~」
(…→3→3)
このドラマの天海さん良いですねぇ。松下由樹さんの家に居場所が無い主婦ぶりもなかなか。最近は個人の町医者では内科とか外科は減ってますけど精神科とか神経科は増えてますもんねぇ。それだけ悩み多き人が増えているって事ですかねぇ。開業するのも他の科よりは医療器具とかが要らないので安くて済むしそんなに広いスペースも要らないからですかねぇ。

4「絶対彼氏」
(…→…→4)
即リタイアだと思ってたんですけどおもしろかったですよ。もこみちさんロボット役はけっこうハマってますよね。どうゆう展開になるんでしょ。ロボットのナイトがインプットされたデータ以外に自分の感情持ったりとかするんですかね。

5「ホカベン」
(…→…→5)
視聴率は初回から厳しい数字でしたね。2話続き物で前半がこれだと後半は更に落ちますよねぇ。この枠は最近は明るめのコメディ系の物が続いてましたから嫌われたんでしょうか。弁護士物でコメディより私はこうゆう方が好きですけどねぇ。

6「篤姫」
(2→4→6)
前期よりはおもしろくなってきたと思いますけど相変わらず話が進みませんねぇ。早く大奥編になって欲しいんですけど。

7「新・科捜研の女4」
(…→…→7)
まぁいつもの科捜研って感じでしたよね。若村麻由美さん新レギュラーは嬉しいです。加藤虎ノ介さんゲストってゆう事でてっきり犯人かと思っていたら…盗聴マニアで中途半端な役柄でしたよねぇ(^^;)

8「猟奇的な彼女」
(…→…→8)
おもしろい部分もありましたけどここ必要?ってゆう部分もけっこうあったので微妙な初回でしたね。元々映画に収まる長さの物を1クールの連ドラにする訳ですからオリジナルの韓国映画とは全然別物になるんでしょうねぇ。映画は見てないので知りませんけど。

9「警視庁捜査一課9係3」
(…→…→9)
このドラマって事件自体は解決してみるとけっこう単純で雑な物が多い気が。9係の各刑事とその家族や恋人の人間関係を楽しむドラマですよね。今シリーズは浅輪の家族にスポットみたいですね。

10「バッテリー」
(1→6→10)
水泳の日本選手権で1週お休みでしたけど。次回は見ますけどこれも微妙かなぁ。

11「キミ犯人じゃないよね?」
(…→5→11)
貫地谷しほりさんと要潤さんファンは楽しめるドラマだと思いますけど。犯人が最初から丸わかりではねぇ(^^;)

12「パズル」
(…→…→12)
トリック風なドラマが大好きな人には楽しめるドラマなんでしょうけど私はそれだったらトリックやれば良いと思ってしまうひねくれ者なので駄目ですね。主要キャストにあまり魅力感じませんし。

13「7人の女弁護士2」
(…→8→13)
う~ん(^^;)前シリーズの時はもっとおもしろく感じましたけどねぇ。女性が容疑者になってその女性の無実を晴らしていくってゆうパターンばかりですからねぇ。昔のシリーズは弁護するのが必ずしも女性とは限って無かった気がするんですけど。裁判シーンとかももっと緊迫感あった気が。




1年単位半年単位のドラマも対象です。とにかく1月~3月期に60分物は4回以上30分物は8回以上ある物が対象です。
「花衣夢衣」「水戸黄門」「渡る世間は鬼ばかり」「ケータイ捜査官7」「週間真木よう子」「オトコマエ」「瞳」(週1~2は見続けると思いますけど…)「無理な恋愛」「秘書のカガミ」(安めぐみさんは可愛いですけど…)「密命 寒月霞斬り」(金曜はドラマが多いので未見リタイアしましたけどこっち見れば良かったかなぁって気も)「ごくせん3」(そこそこはおもしろいんでしょうけどマンネリなので…)「ROOKIES~ルーキーズ~」(漫画知らなければ平成版スクールウォーズみたいな感じで楽しめたのかもしれませんけど私は漫画全部読んでおもしろかったんで逆にそのイメージ壊したく無いので…)はリタイア

2008/04/15 (Tue) 23:37
篤姫   15話     姫、出陣

薩摩藩では島津斉彬(高橋英樹さん)とその父親斉興(長門裕之さん)の確執が現在も続いていた。篤姫の実父忠剛(長塚京三さん)が亡くなってから7ヶ月が過ぎていた。篤姫(宮崎あおいさん)は斉彬の息子虎寿丸と本当の姉弟の様に仲良くなっていた。

西郷吉之助(小澤征悦さん)は斉彬の庭入り番に任じられていたがある日斉彬に篤姫の輿入れ道具一式全てを整える役目を一任される事に。西郷はそんな大事な役目を自分にっと驚き自分には無理ですっと答えるのだったが斉彬はそんな西郷に「わしの前で無理という言葉を二度と申すな」と怒るのだった(怒りながらもそちを見込んでいるからだとゆう感じでしたけど)。2人が話しているところに篤姫がやって来て久しぶりに西郷の顔を見て懐かしさと嬉しさで笑顔になり話しかける。斉彬も西郷と篤姫が顔見知りだった事を初めて知り驚くのだった。そこに虎寿丸も来て体の大きな西郷に肩車してくれと頼み斉彬も認めたので虎寿丸を肩車(ってゆうよりも右肩に座らせる形)する西郷。虎寿丸は嬉しそうだった。

西郷が異例の大抜擢で斉彬の庭入り番になった事は薩摩の大久保正助(原田泰造さ)にも伝わっていた。大久保からその話を聞いた肝付尚五郎(瑛太さん)は複雑な思いにかられるのだった(本来なら自分がその役目についているはずだとゆう思いがあったんでしょうね。その役目なら篤姫に会える機会もあるでしょうし)。大久保はそんな尚五郎の辛さを察したのか尚五郎には尚五郎の良いところ(人を身分で判断しない様な所等)があります、今にきっとよい藩の役職につけるはずですっと励まし慰めるのだった。大久保は藩のお蔵役に任じられていた(藩の米蔵を管理する役人でその際升で量る時にこぼれたお米等はもらっても良い恩恵があるらしく貧しい自分への配慮だろうと感謝する大久保)。

4月末幕府は朝廷に日米和親条約を結んだ事を報告する。その報告を聞いた孝明天皇は異国嫌いの為嘆いたとゆう事だった。その和親条約締結時に井伊直弼(中村梅雀さん)と激しく対立した
水戸の徳川斉昭(江守徹さん)は就いていた要職を辞めて老中の阿部正弘(草刈正雄さん)に薩摩の動きをけん制するように申し入れる。篤姫を将軍徳川家定(堺雅人さん)の御台所にしようとしている斉彬を野心ありと警戒したからだ。が阿部もそれは斉昭も息子の慶喜がいて一橋家も将軍になれる家柄だからですかっと斉昭にも野心があるのでは?っと牽制するのだった。

虎寿丸が突如熱を出してそのままあえなく死去してしまう。斉彬もショックからか病に倒れてしまい寝込んでしまう事に。英姫(余貴美子さん)は斉彬の回復を祈って皆で病状回復の祈りを捧げるよう命じ祈祷するのだった。篤姫も含め皆祈るのだったが斉彬の病状はなかなか回復しなかった。虎寿丸死去と斉彬倒れるの知らせは薩摩にも届き、有馬新七(的場浩司さん)等はまたお由羅(涼風真世さん)の仕業(呪詛)では?っと考えもう我慢できんとお由羅を殺すべきだと血気盛んに。しかし大久保と尚五郎はそんな事をしてお家騒動になれば幕府の格好の餌食になって改易お取りつぶしになってしまうと(財政難の幕府にとって薩摩77万石は美味しいはずだから)有馬らに思いとどまる様に説得するのだった。

斉彬が寝込んでから半年が経過したが病状は回復しなかった。その為江戸でも西郷を中心に薩摩の若手藩士の間でお由羅を討つべしとゆう計画が持ち上がっていた。屋敷の至る所に自分の間者の人間をおいて調べさせていた斉彬は病床にいながらもその不穏な動きをすぐに察知して西郷を枕元に呼びつける。そして「今、そちが企んでいる事を全て断念せよ!咎はそちが全て負うつもりであろうが、そちを江戸に連れてきたわしの気持ちがわからぬか。目先の事は点にすぎぬぞ、世界を大きく見よ。そちならできると思ったから呼んだのじゃ!」と諭すのだった。

幾島(松坂慶子さん)から今回の事がお由羅の呪詛だとゆう噂が流れている事を聞いた篤姫は実際に会ってみて自分の目で確かめたいと考えて川上筑後(岡本光太郎さん)に頼んで薩摩の高輪屋敷に住んでいる斉興とお由羅の元を秘密裏に訪ねる計画を立てて実行する事に。斉彬や英姫には絶対に言わない様にと川上に釘を刺す篤姫。そして篤姫と幾島が高輪に行く日がやって来たがその事を知った西郷が篤姫の元に来て自分が命に代えても篤姫をお守りしますと警護を申し出るのだった。

斉興は島津の分家のあか抜けない田舎娘だろうと笑ってやるつもりで篤姫と対面したのだったが綺麗で凛とした感じの篤姫を見て驚いた感じに。篤姫は江戸入り後1年を経て目通りがかなったっとゆう形式的な挨拶を。話題は斉彬の病状の話になるが半年も寝込んで体の弱い奴じゃ等と言う斉興らに対してわが子を亡くす哀しさはお由羅様ならおわかりになるはずですっと返す篤姫。藩の中にはお由羅の呪詛の噂がありますがっと話す篤姫にお由羅は見るからに嘘泣きで自分はそんな事をする訳が無いと答えるのだったが…篤姫は「良かった。噂は根も葉もない偽りだったんですね」と笑顔で話すのだった。お由羅を牽制して釘を刺すには十分な効果だったとゆう事で。

幾島も更に追い打ちとゆう感じでナイスアシストを見せる。実はここだけの話だが…っと篤姫が将軍家の御台所になるとゆう事を告げたのだった。初耳だった斉興とお由羅は、とゆう事は目の前の篤姫が御台所にっと驚くのだった。篤姫と幾島ににすっかりやりこまれた斉興とお由羅の様子を警護の為に控えていた庭先から見ていた西郷も満足した感じで篤姫に感謝するのだった(お由羅暗殺の考えも完全に思いとどまる事に)。

篤姫が高輪屋敷を密かに訪ねた事を知り驚く英姫。しかもその結果高輪からは祈祷の道具などの祝いの品々が屋敷に届く結果となり英姫も篤姫に一目置くようになるのだった。斉彬の容態も回復の方向に。尚五郎にも見習い役とゆう辞令がおりてようやく藩の役職につける事になった。大久保の父親が罪を許されて島流しから戻ってきた。大久保は駆けつけた尚五郎に感謝して「これでやっと自分の未来が見えてきました」と喜ぶのだった






篤姫どこに出陣するのかと思ったら斉興とお由羅のところだったんですね。この2人も狸親父と女狐ってゆう感じですけど若い篤姫に完全に押されまくりでしたよね(^^;)最後に幾島のアシストもあって余計に。御台所になるとゆう事は今後薩摩で下手な事しでかしたら幕府として圧力かけられる恐れもあるとゆう事で今後妙な動きはするなよってゆう釘差しにはなったでしょうね。

