fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2007/12/21 (Fri) 23:08
医龍2~Team Medical Dragon~  最終話  運命の4時間!!最後の手術

相変わらず次から次にアクシデントや難問が発生するってゆう展開ではあるんですけど最後は結局朝田(坂口憲二さん)が超人的な神業で手術成功させちゃうんだろうなってゆうのがわかってますから全然ドキドキハラハラ感がなかったですよね(^^;)。まぁこの新生チームドラゴンのメンバーだったからこの心肝同時移植オペをやり遂げる事ができたとゆう流れにはなってましたけど。1話で朝田が「俺には時間が無い…」とか言っていたのは結局雄太(田中碧海さん)の事だったんですな。

毎回手術シーンは専門用語が出てくるので画面で心臓の画像が出て藤吉先生(佐々木蔵之介さん)の丁寧な解説付き(1ではこの役目鬼頭でしたよね)でしたけど今回のは見てても結局心臓がどんな状態になってんねん?ってゆうのがわかりにくかったですよね(^^;)。ピギーバックってゆう術式でしたけど普通の心臓移植は古い心臓の中心部を切り取ってそこに新しい移植心臓をっとゆう方法だがピギーバックは古い心臓の上におんぶさせる様に新しい心臓を重ねて人工血管で繋ぎ合わせるとゆう方法で朝田が行ったのは更に独自の方法で心臓を2つ重ねるのではなくて隣に並べる方法でその為2つの心臓の間に距離ができるので普通なら人工血管1本の所を2本使用して大動脈と血管とを繋げるとゆう事なんですよね?(^^;)。朝田は数年前雄太に行ったバチスタ手術後の心臓の癒着部分が多くてそれを全て剥離していたのではとても時間的に間に合わない(移植用心臓が持つ時間は摘出してから4時間まで)からっとゆう事で開胸してすぐにもうこのピギーバックに決めてそれに必要な部分の剥離だけを行ったってゆう事なんですよね。でもそれなら外山(高橋一生さん)とか他のスタッフにもすぐに伝えれば良いのにギリギリまで言わないってゆうのはちょっと変でしたよね。で移植手術終了!っと思ったら案の定アクシデント発生で心臓停止。でも朝田が心臓触診してピンポイントにおかしい部分を見抜き処置して無事蘇生で成功に。

結局雄太の胸の中には元々と雄太の心臓と移植された大人の心臓が2つ入っているって事ですよね。大人の心臓を9歳の子供に移植するだけでも大きさの問題があって大変とか言ってたのに2つも入って大丈夫なの?ってゆう気もするんですけど(^^;)

前回のラストで肝硬変の状態の雄太に心臓移植手術を行うとゆう事は医師免許剥奪されるかもしれない大問題になる云々言っていたのはどうなったんだ?って感じが。最終回でその事は全然触れられませんでしたよね。心臓移植に入る前に肝臓の手術終了して治ったとゆう事でOKなのかそれとも緊急事態で結果的に雄太の生命を救うことができたので問題無しになったのか?これがちょっと拍子抜けでした。

伊集院(小池徹平さん)道が通行不能になって移植用心臓どうするのかっと思ったら突然山越えってw。何としても心臓届けたいってゆう気持ちはわかりますけど無茶すぎでしたよね(^^;)。しかも貴重な心臓が入ったクーラーバックを思いっきり振り回して走ったりこけてクーラーバック下に落としてしまったりと見てて心臓がぁ心臓がぁっと思ってしまいましたよ(^^;)。一美(内田有紀さん)の電話一本ですぐにヘリが現場に駆けつけてあっとゆう間に問題解決ってゆうのもw。そもそもああゆう移植の場合って普通最初から病院から病院にヘリで直接運ぶんじゃあって感じも。それだとドラマ的に盛り上がらないからなんでしょうけど。

雄太に移植心臓を譲る形になった山野会長の方も鬼頭が霧島(北村一輝さん)に頼んでアメリカから持ってきてもらった最新式の人工心臓を使って手術成功(でもそんな手術に耐えれるんだったら心臓移植も可能だったんじゃあってゆう気も^^;)し山野も一命を取り留めたとゆう事で。しかし霧島はめちゃめちゃ良い人キャラになりましたよね。

野口(岸部一徳さん)は1の時のラストはタイの系列病院に左遷って感じでしたけど今回は哀れな失脚ってゆう感じでしたね。ルンルン気分でパーティに参加してて朝田のオペ成功を聞いて壇上に上がって自慢げに日本初の心肝同時移植オペ成功の快挙報告して自分の手柄にしようと思ったら…背後のスライドに野口のこれまでの数々の悪事を告発して取りあげた週刊誌の記事の内容がUPになって顔面蒼白になる野口っとゆう事でまさに天国から地獄に転落でしたね。この不祥事で大口融資先の大手外資会社からも融資先の代表者として不適格だとゆう烙印(契約条項に野口の健康問題の他にこうゆう問題が起こった場合とゆうのも含まれていた)を押されてしまってその外資会社から明真の債権を買い取って新しい明真メディカルシティのオーナーになったのは一美だったってゆう事で。終盤のストーリーの表面上の流れは野口が一美と善田(志賀廣太郎さん)を上手く利用してポイってゆう感じに見えましたけど実は一美と善田の手の平の上で踊らされていたのは野口だったって事なんですよね?。野口の心臓手術を北洋で極秘に引き受けたのも雄太の心臓移植を明真で行う為には明真が心臓移植可能病院に指定される必要があったからって事ですよね。善田が野口の悪事をマスコミにリークってゆうのはいつでもできた訳ですし。で雄太の手術が無事終了した時点で野口は用済み。善田の「グッバイ野口」が皮肉タップリでしたな(それにしても志賀さんはええ声ですな)。
でその後の野口ですけどアメリカでボコボコにされて全身怪我だらけで救急車で運ばれるってゆう状態でしたけど突然だったのでなんであんな状況に?ってゆう感じでしたよね(^^;)。自分を切り捨てた外資の会社に文句でも言いに行って叩き出されたんでしょうか?格好も浮浪者っぽい感じになってましたけど。でアメリカ人の救急隊員らがそんな野口見ながら「この国では金があって保険に入る人間でなければ医療は受けられない。それがこの国の掟だ」っとか話してましたよね。だから病院搬送しても日本の病院みたいにとりあえず治療してくれるとは限らず門前払いされるからこいつもう駄目ぽみたいな会話って事ですな。皮肉にも野口がパーティで言っていた「日本でもアメリカの医療制度に学び市場原理を医療の世界に導入すべきです。払った金に見合う医療。これが目指すべき医療改革ではないでしょうか」を最悪の形で実感する事になった野口。英語がわかるので隊員らの会話聞きながら悲痛に「NO…NO…」っと叫んでましたけどあの後どうなったのかは…って事で(^^;)

回復した雄太の為にクリスマスパーティでプレゼントはサッカーシューズ(でも9歳の子供用にしてはデカかった様な^^;)。嬉しそうに受け取る雄太に外山が元気になって一緒にサッカーやろうぜっと声をかけるのだった。ミキ(水川あさみさん)がチームドラゴンの面々にこれからどうするのか尋ねて外山と松平(佐藤二朗さん)と野村(中村靖日さん)は北洋に戻って頑張ると。でも自分達が必要ならいつでも駆けつけるからと告げるのだった。朝田は?っとゆう事になるが「誰が欠けてもあの子の命は助からなかった。このチームは最高のチームだ」っと答えて皆が微笑みながら朝田を見つめる感じでしたけど結局どうするんだってゆう説明はなく突然舞台はアメリカの病院になって外人の医者らが心臓移植のスペシャリストが来るらしいと噂しているところに朝田が登場。で朝田を迎える白衣の人物ってゆう所で完でしたけど最後の人物は誰?加藤って事なんでしょうか。

結局なんかまだ続きがいくらでも作れそうな感じの終わり方で完結ってゆう感じではなかったですね。連ドラではないにしても2時間SPとか映画化とかもあるのかな?ってゆう感じが。でも野口の復活ってゆうのは今度は流石に難しそうですけど(^^;)明真追い出されただけならともかく過去の悪事全て世間に明らかになって失脚した訳ですからねぇ。
スポンサーサイト



2007/12/14 (Fri) 21:36
医龍2~Team Medical Dragon~   10話  総力戦!!運命の心臓移植

野口(岸部一徳さん)は一応朝田(坂口憲二さん)のチームを一応明真に受け入れたものの正式な復帰は雄太(田中碧海さん)の心臓移植手術が成功した場合のみ認めるとゆう相変わらず卑怯な手口ですな。日本では15歳以下の子供からの脳死心臓移植は認められてないので実質心臓移植手術をすぐに行うのは不可能で現在の雄太の病状ではそんなに持たずに亡くなってしまうだろうとゆう思惑とゆう事で。

明真は正式に心臓移植実施施設に認可され鬼頭(夏木マリさん)のチームは他病院から引き受けたVIP待遇の山野会長(ちょっとよく聞いてなかったんですけど何の会長でしたっけ?^^;大企業?)の手術を、朝田のチームは雄太の手術をっとゆう事に。朝田のチームには新たに荒瀬(阿部サダヲさん)とミキ(水川あさみさん)の加わり更にパワーアップ。で朝田のチームはいつになるかはわからないが難手術が予想される雄太のオペのシュミレーション練習を開始する事に。朝田は伊集院(小池徹平さん)に所属はチーム朝田のままだがおそらくチーム鬼頭の心臓移植手術の方が先に行われるので移植を実際に経験してそれを雄太のオペに備えろと指示する。最初は戸惑う伊集院だったが朝田の意志をくみ取り従う事に(これは野口も言ってましたけど自分達が明真追い出されたとしても若い伊集院の将来の事を明真に残れる様にってゆう考えもあるんでしょうね)。

