fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2007/10/19 (Fri) 21:51
死化粧師~エンバーマー間宮心十郎~ 2話

今回エンバーミングを施される成瀬(西村和彦さん)は重度の結核で死亡した入院患者でしたね。
家族の為に無理して一生懸命に仕事に打ち込んできた毎日で病院に来た時には既に大量に吐血する状態でもう両方の肺がボロボロ状態で手の施しようがなく酸素吸入で少し延命するのがやっとの状態だったとゆう事で。

しかも結核だと判明してからは法定伝染病なので隔離されてしまって奥さん(瀬戸カトリーヌさん)や息子の大樹(佐藤涼平さん)も病室の中にすら入る事ができず病院の前の公園から病室の父親に手を振る大樹。公園の遊具から大樹が落ちそうになったのを心十郎(和田正人さん)が助けてこの家族と知り合う。成瀬は結局死に目にも妻や子供に会えないまま死亡。成瀬が遺書とゆうか最後に記したのは大樹に対しての「強くなってお母さんを頼むとゆう」メッセージだった。

死後も成瀬の体の中で結核菌が生きていてその為に遺体は分厚いビニール袋で全身覆われた状態で遺族はその体に直接触れられず火葬にして骨になってからでないと触れる事ができない(何千度ですから結核菌も殺菌されるとゆう事で)とゆう事にでエンバーミングする事に。エンバーミングは遺体の外見や見栄えを美しくするだけでなく全身を消毒する効果もあるとゆう事で。で綺麗にエンバーミングされた成瀬の遺体と最後に直接触れてお別れする事ができた奥さんと大樹でしたね。

心十郎は成瀬の遺体に触れて大丈夫だったんでしょうか。まぁ直接肌が触れない様に服とか手袋して防護してましたけど。エンバーミング後に体温が急激に下がりガクガク震える心十郎。心十郎の言葉によると自分の父親もそうだった?みたいな事言ってましたから父親もエンパーマーだったんでしょうか。あと何か自分が赤ちゃんだった頃の写真見てましたけど半分が燃え焦げてましたよね。あの燃えた部分に映っていた人物は誰なんでしょう。あと通りがかりに心十郎に声かけたと思ったらオパーイ出していた女は何なんでしょう(^^;)キャストからすると南つかささんってゆうAV女優さんみたいですから今後も登場し続ける重要キャラではなさそうですけど。単なる男性視聴者向けサービスでしょうかね。女性向けには心十郎のシャワーシーンがありますから。

今回は小雪(国生さゆりさん)がアズキ(篠原真衣さん)との会話の中で生きている人間が重要であって死んだ人間はゴミと同じだってゆうエンバーミングを否定する様な発言がありましたね。

う~ん。ストーリー的に今一おもしろみがって感じが(^^;)コメディタッチの軽いシーンの部分がねぇ…
スポンサーサイト



2007/10/12 (Fri) 21:12
死化粧師~エンバーマー間宮心十郎~ 1話

関西は関東他地方より1週遅れで放送なんですね。

はじまる前に予想していたのとはだいぶ感じが違いました(^^;)。実はサスペンス的な要素もあるのかと思っていたもので。主人公の間宮心十郎(和田正人さん)はエンバーミング作業以外は軽いお調子者ってゆうキャラですなぁ。ヒロインで看護師のアズキ(篠原真衣さん)のキャラが今一弱いかなっと。その他看護師面々もw。心十郎の父親の親友で病院長の小野寺昭さんと女医の国生さゆりさんは流石の貫禄でしたけど。(この2人だと最近の2サスの役柄の影響で犯人っと思ってしまいますけど^^;)。あと忍成修吾さん五十嵐隼士さんは女性視聴者引きつけ用イケメンキャラなんでしょうか?忍成さんは葬儀屋でしたけど五十嵐さんはどうでも良い様な役柄だった様なw

まぁドラマの本題が重い病気等で生前の健康で元気な頃とは変わり果てた姿になって亡くなってしまったり悲惨な事故(交通事故とか爆発事故とか)で顔も体もグチャグチャになってしまった遺体を生前の綺麗な状態に修復してゆくってゆう切なく哀しく暗い話ですからそれ以外の部分はコメディタッチにしてバランスとってるのかもしれませんね。

まぁテレ東の深夜とはいえあまりなグロ映像は無理なのかも知れませんけど(^^;)今回のバレリーナ詩織(福下恵美さん)がわき見運転による交通事故で右足切断で顔の右半分が潰れて?包帯グルグル巻きにってゆう事でしたけど映像的にはそんな悲惨な感じには見えませんでしたよね?だから最後にエンバーミングが終わって綺麗な姿になった詩織が棺桶の中に横たわっていてもエンバーミング技術ってすごいねんな~ってゆうのが今一伝わってこなかった様な感じが(^^;)。

ずっとこれの繰り返しになるようだとう~ん飽きてくるかなってゆう感じも。
毎回のエンバーミング以外に心十郎の秘密(エンバーミングを施した後は体の体温が失われてガクガク震える)と過去(父親がらみの断片的な記憶?)とか何故この仕事を選んだのかってゆうのもサブストーリーとしてからんでくるんでしょうか。

エンバーミングの費用に関してとかは出てませんでしたけど特殊技術ですからかなりの高額な費用になるんでしょうね。あと遺体を扱うわけですから必要書類や手続きも煩雑なんですね。あと2親等以内の親族の同意が必要って事は亡くなった人から見て親子か祖父母か孫か兄弟姉妹までって事で従兄弟とか叔父伯母じゃ駄目なんですね。

エンバーミングが日本では今一馴染みが無いってゆうのはやはり火葬だからなんでしょうね。欧米とかでは土葬ですからそうゆう習慣の違いもあるのかと。日本では葬式終わると火葬してしまいますから最後に故人が綺麗な姿で参列者が最後の別れをする事が最大の目的ですけど欧米では土葬後の遺体からの感染症を防ぐ意味もあるそうで。それで遺体に防腐剤とか注入していたんですね。

和田正人さんは連ドラ「今週、妻が浮気します」の主人公が編集デスクを務める雑誌「現代公論」の若い編集者馬場役とか「不信のとき~ウーマン・ウォーズ」の野上マチ子(松下由樹さん)の弟俊也役とかにレギュラー出演でしたね。あと私が印象に残っているのは2005年の夏場に関西ローカルで深夜に放送された単発ドラマ「moon」(関西テレビ制作。2004年~2006年に3年連続で夏場に眞鍋かおりさん主演のドラマがありました)のこの世に思い残した事があって幽霊として戻ってきた眞鍋かおりさん演じるヒロインの恋人役でした。

| ホーム |

 BLOG TOP