2008/04/14 (Mon) 23:54
2008年4月~6月の個人的連ドラ順位(4月13日終了時点)

1「ラスト・フレンズ」
(…→1)
主要キャストの平均年齢が若くて重いテーマなのでどうなのかな?っと思ってましたけど初回は良かったですね。ひきこまれましたよ。ただ長澤まさみさんがおそらく毎回DVで殴られ蹴られってゆう場面があるんでしょうけど見ていて気持ちの良い物では無いですよね。その辺が回重ねていってどうなるかですね。上野樹里さんのキャラもなかなか良いですよ。

2「トップセールス」
(…→2)
まぁ手堅いとゆうかこうゆうドラマは流石NHKってゆう感じでしょうか。おそらく最後まで安定しておもしろく見られるドラマだと思いますよ。夏川結衣さんって20代の頃よりも現在のの方が若々しく見える感じもしますよね。演技も昔は綺麗だけど…って感じでしたけど最近は演技も良いですよねぇ。

3「Around40~注文の多いオンナたち~」
(…→3)
私は天海さんは苦手なんですけど初回はなかなかおもしろく見られました。ただこうゆうコメディ系のドラマは同じ事の繰り返しでだんだん飽きてくるジリ貧展開になる場合があるのでそれが心配ですな。

4「篤姫」
(2→4)
今週はこれまでの中でおもしろい回だったとは思いますけどこれが4位になっているって事は今期は全体的にイマイチなのかなぁって感じも。前期の場合「篤姫」がリタイアラインってゆう感じでしたから。

5「キミ犯人じゃないよね?」
(…→5)
貫地谷しほりさん主演で期待していた割には…ってゆう感じですね。まぁ初回の感じではこのドラマは謎解きや犯人当てよりも貫地谷さんと要潤さんの漫才の様なくだけたおもしろキャラを楽しんで下さいってゆうドラマみたいですね。それならもっと弾けても良い感じが。毎回の事件の他にヒロインの両親の死の真相が徐々に明らかになってゆく展開みたいですね。

6「バッテリー」
(1→6)
やっぱりお子様向け&若いジャニ好きの人向けって感じですね。オサーンにはちょっと…(^^;)ってゆう感じが。野球面だけで良いと思うんですけど10話も続けようと思ったら学園生活面とかその他の面も描かないと持たないんでしょうね。次回1週開くのも興ざめですしどうしようかなぁっと。

7「無理な恋愛」
(…→7)
物語の設定自体はおもしろいと思いますけどねぇ、主演がマチャアキ…。夏川結衣さんは可愛いと思いますけど。

8「7人の女弁護士2」
(…→8)
正直微妙でしたね。他のドラマ次第では見るけどリタイア状態になるかもってゆう感じで。

9「瞳」
(3→9)
今週は見ますけどおそらくリタイアかなぁっと。おおまかな話の流れがわかる様に週2~3話は見ると思いますけど。



1年単位半年単位のドラマも対象です。とにかく1月~3月期に60分物は4回以上30分物は8回以上ある物が対象です。
「花衣夢衣」「水戸黄門」「渡る世間は鬼ばかり」「ケータイ捜査官7」「週間真木よう子」「オトコマエ」はリタイア。

2008/04/07 (Mon) 01:31
2008年4月~6月の個人的連ドラ順位(4月6日終了時点)

1「バッテリー」
まぁこの4つの中では一番おもしろかったとゆうだけで他のドラマがはじまるとどんな感じになるかなぁって感じが。主役が新中学生の設定ですもんねぇ。全10話ってゆうのもちょっと長いかなぁって感じが。映画でおさまる話って事はドラマは時間的に4倍ぐらいになってるって事ですよね。

2「篤姫」
何かもう14話目の割に振り返ってみると全然話進んでないって感じがするんですけど(^^;)。江戸に出てきてテンポアップするのかなっと思ったらあらってゆう感じですし。英姫が顔隠しているのはあばたが原因だったんですね。

3「瞳」
ヒップホップダンスで若い視聴者をベテラン俳優陣&里親制度からめた下町人情物で中年以上の視聴者をってゆう事なんですかねぇ。何か中途半端にどっちつかずになりそうな気もしますけど。

4「週間真木よう子」
真木よう子さんの大ファンの人には保存版の内容かもしれませんけどドラマとしてはどうなんでしょう。初回の様な感じがずっとだとちょっと辛いかなぁって感じが。



1年単位半年単位のドラマも対象です。とにかく1月~3月期に60分物は4回以上30分物は8回以上ある物が対象です。
「花衣夢衣」「水戸黄門」「渡る世間は鬼ばかり」「ケータイ捜査官7」はリタイア

2008/03/27 (Thu) 19:49
2008年4月~6月の連ドラ

期待度の高い順番にあげてみました

1「猟奇的な彼女」TBS系日曜21時。4月20日~(草なぎ剛、田中麗奈、松下奈緒、鈴木えみ、山田親太朗、大石参月、市毛良枝、松嶋尚美、谷原章介、上川隆也、市毛良枝、他)同名の人気韓国映画の連ドラ化。純朴な青年と凶暴だがキュートな女性が繰り広げるドタバタのラブストーリー。活動が映画中心の田中麗奈さんがテレビドラマに出演ってゆうのが珍しいですもんね。「オーバー・タイム」はゲスト出演で数話って感じでしたからレギュラー出演でしかもヒロインってゆうのは初めてとゆう事で。私韓国映画は見てないんですけどかなり異色な感じなんでしょうねぇ。田中さん以外の女優陣も楽しみです。

2「ホカベン」日テレ系水22時。4月16日~(上戸彩、加藤成亮、りょう、戸田菜穂、中山恵、北村一輝、かとうかず子、大杉蓮 他)よろず相談を扱う日陰部署に配属された女性新米弁護士が厳しい現実と向き合いながら成長してゆく姿を描く。私この原作漫画の一巻だけ読んだことあるんですけどかなりシリアス系な内容(DV、幼児性的虐待、レイプ)でしたからコメディ系で無い事だけは確かですね。漫画では主人公は男性ですがドラマでは女性に設定変更って事で。上戸彩さん日テレのドラマは初出演なんですね。さてどうなるでしょうか。実はけっこう楽しみにしているドラマです。

3「新・科捜研の女4」テレ朝系木20時。4月17日~(沢口靖子、内藤剛志、加藤貴子、小野武彦、斉藤暁、泉政行、田中健、若村麻由美さん他)京都府警の科捜研の榊マリコが事件の真相を解く。旧シリーズから通算すると8シリーズ目。沢口靖子さんのライフワーク的ドラマになってきましたよね。1999年にはじまった時はこんなに続くとは思ってませんでした。色気の無い淡々とした感じの沢口さんのキャラがピッタリですな。今回から監察医役で若村麻由美さんがレギュラーとゆう事でそれも楽しみ。最近だと2005年7月~9月期、2006年7月~9月期でそれぞれ個人的順位4位と2位でしたので楽しみ。

4「ラスト・フレンズ」フジ系木22時。4月10日~(長澤まさみ、上野樹里、映太、水川あさみ、山崎樹範、西原亜希、蘭香レア、平野早香、倍賞美津子、錦戸亮他)DVやセックス恐怖症等の苦悩を抱える男女が同じシェアハウスに集まり時間を共有し合う事で前向きに生きてゆく姿を描くドラマ。若いキャストな割に内容はものすごく重そうな感じですね。同じ様な年齢で同様の悩み抱えている様な視聴者には共感できる様なドラマになるんですかねぇ。上野樹里さん髪の毛バッサリでボーイッシュでイメチェンですね(モトクロスライダー役)。最近の髪型(ボブ)はのだめちゃんのイメージが強すぎってゆうのもあるからでしょうか。

5「キミ犯人じゃないよね?」テレ朝系金深夜。4月11日~(貫地谷しほり、要潤、渡辺いっけい、池田努、金剛地武志、萩野崇、小川奈那、小島藤子 他)推理小説家志望の女性フリーターが坊ちゃん育ちの刑事の助手になって事件を解決してゆくサスペンスコメディー。朝ドラヒロインがすぐに連ドラ主演って最近では珍しいんじゃないですかねぇ。まぁ貫地谷さん演技力はありますからねぇ。貫地谷さんの様々な職業コスプレが見所の一つらしいですけど「ちりとてちん」の強烈なコスプレの後だと普通に見えてしまうかもん。

6「CHANGE」フジ系月21時。(木村拓哉、深津絵里、阿部寛、寺尾聰、加藤ローサ他)政治に全く無関心だった小学校教師(父親は国会議員)が突然総理大臣になる事に。周りは百戦錬磨の議員達ばかりで苦労しながらも一般庶民の目線を忘れずに日本の為に日本を変えるべく奮闘する主人公らしいです。キムタクが主役って事で視聴率は高いでしょうけどどうなんでしょうか。スタッフが「HERO」と同じみたいですからおもしろいかなってゆう期待はありますけど。

7「週間真木よう子」テレ東系水深夜。4月2日~(真木よう子、阿藤快、阿部サダヲ、井口昇、池田鉄洋、市川しんぺー、江口のり子、遠藤憲一、大久保佳代子、掟ポルシェ、田中哲司、辻修、中村達也、温水洋一、浜野憲太(SAKEROCK)、星野源、正名僕蔵、みのすけ、宮崎吐夢、森下能幸、ヨネスケ 他)真木よう子さんが毎週出演するヒロインよう子とゆうだけで各話のその他のキャストや脚本家や演出家は毎回変わるみたいですね。内容もラブストーリー、ホラー、コメディ等多彩とゆう事で。しかしドラマ名に女優さんの名前がそのままってゆうのは凄いですね(^^;)月刊○○ってゆう女優さん取り上げる雑誌はありましたけど。真木よう子さんって最近急に人気がって感じですけど火がついたのは映画なんですかね?私はまだ今ほどは注目されてなかった頃の「おみやさん2」最終回のゲスト出演とか「砦なき者」のコンビニではいているパンツ脱いで売ってしまう様な女子高生で妻夫木聡さん演じる犯人に首絞めセックスプレイで殺されて全裸首吊り自殺に見せかけられ(裸は無いですけどね。シルエットのみ)て犯人が女子高生の恋人として取り上げられ(マスコミが売春組織の元締めとしてその女子高生取り上げていたのでそれを苦にしての自殺に見せかけてマスコミに殺された被害者のかわいそうな恋人装う)て世間の注目集めてカリスマになる為に利用される役柄の印象が(^^;)。あれで4~5年前ですよね。

8「トップセールス」NHK土21時。4月12日~(夏川結衣、椎名詰平、蟹江敬三、原田大二郎、石田ひかり、山口馬木也、大沢健他)1974年を舞台に一流企業のOLから車のセールスウーマンに転身して自らの新しい道を切り開いて社長にまで上りつめた女性の物語。現在はダイエーで取締役副会長(就任当初は会長兼最高経営責任者)されている林文子さんがモデルとゆう事ですけど描かれるのは車のセールス部分って事なんでしょうね。実在の生きてはる人がモデルのドラマってゆうのはどうなんですかねぇ。この枠にしては8話もあってかなり長いですし。車好きの人には当時の車が登場するらしいので楽しみかもしれませんけど。実在の女性経営者モデルに描いた連ドラってゆうと2003年にTBS系でアートコーポレーション(世間的にわかりやすいのはアート引っ越しセンター)の創業者で社長で女性初の関西経済連合会副会長の寺田千代乃さんをモデルにした「あなたの人生お運びします」っゆう藤原紀香さん主演のドラマがありましたね。