チーム朝田の面々は雄太と接しているうちになんとしても心臓移植成功させて元気にしてあげたいとゆう気持ちが強くなるってゆう感じでしたね。ミキがクリスマスでサンタさんへお願いするプレゼント何が良い?っと雄太に尋ねるが雄太の答えは水で水を思いっきりたくさん飲みたいとゆう。雄太は心臓に負担がかかるとゆう事で水分摂取を極端に制限されていて普段飲めても1日にシャンプーの蓋ぐらいの水しか飲む事ができなかったからだ。その他雄太が元気に走り回って遊ぶ兄の姿を羨ましそうに見ていたり兄と笑顔で話す母親の姿を見て寂しそうに「僕、必要?」っとつぶやく(子供心に産まれてからずっと家族に迷惑かけまくりですまないと感じているんですね)場面も。朝田と共に病室に来た外山(高橋一生さん)と伊集院が雄太がサッカー好きなのを知ってブラジルチームの話をして雄太も笑顔になり盛り上がるが話題が次のワールドカップの話題になった時に「僕、次のワールドカップ見れるかな?」っとうつむき気味に呟く雄太。その後屋上であんなにサッカー好きなのに産まれてから心臓のせいで1度もサッカーした事ないだろうし全力で走った事も無いのだうと言う伊集院。子供の患者が苦しんでいるのを見るとこの世に神様はいないのか?っと思うと言う外山(雄太の病室に行く前に「俺、ガキは苦手」っと言っていたのは子供が嫌いなんじゃなくて難病で苦しむ子供を見る度にこうゆう気持ちになるからだったんですな)。でなんとしても心臓移植してあげて元気にしてあげたいとゆう気持ちになる3人だった。

しかしそんな雄太に怖れていた事態が起こる。明真に来てからの検査で肝臓の調子も良くなかったのだが一気に悪化して肝硬変になってしまったのだった。心臓移植可能な患者の条件は悪い臓器が心臓だけでないといけないとゆう事でチーム朝田はまず雄太の肝臓を治すとゆう事で母親(長野里美さん)の肝臓の一部を雄太に移植する生体肝移植手術を行う事に。がその手術の同じ日にチーム鬼頭の患者山野の心臓に適合する脳死状態のドナーが新潟の病院に現れたとゆう連絡が明真に。で伊集院がその心臓を新潟まで受け取りに行く事に。心臓移植は心臓摘出後4時間以内に行わないと心臓が持たないとゆう事で新潟から心臓が届き次第すぐに手術に取りかかれる様に山野を手術室に運ぶのだった。新潟で伊集院が心臓を受け取って東京に向けて出発。しかし山野が手術前の輸血のショックでアレルギー反応を起こしてしまってこの状態では心臓移植を行うのは危険とゆう事で手術中止せざるを得ない状態になってしまう。明真からすぐに手術中止で心臓が不要になったとゆう連絡をしたのだったが今更他の病院の移植待ち患者を捜すのは時間的に不可能とゆう事で同じ明真の雄太が次のレシピエントに選ばれ手術可能かどうかの問い合わせが。

しかしチーム朝田では既に肝臓のスーパードクター松平(佐藤二朗さん)による生体肝移植手術の途中だった為に千載一遇のチャンスだがあきらめざるを得ないとゆう事に。ところが朝田は生体肝移植と心臓移植を同時にやると宣言し藤吉(佐々木蔵之介さん)と外山は本気か?っと驚くのだった。肝機能に重大な疾患を抱えている患者に心臓移植をする事は認められておらず手術を強行すれば例え手術が成功したとしても医師免許剥奪される可能性があるからだ。2人にそれでも良いのかっと問われるが目の前の患者の為ならそうなっても構わないとゆう決意の朝田に藤吉と外山も腹をくくるのだった。その事が手術中の松平らにも伝えられ生体肝移植と心臓移植の同時手術が行われる事に。しかも移植する心臓は9歳に子供にしては大きい大人の心臓とゆうとてつもない難手術だ。

しかし移植手術の事は当然リスクマネジメントの責任者である野口の耳にも入る事になる。そうなると自分のところのチーム鬼頭より外様のチーム朝田にそんな難手術を成功されてしまっては明真の面目丸つぶれとゆう事とその手術自体が現在の決まりに反する手術なのでリスク避ける為に全医局員総動員してまで新潟から届く心臓の妨害をする怖れがあるとゆう問題が。木原(池田鉄洋さん)からこの事を告げられた片岡一美(内田有紀さん)が野口に元に行き交渉するっとゆう所で次回にでしたね。一方心臓を運ぶ伊集院を乗せた救急車が突然停止。で何事かと車から降りた伊集院の眼前で衝突事故で燃える車で完全に道が封鎖されてしまって…っとゆう状態に。摘出心臓の移植までのリミット時間は既に3時間30分になろうとしていたっとゆう所で次回に。






で次回最終回は69分SPとゆう事ですね。どうせだったら初回みたいに2時間SPでやれば良いのに。まぁ次から次にものすごいアクシデントが起こる割に結局最終的に手術成功で助かるんだろうなってゆうのは予想できますからなぜかハラハラ感がないですなぁ。ストーリーの途中で朝田でもどうしようもなくて亡くなる患者例とか1つでもあったらまた違うんでしょうけど。まぁ手術後朝田がどうなってしまうのかってゆうのが見所なんですかね。
田中碧海(たなかおうが)さんは10歳ですけど子役で5歳ぐらいから出演作多数ですよね。最近だと「陽炎の辻~居眠り磐音 江戸双紙」で主人公と同じ長屋に住む主人公坂崎磐音が師匠と呼ぶ子供幸吉役。2サスで印象に残っているのは土ワイド「家政婦は見た!22」で秋子が養子にしようと本気で考えた男の子タケシ役とか月ミス「長く孤独な誘拐」で誘拐される健気な幼稚園児役とかですな。

2007/12/07 (Fri) 23:29
医龍2~Team Medical Dragon~ 9話  余命2ヶ月!!奇跡の手術

明真が心臓移植手術施設に認定されるサイトビジットの日を目前にして自分の野望が叶うっとゆう事で高笑いしていた野口(岸部一徳さん)が突然胸を押さえて倒れるってゆう前回のラストからの流れでしたけど突然の発作なのか?と思ったらニトロ常備していたって事はこれまでずっと慢性的に胸の痛みを抱えながらだったってゆう事ですよね?(そんな状態でこれまであんな憎々しげに元気だったのかのかよ?(^^;)ってゆう感じもしますけど)

野口が倒れている所発見して助けた木原(池田鉄洋さん)は重度の狭心症で次に発作が起こったら心筋梗塞を起こす危険性が高いとゆう事で鬼頭(夏木マリさん)に診察してもらおうと野口に言うが野口は狭心症の事はシ-クレットだと明真の者には自分がこうゆう体だとゆう事は絶対に知られたくないとゆう事で拒否(経営面とかでも優秀な鬼頭に健康不安なんて打ち明けたらチャンスだとばかりに自分に取って代わられてしまうとゆう恐怖心もあって)。

なんとしてもサイトビジットを自身の手で成功させないと死んでも死にきれないとゆう事で打ち合わせ等に来る鬼頭の前では風邪を引いて体調が悪いとゆう事でごまかすのだったが…やはりこのままではとてもサイトビジットが終了するまでは体が持ちそうも無いとゆう事で「自分を救う事のできる医者(しかも救うだけじゃなくてサイトビジットに出席できる様に手術できる)は世界に1人しか居ない…」っとつぶやいた野口のとった行動は…なんと夜間こっそりと北洋の善田院長(志賀廣太郎さん)の元を訪れて善田に責められても黙って聞きその後自分のこれまでの非を涙ながらにわびて生きたいから手術して下さいと涙ながらに土下座をするのだった。

で北洋で野口を診察する事になるが外山(高橋一生さん)や小高(大塚寧々さん)らはなんで野口の手術を?っとゆう感じで驚く。チームのメンバ-や片岡一美(内田有紀さん)もこれまで個人的に野口と激しく対立している朝田(坂口憲二さん)が野口の手術を引き受ける訳がないと思っていたが朝田は野口の手術を「患者である事には変わらない…」等と告げて個人的な感情とこれとは別だとゆう事で引き受ける事に。当初は戸惑った外山や小高らも患者を野口だと思わない事にして手術に臨むと賛同するのだった。

手術してから3日後のサイトビジットに元気に出席する為には開胸部分もできるだけ切らない様に(患者への体の負担が少なくなる為)とゆう事に。開胸して思っていたより状態がひどくてこれだけの開胸では視野が確保できなくて手術は難しいのでは?視野確保する為にもっと切るべきだとゆう意見も出るが朝田は野口のQOL( Quality Of Life 。患者の手術後の生活の希望を尊重する事)はあくまで手術から3日後のサイトビジットに出席する事だと皆に告げて当初の開胸部分だけで手術を続行。チームの皆も協力して朝田をアシストして野口の手術を無事成功させたのだった。

で野口は3日後には元気に回復してサイトビジットに何食わぬ顔で出席し(鬼頭にも自宅で3日寝ていたら風邪は治ったよ等と告げるのだった」成功し明真は心臓移植認定施設となった。鬼頭にも自宅で3日寝ていたら風邪は治ったよ等と告げるのだった。結局体さえ元気に回復してしまえばこっちのもんっとゆう感じで善田への涙も土下座も朝田らの前でのしおらしい態度も全部芝居だったとゆう事で(まぁ予想通りでしたけど。野口が改心しておとなしくなってしまったらこのドラマおもしろくなくなりますもんね^^;)。

北洋での手術前に一美が北洋で手術を引き受ける交換条件として現在北洋に入院中でもはや心臓移植しか助かる道の無い子供雄太(田中碧海さん)(朝田が昔アフリカのNGOで働いていた時に知り合った海外青年協力隊の隊員の息子。重度の拡張型心筋症だった為バチスタ手術をした。しかし数年経過して症状が悪化。現在9歳でこのままだと余命2ヶ月。海外で移植するとなると費用が最低1億かかるので金銭面で不可能)を心臓移植可能施設となった明真で受け入れて移植手術する事&朝田の現在のチームをそのまま明真に移す事&明真メディカルシティへの投資は全て一美の所の外資系会社が引き受ける事等の条件を野口に出して野口も口約束で承諾したのだったが…野口自身言うところの喉元過ぎれば暑さ忘れるとゆうやつで特に自分は喉が短いからね~わっはっはっと約束?何それっとゆう感じだった。一美との約束のうち投資話を結局別の大手外資系会社に独断で決めてしまって一美とは完全に手を切ると宣言。その他の条件であると雄太と朝田のチームは明真でとりあえず引き受けたものの現在日本では15歳未満の子供の心臓移植は認められてないし実質手術する事は不可能でそれまでに少年が死ぬだろうと予測して手術できなければ朝田のチームを明真から放り出せば良いと考えている様で悪ですなぁ。

その他では朝田や外山との外科医としての技術の実力差を痛感して焦り自信喪失状態の伊集院(小池徹平さん)の姿に気付き朝田が声をかけようとしたら松平(佐藤二朗さん)が話しかけて現在の伊集院にしかできないスペシャルな仕事がありもうお前はそれをやってるとか天才の周りにはそれを助ける多くの凡人が居るんだとか言って伊集院の気持ちを楽にしてあげる感じでしたよね。その様子を見ていた朝田に良い仲間ですねっと話しかける善田で頷く朝田とゆう感じで。伊集院はちょっと上見すぎですよね。この年齢でバチスタ手術できてれば優秀なんじゃって感じが。伊集院で悩んでたら木原なんかどうするんだよって感じが(^^;)




予告では何か朝田が心臓移植手術強行?しかも法律に触れる様な事をやってしまって医師免許剥奪?ってゆう様な感じでしたよね。このドラマもあと残り2回ですから残りは少年の心臓移植って事になるんですかね。あと一美の回想シーンで父親が医者だったみたいな感じだったのと一美の身内にも重病で臓器の移植を待ち続けている患者が居るのか?ってゆう感じでしたから最終回がその一美の身内の手術になるのかもしれませんけど。最終回は2時間SPじゃないんですね。何か初回が一番盛り上がり凄くて尻窄みで終わってしまいそうな感じも。どんな凄い難手術でも絶対に手術失敗しないってゆう感じですから今一ハラハラ感が無いんですよね。普通病院物だと途中で1人2人患者亡くなるもんですけど。

2007/11/30 (Fri) 23:10
医龍2~Team Medical Dragon~   8話  絶対に許せない麻酔医!!

今回は小高七海(大塚寧々さん)の過去が明らかにっとゆう回でしたけど小高がおかしくなった原因は噂になっていた不倫のもつれとかではなかったんですな。

北洋病院に朝田の腕を頼って川崎病による冠動脈瘤手術が早急に必要な黒田智樹(本郷奏多さん)とゆう少年の患者が入院する事になるが智樹の父親俊彦(野村宏伸さん)は藤吉(佐々木蔵之介さん)や朝田(坂口憲二さん)に手術前に手術担当スタッフの事を教えて欲しいとゆう。とゆうのも智樹は幼い頃喘息のひどい発作で救急車で運ばれた病院で緊急手術を受けたのだがその時の若い麻酔医の腕の未熟さが原因の医療ミスが起こりなんとか生命は助かったものの下半身不随とゆう重い後遺症が残ってしまったからだと。俊彦は弁護士だったのだが息子の医療ミスを機に自分達親子の様な辛い目に合った人を救いたいと医療過誤訴訟専門に取り組む様になったのだとゆう。朝田は俊彦にその麻酔医の名前を尋ねるが(これはもしかして小高?っと思ったんですかね。視聴者もこのサブタイトルだとここまではすっかりそう思っていた人多かったのでは)男性だった。が俊彦は北洋の廊下で七海とバッタリ出会って驚きの表情に。

なんと七海は俊彦の元妻で智樹の母親だったのだ。俊彦は智樹があんな体になってしまったのは麻酔医のミスもあるが七海にも原因があると責める。俊彦と七海は若くして結婚して智樹が産まれたのだが七海はそれ以後も麻酔医の仕事にフル回転状態。智樹は川崎病を発病してその頃既に重い喘息の症状が出ていたのだが智樹の誕生日の日本当は早く帰る予定だった七海だったのだが突然難しい症例の緊急オペが入って手術室に。その結果夜遅くまで1人で家に居る事になった智樹は喘息の発作を起こし倒れてしまう。それを帰宅した俊彦が発見して慌てて病院に運んだのだが↑の結果になってしまったのだった。激怒した俊彦は七海と即離婚して智樹の親権も取ったのだった。七海は特に争おうともせず全て俊彦の出す条件を飲んだとゆう。七海はこの事があって以降手術室に積極的には入れなくなってしまったのだった。

俊彦によると智樹はリハビリの効果もあって現在は歩く練習もできる様になりもう少しすれば歩行も可能になるとゆう事だった。俊彦が再婚した現在の智樹の母親はリハビリ時に智樹を支えて励ましてくれた女性だとゆう。俊彦は七海を絶対に今度の智樹のオペに参加させるなっと朝田らに頼むのだった。これは自分だけの気持ちではなく智樹も同様だと七海本人にも告げる俊彦。俊彦は七海がこれまで智樹に送り続けていたハガキや手紙の束を七海に返しこの前の手紙も智樹は呼んだが智樹自身の決断で約束の場所には行かなかったんだと告げる俊彦(先週七海がレストランで待ちぼうけくらったやつですな)。荒瀬(阿部サダヲさん)に本当にオペに参加しなくても良いのかっと問われるが智樹本人がそれを望んでないのなら仕方ないとゆう感じの七海。七海の回想シーンで幼い智樹と俊彦の帰りを待っている時に「お父さんには内緒だよ」っと2人で仲良く笑顔でチョコを食べるシーンがありましたね。七海の異常過ぎる様なチョコ依存症ってゆうのは智樹とのこの時の思い出&離ればなれになって会えなくなった智樹への思いからだったんですね。

で七海抜きでの智樹の手術がはじまるが手術中に予想外の出血等があり担当麻酔医の腕では智樹の命も危ないとゆう状態になってしまう。手術の様子をずっと見学室から見ていた七海はたまらなくなりオペ室に向かおうとする。手術室前で待っていた俊彦に「あの子はお前の事憎んでいるんだ」等と制止されるが七海は憎まれてもいい、でもそれは生命があって初めて憎めるものでしょう等と俊彦に必死に訴え俊彦もそんな七海の決死の表情を見てもう止める事はしなかった。で七海がオペ室に入って麻酔を担当する様になってそれまでギクシャクしていた手術の流れが一変してスムーズになり智樹の難手術は無事に成功したのだった。手術後朝田は俊彦に「今度の手術は小高がいたから上手くいったんです」っと告げる。俊彦も七海にあの手紙の束は智樹が隠してずっと大切に持っていたと智樹は新しい母親に気を遣っていたが本当は七海に会いたかったのだろうと話し自分はオペ室には入るなと言ったが病室には入るなとは言ってないと智樹に病室で会って話する事を容認する俊彦だった。七海は少し驚いた表情になるが俊彦に礼を言って智樹の病室に。で智樹と会話するが久しぶりの母子対面で嬉しいのだが何話して良いかわからないとゆう感じで口調がよそよそしい医者口調になってぎこちなくなってしまう七海にこれ売店で買ってきたんだっと隠し持っていたチョコを差し出す智樹。そして2人でチョコを食べて智樹が「お父さんには内緒だよ」っと話し笑顔になる2人。七海にとってはこの10数年あまり止まっていた時間がようやく動き出したってゆう感じだったんでしょうね。

でチョコ依存症から完全に解放されて立ち直った七海は朝田にその事を報告して今後は手術チームに加わる事にとゆう感じで北洋での新しい手術チームスタッフはこれで完璧に揃ったってゆう感じですね。伊集院(小池徹平さん)がちょっと自分の腕が未熟な事に悩んでいるってゆう感じですけど伊集院の年齢から考えるとあれでも優秀な外科医の方ですよね。朝田とか外山のレベルが天才的で凄すぎるので劣ってしまう様に見えるだけで。