9「おせん」日テレ系火22時。4月22日~(蒼井優、内博貴、杉本哲太、向井理、鈴木蘭々、渡辺いっけい、余貴美子、由紀さおり、松方弘樹、他)普段は大酒のみで天然ボケだがきっぷがよくて姉御肌の老舗料亭の若女将が奮闘するグルメ人情ドラマ。蒼井優さん連ドラ初主演にしては意外な役柄ってゆう感じですね。原作のヒロインの絵見るとこれ実写で演じられる人おらんやろって感じするんですけど(^^;)。下町風情と日本の伝統文化が描かれるって事で楽しみですけどどうなんですかねぇ。

10「7人の女弁護士2」テレ朝系木21時。4月10日~(釈由美子、原沙知絵、永井大、東ちづる、中島知子、三浦理恵子、滝沢沙織、野際陽子)2006年4月~6月期に続いてのシリーズ第2弾ですけど。7人の弁護士の顔ぶれでで前シリーズから引き続いては釈さん原さん野際さんの3人でその他の4人が前作の井上和香、南野陽子、川島なお美、柴田理恵さんから東ちづる、中島知子、三浦理恵子、滝沢沙織さんにチェンジとゆう事ですね。う~ん(^^;)このキャストチェンジは…前の方が良かった感じが。前作は個人的順位10位でしたけどねぇ。法廷で犯人を追いつめた時の釈さんの「逃げる場所はありませんよ!」が決めセリフ&ポーズですけどあれ「スカイハイ」の「お逝きなさい!」と指の角度が微妙に違うだけですよねぇ。「スカイハイ」の続編の方が良かった気が。滝沢沙織さんは連ドラ連続出演記録継続とゆう事で。

11「パズル」テレ朝系金21時。4月18日~(石原さとみ、山本裕典、木村了、永山絢斗、岩田さゆり、佐藤千亜妃、朝倉あき、辻本嘉真、金児憲史、塩見三省他)「生徒より自分、愛よりお金」が信条の表と裏の二面性の顔を持つ三十路の女教師が3人の教え子達を巻き込んで様々な事件の謎を解いてゆくドラマ。ブロデューサーと脚本家が「トリック」のコンビとゆう事で楽しみではあるんですけど石原さとみさんが三十路の教師ってゆう設定がよくわかりませんよね(^^;)。ちょっとキャストが弱めかなぁって感じも。まぁこの枠は苦戦してますもんねぇ。永山絢斗さんって瑛太さんの弟なんですね。

12「篤姫」NHK大河ドラマ。
1~3月は薩摩編でしたね。4月~は篤姫が江戸入りしていよいよ話が動き始めるとゆう感じでしょうか。薩摩編はほのぼのとした感じの部分も多かった(ホロッと来る様な哀しい場面もありましたけど)ですけど大奥に入ってからもこんな感じなんですかねぇ。舞台が変わりますから登場キャストの顔ぶれもガラっと変わるんでしょうね。大奥での登場人物は稲森いづみさん、鶴田真由さん、高畑淳子さん、高橋由美子さん等みたいですけど。和宮(堀北真希さん)と家茂(松田翔太さん)は6月までの間に登場するんですかねぇ。

13「バッテリー」NHK木20時。4月3日~(中山優馬、高田翔、森本慎太郎、斉藤由貴、堀部圭亮、千原ジュニア、ちすん、永島柊吾、松川尚瑠輝、梶原ひかり、宮崎香蓮、中尾ミエ、石橋蓮司)投手として自分の才能にかなりの自信を持ち他人を寄せ付けなかった野球の天才少年が自分とバッテリーを組むキャッチャーを得て変化し仲間と共に成長して行く姿を繊細に描く青春エンタテイメントドラマ。原作はあさのあつこさんの累計400万部を越える大ベストセラー児童文学作品で映画化もされたらしいですね。NHKの若者ドラマ向け新枠第一段のドラマとゆう事で。メイン的な3人はジャニなんですね。これはどうなんでしょ。お子さま向けドラマってゆう気もしますけど意外にハマってしまう可能性もありますね。

14「警視庁捜査一課9係3」テレ朝系水21時。4月16日~(渡瀬恒彦、井ノ原快彦、羽田美智子、中越典子、田口浩正、津田寛治、吹越満、遠藤久美子、畑野ひろ子、浅見れいな、金児憲史、加賀美早紀、誠直也、名取裕子)2006年4月~6月期、2007年4月~6月期に続いての第3弾ですけど個人的順位では両方ともその期の13位だったので今回もそんなもんかなっと。この枠のドラマでは「相棒」より↓、渡瀬恒彦さん主演物では「おみやさん」より↓ですから。人間関係とか各人のキャラは笑える部分もありますけど事件自体あまり印象に残るドラマじゃないですもんねぇ。2シーズンありましたけどどんな事件あったっけ?ってゆう感じですし。はなわさんが「この一発屋が!一発屋のくせに!」っと何度も女性に罵られて「俺は一発屋なんかじゃねぇ!」っと切れて絞殺する犯人で芸人役が記憶に残ってるぐらいで(^^;)

15「密命 寒月霞斬り」テレ東系金20時。4月18日~(榎木孝明、安達祐実、梨本謙次郎、伊吹吾郎、寺田農、とよた真帆、加藤剛他)榎木孝明さん連ドラ主演は1988年の昼ドラ「愛無情」以来って事で意外な感じが。2時間物とかでの主演はけっこうありますけどね。田舎の藩の藩士だった主人公が藩主からの密命を受けて脱藩して持ち前の機転で事件解決して行く展開らしいです。この枠の時代劇は初回か最終回どちらか2時間SP(両方の時も)なんですけど裏とドラマ3つ重なるんですよねぇ。金プレがドラマじゃ無い時なら良いんですけど…。今回も初回の日は金プレで2サステレ朝で「パズル」の初回があるので後半1時間は見られません。そうなると興ざめするのでまたリタイアもあるかなぁっと。2時間SPやるなら19時~21時にしてくれれば良いのに。

16「Around40~注文の多いオンナたち~」TBS系金22時。4月11日~(天海祐希、藤木直人、大塚寧々、筒井道隆、AKIRA、さくら、林隆三、加賀まりこ他)39歳で独身の精神科医であるヒロインを中心にアラウンドフォー(四捨五入すると40歳)になる世代の女性達の幸せと苦悩をコメディタッチで描く。何かこれだけ聞くと「29歳のクリスマス」の40歳前バージョン?って感じもしますけどどうなんでしょう。松下由樹さんが出ているから尚更そう感じるんですかね。でも予告とか見るとコメディ色が強い感じがしますけど。視聴者ターゲットは同世代の女性って事なんでしょうね。私天海祐希さん主演の連ドラってほとんどリタイア(最後まで見たのは「離婚弁護士」の1作目と「ラストクリスマス」だけ)ですからこれも微妙ですな。

17「ごくせん3」日テレ系土21時。4月19日~(仲間由紀恵、生瀬勝久、高木雄也、三浦春馬、石黒英雄、中間淳太、桐山照史、三浦翔平、小泉孝太郎、平山あや、星野亜希、佐藤二朗、魁三太郎、石井康太、脇知弘、金子賢、阿南健治、内山信二、両國宏、東幹久、江波杏子、宇津井健、他)任侠一家の跡取り娘で熱血教師のヤンクミが奮闘する2002年4月~6月期、2005年1月~3月期に続いての第3弾ですけど個人的順位ではそれぞれ4位と7位でした。だからそこそこのおもしろさはあるとは思うんですけど内容的には生徒の顔ぶれが変わっただけでワンパターンのマンネリでしょうからねぇ。何しろ不良ばかりのクラスの担任じゃないとヤンクミのキャラは生きない訳ですから。まぁ女性視聴者には今後活躍しそうな若い男性俳優が多いってゆう楽しみがあるんでしょうけど。でも男子生徒の顔ぶれはコレまでに比べると地味ですかね?土ワイドとNHK土9のドラマがありますからおそらく未見リタイアとゆう事で。

18「絶対彼氏」フジ系火21時。4月8日~(速水もこみち、水嶋ヒロ、相武紗季、中村俊介、佐々木蔵之介、真矢みき他)イケメンの恋人型ロボットと会社の御曹司と派遣OLの3人が繰り広げるラブコメディ。速水さんと相武さんってゆうとあの「レガッタ」コンビになりますけどどうなんですかねぇ。あまり期待せずに見てみましょう。普通の人間じゃなくてロボットってゆうところが速水さんのキャラには合うかもしれませんけど。

19「秘書のカガミ」テレ東系深夜。(安めぐみ、鈴木亮平、梶原善他)スーパー派遣秘書が金と欲の渦巻く企業社会に鋭く切り込む痛快エンターテイメントドラマ。安めぐみさんのミニスカアクションが見所?みたいですけどどうなんでしょうか。安さんってゆうと私初めて見たのは1999年の深夜の鶴瓶さんと南原清隆さんのトーク番組「平成日本の夜明け」で後ろに立ってるだけの3人の中の1人(ブタの絵描いたビキニみたいなの着て)だった様な気がするんですけど安さんの仕事歴の中には入ってないんですね。私の見間違いだったのかそうゆう仕事だったから経歴に入れてないのか。

20「オトコマエ!」NHK土19時30分。4月12日~(福士誠治、斎藤工、井上和香、浅田美代子、藤村俊二、片岡鶴太郎、柴田恭兵 他)天保年間、老中首座を後ろ盾にして南町奉行の妖怪こと鳥居耀蔵が庶民を厳しく締め上げるのと対照的に北町奉行遠山金四郎景元が庶民の味方として活動している時代が舞台。元町人で怒らせると止まらない所のある北町奉行所の吟味与力と外見は着流し姿で遊ぶ洒落者だが実は評定所の物調役の遠山の金さんにあこがれる若者2人が悪を懲らしめる痛快時代劇。福士さんと斎藤さんってゆうと「風の果て」で主要人物の若い頃演じて貼りましたけど今回は全編に渡ってメインとゆう事で。時代劇も若者向けに路線変更って事でしょうか。若者にも親しめる新感覚時代劇とゆう事で。放送時間が土曜の19時30分ってゆうのがねぇ(^^;)しかも30分ですし。お二人のファンには良いかもしれませんけどどうですかねぇ。柴田さんが遠山の金さん役で片岡さんが悪役で鳥居役ですな。ヒロインは井上和香さんって事なんでしょうか。またお互いに「俺を殴れ!」と言い合って殴り合うシーンがある悪寒(^^;)

21「ハチワンダイバー」フジ系土23時10分~。5月3日~(溝端淳平、仲里依紗他)ハチワンダイバーとは81マスの将棋盤にダイバーの様に潜る能力を持つ棋士の事。素人相手の賭将棋で日銭を稼いでいた主人公が「アキバの受け師」と呼ばれる謎の女性棋士に敗れた事をきっかけにプロ棋士への道を歩むとゆうストーリー。題材は将棋みたいですけど内容は若者向けみたいですね。キャストと内容からすると。将棋が題材の連ドラって「月下の棋士」以来ですかねぇ。