野口(岸部一徳さん)は明真メディカルシティ構想を着々とっとゆう感じですけど野口にとって大切なのは心臓移植指定病院となる名誉(でその後それに付随して入ってくる物目当て)がでその後実際に手術を受ける患者の事なんて全然頭に無いとゆう感じですよね。それがあからさまに態度に出てきた野口に鬼頭(夏木マリさん)もあきれて反発感じ始めたとゆう感じですね。一美(内田有紀さん)の事も利用するだけ利用してポイってゆう感じ見たいですし。で昔から野口のそうゆう性格を知っている北洋院長の善田秀樹(志賀廣太郎さん)が一美に接近。善田は野口が既に外資最大手と秘密に交渉開始している事&野口の性格一美に告げて明真&野口を潰す為に自分と組もうと訴える善田でしたね。野口と善田の関係もっと教えて欲しいですよね。野口の口調からすると野口も昔から善田の事は嫌いだったみたいで学生時代の2人が写った集合写真をシュレッターにってゆうシーンがありましたけど。でも我が世の春っとゆう感じに浮かれていた野口が突然倒れる?ってゆうシーンがありましたよね。予告では野口が朝田にすがる(自分で明真から放り出したくせに自分が病気になると朝田に救い求める訳ですな^^;)みたいな感じのところがありましたけど。野口の手術を引き受けるとどうかでチーム内でもめるってゆう展開になるんですかね

2007/11/23 (Fri) 22:46
医龍2~Team Medical Dragon~ 7話  復活!!スーパードクター

前々回で野村(中村靖日さん)前回で外山(高橋一生さん)が立ち直って今回は消化器外科医の松平(佐藤二朗さん)でしたね。

突然北洋病院に現れて松平の事を「スーパードクター!」っと呼んで抱きつく少女の姿が。その少女は高見香奈(川島海荷さん)とゆう松平が大学病院勤務だった頃に執刀した少女だった。香奈は肝臓の難病でそれまで他の所で2度肝臓の手術をしたが駄目で松平が香奈の母親紀枝(高橋ひとみさん)からの生体肝移植手術を行って成功して現在は元気になっていたのだ。だから香奈にとって松平は命の恩人である尊敬できるスーパードクターとゆう存在とゆう事に。紀枝は食道癌で最初は明真に入院していたのだが生体肝移植で肝臓が小さくなっているとかで難手術が予想される為にリスクがあるからと明真は放射線治療だけを行って放り出す形で北洋に転院させたのだった。香奈も母親の事が心配で不安だったのだが北洋で松平に会ってスーパードクターが母親を手術してくれるのなら安心だと思って喜んだのだった。

しかし現在の松平は…香奈が知っている格好いいスーパードクターの頃とは程遠い状態だった。なにしろこの3年間まともにメスも握らずに飲んだくれてアル中状態だったからだ。どうして松平がこんな状態になってしまったのかその理由が明らかに。表向きは大学病院で医療ミスをして北洋に飛ばされた事になっていたが実際の理由は大学病院勤務時代に教授への出世欲にかられてしまったのと教授からはっぱかけられたプレッシャーから論文のデータの臨床数を実際よりも水増し改竄するとゆうやってはいけない行為を繰り返してしまったのだった。その事が露見して激怒した教授に見捨てられて敗戦処理専門(どんな名医が手術してももう駄目ぽみたいな末期癌等助かる見込みの全く無い患者の手術ばかりさせられる)の執刀医にされてしまう。当然担当する患者は亡くなるばかりでそんな状態が続いて精神的に参って酒に溺れる様になりアル中になりそして北洋に飛ばされたのだった。その後挫折から立ち直れずに3年が経過とゆう事に。

松平がそんな医者としての自信喪失状態だった為に本来は一刻も早く手術しなければならない切迫した状態(朝田や藤吉の診断でも)の紀枝なのに手術に踏み切れずにしばらく放射線治療で様子を見る事にしてしまう。香奈にも放射線治療の説明をする松平だったが…突然紀枝が大量吐血して緊急手術とゆう状態に。朝田(坂口憲二さん)らが執刀するが食道癌が大きくなって側の動脈を損傷してしまった事による大量出血だった。動脈リペア手術は朝田らが行うが食道の癌摘出は消化器外科医の松平の仕事とゆう事に。が松平は藤吉と手術の様子を見ていて姿を消してしまう。朝田は松平が医者なら必ず戻ってくる等と皆に告げて動脈リペア手術を続行する。が北洋の手術室には食道の難手術に必要な最新式の挿管チューブがないことがわかる。器具がなくてもその技術を持っている小高七海(大塚寧々さん)が居ればなんとかなるのだがその小高は上がりで病院には居なかった。どうする?っとゆう感じで絶望的になる一同だったがなんとそこに荒瀬(阿部サダヲさん)が現れる。明真で荒瀬が紀枝を担当していた縁で香奈にも恩があるからっと独断で明真からやってきたのだ。荒瀬が加われば100人力っとゆう事で動脈リペア手術は無事に終わった。一方医師控え室室(なんて呼ぶんでしょ。普段朝田らが居る所)に戻った松平はビデオ中継されている香奈の母親の手術の画面を消してしまったりして考え込んでしまうが結局松平を救ってくれたのは香奈の言葉と絵だったってゆう事ですよね?。廊下で母親を心配している香奈の前に現れて自分が母親を助けるからと宣言して手術室に。で食道癌摘出手術に取りかかる。その後は松平と朝田の見事な連携で手術が進み癌摘出も無事に終了っと思われたが松平は紀枝の肝臓にも癌が出来ているのを発見する。手術前の検査ではわからなかった事だ。外山はこれが食道からの転移癌だとすると末期癌で絶望的だとつぶやくが松平はこれは転移癌ではなく肝臓で新たに出来た癌だと判断(それなら肝臓部分の癌を取り去れば助かる)して手術を続行、香奈への生体肝移植の為に肝臓の一部を既に切り取った肝臓の為に難手術だったが松平は無事に手術を成功させたのだった。手術後に朝田とガッチリ握手を交わす松平。屋上で松平は朝田に「俺は平凡な医者だ。でもそんな俺にも出来ることがある。仲間がいれば」っと今度は自分が必ず駆けつけると朝田に告げるのだった。松平は高見母娘によって消化器外科医として復活する事ができたのだった。

これであとは小高1人って事になりましたね。小高は誰かとレストランで待ち合わせして奇跡は起きるとか言って嬉しそうにしてましたけど結局待ち人来たらずだったみたいですね。次回予告では小高のミス?で半身不随になってしまった男の子が北洋で手術する事になりどうするどうなる小高っとゆう展開みたいですけど。

一方明真メディカルシティ構想の方は鬼頭(夏木マリさん)率いるチーム鬼頭が着々と生体肝移植手術をこなして成功症例数をあげ実績をあげて心臓移植指定病院認定にも手が届くところになっていたのだが野口(岸部一徳さん)はすぐに潰れるはずだった北洋が朝田らの頑張りで潰れず逆に週刊誌等にも取りあげられて評判が上がってしまって苛立つのだった。で北洋のオーナーで明真メディカル構想のパートナーだった片岡一美(内田有紀さん)を斬り捨てて裏切る事に。構想当初は明真のスポンサーになってくれる所は一美の所ぐらいだったのだが現在の明真には他の外資系企業からも投資の話が来る様になっていた為だ。あっさりと手の平を野口に返されて茫然とする一美だった。

そんな野口の元を北洋の院長の善田秀樹(志賀廣太郎さん)が訪れて突然「野口!」っと呼び捨て「俺が明真を潰す!」っと宣戦布告。善田が野口の事をお前は昔から前々変わらないとか言ってましたから2人は昔からの知り合いだったんですね。善田は絶望的だった北洋が朝田や立ち直った外山や松平の姿を間近で見てこの優秀なチームがあれば北洋再建は無論明真にも対抗できるとゆう手応えを感じたんでしょうね。




まぁ展開的に松平が立ち直って手術も上手くゆくってゆうのは読めましたけどアル中なのに3年ぶりのしかもいきなりの難手術であんなに簡単に繊細なメス捌きができるもんなんでしょうか?(^^;)。それにしても手術中に別の病気が見つかったりアクシデントが起こるってゆうのが定番になりましたね。まぁスンナリ終わってしまう手術だとドラマになりませんけど(^^;)。前作の時は手術室のナースも重要でミキ(水川あさみさん)は優秀でチームドラゴンの一員みたいに描かれてましたけど今作では北洋のナースに関しては全然描かれてませんってゆうか手術室には一応居てますけど顔もはっきりわからんし役名も無いし完全な脇キャラですな。

2007/11/16 (Fri) 22:47
医龍2~Team Medical Dragon~ 6話  もう1人の天才外科医…

朝田(坂口憲二さん)に医者としての人間性に問題がある等と言われ手術室に入れてもらえず朝田に対抗心向きだしでくってかかる外山(高橋一生さん)。朝田が大動脈弁置換術を開始するとゆう時に救急の搬送要請が入る。その患者の夫が朝田の噂を聞いて北洋への搬送を希望していたのだ。外山は独断でその患者を受け入れて朝田は手術中だからと告げ外山が執刀して手術する事に。外山がそうした理由はその運ばれてきた患者五代さん(草村礼子さん)の心臓の症状が朝田が行うのと同じ大動脈弁置換術が必要だったからだった。外山は俺の方が外科医としての腕は朝田より上だとばかりに勝手に対抗心をメラメラ燃やして手術に。その結果なんと2時間半で手術を終わらせてしまった。朝田は3時間かかった。手術後俺は朝田より優れているとすっかり天狗状態になる外山。