22「瞳」NHK朝ドラ。3月31日~(榮倉奈々、西田敏行、飯島直子、前田吟、木の実ナナ、安田顕、菅井きん、小倉久寛、小林正寛、笹井英介、高田延彦、宇野実彩子、おかやまはじめ、吉武怜朗、森迫永依、中村咲哉、満島ひかり、田野アサミ、鈴木聖奈、香子、眞木大輔、近藤正臣、猪野学他)ヒップホップが大好きでいつかプロダンサーになる事を夢見ている涙もろく情に厚いまっすぐで男勝りで勝ち気なヒロインらしいです。そのヒロインが子供3人の里親になるとゆう事でダンスと同時に東京都の里親制度にもスポットを当てるとゆう事で。榮倉奈々さんって公称は170センチになってますけど「プロポーズ大作戦」での長澤まさみさんと比較するとどう見ても180センチ近くありますよね。長澤さんが170センチありますから。もしかして歴代NO1長身ヒロイン?。榮倉奈々さんってゆうともう既にゴールデンタイムのドラマ「ダンドリ。Dance☆Drill」で主演もしてますし月9の「プロポーズ大作戦」でもヒロインの親友で準ヒロインみたいな感じでしたからそうゆう人が朝ドラの主役にってゆうのは珍しいですよね。題材的にはあまりひかれませんねぇ。一応週1~2は見るけどリタイアかなって感じになりそう。私関東朝ドラは速攻リタイアも多いですので。

23「無理な恋愛」フジ系火22時。4月8日~(堺正章、夏川結衣、ムッシュかまやつ、夏木マリ、尾美としのり、青木さやか、鈴木砂羽、田中圭、スザンヌ、徳井義実、福田充徳 他)金も地位も名誉もあるが孤独な60歳の男が出会った25歳年下の女性に恋をしてアタックする物語。って事ですけど堺正章さんのドラマ主演ってかなりお久しぶり(13年ぶり)ですよねぇ。コメディならわかるんですけどラブストーリーってねぇ。対象は団塊世代向けなんでしょうか。単発ドラマならともかく1クールはキツイかも(^^;)

24「ROOKIES~ルーキーズ~」TBS系土20時。4月19日~(佐藤隆太、市原隼人、小出恵介、城田優、中尾明慶、高岡蒼甫、桐谷健太、佐藤健、五十嵐隼士、川村陽介。尾上寛之、村川絵梨、浅野和之、吹石一恵、伊武雅刀他)熱血新人教師が不良達の集まる高校の野球部顧問となり生徒らを更正させながら甲子園を目指す。森田まさのりさんの原作漫画は読みましたけどこれを実写でねぇ…(^^;)。漫画の川藤のイメージと佐藤さんはちょっと違いますよねぇ。原作の川藤は顔立ちはソフトな感じがしますから。これはどうゆう視聴者層ターゲットなんでしょ。漫画ファンと男性キャストがほとんどだから女性視聴者なんですかねぇ。主な女性キャストがフッキーと村川絵梨さんだけですから漫画も知らない男性視聴者にはおもしろみ無いですかね。私も見続けるかどうか微妙(^^;)

25「水戸黄門」TBS系月20時。毎度の皆さんw
実は見てるんですけど特に書くことも無いので扱いはリタイアとゆう事で。

26「ケータイ捜査官7」テレ東系水19時。4月2日~(窪田正孝、三津谷葉子、田口浩正、勝野洋、勝野洋輔、伊藤裕子、長澤奈央、渡辺典子、津田寛治、松田悟志、五十嵐令子、ミッキー・カーチス、岡本奈月、未来弥他)ごく普通の高校生がネットワーク犯罪を取り締まる組織「アンダーアンカー」のエージェントとなり戸惑い苦しみながら成長してゆく姿を描く。これはケータイ刑事の男版?なんでしょうか。放送時間からするとお子さま向けなんでしょうかね。普通なら深夜でやりそうな感じですけど。

27「花衣夢衣」フジ系昼ドラ。(尾崎亜衣、尾崎由衣、吉田真希子、吉田真由子、眞島秀和、斉木しげる、長谷川初範、長谷川朝晴、萩尾みどり他)双子姉妹が織りなすドロドロ愛憎劇とゆう事ですけどなんで今、吉田姉妹なの?って感じも(^^;)昼ドラまでチェックする時間も無いので未見リタイアかなっと。1週目は見てみるかもしれませんけど

28「ママの神様」TBS系昼ドラ。(青田典子、山下容莉枝、清水ミチコ、竹田君、川野太郎、秋本奈緒美、宮嶋麻衣 他)青田典子さんがバツ3でそれぞれ父親が違う3人の子供を育てるシングルマザー役で世間体にとらわれず日々奮闘する姿や数々の壁にぶつかりながらも前向きに子ども達と共に成長していく姿が描かれるらしいです。室井佑月さん原作。

29「渡る世間は鬼ばかり9」TBS系木21時。4月3日~(泉ピン子、長山藍子、中田喜子、野村真美、藤田朋子、角野卓造、宇津井健他)シリーズ第9弾って事ですけど足かけ通算で何年目なんでしょ。えなりかずきさんとか吉村涼さんって小さい頃からずっと出ててもう大人になってますもんね(^^;)。私は山岡久乃さん亡くなられた頃から見てませんのでリタイア。

30「東京ゴースト・トリップ」UHF系深夜(寿里、八神蓮、 小谷嘉一、 滝口幸広 、馬場良馬 、桐山漣 、進藤学、坂本直弥、坂本和弥 他)2人のイケメンいたこを中心に霊絡みの物語を描いたオカルトコメディ。男性キャストばかりですし若い女性向け?なんでしょうか。






放送局別に見ると
☆NHK
「トップセールス」
「篤姫」
「バッテリー」
「オトコマエ!」
「瞳」
何か明らかに若い視聴者開拓を狙ってる感じのラインナップですよね。「バッテリー」と「オトコマエ!」は特に。「瞳」もヒップホップダンスとかですし「篤姫」も若い人も見やすい感じにしてますしねぇ。大人向けは「トップセールス」だけ?って感じも。1974年の話ってゆう事ですから懐かし感覚で見られるって事で。個人的順位ではここ5クールずっとNHKのドラマが1位だったんですけど今期はちょっと…って感じですね

☆TBS
「猟奇的な彼女」
「Around40~注文の多いオンナたち~」
「ROOKIES~ルーキーズ~」
「水戸黄門」
「ママの神様」
「渡る世間は鬼ばかり」

ドラマのTBSの今は昔で最近は視聴率的に苦戦って感じですね。大きな変更は木22時のドラマ枠が土20時に移ったってゆう事ですかねぇ。田中麗奈さんがテレビドラマにってゆうのは実質初めてみたいなもんですからどんな感じになるんだろうって感じが。


☆テレビ朝日
「新・科捜研の女4」
「キミ犯人じゃないよね?」
「7人の女弁護士2」
「パズル」
「警視庁捜査一課9係3」

ドラマ全てが事件物ってゆうわかりやすい局戦略ですなw。そのうち3つはシリーズ物ですし。キャストの中で朝ドラヒロインが目立ちますね。「澪つくし」沢口靖子さん、「ちりとてちん」貫地谷しほりさん、「てるてる家族」石原さとみさんが主演。「こころ」の中越典子さんが主人公の娘役ってゆう感じで。「新・科捜研の女4」には「はっさい先生」の若村麻由美さんも加わりますし。



☆フジ
「ラスト・フレンズ」
「CHANGE」
「絶対彼氏」
「ハチワンダイバー」
「無理な恋愛」
「花衣夢衣」

「CHANGE」は間違いなく視聴率は良いでしょうねぇ。いろんなタイプのドラマ揃えて各世代の視聴者層狙っているって感じですかねぇ。



☆日本テレビ
「ホカベン」
「おせん」
「ごくせん3」

全て女性が主役のしかも漫画が原作のドラマとなりました。仲間さんで一番年齢が上ですもんね。注目は蒼井優さん連ドラ初主演と上戸彩さんが日テレのドラマ初登場でどんな感じになるかですね。「ごくせん3」は前作は視聴率ものすごかったですけど今回はあそこまではゆかない感じがしますね。これまでに比べると生徒役の顔ぶれがやや地味な感じが。



☆テレビ東京
「週間真木よう子」
「密命 寒月霞斬り」
「秘書のカガミ」
「ケータイ捜査官」

まぁテレ東らしいラインナップでしょうか。「週間真木よう子」が成功したら今後は他の女優さんで同様にっとかあるんですかね。フジやテレ朝が辞めてしまったので民放時代劇連ドラ枠の最後の砦になってますよね。

2008/03/25 (Tue) 20:25
4月放送予定の2時間ドラマ(放送変更や中止もあります)

☆月曜ゴールデン

7日「浅見光彦シリーズ25姫島殺人事件」
沢村一樹、加藤治子、村井国夫、浅見れいな、小野武彦、岩本多代、織本順吉、大森暁美、清水紘治、西田健、鶴田忍、堀内正美他
今回の舞台は大分県の姫島。光彦が取材でお世話になっている老舗旅館の一人娘に結婚を迫っていた街の嫌われ者の男が殺されてっとゆう展開らしいです。浅見れいなさんがヒロインですね。連ドラとかではではお馴染みの若手女優さんですけど2サスは初めてですかねぇ。記憶にありませんから。

14日「狩矢警部シリーズ4京都阿修羅王殺人事件」
船越英一郎、山村紅葉、前田亜季、雛形あきこ、涼風真世、姿晴香、石田太郎、榊英雄、渡辺大、大和田美帆、金子さやか、渋谷天外、南雲勝郎他
同じ山村美紗さん原作の池上季実子さんが祇園の旅館の女将役のシリーズとのコラボ作品もありましたけど単独では4作目ですね。狩矢警部が素人探偵の助け無しで自力で事件解決する珍しいwシリーズですね。涼風真世さんと姿晴香さんの元宝塚2人が怪しいですな。

21日放送内容未定

28日「世直し公務員 ザ・公証人7」
渡瀬恒彦、竹内都子、沖直未、山本麻生、森雅晴、片桐竜次、犬塚弘、高橋長英、結城しのぶ 吉田洋、西尾まり、河西健司、若林久弥、吉見一豊、蟹江敬三 他
3月の放送予定だったのが市川崑監督が死去で急遽映画「犬神家の一族」が放送になった関係で
4月にスライドする形になりましたね。公証人が主役ってゆう事で遺言の公正証書がからんだ殺人事件ってゆう展開が多いですけど今回はどうでしょうか。お菓子タイムも見所でしょうか。




☆水曜ミステリー9

2日「いい旅・夢気分3時間スペシャル」放送のため休止

9日「事件記者浦上伸介6 会津若松温泉ー赤べこ殺人事件」
高嶋政伸、蟹江敬三、柏木由紀子、萩原流行、黒坂真美、遠野凪子、神保悟志他
予告の感じでは凪子怪しいよ凪子って感じでしたね(^^;)。柏木由紀子さんもけっこう犯人率高い気が。3作目まで登場していた渡辺いっけいさんはもう登場しないんですかね?3作目までコンビのカメラマンだった雛形あきこさんも急に姿消して4作目では新しいパートナーかと思われた伊藤かずえさんが犯人。で前作から黒坂真美さんが登場とゆう感じですな。

16日「篝警部補の事件簿4 古都鎌倉・奇跡の石殺人水脈」
榎木孝明、小田茜、ガッツ石松、秋本奈緒美、今村恵子、佐戸井けん太、徳井優、宮下直紀他
先月も放送予定になっていて…でしたけど水ミスは放送予定変更多いから本当に放送あるまでは…ですな。

23日「鉄道警察官・清村公三郎5」
小林稔侍、布川敏和、井田國彦、川原亜矢子 他
今回は東京と箱根での連続殺人とゆう展開みたいです。これも放送予定変更あるのかも。鉄道大好き鉄道警察官(天職ですな)が事件解決するシリーズですな。でもこれも雑誌によっては放送未定になってますから変更もあるのかも。

30日放送内容未定。



☆金曜プレステージ(4月11日以降放送時間が19時57分~21時49分に変更)

4日「眉山」
常盤貴子、富司純子、山本耕史、山本學、宮崎美子、小市慢太郎、梶原善、阿南健治他
さだまさしさん原作で映画化もされてましたね。映画の母娘役は松嶋菜々子さんと宮本信子さん
でしたけど。それにしてもさだまさしさんは最近は作家ってゆう感じですよね。「精霊流し」と「解夏」も映画&ドラマ化されてましたし。

11日「剣客商売SP春の嵐」
藤田まこと、山口馬木也、寺島しのぶ、小林綾子、梶芽衣子、松方弘樹、鈴木一真、平幹二朗他
フジの時代劇ってこの枠でたまにあるこのシリーズか「鬼平犯科帳」ぐらいになってしまいましたからねぇ。

18日「山村美紗サスペンス 京都門司港殺人事件」
川原亜矢子、東幹久、山村紅葉、本田博太郎、生稲晃子、池内淳子、甲本雅裕、松澤一之、今村恵子 他
今回で3作目になりますけど2年に1作のペースですからえ~とどうゆう設定だったっけ?って感じになりますよね(^^;)。川原さんが売れない駆け出しの作家で東幹久さんが幼なじみで編集者で家が団子屋で川原さんが団子屋でバイトしてて殺人事件解決するって感じでしたっけ。その団子屋に団子買いに来る(新作団子勧めてもお気に入りのやつしか絶対買わない)怪しげな狩矢警部が本田博太郎さんってゆう(^^;)。前2作は伝説がらみだった気がするんですけど今回のは平凡?

25日「ハマの静香は事件がお好きepsode5」
片平なぎさ、赤井英和、石井正則、でんでん、田根楽子他
今回は名画の警護に当たる事になった静香達だがその絵が偽物にすり替わっていて静香達が警察に疑われる…そして殺人事件がってゆう展開みたいですね。赤井英和さん一時期よくドラマ出てましたけど最近はこのドラマぐらいですよね。



☆土曜ワイド劇場

5日「花嫁のさけび」
浅野ゆう子、西岡馬、多岐川裕美、西田健、布川敏和、冨士眞奈美、内藤武敏、中野誠也、 竜川剛、藤田宗久、桂小金治 他
ヒロイン(フリーの経済記者)が取材で知り合った商事会社社長と不倫に。その社長の妻が不審死して…っとゆう展開みたいです。何かこうゆタイトルだと外国物?って感じですけど日本人の原作ですね。これも撮影は古いんですかねぇ。内藤武敏さんが出てるって事は(今体調悪くされてるんじゃなかったでしたっけ?)。

12日「法律事務所2」
水谷豊、鈴木杏樹、島田陽子、石橋蓮司、温水洋一、水橋貴己、高橋和也、前田愛、森本亮治、
片桐竜次、遊井亮子、浜野由起子、葉山レイコ、谷村実紀、野元学二 他
昨年1度放送予定になっていたのがアジアカップサッカー中継があって放送が無くなって今年になってようやくですね。こっちがシリーズになったって事は同じ水谷さん物で神父のやつはもう終わりって事なんですかねぇ。

19日「天才刑事・野呂盆六2 “母とゆう名の罠”」
橋爪功、田中美里、かとうかず子、角替和枝、広岡由里子、西田健、霧島れいか、嶋田久作、 松澤一之、ヒロシ 他
これは今年の3月撮影でもう放送で早って感じですよねぇ。刑事コロンボ的な感じがありますけど今回はどうなんでしょうか。昨年の1作目は古畑任三郎のパクリだとかネット上で言われてましたけど遙か昔TBSの2サスで同じ橋爪さん主演でやったのは古畑よりもこちらが先ですからねぇ。どちらもコロンボのバクリやんと言われればそれまでですがw

26日「西村京太郎トラベルミステリー 日光~鬼怒川殺人ルート」
高橋英樹、愛川欽也、有森也実、森本レオ、渋谷琴乃、山村紅葉、大浦龍宇一、中島宏海、萩野崇、舟木幸、岡あゆみ、宝積有香、村田充 他 
女優陣が脇役まで楽しみな顔ぶれ。日光鬼怒川とゆう事で“見ざる聞かざる言わざる”が事件にからんでくるみたいですね。キャスト的には大浦龍宇一さんか有森也実さんが犯人臭い感じが。



☆土曜プレミアム

5日「SP(エスピー)スペシャルアンコール特別編」
岡田准一、堤真一、真木よう子、松尾諭、神尾佑、山本圭、平田満、飯田基祐、江上真悟、野間口徹、大場久美子、三代目魚武濱田成夫、北村有起哉、深浦加奈子、露木茂、片桐仁、春田純一他
連ドラのSP版ですけどこのキャストって事は連ドラ時の総集編的感じなんでしょうかね?でも本編では描かれなかったテロ事件の真相が明らかになって衝撃の結末ってゆう宣伝ですけど何かまだ騙されそうな感じが(^^;)またどうせ続くみたいな感じで終わって引っ張るんちゃうんって感じが。



☆その他ドラマ

1日フジ系「ゆっくり歩け、空を見ろ」
水野真紀、高橋ジョージ、今井悠貴、野波麻帆、淡路恵子、グッチ裕三、中村梅雀他
東国原知事ことそのまんま東さんの幼少時代の苦悩や家族との触れあいを描く自伝的ドラマ。東さんのお母さんは金の亡者的お金持ち男性のお妾さんだったんですね。見るかどうか微妙ですね。この日は他にドラマが無いので見るかもしれませんけど。

2日フジ系「世にも奇妙な物語春の特別編」
今回は伊藤英明、船越英一郎、堺雅人、北乃きい、戸田恵梨香の5人がそれぞれ主役の5編。
前回の昨年の秋のは怖い系のオチってゆうのが無かった様な気がするんですけど今回はどうですかね。

3日TBS系「渡る世間は鬼ばかり初回2時間SP」
泉ピン子、長山藍子、中田喜子、野村真美、藤田朋子、前田吟、角野卓造、徳重聡、植草克秀、村田雄浩、吉村涼、えなりかずき、中島唱子、長谷川純、佐藤B作、岡本信人、夏樹陽子、京唄子、沢田雅美、野村昭子、宇津井健他。
長寿シリーズの初回ですけど私は山岡久乃さんがお亡くなりになられたぐらいからは見てないので見ません。

3日フジ系「アテンションプリーズSP オーストラリア・シドニー編」
上戸彩、相武紗季、上原美佐、笛木優子、大塚ちひろ、清水由紀、小泉孝太郎、浅野和之、井上順、小日向文世、真矢みき他
連ドラのSP版ですけどこれも私連ドラ時にリタイアしているので見ません。

12日日テレ系「先生はエライっ!」
中島裕翔、山田涼介、知念侑李、有岡大貴、香里奈、阿部力、中田大智、田中あさみ、足立梨花、尾美としのり、榊原郁恵、ユースケ・サンタマリア他
可愛い系ジャニ4人がメインみたいですから女性視聴者には良いんじゃないですかねぇ。土ワイドと連ドラ「トップセールス」と重なっているので見られません。
 
18日テレ東系「密命 寒月霞斬り 初回2時間SP」
榎木孝明、安達祐実、寺田農、杜澤たいぶん、伊吹吾郎、梨本謙次郎、とよた真帆、加藤剛、夏原遼 他
榎木孝明さん主演の時代劇の連続物の初回ですけど後半の1時間(21時台)が金プレと「パズル」の初回と重なるので後半は見られないやって事でまた興ざめになりそうです。

19日TBS系「ROOKIES 初回2時間SP」
佐藤隆太、市原隼人、小出恵介、城田優、中尾明慶、高岡蒼甫、桐谷健太、佐藤健、五十嵐隼士、川村陽介。尾上寛之、村川絵梨、浅野和之、吹石一恵、伊武雅刀他
今期から土曜に連ドラが2枠増えましたからねぇ。これ私森田まさのりさん原作の漫画は読んだことありますから内容は知ってるんですけど実写でやるのはねぇ(^^;)笑えるかもしれませんけど。

2008/03/24 (Mon) 01:05
2008年1月~3月期の個人的連ドラ順位(3月23日終了時点)

1「フルスイング」(終)
(…→…→1→1→1→1→1→1→1→1→1→1)
教師役も生徒役のキャストも個性的でそれぞれ良かったですよね。

2「鹿男あをによし」(終)
(…→…→10→9→8→3→2→2→2→2→3→2)
不思議SF?ドラマに恋愛モードも上手く絡めておもしろかったですね。奈良が舞台の連続ドラマってゆうのも珍しかったですもんね。奈良には年に2~3回は行くんですけど今度行く時は奈良公園の鹿に対する感覚もちょっと違ったものになるかもん。

3「あしたの、喜多善男」(終)
(…→2→2→3→4→5→4→4→4→3→2→3)
最終回は地味な感じもありましたけどハッピーエンドで良かったですね。視聴率が低かったので心配しましたけどうち切られずに予定通り11話放送されて良かったです。小日向さん主演のドラマまた見てみたいなぁってゆう感じですけどこの視聴率じゃ無理ですかね。松田龍平さん「ハゲタカ」に続いての連ドラ出演でしたけど今後は連ドラ出演増えるんですかねぇ。

4「相棒season6」(終)
(1→1→3→2→2→2→5→7→7→6→4→4)
こうゆう冤罪って実際あるんだろうなぁって感じで怖いですよねぇ。「複眼の法廷」の時はメールの事を決して認めようとしなかった三雲が自白したってゆうのは驚きでしたね。特命係が25年前の真犯人を見つけてくれて錦の父親の気持ちも動かしてくれて25年間の心の重荷を解放してくれたからだったんでしょうか。裁判官辞めて(まぁこれは右京に追い込まれたってゆう面もありますけど)弁護士の仕事もしないってゆうのは三雲なりのけじめなんですかね。

5「だいすき!!」(終)
(…→…→9→11→5→7→8→5→3→4→5→5)
美代子が亡くなるラストにならなくて良かったと思います。子育て日記とゆう点では大変なのはこれからの様な気もするんですけど続編もありなんですかねぇ。最近は知的障害者や身体障害者標的の犯罪も増えているらしいですから哀しい世の中ですよねぇ。知的障害の場合は自分が騙されている事にも気づかない人もおられるでしょうから尚更。

6「ちりとてちん」
(2→3→6→5→7→6→3→6→5→5→6→6)
草若邸って大阪市内にあってけっこう土地も広そうですからけっこうな資産価値がありそうな感じですよね。税金とか相続税もすごそうですけど(^^;)。残りあと1週どんな結末になるんでしょうかね。