今回外山がどうしてこんな風になってしまったのかが明らかになりましたね。ICUの五代さんと話していて五代さんが子供の頃の自分に優しくしてくれた祖母に雰囲気が似ているからか自分の抱えている苦しみを素直にうち明ける外山。外山の父親は一流国立大学の有名教授で兄らも皆優秀な医師だとゆうエリート一家の中で末っ子の外山は完全に落ちこぼれ扱いで家族の中で存在を認められずそれがコンプレックスになってひねくれてしまったとゆう感じで。仲間とゆうのを信じられず孤独に行動するってゆうのもここからとゆう事で。五代さんはそんな外山に「人間は1人では何もできない…」っと諭し更に心臓手術の礼を言う。外山はもしかして初めて患者と向き合うっ患者の言葉に耳を傾けるとゆう経験をしたって事なんですかね。

台風接近による大雨で病院が停電になる中五代さんの病状が急変して心停止状態となってしまう。別棟の手術室まで運んでいる余裕は無いとゆう事で伊集院(小池徹平さん)を助手にICUで緊急手術を行う事に。で開胸してみると…前の手術時に外山が時間を急ぐあまりに大事な処置を忘れて雑になってしまった事が原因で出血が起こったつまり外山の昭かなミスだった事がわかる。すぐに再弁置手術を行わなくてはならないとゆう状態だったが気が動転してオロオロしてしまう外山。そこに朝田が駆けつけて…っと思ったら朝田の手には包帯がグルグル巻きに(停電の中入院患者の子供助けようとして怪我?これはわざとだったんですかね?)。朝田は「その人はお前の患者だろ!お前には責任がある。最後までそこから逃げるな!」っと外山を一喝。この言葉でそうだこの人は俺が助けなきゃっと我に返った外山は再弁置手術を行い無事終了っと思ったら突然心臓を触診。ICUで五代さんが訴えていた心臓の症状の言葉を思い出した為だ。その結果前回の手術時には見落とした冠動脈の狭窄症状を発見する。伊集院は非常用電源も落ちてしまって暗闇の中でのバイパス手術は難しいので今日はここまでで患者の体力が回復してから再手術の方がっと進言するが外山は患者は高齢でこのまま冠動脈の狭窄を放置して心筋梗塞が起こればそれこそ命に関わるっとこの場で手術続行宣言し皆に協力を頼む。伊集院や看護師らも外山の考えに賛同し完全に非常用電源も落ちてしまった中で見事なチームプレイで無事に手術を終わらせる事ができたのだった。これまでは手術時も俺が主役だとゆう感じの単独プレイだった外山が手術時のチームプレイが大切だとゆう事を実感したとゆう感じで。

すっかり人が変わった外山はどうして再手術なんかに!っと問いただす五代さんの夫(山田吾一さん)に素直に自分のミスを認めてICUの床に土下座して謝罪するのだった。これには伊集院もビックリって感じでしたね。で医者として患者の事を思いやれる気持ちを取り戻した外山がチームに入る事を朝田も快く了承。外山は最初は殊勝な事言ってましたけど最後は「俺をチームに入れろ。きっと執刀医を譲りたくなる…」っと相変わらずな面ものぞかせてましたけど。外山は緊急手術になったせいでフレッシュマンオペ?の大会(全国の若手医師が心臓外科手術の技術競う大会)に参加できなくなった伊集院の為に練習用の豚の心臓沢山持ってきて(自腹で購入したって事ですよね)俺が教えてやるからっと俺は2年前のその大会で優勝したんだと告げ驚く伊集院でしたね。伊集院にしたら優勝も驚きでしょうけどあの外山が教えてくれる?ってゆう驚きもって感じで。

最後に女の子が病院に来て松平(佐藤二朗さん)に「スーパードクター」っと言って突然抱きつき戸惑う松平でしたね。予告からすると松平は肝臓の専門医?みたいな感じで昔は難しい症例も治していた名医だったみたいですね。それがどうして現在の様なアル中になってしまったのか?松平は昔の様に立ち直れるのか?ってゆう展開みたいですね。小高七海(大塚寧々さん)の問題は更にその次って事になるんでしょうね。荒瀬(阿部サダヲ)が七海の前に現れて意味深な事言ってましたけど早くはっきりして欲しいもんです。七海がやたらチョコばかり食べるのは何か関係あるんですかね。今回は野口(岸部一徳さん)と片岡一美(内田有紀さん)の登場は少なかったですね。明真メディカルシティの構想は思惑通り着々と進んでるって事で。

外山がこうゆう状態になったら少なくとも前作のチームドラゴンよりは執刀医の技術ってゆう点では完全に上回ったとゆう感じですよね。前作では朝田と加藤(稲森いずみさん)と伊集院でしたけど今作では伊集院は1人でバチスタ手術できるぐらいまでになってますし外山も朝田と同等の技術はあるとゆう事ですからね。これで松平と七海が立ち直ってチームに加わればとんでもないチームに化けるって事ですな。

2007/11/09 (Fri) 22:43
医龍2 ~Team Medical Dragon~ 5話 決行!! 運命の無輸血手術

今回は9割方手術シーンでしたね。手術シーンの説明があれでも視聴者に簡単にわかりやすくしてくれてるんでしょうけど難しいですよね。あんな次から次に最悪の事態が起こる中で結局40分のリミット内で緒方美羽(黒川智花さん)の動脈瘤乖離の難手術を無輸血で成功してしまう朝田(坂口憲二さん)凄すぎでしたね(^^;)。まぁ常に最悪の事態を想定しておいてその都度最後まであきらめずに最大限努力するとゆう信念がそうさせるとゆう感じで。

美羽が動脈瘤乖離で北洋病院の前で倒れてそのまま緊急手術とゆう事になるが美羽の血液は抗体RH17の-D-(バーディバー)とゆう極めて珍しい血液の為更に明真でもまだ輸血用自己血の採取もしてなかった為に輸血用血液ゼロの中での難手術に。朝田は循環停止して手術を行なう事に。循環停止すれば手術による出血を最低限に押さえられるからだ。しかし循環停止できるリミットは40分しかなくその間に手術を全て終わらせなければならなかった。藤吉(佐々木蔵之介さん)と善田院長(志賀廣太郎さん)は各所の血液センターに-D-の保存血液があるかどうかの問い合わせをする事に。伊集院(小池徹平さん)は知り合いの大学教授に教えてもらった-D-の血液の人間を木原(池田鉄平さん)と共に探す事に。

美羽を開胸してみると動脈瘤乖離が手術前検査の時よりも進行していてひどい状態になっていた。外山(高橋一生さん)はこれは駄目だっとあきらめかけるが朝田はあきらめずに皆にはっぱをかけて神業的なスピードで手術を続ける。しかしこれ以上はもう輸血が無いと無理だっとゆう事態に。
すると朝田は美羽の血液を希釈(1時的に薄めて血液量を増やせるとか言ってましたね?)する事で美羽の心臓を人工心肺に切り替えるとゆう一同が驚く荒技を選択する。しかし1度人工心肺に繋ぐと輸血血液が到着しない限り人工心肺を外せないとゆう事になるのだ。が人工心肺装置を担当する事になるMEの野村(中村靖日さん)は患者を自分のミスで殺してしまうかもしれないとゆう怖さから「僕には無理です…」っと尻込みしてしまう。朝田はそんな野村を「俺達はチームなんだ。お前は1人じゃない!」っと自分も怖いんだぞ等と叱咤激励する。で野村も頑張る事に(でもドラマでもここで5分ぐらい時間つかってましたけど元から40分しか手術時間ねえのに無駄に時間使うなよっと思ってしまいましたよね^^;)。

で人工心肺装置切り替えになるがそこで手術室に麻酔医の小高七海(大塚寧々さん)が入ってくる。七海に「あなたが手術室に入ってくれなければあの子は亡くなってしまう。あの子はまだ17歳なのよ」等と言って説得したのは片岡一美(内田有紀さん)だった。あの子に助かってもらわないと父親で元厚生大臣の恩田(竜雷太さん)の後押しが得られなくなり明真のメディカルシティ構想実現が難しくなるからとあくまでビジネスだとも言ってましたけど今回は一美も100%冷徹で計算だけの女性ではないのかな?ってゆう部分も見えましたね。七海は的確な指示を出しそれに応えて見事に人工心肺を操る野村だった。一方伊集院達は外出中の-D-の血液型の人間を必死に探すが見つける事はできなかった。が血液センターに400CCだけ見つかって車で搬送してしまうが渋滞に巻き込まれてしまう。で伊集院がバイクで車まで血液を取りに行きようやく血液が北洋に到着。で手術室の様子を見に行く伊集院だったが朝田はメスを握っておらず動きが停止していた。伊集院は血液が間に合わなかったのか?っとガックリするが次の瞬間朝田が「オペ終了!」と告げ驚き喜ぶのだった。伊集院の運んだ血液が使われて無事人工心肺を外す事もでき美羽の命は救われたのだった。

手術成功を電話で聞き愕然とする野口(岸部一徳さん)。野口は無輸血手術なんて成功する訳がないと思っていて美羽が明真で倒れて緊急手術にならなくてすんで良かったとババが自分から出て行ってくれたとほくそ笑んでいたからだ。恩田からの問い合わせの電話にも美羽が勝手に出て行って倒れて仕方なく北洋で手術する事になったんだからうちには責任ないからねっとゆう冷たい応対をしてしまった為これで怒った恩田の協力を得られなくなってしまうと思ったからだ。がそこに戻ってきた木原が北洋に関わるなと野口に命令されたのに血液捜しを手伝ってしまったっと謝るとそれは木原ちゃんナイスよってゆう感じでこれは使えるっとほくそ笑む野口。後日恩田との会談の席で怒って明真から手を引くと告げる恩田に「実はあの娘さんの手術はうちの明真の木原とゆう医師がやりましたっ」と返す野口。一美も一瞬えっと驚く表情を見せたがすぐに野口を援護射撃。疑心暗鬼な恩田に一美は協力してくれなければ逆に恩田の事務所費流用問題&美羽が恩田の隠し子だとゆう事をマスコミにリークすると脅すのだった。

一美は美羽の病室を訪れて現在も繁忙で美羽の見舞いにも来れない恩田だが手術中は本心から美羽の事を心配していた事と美羽が昔崖から落ちて大怪我した時に雨の中美羽を必死に背中におぶって山を降りたのは実は恩田だったとその時はスキャンダルになる事も構わずに必死だったのよっと話すのだった。前半部分は本当の事だが後半部分は実際に美羽をおぶって山を降りたのは亡くなった美羽の母親とゆう事でこれは手術後に恩田の事で美羽が騒ぎ立てない様に父娘間を仲良くさせる為の一美の作戦だった(これも100%計算なのか父娘仲直りして欲しいとゆう気持ちも本当にあるのかってゆう感じでしたね。でも恩田の方にもそう口裏合わす様に言っとかないといずれ話が食い違っておかしくなっちゃうんじゃないの?って気も)。で美羽は自分のメルアドを恩田の秘書に渡して恩田に知らせ嬉しそうな感じで恩田がメールのうち方を秘書に聞くとゆう感じでしたね。しかしあれ手術から何日後なんでしょう。とんでもない大手術だった割には美羽元気に登校するの早すぎちゃうん?すごい回復力やなって感じが。まぁそれはこれまでの患者もそうでしたけど(^^;)

今回の手術で野村が一皮剥けたとゆうか対人恐怖症ははどこえやらってゆう堂々とした感じになってましたよね。北洋に美羽のカルテを渡しに来た野村が北洋に左遷される原因を作った(自分の指示ミスを全て野村に押しつけた)医者(大鶴義丹さん)に左遷されたおかげで北洋で素晴らしいチームに入ることができましたっとお礼言ってましたし。あれは皮肉じゃなくて本心からって感じでしたよね。義丹がその後明真で無能扱いされてお払い箱になってましたw。来週は外山と七海にスポットがって感じですね。1人1人立ち直って最終的に完璧なチームができるってゆう事でその先の展開はどうなるんですかね。朝田の言っていたバチスタの次なるオペへの挑戦なんでしょうか。
先週の映像で幼い美羽背負ってる人間が男に見えたのでてっきり恩田だと思ってました。恩田が輸血するってゆう展開予想も外れでしたね。

2007/11/02 (Fri) 22:08
医龍2~Team Medical Dragon~ 4話  絶対殺せない患者

急性虫垂炎(盲腸)で救急車で北洋病院に運び込まれた友人の付き添いでやって来た緒方美羽(黒川智花さん)。緊急オペとゆう事になるが外山(高橋一生さん)がなんだ盲腸かよつまんねぇ的な発言をしたのをどんな病気でも患者さんが苦しんでいる事には変わりないと諭す(盲腸であろうと難しい心臓手術であろうと医者は目の前の患者の苦しみを救う事に全力尽くすのみってゆう事ですよね)朝田(坂口憲二さん)の姿を見つめる美羽。美羽はその後も友達の見舞いで病院に来て朝田や小高七海(大塚寧々さん)と会話を交わすが小高は美羽が朝田を見つめる目つきに恋を感じて冷やかしたりしていたのだが最近胸が痛いとゆう美羽の胸部を服の上から触診しただけでマルファン症候群でARが出ている症状だと気付きそこにやって来た朝田にその事を耳打ちして教えるのだった。

で朝田と藤吉(佐々木蔵之介さん)が美羽を診察してマルファン症候群について説明する。マルファン症候群とは結合組織に影響を及ぼす疾患で親子で遺伝する確率が50%。身体的な特徴としては普通の人よりも手足の指が長くなったりする。そして心臓弁膜症や大動脈の疾患が起こりやすくなると。美羽には既に大動脈の拡大が現れて血液が逆流するAR状態になっていてそれが胸部の痛みの原因で緊急手術が必要だと告げるのだった。美羽は不安な表情をみせる。なぜなら自分の母親もこのマルファン症候群で4年前に亡くなっているからだった。そんな美羽を勇気づける様に我々が助けますと力強く答える朝田だった。で北洋に入院して手術にっとゆう事になるが…美羽が実は元厚生大臣で大物国会議員恩田哲三(竜雷太さん)の隠し子だった事(恩田の愛人だった美羽の母親が4年前に亡くなってからは恩田の妹の家で暮らしている)から事態がややこしくなる事に。

明真の野口(岸部一徳さん)と片岡一美(内田有紀さん)は自分達のメイシンメディカルシティ構想の認可を早く国に認めてもらう為には大物国会議員とのパイプが不可欠と考えて一美が恩田に接触して明真が優秀な医師達を集め(チーム鬼頭結成)設備的にも日本一になりつつある事を報告しメイシンメディカルシティが必ず現在厚労省が進めている先進医療のモデルケースになるからと厚労省に顔が利く恩田に協力を仰ぐのだった。恩田に対する見返りは医師会に影響力を持っている野口が医師会の票をまとめて恩田に投票するとゆうものだった 。ギブアンドテイクで交渉成立で恩田が明真に人間ドッグで来ている時に美羽の病気の事が恩田に伝わったのだった。

野口はマルファン症候群なら明真で充分対応できると考えて恩田にもっと恩が売れると考えて北洋から明真に強引に美羽を転院させる事に。(朝田が「俺の患者だ。俺が治す」とか言って反対するのかと思いましたけど何もなかったですね。チーム・ドラゴンならともかく今の北洋のスタッフなら明真での手術の方が美羽にとって良いと思ったからでしょうかね?)。しかし明真での美羽の精密検査の結果とんでもない事がわかる。美羽の血液は抗体RH17の-D-(バーディバー)とゆう極めて稀少な物だとゆう事がわかったのだ。つまり普通の血液型が同じ人間からの単純な輸血は抗体がある為に不可能で美羽と同じ抗体RH17の-D-の人間からの輸血かもしくは美羽自身の自己血を採取してそれを輸血に使うしか方法がないとゆう事に。全国の血液センターに電話するが稀少な物だけにストックはなく美羽の自己血を使う事になり当初の手術予定が延期される事に。美羽は廊下で野口が自分の事を「ババをひかされた様な物だと…恩田の娘じゃなかったら放り出しているところだ…」っと苛立っている場面を目撃してしまう。美羽は北洋の朝田達には自分の手術を安心して任せられるとゆう信頼を持てたのだが明真に来てからは自分が恩田の娘だとゆうだけで特別室入院になったりして(玄関の所でずっと入院希望してるのに入院できないおばあちゃんを目撃していたり)不信感がそれが野口の言葉でもう我慢できなくなったのか明真を抜け出して北洋に来てしまう。しかもけっこう距離がある所を歩いてきた為に心臓に負担がかかって倒れてしまい動脈瘤乖離が起こり緊急オペが必要な状態に。朝田らも美羽が抗体RH17-D-だとゆう事を初めて知り輸血が不可能な中で手術を行わなくてはゆけないとゆう事でどうする朝田!っとゆうところで次回に。一方野口の方はババが自分で出て行ってくれたっとゆう感じで喜んでる感じでしたよね。でも明真と北洋は提携関係なんだから美羽が亡くなったりしたら恩田激怒でメイシンメディカルシティ頓挫するんじゃないの?って気がするんですけど(^^;)




今回は北洋関係者ではMEの野村(中村靖日さん)にスポットがってゆう感じでしたね。野村が現在の様に対人恐怖症みたいになってしまった過去のトラウマが明らかにって感じで。野村は以前勤務していた病院で外科医(大鶴義丹さん)から手術後に腎不全を起こした患者への人工透析に関して間違った指示を受けて(野村は血圧が低くなるから除水量を少なめにした方がっと進言したのだがME風情が俺に意見するのかっと高圧的に言われそれ以上何も言えなかった)実行しその患者が急変してしまったのを全て自分はちゃんと指示したのに野村が透析の具合を誤ってしまった事にされ更にその病院から北洋に飛ばされたってゆう。野村は猛烈にその外科医に抗議するが逆に大勢の中で高圧的に威嚇されて目の前でお前の存在なんてこんな物だみたいにボールペンをへし折られて
それがトラウマになり外科医師自体を怖がる様になってしまった。美羽の友人の手術時にMEとして手術室に入った時も外山に指示された通りにしたのにそれが間違っていて外山が自分のミス認めず野村のせいにされたので更に外山に目の前でボーるペンを折られて昔のトラウマが蘇ったとゆう感じで。でも朝田や伊集院(小池徹平さん)はこれまで野村が経験したMEを差別した見下した目でしか見ない外科医とは違って1人のチームの仲間として対等に扱ってくれるってゆう事で野村も変わりつつあるのかなってゆう感じでしたね。それにしても野村がトラウマになった外科医がチーム鬼頭のメンバーの1人って(^^;)なんかレベル疑うんですけど。この外科医って役名ありましたっけ?