7「刑事の現場」
(…→…→…→…→…→…→…→…→6→8→7→7)
全然別の2つの事件が同時に並行してって感じでしたから見る人によってはおもしろくも見えるしちょっと目話すと訳わからなくなるってゆう感じもあったんじゃないかと。1つの事件で1話丸々使ってもっと掘り下げて描いてもおもしろかったのではっと。もう来週が最終回って早すぎですね。来週はバスジャック事件ですけど果たしてどうなるんでしょうか。

8「新・京都迷宮案内5」(終)
(…→…→5→4→6→9→9→9→12→7→8→8)
橋爪功さん北村総一朗さん野際陽子さんが元気な内はずっと続けて欲しいシリーズですけどねぇ。1月期の定番のドラマですからもし無くなると寂しいですよね。

9「薔薇のない花屋」
(…→…→7→8→10→10→11→10→11→9→10→9)
英治と神山の過去ですけどもっと悲惨で壮絶な物なのかと思ってましたのでちょっと拍子抜けの感じも。さて最終回どうなるんですかねぇ。美桜の父親の手術はどうなるのか?英治が本当の父親で無い事を知った後の雫と英治の関係は?美桜と英治はどうなるのか?ってゆうのが見所でしょうか。


10「斉藤さん」(終)
(…→4→8→7→3→4→6→8→10→11→9→10)
前半の強烈なインバクトに比べると後半はちょっとっとゆう感じでしたけど面白かったですね。観月ありささん主演の連ドラで最後まで見たのも久しぶりですから。復帰されたミムラさんの今後に期待。

11「交渉人~THE NEGOTIATOR~」(終)
(…→7→12→10→11→8→7→3→9→10→11→11)
おもしろくなるはずの題材なのになんかごちゃごちゃになって終盤訳わからなくなっちゃったって感じでしょうか。最後の方になって突然明らかになる新事実とか多すぎでしたよねぇ(^^;)

12「篤姫」
(3→6→13→13→13→12→12→12→14→13→13→12)
ようやく篤姫が薩摩から出る所まで来ましたね。これが薩摩の地とも桜島とも永久の別れになるってゆう事でしたけど明治になって江戸城から外に出て自由に動ける様になってからも薩摩の地には1度も帰らなかったって事なんですね。まぁ1700キロも離れてますし当時は今みたいな交通手段も無いですから大変な行程ですけどね。

13「ロス:タイム:ライフ」 
(…→…→…→…→12→13→13→13→8→12→12→13)
今週はスケート中継の為お休みでしたね。本編があと2回あってその後ぬっくんの特別編が2週って事は4月下旬まではこのドラマ続くって事ですよね。それ以降のこの枠のドラマがなかなか発表になりませんよねぇ。

14「3年B組金八先生8」(終)
(…→5→4→6→9→11→10→11→13→14→14→14)
最終回が2時間SPじゃなかったってゆうのはシリーズ3以降初めてじゃなかったですかねぇ。
結局何がヤマだったんでしょ。前半だとサトケン父子問題、後半だと大将父子問題と美香の父子問題でしょうか。全編通しての問題として裏サイトもありましたけどあっさりカタつきすぎで拍子抜けでしたよね。



1年単位半年単位のドラマも対象です。とにかく1月~3月期に60分物は4回以上30分物は8回以上ある物が対象です。
「京都へおこしやす!」「1ポンドの福音」「安宅家の人々」「三代目のヨメ!」「ハチミツとクローバー」「鞍馬天狗」「エジソンの母」「ネコナデ」「コスプレ幽霊 紅蓮女」「貧乏男子 ボンビーメン」「佐々木夫妻の仁義なき戦い」「未来講師めぐる」「四姉妹探偵団」「幻十郎必殺剣」は「水戸黄門第38部」その他昼ドラや特撮物はリタイア


「ロス:タイム:ライフ」が4月19日までありますので最終順位決定はそれ以降になります。
でも上位はもうこれでほぼ確定だと思いますけど。

2008/03/17 (Mon) 19:39
2008年1月~3月期の個人的連ドラ順位(3月16日終了時点)

1「フルスイング」(終)
(…→…→1→1→1→1→1→1→1→1→1)
カッツミー連ドラ初主演作良かったですよねぇ。ドラマのキャラに見事にはまったってゆうのもありましたけど。視聴率もこの枠のドラマとしては2番目ぐらいに良かったと思いますし。

2「あしたの、喜多善男」
(…→2→2→3→4→5→4→4→4→3→2)
どんな結末を迎えるんだろうってゆうのが楽しみですね。ハッピーエンドになるのかバッドエンドなのか。視聴率的には残念な結果になりましたけどこの役は小日向文世さんにピッタリでおもしろいドラマだと思うんですけどね。終盤にかけておもしろくなって来てますし。

3「鹿男あをによし」
(…→…→10→9→8→3→2→2→2→2→3)
1~2話の時点では何これ?(^^;)ってゆう感じでしたけど3話目ぐらいからどんどんおもしろくなってきましたよね。毎回のラスト→EDってゆう流れが上手いですよねぇ。鹿に乗った堀田が目ナイスキャッチして「MY鹿です」最高でしたよね。

4「相棒season6」
(1→1→3→2→2→2→5→7→7→6→4)
重い話でしたけど目立った外傷の無い変死で実際は殺人なのに病死扱いにされてしまってってケースなんか実際にもありそうで怖いなあっと思ってしまう内容でしたよね。ドラマの架空大学の王道ですな、城南大学はw。

5「だいすき!!」
(…→…→9→11→5→7→8→5→3→4→5)
今回のドラマで描かれていた事って知的障害者の子供を持つ親の人は皆心配に思っている事でしょうね。自分が亡くなった後この子は自立して生活してゆけるのだろうかってゆう。お金とか財産とかがたとえあったとしても本人が管理できる能力が無いですもんね。むしろそんなのがあった方が身の危険がって感じで。

6「ちりとてちん」
(2→3→6→5→7→6→3→6→5→5→6)
小草若はこれで立ち直るって事なんでしょうか。何かあっとゆう間に後2週になってしまいましたね。残りは草若の悲願の落語の常打ち小屋建設と喜代美と清海の和解って事になるんですかねぇ。続編作るのならこれで完全に終わりってゆう感じにはならず余韻残して終わるんでしょうね。

7「刑事の現場」
(…→…→…→…→…→…→…→…→6→8→7)
内容的には良かったんですけど1週開いてしまったので興ざめしたのと他のドラマも今週は終盤にかけてそれぞれ良かったですから上がり幅は少な目とゆう事で。全4話は短いですよねぇ。6話ぐらいは欲しい気が。

8「新・京都迷宮案内5」(終)
(…→…→5→4→6→9→9→9→12→7→8)
今回のシリーズってゲスト出演者の平均年齢も高かったですよねぇ。これまではシリーズ中1~2話は10代~20代の若い子がメインゲスト的な回があった様な気がしましたけど

9「斉藤さん」
(…→4→8→7→3→4→6→8→10→11→9)
最終回は斉藤さんの真野さんが仲直りで笑顔でサヨナラできるかって事ですね。斉藤さんは夫の単身赴任に息子と共について行くって事でしたけどあの家も売却して完全にこの街と決別って事なんでしょうか。家そのまま残しておくのなら何年かしたらまた帰ってくるって事ですよね。よくわかりませんけど。

10「薔薇のない花屋」
(…→…→7→8→10→10→11→10→11→9→10)
英治がるりに神山の本心を伝えなかったのはるりの為ってゆうよりも自分が神山の友人としてビデオレター撮影名目でるりの側に居たかったからなんでしょうね。っ事は雫に対する感情ってゆうのは…今はまだ子供だからアレですけど大人になってるりに似てきたりしたらヤバイ事になっていたんじゃあっとゆう感じも。英治と神山の過去ってゆゆうのは何なんでしょうね。 

11「交渉人~THE NEGOTIATOR~」(終)
(…→7→12→10→11→8→7→3→9→10→11)
なんか最終回が思いっきり↓だったのでズルズル後退って感じですな。米倉さんの女刑事のキャラそのものは良かったと思いますけど。

12「ロス:タイム:ライフ」 
(…→…→…→…→12→13→13→13→8→12→12)
常盤貴子さんの着物姿は良かったですけどねぇ。私はストレートに仇討ちの展開の方が良かったなぁってゆう感じが。昭和の設定にした意味もわかりませんでしたし

13「篤姫」
(3→6→13→13→13→12→12→12→14→13→13)
物語の本筋としては全く前に進まない寄り道の1話でしたね。あおいたむは可愛いですけどねぇ…

14「3年B組金八先生8」
(…→5→4→6→9→11→10→11→13→14→14)
金八の卒業式列席求めて3B生徒が立てこもりねぇ…どうゆうラストにしてくれるんでしょうか。







1年単位半年単位のドラマも対象です。とにかく1月~3月期に60分物は4回以上30分物は8回以上ある物が対象です。
「京都へおこしやす!」「1ポンドの福音」「安宅家の人々」「三代目のヨメ!」「ハチミツとクローバー」「鞍馬天狗」「エジソンの母」「ネコナデ」「コスプレ幽霊 紅蓮女」「貧乏男子 ボンビーメン」「佐々木夫妻の仁義なき戦い」「未来講師めぐる」「四姉妹探偵団」「幻十郎必殺剣」は「水戸黄門第38部」その他昼ドラや特撮物はリタイア

2008/03/10 (Mon) 20:05
2008年1月~3月期の個人的連ドラ順位(3月9日終了時点)

1「フルスイング」(終)
(…→…→1→1→1→1→1→1→1→1)
今やってる「刑事の現場」は違いますけど前の「ひとがた流し」や4月からの「トップセールス」とかこの枠は実話ドラマ枠になりつつありますよね。

2「鹿男あをによし」
(…→…→10→9→8→3→2→2→2→2)
鼠の使い番=リチャード、狐の使い番=長岡、が確定の回でしたね。“サンカク”が明らかになって小川や堀田は果たしてリチャードから取り戻して鹿に渡す事ができるんでしょうか。藤原の天然キャラが可愛いですな。

3「あしたの、喜多善男」
(…→2→2→3→4→5→4→4→4→3)
なんかあちこちで急展開ってゆう感じですねぇ。おもしろくなってきましたけど三波は生きていたけどみずほの為に動いていた訳ではなかったって事で。みずほの夫殺害の実行犯が捕まってみずほに頼まれたとか自白してましたけどあれは一体どうゆう事なんでしょうかね。

4「だいすき!!」
(…→…→9→11→5→7→8→5→3→4)
娘を嫁に出す父親としたらああゆう気持ちになってしまうのは仕方ないんでしょうねぇ。知的障害者が身内にいると遺伝しやすいんじゃないかってゆう偏見も実際ありますもんね。ちょっと子育て日記ってゆう感じからは脱線気味ですけどね。

5「ちりとてちん」
(2→3→6→5→7→6→3→6→5→5)
勇助は今後はこれまでに比べると嘘控えめのキャラになるんですかねぇ。喜代美って女将さんっていってもまだ26~7って事ですよね。勇助が大卒だから年齢差は4~5歳。これじゃあ草々が弟子入りした時の志保との関係とはだいぶ違いますよね。母親ってゆう感覚よりお姉ちゃんですな。

6「相棒season6」
(1→1→3→2→2→2→5→7→7→6)
夢オチでそこそこおもしろかったですけど「Wの悲喜劇」の時ほどのインパクトはなかったですよね。何かイメ-ジでは殺人事件もけっこう犯人が捕まってない様な感じがするんですけど検挙率96.7なんですね。100人中3~4人ですか。

7「新・京都迷宮案内5」(終)
(…→…→5→4→6→9→9→9→12→7)
市原悦子さんのゲスト出演ってゆうのが珍しいですよね。市原さんならではの独特なキャラ好演でしたね。まぁ少なくともあと1シリーズはあるってゆう終わり方でしたから来年は楽しめるって事でしょうか。

8「刑事の現場」
(…→…→…→…→…→…→…→…→6→8)
今週はお休みでした。祭日でも無いのにNHKの放送スケジュールって訳わかりませんよねぇ。

9「薔薇のない花屋」
(…→…→7→8→10→10→11→10→11→9) 
後半の鍵を握る重要人物の神山が登場でしたけど外見は普通な感じですけど玉山鉄二さん初のワル役って事ですから中身はとんでもない奴って事なんでしょうね。

10「交渉人~THE NEGOTIATOR~」(終)
(…→7→12→10→11→8→7→3→9→10)
所々はおもしろかっただけになんか残念な感じが。この枠にしては視聴率は良かったですから米倉さん主演のドラマはまたやるでしょうね。

11「斉藤さん」
(…→4→8→7→3→4→6→8→10→11)
柳川あっさり失脚ワロタ。柳川の息子の悩みってゆうのは結局何なの?って感じが。甘ちゃんですよねぇ。残りは斉藤さんが引っ越すのかどうか。真野さんとのお別れがどうなるのかって感じなんでしょうか。

12「ロス:タイム:ライフ」 
(…→…→…→…→12→13→13→13→8→12)
今週はドラマ等のオーディションに落ち続けながらヒーローショーの悪役やり続けている男性が主人公でしたけどう~ん(^^;)今いちよくわかりませんでしたよね

13「篤姫」
(3→6→13→13→13→12→12→12→14→13)
幾島にガンくれるあおいたむは可愛かったですけど。これって2話ぐらい見なくても十分話についてゆけるってゆうテンポの遅さですよねぇ。それとこの内容だと女性視聴者向けでしょうか。

14「3年B組金八先生8」
(…→5→4→6→9→11→10→11→13→14)
金八の息子役の佐野泰臣さんパソコンのデータがウィルス感染で流出して大変な事にって週刊誌の見出しになってましたなw。なんかグタグダで終わってしまいそうですな。おそらくこれが金八ラストになるんでしょう(この視聴率じゃ半年単位だけに新シリーズは無理でしょうから)から総まとめってゆう感じで綺麗に終わって欲しいですけど。







1年単位半年単位のドラマも対象です。とにかく1月~3月期に60分物は4回以上30分物は8回以上ある物が対象です。
「京都へおこしやす!」「1ポンドの福音」「安宅家の人々」「三代目のヨメ!」「ハチミツとクローバー」「鞍馬天狗」「エジソンの母」「ネコナデ」「コスプレ幽霊 紅蓮女」「貧乏男子 ボンビーメン」「佐々木夫妻の仁義なき戦い」「未来講師めぐる」「四姉妹探偵団」「幻十郎必殺剣」は「水戸黄門第38部」はリタイア

2008/03/10 (Mon) 20:04
あっさり復旧(^^;)

リカバリーしたらあっさり直りました(^^;)。パソコンも軽くなってキーボードも快調過ぎです
これだったらもっと早くとっととやれば良かったw
私のはまだウイン98ですけどまだちゃんと動くのでこれだったらまだ数年はこれで良いかなっと。
これまで色々入れていたアプリケーションとかはまたインストールしないといけませんけどねぇ

2008/03/08 (Sat) 00:36
フリーズしまくり(T_T)

少し書くとフリーズで再起動ばっかりでこれじゃ長文書けないよ~(T_T)
もう寿命かなぁ。リカバリーするにしてもすぐにはできないし…

2008/03/03 (Mon) 20:01
2008年1月~3月期の個人的連ドラ順位(3月2日終了時点)

1「フルスイング」(終)
(…→…→1→1→1→1→1→1→1)
長さも内容もちょうど良かったんじゃないですかねぇ。原作とゆうか原案の本がドラマの影響で売れてるみたいですね。手術ってゆう話が全然出てませんでしたから癌が発見された時点でもう手遅れ状態だったんでしょうねぇ

2「鹿男あをによし」
(…→…→10→9→8→3→2→2→2)
相変わらずよくわからないドラマですけどそこが不思議なおもしろさになってますよね。堀田の正体が明らかになって今後は小川と藤原と協力してってゆう展開になるんでしょうね。鼠と狐は使い番だけなんでしょうか。鹿はサンカクを手に入れてどこでどう使うんでしょ。

3「だいすき!!」
(…→…→9→11→5→7→8→5→3)
実際の障害者の就職ってもっと大変なんでしょうね。雇用者側の中には障害者雇用するともらえる補助金目当てってゆう輩も居るんでしょうし。姉弟愛の話には弱いですぅ(T_T)。ここに来て美代子の病気発覚の展開って事は亡くなってしまうんですかねぇ。

4「あしたの、喜多善男」
(…→2→2→3→4→5→4→4→4)
三波からみずほに電話が…ってゆうラストでしたけど声だけでしたからあれが本当に三波なのかってゆうのは実物登場するまではまだ何ともって感じですよね。でも他人が三波のふりしてみずほに接近するってゆうのも妙ですもんねぇ。

5「ちりとてちん」
(2→3→6→5→7→6→3→6→5)
秀臣の抱えていた長年の苦悩ってゆうのが明らかになって小梅とのわだかまりも解消でしたね。清海のお見合い結婚の話は無くなりましたけど今後どうするんですかね。結局東京で何をやっていたかってゆうのは?のままですよね。「寝床」で咲が推測した通りって事なんでしょうか。

6「刑事の現場」
(…→…→…→…→…→…→…→…→6)
渋い刑事ドラマですね。1つの傷害事件から日系ブラジル人の日本における様々な問題が明るみにって感じでしたけど。でもブラジルって今は中国ほどではないですけど経済発展してるんじゃなかったでしたっけ。それでもブラジルでは仕事が無いんですかねぇ。それとも日系だとゆう事で無効でも差別されるとか。爆弾犯がおばあちゃん(孤独な寂しさから)ってゆうのは驚きでしたけどあれって注意だけですむんでしょうか?爆弾が本物ではなかったとはいえ世間騒がせた訳ですから。

7「相棒season6」
(1→1→3→2→2→2→5→7→7)
今週はクイズ番組の特番ってゆう事でお休みでした。次回はコメディタッチな感じですけど果たしてどうでしょうか。

8ロス:タイム:ライフ (…→…→…→…→12→13→13→13→8)
今回のはせつなすぎて泣けました。これまでの中ではダントツで良かったですね。途中で実は2人共同じ場所で亡くなっていたんだってわかる場面は驚きでしたね。今回新しかったのは同時複数人ロスタイムでしたね。ロスタイム中の人には他人のロスタイムの残り時間も見えるんだってゆうのも。

9「交渉人~THE NEGOTIATOR~」(終)
(…→7→12→10→11→8→7→3→9)
最後は爽やかにハッピーエンドでしたけど何かねぇ(^^;)。最終回1時間で描くのは不可能でしたよねぇ。5年前の事件が主題になってからの展開が超ジェットコースター過ぎでしたよねぇ。結局よくわからないまま終わってしまった伏線もありましたし。ラス前と最終回でそれまで全く触れられてなかった事が突然後付けで登場しましたし。だからはっ?(^^;)ってゆう感じでした。

10「斉藤さん」
(…→4→8→7→3→4→6→8→10)
何か最初の頃のおもしろさが薄れてきた感じが。モンスターペアレンツってゆうタイトルだったからもっとひどいのかなっと思いましたけど先生の不用意な言動とアルバム写真紛失ならあれぐらい責められても当たり前じゃないの?っと思ってしまったんですけどねぇ。

11「薔薇のない花屋」
(…→…→7→8→10→10→11→10→11) 
展開的にはおもしろくなっているんでしょうけど他のドラマに比べると今一引き込まれないんですよねぇ。キャストの好みでしょうか。今後は雫の本当の父親が登場して安西は復讐の矛先を変えるのか?英治は?ってゆう展開になるんでしょうか。

12「新・京都迷宮案内5」
(…→…→5→4→6→9→9→9→12)
新になってからも嫌いでは無いですけど私は旧シリーズの2と3ぐらいの頃が一番好きでした。最終回2時間SPは市原悦子さんがゲスト出演って事で楽しみですね。

13「3年B組金八先生8」
(…→5→4→6→9→11→10→11→13)
3Bの生徒らも裏サイトの書き込みだけで金八と美香見る目あんなに変わるのかってゆう感じでしたよね。同僚教師らまで変な目で金八見つめてましたし。

14「篤姫」
(3→6→13→13→13→12→12→12→14)
視聴率は25%とますます上がったみたいですけどねぇ…





1年単位半年単位のドラマも対象です。とにかく1月~3月期に60分物は4回以上30分物は8回以上ある物が対象です。
「京都へおこしやす!」「1ポンドの福音」「安宅家の人々」「三代目のヨメ!」「ハチミツとクローバー」「鞍馬天狗」「エジソンの母」「ネコナデ」「コスプレ幽霊 紅蓮女」「貧乏男子 ボンビーメン」「佐々木夫妻の仁義なき戦い」「未来講師めぐる」「四姉妹探偵団」「幻十郎必殺剣」は「水戸黄門第38部」はリタイア

2008/02/27 (Wed) 00:45
3月放送予定の2時間ドラマ(放送内容変更や中止もあります)

☆月曜ゴールデン
3日TOYOTAスペシャル「明日のために…今」の為ドラマはお休み

10日ドキュメンタリー・ドラマ「昭和史プロジェクト~東京大空襲」
仲村トオルさん他。
ドラマとドキュメンタリーで東京大空襲を取りあげる番組。

17日「地球創生ミステリー マザー・プラネット~奇跡の島ガラパゴス“命”の遺産」
の為ドラマはお休み

24日映画「釣りバカ日誌16」放送

31日TBS・講談社 ドラマ原作大賞「被取締役・新入社員」
超一流の世界的広告企業に悪口・罵詈雑言引き受け係として採用されたダメ男を主人公に据えた風刺コメディらしいですけどキャストは?