美羽が明真の病室でミキ(水川あさみさん)に自分が昔幼い頃山登り中に崖から落ちて大怪我して輸血したのが原因で-D-になったのかもっと話す場面がありましたね。その時に何か大人の男の人に背負われて山を降りてるってゆう回想シーンがありましたけどあの男っておそらく恩田じゃないんですかね。て事は恩田が-D-って事で恩田が輸血に駆けつける展開とかになるんですかね。美羽の方は恩田の事を父親としては認めてないとゆうか自分に愛情感じてないみたいでしたけど。それで父娘関係も修復される事になるのではっと予想。そうゆうの全く関係なく朝田が超人的なメス裁きで出血量もほとんどなくオペしてしまうってゆう可能性もありますけど。どっちにしても手術成功には小高が麻酔医として手術に加わる事が絶対条件って事になりそうですな。

2007/10/26 (Fri) 19:58
医龍2~Team Medical Dragon~ その手術は失敗する

前回あれだけ引っ張った朝田の代わりの医者ってゆうのは鬼頭笙子(夏木マリさん)でしたね。まぁ単に外科医としての技術だけだと朝田以上ってゆうと?ですけど病院長としての手腕とかってゆう事になると総合力で鬼頭の方が上ってゆう事なんでしょうね。朝田に病院長は務まらないでしょうし。鬼頭も野口(岸部一徳さん)派ってゆう訳ではなかったのに明真メディカルシティ構想の現場のトップに立てるとゆう事で野口と手を結んだってゆう感じで。

路上で倒れた西沢さん(牟田悌三さん)が救急車で搬送されるが明真は受け入れ拒否で北洋病院に運ばれる事に。で朝田(坂口憲二さん)が緊急手術する事になるが伊集院(小池徹平さん)の他は外科医の外山誠二(高橋一生さん)と麻酔医と看護師(役名も無し?^^;)とゆう即席メンバーで行う事に。で朝田が執刀し開胸して心臓の病巣部をっと思ったらなんと心臓部分にガーゼオーマができていて驚く一同。7年前に明真で心臓手術を受けた時に執刀医が出血を吸収する為に使ったガーゼを回収し忘れていたのだ。そのガーゼが長年患部に癒着して西沢を苦しめていたのだった。朝田と外山は交代で見事にガーゼの除去を行うが麻酔医が未熟だった為に上手く麻酔が効いてない箇所があり外山がそこを傷つけてバッティングして出血が起こってしまう。が途中から新たに加わった麻酔医の小高七海(大塚寧々さん)の手腕&朝田が見事にフォロー処置して西沢さんの手術は無事成功したのだった。

里原ミキ(水川あさみさん)が秘かに明真から持ち出した7年前の西沢さんの手術のカルテを見て藤吉(佐々木蔵之介さん)はカルテに書かれている立ち合い関係者の人数の多さから実際に執刀したのは病院内の高い地位の人間つまり野口教授だと気付いたのだった。野口は自分のミスを隠蔽する為にカルテを改竄して山本とゆう医師が執刀した事にしてその上山本を地方の病院へ左遷したのだった。前回野口がなんであそこまで西沢さんの治療拒否したのかってゆう理由はこれだったんですね。回想シーンでも野口は手術後胸の痛みを訴えて来院した西沢さんにぬけぬけと執刀したのは山本で自分は監督として立ち会っただけだとか説明してましたよね。西沢さんは7年間ずっと痛みに耐えてきたのにその原因知っていて自分のミスが発覚するからと隠蔽し続けていた明真の体質はひどいですなぁ。野口だけでなく他の関係者も知っていたのにってゆう。

朝田と藤吉は明真の手術ミスの事を包み隠さず正直に西沢さんに告げようとしたが…既に片岡一美(内田有紀さん)が西沢さんに接触していた。一美は明真のミス(あくまで山本の失敗として)は認めて今回かかった治療費全額と見舞金200万で手を打ってもらえないだろうかっと西沢さんに迫る。医療ミス訴訟だと裁判が長期化する上に費用もかかりますよっとそれに明真側は金に物を言わせて腕利きの大弁護団結成しますから勝ち目も薄いだろうとそれに何十回も裁判所に通わないとゆけないので大変でしょう。西沢さん自身も高齢だし奥さんの事も…生活費もお困りでしょう等と西沢さんを揺さぶる一美。で西沢さんに半ば強引に200万渡してはいやっぱり所詮金でしょこれで問題解決みたいに出てゆく一美。

西沢さんは往診に来た朝田に自分が裁判を起こさない決心をした本当の理由を語る。自分が心臓を悪くしてから自分の為に無理して頑張ってくれた最愛の妻が現在は認知症がかなり進んでしまって1人ではもう外出もままならない状態だと。だから今度は自分が妻の為に頑張る番なんだと。だから裁判なんかにかまっている時間はないんだと(もっと自分が若くて妻も元気だったら本当は裁判戦いたかったんでしょうね)語り今回の手術を成功させてくれた朝田に感謝する西沢さんだった。退院後心臓が楽になったよっと言いながら妻が階段を上り下りするのを優しく介助する西沢さんの姿があった。西沢さんは藤吉に頼んで一度は無理矢理受け取らされた200万円を一美に突き返したのだった(目先のお金が欲しくて裁判をあきらめたんじゃねえぞ!って事の意志表示ですよね)。

北洋の面々ですけど小高七海は不倫が発覚して干されたとゆう噂があって何か無気力脳天気な感じですね。イケ面の男見るとちょっかい出す面もあるみたいで。でも荒瀬(阿部サダヲさん)の反応みていたら麻酔医としての腕は荒瀬も一目置く程の優秀さみたいですね。外山は外科医として技術的にはかなりの腕があるものの性格にかなり問題ありで協調性が?ですよね。自己中心主義で能力過信してるところがあって他人に足引っ張られるとすぐに切れてしまうタイプってゆう。松平(佐藤二朗さん)はまだ能力面は未知数ですけどまずアル中直さないとって感じですし野村技師(中村靖日さん)は情報収集力とかはあるみたいですけどバソコンの画面に文字を打ち込まないと人と会話できないってゆう感じで(^^;)。鬼頭が北洋のメンバーの顔ぶれ見て1人でも0がいるとチームとしては成り立たないもう終わりねっと言ったのに対して荒瀬がでもマイナスとマイナスかければプラスになるんだぜみたいに反論してましたけど果たしてどうなるんでしょうか。

2007/10/19 (Fri) 21:52
医龍2~Team Medical Dragon~ 2話 捨てられる患者

盛り上がった初回SPに比べると今後の新展開への繋ぎ的な回ってゆう感じで今1つでしたかね?
視聴率も初回の21.0から16.8と下がりましたし。

正体は病院買収に手を染める外資系会社社員(この会社ってゆうのがどれぐらいの資本力があってどんな会社なのか?ってゆう説明まだないですよね。一美がその会社でどれぐらいの地位なのかとかも。買収した北洋病院のオーナー任されてるぐらいだから幹部社員級なんでしょうけど)片岡一美(内田有紀さん)は明真大学リスクマネージネント部長の野口(岸部一徳さん)と組み明真と北洋の提携をはかる事に。が提携は表向きの名目で明真は北洋から使える優秀な医師を引き抜き逆に能力的に問題があるもしくは素行に問題があり明真に不要な医者を北洋に送り込むとゆうのが真の狙いだった。要するに北洋を明真の姥捨て山とゆうか島流し場所に。そうしておいて明真は3年後をめどに国からの新たな心臓移植認定施設指定(現在は日本で6箇所のみ)を目指して高度医療中心の病院に生まれ変わる。一方北洋はそんな使えない医師ばかりでは3ヶ月も持たずに潰れるのは時間の問題。潰れた後に一美が金持ち専門の人間ドック専門病院を北洋の跡地に新しく建て病気が判明した患者を明真に紹介するとゆう筋書きだった。

野口は自分の野望の為には朝田(坂口憲二さん)はどうしても必要だと考えて手なずけようとするが朝田が従うはずもなく歯がゆい思いをしていた。野口は一美に朝田がこのまま明真に居たら必ず抵抗勢力になるから朝田も北洋に送る方が良いと進言され朝田以上の優秀な心臓外科医の人材を確保するからと言われるがまだ迷う部分もあった。が野口の方針(金にならない投薬治療のみでOKの患者は他の病院に行ってもらう。特に老人)に反して西沢(牟田悌三さん)とゆう老人患者を藤吉(佐々木蔵之介さん)と朝田が勝手に診察した為(結果的に7年前に明真で心臓手術を受けたが新たに手術が必要な状態になっていた事が判明)、更に野口の最終通告にも朝田が従わなかった為に野口もとうとうブチ切れて朝田を北洋に飛ばす事にしたのだった。本来なら必要なくなったチーム・ドラゴン全員をまとめて北洋に飛ばすところだがそれをすると万が一北洋で手術実績を挙げられてしまっては困るとゆう事で朝田と藤吉と伊集院(小池徹平さん)の3人を北洋へ送り麻酔医の荒瀬(阿部サダヲさん)と看護師のミキ(水川あさみさん)は明真に残すとゆうチーム分断作戦を取ったのだった。

西沢が通行中に倒れて救急車で北洋病院に運ばれて緊急手術がはじまるってゆうところで次回へっでしたけど果たして北洋での新しい陣容で手術はどうなるのか?ってゆう感じでしたね。
北洋のスタッフの顔ぶれは医者としての理想や考えは素晴らしいが外資からの上手い話に騙される形で病院経営を傾かせてしまった院長の善田秀樹(志賀廣太郎さん) 、明真から飛ばされてきた素行に問題ありの麻酔科医師小高七海(大塚寧々さん)と血管外科医の外山誠二(高橋一生さん)北洋にそのまま残る形になった性格に問題ありの消化器外科医の松平幸太郎(佐藤二朗さん)、臨床工学技師の野村博人(中村靖日さん)とゆう感じで。まぁ展開的には明真で朝田に会うまでは駄目駄目状態だった荒瀬と同じ様な感じでこれらの新キャラ達も朝田と接してゆくうちに皆やる気出して最終的には優秀なチームになってゆくってゆう感じになるのではないかと。性格や素行に問題があるだけで元々は優秀な医者だったんでしょうから。

あと一美が新しく明真に呼んだ朝田より優秀だとゆう医者の正体は最後まで明らかにならずでしたけど誰なんでしょう?新キャラなのか?これまでに登場した外科医だとすると該当するのは霧島(北村一輝さん)ぐらいしかおらんと思うんですけどねぇ。鬼頭(夏木マリさん)も優秀な外科医ですけど元々明真の医者ですし朝田以上ってゆうと?ですし。

牟田悌三さん俳優としてはお久しぶりに見た感じが。すっかりおじいちゃんになりましたね。私の世代だと牟田さんってゆうと「ケンちゃんシリーズ」のお父さん役の印象が未だに強いですけど。

2007/10/12 (Fri) 21:14
医龍2 ~Team Medical Dragon~ 1話

初回から拡大版SP2時間18分ってえらい長いな~っと見る前は思いましたけど終わってみるとあっとゆう間で見応えあっておもしろかったですね。初回からまるで最終回の様に盛り上がりすぎちゃうん?(^^;)ってゆう感じもしましたけど。これで来週からの通常版もこのままの勢い保てるのかな?ってゆう気も。

バチスタ手術成功後にバラバラになっていたチーム・ドラゴンのメンバーそれぞれに集合を呼びかける謎のメールが届く。明真大学付属病院経営改革の為に1度はタイに左遷されていた野口(岸部一徳さん。チンチクリンなヘアースタイルワロタ)がリスクマネージメント部長として返り咲き(総長が替わったとゆう幸運も)昨日の敵でも利用できるものは何でもって事で外国から朝田龍太郎(坂口憲二さん)が客員教授として呼ばれるってゆう展開でしたけどその登場の仕方が病院の前で轢き逃げされて心肺停止&各内臓損傷もひどい女性患者をERの医師が匙を投げてあきらめたところに最後まであきらめるなっ!と颯爽と登場して相変わらずの神業的なオペで女性の命を救うってゆう格好良さでしたね。

野口は大学の宣伝になるからっと朝田に外国の外科医を招いた場で公開手術をする様に迫るが朝田は患者の為にはならないっと当然拒否。福岡の病院から戻ってきた藤吉(佐々木蔵之介さん)から朝田でないと手術が不可能な難しい症例(重度の拡張型心筋症で余命2ヶ月しかも妊娠7ヶ月)の患者富樫ゆかり(りょうさん)を紹介される。普通なら母親の命優先で赤ちゃんの命は残念ながらあきらめる選択をするのだがみどりにとっては14年間子供ができず苦しい不妊治療の末にようやく授かった最初で最後の出産のチャンスの子供だけに諦められない産みたいと懇願するのだった。

チーム・ドラゴンのメンバーもゆかりに産ませてあげたいが…やはり無理だっと諦める空気が漂う中朝田が赤ちゃんが早産で体外に出ても大丈夫なギリギリの時期である妊娠36週目まで待って先に帝王切開で赤ちゃんを取りだしてその後ゆかりの体調が安定してからバチスタ手術を行う事に。帝王切開の際にゆかりの心臓に負担がかかり急変した場合は帝王切開後すぐにバチスタ手術に移るケースまで想定して手術のシュミレーションをするチーム・ドラゴンの面々。

しかし野口がそんな危険な手術の許可(もし失敗すれば大学の評判はガタ落ちになるし訴訟の危険性もあるっと)は出せないと朝田が公開手術を引き受ける交換条件を出しても首を縦には振らなかった。そこで朝田がオペで命を救った自称医療ジャーナリストの片岡一美(内田有紀さん)が最近外資系に買収された北洋病院のオーナーとコネがあるからっと名乗り出て野口を説得して北洋病院でチーム・ドラゴンがかおりの手術を行える事になった。

かおりの手術の前に交換条件の公開手術が行われる事になったのだがその公開手術の前日にかおりの容態が急変してしまって2つの手術を同じ日に明真大学付属病院と北洋病院で行わなければならなくなってしまった。さてどうする朝田?っと思ったら朝田はなんと普通2時間ちょっとはかかる症例の公開手術を45分で終わらせて北洋病院に駆けつけると告げる。朝田は「お前しかいないんだ…」っと誰かに電話。で公開手術がはじまるが患者の心臓の弁に問題があって45分では無理だっやはり2時間かかってしまう!っとゆう感じになるが45分で自分の役目はこまでっとメスを置く朝田。そこに颯爽と手術着姿で現れる霧島(北村一輝さん)。で朝田から霧島に手術が引き継がれるとゆう豪華リレー状態に(霧島の人柄はともかく手術の腕は朝田に負けず劣らずですもんね^^;霧島にとってこんな目立つ派手な場所で手術できるってゆうのは自分のアピールにもなるし以前朝田に命を救ってもらった借りもあるんでしょうね)。最初は朝田の行動にポカーンとしていた野口もそこは臨機応変で予定通りの演出ですっと会場を盛り上げるのだった。

で北洋病院に駆けつけた朝田はまず帝王切開でかおりの赤ちゃん(男の子)を取りあげかおりに対面させその後全身麻酔(帝王切開の時は赤ちゃんに影響が出ない様に脊髄の部分麻酔だった)でバチスタ手術っとゆう事になるが…赤ちゃんの心臓に先天性の重病の心臓疾患が見つかってしまう。いくら超人的な朝田でも一度に2人の手術は無理っとゆう事でかおりのバチスタ手術は伊集院(小池徹平さん)が行い朝田が赤ちゃんの心臓手術を行う事に。しかし朝田には執刀経験の無い症例だった為に公開手術の司会の為にシカゴから一時帰国していた元明真大学付属病院ERのスペシャリストの鬼頭(夏木マリさん)に電話して北洋病院に向かってもらうが到着まで赤ちゃんが持たないっとゆう事で鬼頭に携帯電話で指示してもらって朝田が手術するとゆう無茶な事に。しかも赤ちゃんの心臓の状態は鬼頭ももうこれ以上電話では指示できないとゆう難しさだった。しかし朝田は鬼頭の指示を冷静に頭の中で分析した上で自分のオリジナルの方法を考え出して見事に赤ちゃんの命を救ったのだった。明真での霧島のオペも伊集院のオペも無事に成功して3人の命が救われたのだった。

めでたしめでたしで終わりかっと思ったら最後に今回のシリーズの黒幕の正体が明らかにってゆう展開でしたけど(^^;)。チーム・ドラゴンは全て一美の手の平の上で踊らされていたってゆう事が明らかに。謎のメールの送り主の正体もかおり夫妻に朝田&チームドラゴンの存在を教えて藤吉の元に行く様に勧めたのも一美だった。一美の医療ジャーナリストとゆうのは嘘で実は日本の病院を乗っ取るハゲタカ的外資系の会社の人間で北洋病院のオーナー=一美でだから野口の説得も容易だったとゆうオチでしたね。流石に轢き逃げで生死の境を彷徨ったってゆうのは計算外だったみたいですけど。あれは過去に乗っ取った病院の入院患者が病院を追い出される形になって死亡してその遺族が報復の為に車で轢き殺そうとしたっとゆう事で。結果的に朝田はとんでもない奴の命を救ってしまった事になるのか?っと思わせる感じでしたね。

チーム・ドラゴンの変わり者だけど優秀な麻酔医荒瀬(阿部サダヲさん)は香と結婚した設定になってましたね。香役が奥菜恵さんでしたから登場はなかったですけど。あと里原ミキ(水川あさみさん)も登場してましたから結局登場しなかったのは加藤晶(稲森いずみさん)だけでしたけど話のつながり上やはり違和感がありましたよね。冒頭でアメリカの大学に行ったってゆう説明だけはありましたけどチーム・ドラゴン再結成なら当然加藤も呼ばれるはずだしアメリカに行ってた霧島も日本に来てるぐらいですから(^^;)。この続編が決まった時点で稲森さんのスケジュールが合わずにこんな変な形になってしまったのか最初から加藤抜きでの続編予定だったのかどうなんでしょうか?。伊集院が前作から技術的にやたら急成長(教授のミス指摘してフォローオペしたりバチスタ手術したり)してますけど加藤が居ない以上チーム・ドラゴンで執刀できるのは朝田の他に伊集院しか居ないんだからそうせざるを得なかったんでしょうかね。

| ホーム |

 BLOG TOP