☆水曜ミステリー9

5日第27回横溝正史ミステリ大賞・テレビ東京賞受賞作品 「誤算」
羽田美智子 中村敦夫 黒沢年雄 大友康平 袴田吉彦 山下容莉枝 大島蓉子 梨本謙次郎 正司歌江 辻沢響江 北原雅樹 森田直幸 萬井真代 他
この賞の作品ってこれまでのもけっこう面白い&変わった作品ばかりだったと思うので楽しみですね。京都を舞台に20億の遺産に群がる女と男の欲望が描かれるドラマとゆう事で。羽田美智子さん主演の2サスも久しぶりですよね。辻沢響江さんは旧芸名杏子さんですね。

12日「北アルプス山岳救助隊・紫門一鬼10」
高嶋政宏 渡瀬恒彦 大谷直子 田中健 今村恵子 一色彩子 小林健 片桐竜次 真島公平 金森純一 他
水ミスでは一番老舗のシリーズですよね。作品数では「信濃のコロンボ」の方が多くなってますけど。10作目ですけど展開はワンパターンですよね(^^;)山岳救助隊の主人公なんだから仕方ないですけど毎回山の遭難に見せかけての過去の殺人が現在軸で新たにまた遭難に見せかけた殺人を産むって感じで。

19日「篝警部補の事件簿4 古都鎌倉・奇跡の石殺人水脈」
榎木孝明 小田茜 ガッツ石松 秋本奈緒美 今村恵子 他
まだ4作目だったんですね。このドラマもけっこう異色な感じの展開が多いので楽しみですね。一番驚いたのは2作目の最後のテーマ曲流れるEDで末期癌で死んだドラマの犯人(息子の復讐)が殺し損なった最後の1人が交通事故死したやつですな(^^;)。この原作者の浅黄斑さんのはこのシリーズ以外にも「京女刑事・真行寺メイ」(螢を使ったトリックとか)とか「獣医・いかり七緒の殺人診断」とかちょっと普通のとは違ってますよね。

26日「ドラマスペシャル・三十万人からの奇跡~二度目のハッピーバースディ~」
骨髄移殖推進財団(日本骨髄バンク)を設立した実在の女性を内山理名さんが演じるドラマとゆう事で2サスはお休み。





☆金曜プレステージ
7日教育スペシャル「居場所を下さい…2008春」放送の為ドラマは休止
熱血教師と傷だらけの子供たちの愛と涙のドキュメンタリー第3弾。

14日「笑顔をくれた君へ~女医と道化師の挑戦~」
常盤貴子  宮迫博之  奥貫薫  上地雄輔  笹野高史  佐野史郎  泉ピン子  他
経営危機に立たされた古い小児病院で子ども達の心のケアを充実させたいとゆう志を高く持った小児科医で病院長も務める女性が道化師を呼び病気の子供らに普通の子どもらしい笑顔を取り戻そうと奮闘する涙あり笑いありの心温まるストーリーらしいです。

21日「ナースのお仕事 ザ・ムービー」放送

28日「外科医鳩村周五郎 闇のカルテ4」
船越英一郎 伊藤裕子 美山加恋 うじきつよし 藤真利子 内藤剛志 他
4作目ですけど今回で1作目からずっと引っ張っていた殺人事件(周五郎が連れてる女の子の母親が殺人犯として追われている事件)の真相が明らかになるとゆう展開みたいですね。その母親は重病みたいですから無実が晴れて最後に周五郎の手術で治って母子再会ハッピーエンドってゆう展開になるのではないかと。





☆土曜ワイド劇場
1日「犬は見た」
吉本多香美 東幹久 秋本奈緒美 渡辺裕之 春田純一 渡辺典子 松澤一之 井之上チャル 望月太郎 寺田千穂 酒井麻吏 鈴木希依子 他
もしかして今月も在庫処理月間?(^^;)このタイトルと予告ワロタ。一瞬西村寿行さん物(※人間は死んでも犬は死にません)かと思ってしまいましたけど違うみたいですね。どうせだったらソフトバンクのCMの白い犬(声は北大路欣也さん)主人公で謎解きして笑わせてくれれば良いのにw。吉本さんが犬好きの警視庁捜査一課のエリート警部で主人公ですけど吉本さんの主演ってありましたっけ?ヒロインとか双子役で犯人と殺され役両方とかってゆうのはありましたけど主演は初めての気が。

8日「女刑事ふたり2」
石田ひかり 伊藤蘭 南野陽子 泉谷しげる 長谷川初範 隆大介 志村東吾 菊池均也 松澤一之 神田利則 不破万作 他
これも2004年の撮影って事で在庫処理ってゆうかなんでこれまで放送されなかったんでしょ。確かに内容がちょっと猟奇的な感じの部分がありますからそれでですかねぇ。1作目はけっこうおもしろかった記憶があるんですけど女版相棒みたいな感じもありましたよねぇ。

15日「徳川家康と三人の女」放送のため通常の土ワイドは休止。
松平健 高島礼子 若村麻由美 星野真里  他
徳川家康と築山御前、朝日姫、淀殿とゆう3人の女性との関わりを描くドラマとゆう事で。テレ朝の連ドラ時代劇枠無くなりましたから今後はこの土ワイド枠か日曜の映画枠で年数本時代劇やるって事なんですかねぇ。

22日スペシャルドラマ「いのちのいろえんぴつ」放送のため通常の土ワイドは休止
国分太一 杉本哲太 高橋由美子 片瀬那奈 藤本七海 他
脳腫瘍で11歳で亡くなった少女が闘病中に色鉛筆で綴った詩と絵をまとめた絵本が原作で担任教師の目を通して描かれる実話を元にしたドラマ。

29日「100の資格を持つ女~ふたりのバツイチ殺人捜査~」
渡辺えり 草刈正雄 笹野高史 伊藤かずえ 宮田早苗 植本潤 平澤智 阿部六郎 春田純一 島田順司 他
何か平均年齢が高いキャストですね(^^;)渡辺えり子さんの子が取れたんですよね。100の資格って何か聞いたことも無い様なトンデモ資格も登場するんでしょうか。




☆その他
フジ系8日「夢の見つけ方教えたる!」
濱田雅功 広末涼子 森山未来 他
教育評論家の今村克彦さんの著書をドラマ化ってゆう事ですけどねぇ。土曜はドラマ重なるので見ません。

テレ朝系13日「新・科捜研の女SP」
4月からまた連ドラの新シリーズが始まりますけどそれに先がけてのSPとゆう事で。

日テレ系15日「24時間あたためますか?~疾風怒濤コンビニ伝~」
オリエンタルラジオ タカアンドトシ 山口智充 河本準一 南海ギャンディーズ 川島明 ハリセンボン レギュラー 鶴田真由 戸田菜穂 他
吉本興業の若手芸人8組によるコンビニを舞台したテレビドラマとゆう事ですけどこれもドラマ重なってるので見られません。

日テレ系17日18日「東京大空襲」
堀北真希 藤原竜也 瑛太 柴本幸 他
昭和20年の東京大空襲の中で懸命に生きようとする2組のカップルの悲恋を描くらしいです。TBSも日テレも何で今年この題材なんでしょ。

フジ系25日「プロポーズ大作戦SP」
2007年4月~6月の連ドラのSP版。連ドラの時の最終回がなんじゃこりゃってゆうラストでしたからSPがあるんだろうなっとは思ってましたけど果たしてどうゆう結末になるんでしょうか。

2008/02/25 (Mon) 00:59
2008年1月~3月の個人的連ドラ順位(2月24日終了時点)

1「フルスイング」(終)
(…→…→1→1→1→1→1→1)
最終回は(T_T)(T_T)(T_T)でした。ドラマだから実際の話よりはかなり誇張されて描かれてるんでしょうけど誰からも慕われる素晴らしい人だったんでしょうねぇ。

2「鹿男あをによし」
(…→…→10→9→8→3→2→2)
サンカクが何なのか未だに明らかになりませんねぇ。こんなに引っ張るとは思ってませんでした。狐と鼠の使い番も未だにですもんねぇ。来週は堀田イトの正体が明らかにって事で楽しみですな。

3「交渉人~THE NEGOTIATOR~」
(…→7→12→10→11→8→7→3)
展開がジェットコースター的で強引な感じもしますけど終盤おもしろくなってきましたよ。でも視聴率がここに来て1ケタにってゆうのが?なんですけど。最初から5年前の事件がらみで何者かが復讐ってゆう展開だった方が絶対良かったと思うんですけど。

4「あしたの、喜多善男」
(…→2→2→3→4→5→4→4)
みずほが見たネガティブ善男は一体何だったんでしょ。三波が自分の恋人(三波の方はそう思っていたのか?ですけど)だったみずほを善男と結婚させた目的は保険金だったのか自分の心理学研究の実験の為だったのか他の理由なのかどうなんでしょ。

5「だいすき!!」
(…→…→9→11→5→7→8→5)
ひまわりは自分の名前がお父さんの大好きな花だったとゆう事がわかって良かったですね。ひまわり畑で父親にも会える事ができましたし。来週からは小学校編になる訳ですな。余貴美子さん演じる勝川は毎回登場するのかと思ってましたけどねぇ。

6「ちりとてちん」
(2→3→6→5→7→6→3→6)
落語のネタがらみで本編も展開ですから勇助が嘘つきだってゆうのは最初から明らかでしたよねぇ。撮影はもう終了したみたいですね。貫地谷さん今度は4月からの民放連ドラの撮影ですな。A子とB子は完全に昔と逆転してしまった感じですな。

7「相棒」
(1→1→3→2→2→2→5→7)
私シリーズ3の前半ってあまり好きじゃなかったんですよねぇ。だからその頃の登場人物が再登場してもなぁって感じなので。雛子ちゃん好きな人には良かったんでしょうけど。

8「斉藤さん」
(…→4→8→7→3→4→6→8)
市会議員ネタでこんなに引っ張る以外に何か話無いの?って感じが。原作の漫画もこんな話なんでしょうか。真野さんの正義の歌が久しぶりに聞けて良かったですけど。

9「新・京都迷宮案内5」
(…→…→5→4→6→9→9→9)
若い頃の憧れの先輩の姿ってかなり美化されて記憶に残るでしょうからねぇ。自分が実際にはもう並ぶか追い抜いてしまってても昔のイメージってゆうのが残ってるんでしょうねぇ。

10「薔薇のない花屋」
(…→…→7→8→10→10→11→10)
安西は英治から店とお金を奪っておいて今度は雫を奪い取ろうって事ですよね。予告で美桜が何を見てあんなに驚いたのかが気になりますよねぇ。

11「3年B組金八先生8」
(…→5→4→6→9→11→10→11)
残りの回数考えると大きな問題ってゆうのは美香関連になるんですかねぇ。何かこれまでのシリーズに比べると終盤にかけての盛り上がり度が無い感じが。

12「篤姫」
(3→6→13→13→13→12→12→12)
これまでは姫と言っても好きな時に自由気ままに出かけられたのが急に籠の中の鳥にでしたもんね。おまけに侍女らも心の中では分家の姫上がりがってゆう馬鹿にしてるのが丸わかりでしたし。あれじゃ塞ぎ込むのもよくわかりますね。ここで菊本の遺書が効いてくるとはって感じでしたね。

13「ロス:タイム:ライフ」
(…→…→…→…→12→13→13→13) 
今回は色々と新しいパターンでしたよね。自殺でロスタイムスタートでしたしロスタイム終了で死亡かと思ったら何か延長戦って事で生き返ったとゆうか死んでなかったってゆう事で(^^;)でも全体的にはおもしろくないんですよねぇ。上野樹里さんは可愛かったですけど。







1年単位半年単位のドラマも対象です。とにかく1月~3月期に60分物は4回以上30分物は8回以上ある物が対象です。
「京都へおこしやす!」「1ポンドの福音」「安宅家の人々」「三代目のヨメ!」「ハチミツとクローバー」「鞍馬天狗」「エジソンの母」「ネコナデ」「コスプレ幽霊 紅蓮女」「貧乏男子 ボンビーメン」「佐々木夫妻の仁義なき戦い」「未来講師めぐる」「四姉妹探偵団」「幻十郎必殺剣」は「水戸黄門第38部」はリタイア

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE