fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2007/12/15 (Sat) 19:12
モップガール  最終回    桃子死す…さよなら大友さん

う~ん(^^;)最終回ってゆうよりも単に10話目でしたって感じの普通の終わり方で続編作りますよってゆう感じが有り有りでしたよね。結局桃子(北川景子さん)も大友(谷原章介さん)も13年前に亡くなった大友の恋人葉月涼子(堀まゆみさん)を巡る2人の因縁の事にはお互いに気付かないまま終わってしまいましたし。まぁこれも続編作るのなら仕方ないのかってゆう感じはしますけど…だからなんかすっきりしないラストに感じられてしまいました(^^;)。だから結局桃子のあの能力は涼子から受け継がれた物だったのか?とか桃子と涼子の間にはどうゆう因縁があったのか?とか涼子自身どうゆう人間であの時なぜ桃子の危機を知ったのか?とかってゆうのも全部放置プレイのまま終了でしたよね。続編するにしても1年は間隔開けるでしょうから早くても来年の同クールになるんでしょうからねぇ。2時間SPでやる可能性もありますけど。

今回は桃子が親友の大河内日奈(浅見れいなさん)の取材につきあって行ったホストクラブで人気カリスマホスト進藤雪弥(阿部力さん)が何者かに刺される現場に遭遇して犯人を追跡しようとして腹部を刺されてしまって瀕死の重傷を負ってしまってICUで治療とゆう導入部分の展開でしたね。雪弥は結局死んでしまって病院の廊下の椅子で遺された雪弥の幼い娘つららを抱きしめ慰める桃子の父親隆治(本田博太郎さん)の姿を見て大友は13年前の記憶がフラッシュバック。13年前に恋人の葉月涼子が車に轢かれて病院に駆けつけた時に廊下で幼い女の子を抱きかかえていた隆治の姿を思い出したのだった。あの時に隆治は自分の娘を助ける為に涼子が車に轢かれたと言っていた。隆治の娘つまり桃子があの時の女の子だったのだと気付いたのだった。

つららが桃子の事を気遣って自分が父親の為に作った人形のお守りを桃子の手に握らせる。桃子はかなり危なくなって死にかけの状態だったがギリギリの感じで時間遡ってタイムリープ。で毎度の様に外人をエサにして大友に協力してもらうってゆう展開でしたけど今回はこれまでと違って殺される被害者だけでなく自分自身の生死もかかってるのにその割には緊迫感がなかったですよね。
(^^;)

犯人と思われる人物を読み違えて行動してしまうのも毎度の展開で結局進藤がナイフを手にした真犯人に襲われる事になりギリギリの場面で桃子が駆けつけるが2人とも仮面かぶった犯人に追いつめられて絶対絶命のピンチに。そこに大友がやって来て犯人と格闘して取り押さえるってゆうのもシリーズ後半に多くなりましたよね。犯人の正体は進藤に大金つぎ込んで入れあげていた堀込真土香(円城寺あやさん)だった。真土香は進藤にお金使い過ぎた事もあり会社経営が傾き倒産寸前おまけに家庭ではホスト遊びがバレて家庭崩壊状態になり精神的に追いつめられて進藤は私だけの物よっとゆう感情に襲われて殺害しようとしたとゆう事で。で真土香が警察に連行されて事件解決かと思ったら真土香が警察官の隙を見て逃げて隠し持っていたナイフで進藤めがけて突進。桃子が進藤をかばおうとして前に立ちふさがってやはり刺されるの?っと思ったら桃子の前に大友が立ちふさがって腹部を刺されてしまうのだった。で服が血で真っ赤に染まって倒れて意識が無くなる大友…っと思ったらお腹の所に隠し持っていたケチャップを刺されただけで出血と思われたのはケチャップだったとゆう事で(^^;)(その前に紛らわしく無人の大友の机の上に花生けた花瓶置いてるシーンとかもありましたもんね)

桃子が生命の危機にならなかったので↑の様に大友が桃子が13年前に涼子に助けられた子供だったと知る事もなく最後は普段通りの葬儀屋の仕事とゆう事で車の中の亡くなった人の遺品に触れてまたタイムリープ?っとゆう場面で終了でした。






最初はどうしても「トゥルー・コーリング」とダブってしまう場面がありましたけど中盤ぐらいからはコメディ色が強くなってきてあんまりその事は感じられなくなってきましたね。続編があればまた見たいかなっと思える感じのおもしろさはあったと思います。これが連ドラ初出演になる北川景子さんは体張って顔くしゃくしゃにする表情とか熱演で頑張ってはったんじゃないですかねぇ。次に主演するドラマでまた違った役柄で見てみたいですね。谷原章介さんもシリアス演技コミカル演技どちらも良かったですね。
スポンサーサイト



2007/12/08 (Sat) 20:54
モップガール 9話  余命1日…ヤクザの20年愛!約束の地へ

今回はこれまでの中で一番良かったですね。私こうゆう話には弱いので(T_T)

今回は亡くなってしまった人の生命を助けるのではなく末期癌の病気でその日に亡くなってしまう運命はどうしようもなかったが亡くなる前に思い残した高校時代の恋人との約束の再会を叶えさせてあげるってゆう感じで。

スナイパーに狙撃され重傷を負い更に自分が末期癌でもう死期が近いと悟ったヤクザの組長の北濱一刀(葛山信吾さん)が自分の葬儀の生前予約をリトル・エンジェルスに依頼した事から長谷川桃子(北川景子さん)が関わる事に。桃子は入院している北濱の身の回りの世話を担当する事になったのだがその長谷川ウィリアムズ記念総合病院は桃子の父親隆冶(本田博太郎さん)が経営する病院で北濱の主治医は桃子の兄の圭吾(林泰文さん)だった。

北濱はそれから間もなく病状が悪化して亡くなってしまうのだったが桃子は北濱が昔の恋人との再会の場所に行くかどうか迷って結局思い残したまま亡くなってしまった事を知り何とか北濱の最後の願いを叶えさせてあげたいと思うようになり北濱の遺品の腕時計(昔の恋人からもらった物。壊れて4時で止まったままだがずっと腕にはめていた)に触れてタイムリープ。北濱が午後4時に病死するのがわかってるので今回はかなり積極的に強引に行動開始する桃子。大友(谷原章介さん)と若山(高岡蒼甫さん)の助けを借りて今回は兄の圭吾まで巻き込んで救急車を奪って中に北濱を乗せて病院を抜け出すのだった。

で北濱と彼女との約束の場所がある静岡に向かう事に。その車中でその昔の恋人桜子(石田ひかりさん)の事を話す北濱。2人は高校の頃つき合っていた。桜子はお金持ちの娘で真面目なお嬢さんで北濱は貧乏で不良とゆう対照的なカップルだったが幸せだった。しかし桜子の父親が交際に反対して桜子を無理矢理留学させる事に。北濱と桜子は駆け落ちの約束(4時に)をしたのだったがその場所に向かう途中に不良グループにからまれて喧嘩になってしまう。この時に殴られて桜子からプレゼントされた腕時計が壊れてしまったのだった。不良らを倒してようやく約束の場所に遅れて到着した北濱だったが桜子は父親に無理矢理連れ戻されてしまうのだった。その別れ際に10年後に必ずこの場所で待ってる、その時が駄目なら20年後っと桜子が叫んだのだった。自分が約束の時間に遅れてしまった為にっと荒れた北濱はその後極道の世界に入りメキメキと頭角を現す事に。こうなったらヤクザの親分になって桜子に会いに行こうとしたのだったが恩人の親分が抗争で殺される事件が起こりその報復をした為に刑務所に入る事になり10年後の約束の日には行けなかったのだとゆう。今日はそれから更に10年後の2人が別れてから20年後に当たる日だったのだ。

途中凄腕スナイパール-ク本郷(螢雪次朗さん。ゴルゴ13のコントみたいで全然凄腕に見えませんでしたけど^^;)に狙われたりしたがスナイパーはあっさりと取り押さえられる。警察からもう病院に戻る様にと指示されてしまうが何とか願いを叶えてあげたいと思う桃子は大友と共に救急車でその場から逃走。で救急車乗り捨てて約束の場所に向かうが近隣住民に桜子の事を尋ねてみると今は結婚しているとゆう事だった。その住民はそういえば昔桜子が不良とつきあってエライ目にあった事がある等と北濱がその時の不良だと知らずに話すのだった。約束の場所に行かずに帰ろうと桜子が来るはずが無いと弱気になる北濱を桃子が諭して約束の場所に到着したが…そこには桜子の姿はなかった。が北濱が吐血しながらも突然最後の力を振り絞って「桜子っ」と歩き始めて驚く桃子。大友は北濱さんには桜子さんが見えているんだと桃子に告げる。北濱の目には別れたあの日の桜子の姿がはっきりと見えていた。桜子との20年ぶりの再会の約束を果たした北濱は思い残す事が無くなったのかそのまま亡くなったのだった。その死に顔には安らかな笑みがあった。

なんとそこに本物の桜子が現れた。桃子は桜子さんも来てくれたのにっと北濱の亡骸を揺すって声をかけるのだった。北濱の想いを20年間ずっと腕に付けていた腕時計を見せて桜子に伝える桃子。桜子は安らかな死に顔の北濱に「私も忘れたことがなかったよ」っと涙を流しながら20年越しに約束を守ってくれた北濱に何度も「ありがとう」と声をかけるのだった…





結局残念ながら一足違いで北濱が生きてる間に再会ってゆうのはならなかったですけど病院であのまま亡くなっていたよりは桃子のおかげで幻とはいえ桜子に再会できて北濱は幸せだったでしょうね。約束の場所に来れただけでも満足だったのかもしれません。桜子は結婚したけど今は離婚してるって事でしたけどそれだったらいっそ桜子もずっと独身だったってゆう設定で良かったんじゃないの?って感じもしたんですけどねぇ。なんか離婚していたから約束の場所に来たのか?離婚してなかったらどうだったの?ってゆう印象が残ってしまいましたから。それと10年前は桜子はこの場所に来たのか?ってゆうのも気になりました。

もう来週最終回なんですね。何か予告では桃子がICUで瀕死の重傷ってゆう感じでしたけどどんな展開になるんでしょうか。あと大友の恋人で昔少女の桃子の生命を助けて亡くなった女性の事については描く時間あるんですかね。私はてっきりこの女性がらみで1話丸々ストーリーがあるのかと思ってましたので。大友は隆冶から以前どこかで会ったかな?っと問われて病院の出口の所で昔恋人が交通事故で運ばれて亡くなったのがこの病院だった事を思い出したみたいな感じでしたね。隆冶が大友の事覚えているって事は何か話してるでしょうしその時に隆冶の娘を助ける為に恋人が亡くなったとゆう事も聞かされてるかもしれませんから桃子があの時の少女(当時8歳)だったのかってゆう事にも気づくんでしょうね。林泰文さんと本田博太郎さんは初めてまともに何度も登場シーンやセリフがありましたよね。これまでは登場があっても1~2シーンだけでしたから。石田ひかりさん復帰されてからはこうゆう単発ゲスト出演ばかりですね。まぁ連ドラで主演ってゆうのはもう無理かもしれませんけど2サスなら充分主役もあると思うんですけどね。

2007/12/01 (Sat) 20:44
モップガール 8話   謎の変態作家集団!?殺意の宴へようこそ

今回は桃子(北川景子さん)のタイムリープのおかげでかなりの人間が色んな面で救われる結果になってハッピーエンドでしたね。

携帯小説がヒットしてその後恋愛小説家として人気の早乙女愛二郎(加勢大周さん)がパーティを開いていた自分の別荘で刺殺される事件が発生して桃子が早乙女からもらった万年筆に触れてタイムリープ。桃子はタイムリープ前に警察の捜査で別荘のゴミ捨て場から早乙女がかって参加していた文藝集団「博覧強記の会」の特注パーカー(返り血と思われる早乙女の血痕が大量に付着)が発見されていた事からその「博覧強記の会」のメンバーで今回パーティにも参加していたレズビアンの少女小説家の轟可憐子(高久ちぐささん)ロリコン趣味のあるミステリ-作家の多賀城綾彦(六角慎司さん)官能小説家縄縛鬼介(蛭子能収さん)の3人の中に真犯人が居るのではっとゆう事で例のごとく外人女性を餌にして大友(谷原章介さん)に協力させて調べ始める事に。

桃子は可憐子に接触しレズビアンボディタッチを受けながらも以前多賀城が早乙女の圧力でほとんど決まっていたミステリ-大賞受賞を逃してしまって更にその後生活苦から早乙女に借金するとゆう屈辱で恨んでいたらしい事を聞き込み次は多賀城の所に行き女子高生(女子中学生?)の格好して幼児言葉しゃべりで早乙女が以前縄縛の妻と不倫していたという事を聞き出す。大友は縄縛にSMプレイを受けるのと交換条件に話を聞きレズビアンの可憐子が柚原曜子(原史奈さん)(早乙女が「僕のミューズ」と呼んで愛している恋人)の事を愛してしまって恐喝まがいの方法で強引に2人を別れさせようとしていらしい事を聞き出すが結局全員に早乙女殺害の動機がある事に。

桃子と大友は早乙女に直接3人の動機と思われる点について尋ねてみる事に。早乙女は多賀城の件は自分が圧力かけた訳ではなく作品自体のレベルに問題があったと縄縛の件は自分が縄縛の妻を誘惑する形ではなく自分が縄縛の妻に寝込みを襲われたのだと弁明する。しかし可憐子については携帯小説がヒットして以降売れる事を目的とした商業ベースの作品ばかり書く様になった自分の事を痛烈に批判する様になりそれが曜子とつき合う様になってから更にひどくなった。そして最近命の危険を感じる事があると語るのだった。

早乙女の言葉が気になった桃子らは事情に詳しいであろう早乙女のマネージャー花房大吾(矢柴俊博さん)に話を聞く。その結果早乙女の元に殺すとゆう脅迫状が届いていた事や可憐子が差し入れとして持ってきたお菓子を早乙女が食べて突然苦しみだすとゆう事があったとゆう。花房が独自にお菓子を調べてもらった所中から昇圧剤の成分が検出されたのだとゆう(早乙女は高血圧の持病があり昇圧剤で更に血圧が上がれば死ぬ可能性もある)。花房は更に最近よく2年前の六本木エリート連続殺人事件の犯人で死刑判決を受けた田中健作(少路勇介さん)と面会していた事を桃子らに教える。何の為に早乙女は田中の元を訪れていたのか?早乙女が最近書き上げた新作小説でその事件の事を取りあげて田中が無実であると訴えようとしていたのでは?っとゆう事になりそれを知る為には早乙女の直筆原稿を読むしかないっとゆう事で桃子と大友は早乙女の書斎に忍び込み原稿を盗み見するのだった。その原稿には六本木エリート連続殺人の真犯人は三田村香苗だと名指しで書かれていて驚く2人。特に桃子は可憐子と接触した時に可憐子が落としたファイル?の中に挟まっていた紙に三田村香苗と大きく書かれていたのを思い出したので尚更だった。可憐子の正体が三田村香苗で自分が犯した殺人に早乙女が気付いたので殺害したのか?っとゆう事に。

で毎度の如く犯行ギリギリのタイミングで現場に駆けつけた2人は「博覧強記の会」の特注パーカーを着て今まさに早乙女を刺そうとしていた犯人を取り押さえるが…2人がてっきり可憐子だと思っていた真犯人の正体はなんと曜子だったのだ。早乙女殺害の動機は田中に面会に行き早乙女が事件の事を調べて小説にする事を知ったからだとゆう事で。早乙女がミューズ(女神)と思って愛していた曜子は人を殺す事を何とも思わない悪魔の様な女だったとゆう事でしたね。警察に連行される時も不敵な笑みを浮かべて「私は柚原曜子でも三田村香苗でもない…」っと意味深な言葉を言い残す曜子。事件後生命を救ってもらったのと今回の事でわだかまりが溶けてまた昔の仲が良かった「博覧強記の会」の頃の4人に戻れたお礼の為に桃子と大友の元を訪れる早乙女と可憐子。早乙女は曜子に面会に行ったが拒否されたとゆう事と警察が三田村香苗の両親に確認したところ曜子=三田村香苗ではなかった事がわかりまた柚原曜子とゆう女性もこの世には存在せず結局曜子と名乗っていた女の正体は謎のままとゆう事でしたね。曜子が逮捕されたので田中の再審が決まったとゆう事で。別れ際に可憐子に突然唇を奪われてキスされて気絶する桃子ワロタ。


何か最後の犯人の女の正体は結局何だったんだってゆう感じでちょっと気色悪さが残りましたよね(^^;)行動も自分が真犯人なのにわざわざ替え玉ではめて死刑囚にした男の所に面会に行くってゆう心理が凄すぎですよね。何かこんな終わり方やったらまたあの犯人脱獄かなんかして出てくるんじゃないかってゆう感じがしてしまいますよね。結局どこの誰か本名不明で名無しのゴンベエで裁判ってゆう事になるんでしょうか。まぁそれでも実際に裁判行われた事例もありますもんね。谷原章介さんが蛭子能収さんにSMで縄縛り責められている図柄ワロタ。北川景子さんのロリコン作家相手の幼児しゃべりプレイは危な可愛い感じでハァハァ(^^;)。何かこの数回タイトルに関連してモップを無理矢理登場させている様な感じもしますよね。加勢大周さんもドラマで見るのはお久しぶりの感じが。レズ作家役の高久ちぐささん知りませんでしたけどなかなか良い感じで今後が楽しみな女優さんじゃないでしょうか。蛭子さんは相変わらず何演じても蛭子さんで蛭子しゃべりですな(^^;)六角慎司さんは元ジョビジョバですからマギーさん関連での出演だったんでしょうか。元ジョビジョバで最近テレビで一番よく見るのは長谷川朝晴さんでその次がマギーさんでその次が六角さんですね(最近だと「陽炎の辻-居眠り磐音江戸双紙」で豊後関前藩の悪徳家老の馬鹿息子役とか)。他の方は活動されてるんですかね。マネージャー役の矢柴俊博さんはピザハットのCMとかドラマのチョイ役でよくお見かけする人ですね。今回のドラマはシーン多くて目立つ方ではなかったかと。原史奈さんの犯人役ってゆうの意外と言えば意外ですかね。「水戸黄門」のレギュラー1シーズンだけだったのが残念。ミニズボン風で太股丸出しの忍者装束姿がなかなかだったのに(^^;)

2007/11/24 (Sat) 23:53
モップガール 7話  覗かれた!?女教師の秘密の保健室

今回も前回に続きこんな奴の命助ける必要あったのけ?ってゆう感じでしたよね(^^;)。まぁ桃子(北川景子さん)が時間遡らなければ化学の教師小泉乙彦(村杉蝉之介さん)が殺人のえん罪着せられていた訳ですからあの科学教師は救ったとゆう形にはなりましたけどねぇ。

夜道何者かに金属バットで殴り殺された有望台高校の佐伯亜衣(尾高杏奈さん)。外見は可憐で可愛い女子高生だったがその本性は…科学教師小泉のビデオカメラを盗み小泉が教室で盗撮したかの様に装って小泉を恐喝して400万も脅し取っていたり高校のイケメン3人組の中でも一番人気の家も資産家で会社経営の御曹司の尾関ヒカル(山口翔吾さん)が万引きした弱味につけこんで肉体関係を要求。でその関係で妊娠したと嘘をつき自分をヒカルの彼女とゆう事にさせて玉の輿結婚も狙っていた。この他にもイケメン3人組の残り2人も亜衣は遊んで捨てていたとゆうどうしようもないヤリマン性悪女だったって事で。

タイムリープした桃子は亜衣が犯人に襲われる現場にギリギリ間にあって犯行を防ぐが真犯人が落としたブローチで正体に気付いてしまった為に真犯人に麻酔薬注射されて眠らされてしまう。真犯人は高校の養護教員の沖須美子(猫背椿さん)だった。保健室で目覚めた桃子は今度は殺す為の注射を須美子に打たれそうになるが間一髪のところで大友(谷原章介さん)に救われる。

桃子は生徒に優しく愛想の良かった須美子(口癖は「めんごめんご」)が何故?っとゆう思いになるが須美子は周囲からの期待と好奇の目で見つめられる事で精神的に疲れていたヒカルがよく保健室を利用する様になり話すうちに年がいもなく恋する様になってしまったのだとゆう。しかしそんな須美子の恋心に気付いた亜衣が須美子を馬鹿にして罵倒し自分はヒカルの子供を妊娠しているのよっと勝ち誇った様に見下して告げた為にこんな性悪小娘はヒカルの為にも生かしておけないっとゆう事で殺意がわき起こり実行に移したのだった。

須美子に悪事を告白されても全く反省のそぶりもなくヒカルを連れて立ち去ろうとする亜衣。がヒカルはもうたくさんだと亜衣を突き放して自分の万引きの事明らかにするならすれば良いと吐き捨てその事をネタにして自分と関係して嘘妊娠で自分を縛ろうとした事も明らかにするヒカル。

でここからが思わぬ展開で実はヒカルも須美子の事が好きだったと告白。保健室に居て須美子と話する時間だけが本当の自分を素直にさらけ出せて幸せだったのだとゆう。須美子に抱きつくヒカルだったが…須美子はヒカルの将来の事を考えて罪人になってしまった自分はそんなヒカルの思いを受け止めてあげられる資格がないと口癖である「駄目…それ以上言ったらめんご」とヒカルに告げて別れてパトカーで連行されてゆくのだった。





今回は少女時代の桃子の命を助けて交通事故?で亡くなった女性葉月涼子(堀まゆみさん)が当時の大友の恋人だったってゆう驚きの事実が明らかにでしたね。ただ桃子も大友もお互いにまだその事には全然気づいてない感じで。その時の回想シーンで喫茶店で大友と話していた女性が急に「行かなくちゃ」っと大友に告げて出かけてそのまま還らぬ人になってしまったってゆう感じでしたけど今後本編に平行してこの話も少しずつ進んでゆくんでしょうね。その女性が桃子を助けたのは単なる偶然だったのかそれとも現在の桃子同様の能力があって亡くなった桃子を助けようとして自分が車に轢かれてしまったのか?そして女性の能力が桃子に受け継がれたのか?ってゆう事なのかってゆう事で。昔の大友は真面目な感じで女性の好みも普通だったんですな。この彼女の死が外人マニアになった&葬儀屋で働く様になった事に繋がってるんですかね。

大友と桃子が有望台高校に潜入する為に青森からの転校希望者とゆう事で父娘で潜入でしたけど谷原さんのシャーロックホームズみたいな服と北川さんの眼鏡女子高生姿はそれぞれ良かったですね。今回はレギュラーの池津祥子さんに加えてゲストが猫背椿さんに村杉蝉之助さんっとゆう事で「大人計画」ウィークだったんでしょうか。ドラマではどうしようもない女子高生役でしたけど尾高杏奈さん可愛いですね。他のドラマだと今年は「芋たこなんきん」のヒロインの10代の頃の役とか「陽炎の辻-居眠り磐音江戸双紙」の主人公坂崎磐音(山本耕史さん)の妹役とかですね。

2007/11/17 (Sat) 17:25
モップガール 6話 グラビアアイドルの夢は夜開く

う~ん…何かこれまでの話の中で一番微妙だった感じが(^^;)。前回からコメディ色が急に強まりましたよね。「トゥルー」色薄めてコメディドラマにしようとゆう感じで。それでも前回は良かったですけど今回のは…結局亡くなった安住明日香(佐藤仁美さん)は桃子(北川景子さん)のおかげで命助かって果たして幸せだったのか?って感じでしたし。

ストーリーは
桃子は明日香が最近都市伝説になっている鎌男に殺された?と聞き驚く。桃子は同僚の美樹(池津祥子さん)に無理矢理つき合いで参加させられたドラマのオーディションで元グラビアアイドルの明日香と知り合って女優を目指すのに必死の明日香に強烈な印象を持っていたからだ。で明日香が大事そうに持っていた遺品の鈴に触ってタイムリープでオーディション会場の時点まで遡る(これまでは桃子の部屋ばっかりでしたけどこれまでに無いパターンでしたよね)。

桃子は明日香のマネージャーの結城仁(松澤一之さん)と話し結城が女優にかける明日香に罵倒されながらも一生懸命に明日香を支えている事を知る。桃子は明日香が殺されるとは言えず今夜外出しない様にとだけ告げてカメラマンの島岡マコト(山本剛史さん)の行方を捜す事に。なぜならタイムリープ前に桃子は島岡が参考人として連行される(現場に居た為)のを目撃したのと島岡がこれまでに鎌男が現れた現場のスクープ写真を何度も撮っているとゆう事を聞いた為だった。が島岡は不在、困った桃子は島岡の彼女が外国人だとゆう事で大友(谷原章介さん)を呼び大友が毎度のジゴロテクニックで島岡の居場所を聞き出す事に成功(何かこの展開もワンパターンでマンネリ化してきましたね^^;外人女性の国籍がコロコロ変わるだけで)。

桃子と大友は直接島岡に明日香や鎌男の事を尋ねるが島岡は明日香については旬を過ぎたグラビアアイドルで張りこんでも特ダネなんて望めないと全く興味対象外だと、鎌男については偶然だと答えて車のパワーウィンドウを閉めてしまう(顔挟まれる大友ワロス)。そうこうしている内に事件が起こった時間になった為犯行現場に向かう2人。そこに島岡も現れる。島岡はある男からこれまで同様鎌男が現れるとゆうタレコミがありここにやって来たとゆう。2人が島岡と話してる内に遠くで女性の悲鳴が!。桃子と大友が慌てて駆けつけると気が動転している様子の血まみれの女性の姿が…明日香ではなかった。その女性によると突然鎌男に襲われたのだが抵抗してもみあっている内に鎌男を刺してしまったと興奮状態。

桃子はまだ明日香は鎌男に襲われてないっ!と明日香を助けようとその女性が鎌男と接触した場所の方へ大友が「馬鹿、相手はまだ刃物持ってるんだぞ。止めろ!」っと忠告したにも関わらず走って向かう。がそこで桃子が目撃したのは鎌男の服を慌ててカバンに詰め込もうとしている結城の姿だった。鎌男は結城?っと驚く桃子。そこに更に腹部から血を流した明日香が現れ桃子の驚きは最高潮に。鎌男の正体は明日香自身で明日香がボイスチェンジャーを使って島岡を呼びだして鎌男の写真を撮影させていたのだ。今回もこれまで同様通行人女性を襲ったのだがその女性ともみ合いになってしまった。そこにやはり鎌男の正体が明日香だと気付き止めに来た結城が突然現れて動揺した明日香は鎌で自分の腹部を刺してしまったのだった。出血多量で意識朦朧で目開けたまま地面に倒れ込む明日香。その写真を島岡が撮影するが大友が島岡気絶させて写真を奪う。で明日香はやはり死亡したのか(どう見ても逝ってしまった倒れ方でしたから^^;)っと思ったら何と明日香が横内警部補(マギーさん)と共に車椅子に乗って現れ驚く桃子と大友。横内によると医者も驚くほどの脅威の回復力だったとゆう。

で明日香が何故鎌男にってゆう理由については明日香がグラビアアイドルから女優への転身を計り小劇団に所属していた頃に舞台で主役の鎌男の役を演じてちっぽけな演劇祭だが主演女優賞をもらった事があったのだとゆう。その時に演出家に絶賛され記念として贈られた物があの鈴だった。しかしそれからは色んなオーディション受け続けても落ち続ける日々で女優として全く芽が出ず明日香は自分の当たり役である鎌男を現実世界で演じて世間がそれをどう評価するのか反応を見たかったとゆう事でリアル鎌男になってしまったとゆう事で。結局桃子には到底理解不能な明日香のイカレた歪んだ基地外女優根性だったとゆう事ですね。あとタイムリープ前に明日香に襲われた女性がなぜ名乗りでなかったのかってゆうのはあの女性も実は現場周辺に出没する痴漢(痴女)だった為ってゆう事で後ろめたさがあってとゆう事ともみ合いの中で明日香を刺してしまったと動転してとゆう事で。




結局タイムリープ前後では事件自体にはほとんど変化はなかった。明日香が死ななかったのは現場に桃子と大友が駆けつけて明日香の応急処置したのと救急車呼ぶのが早かったからって事ですよね。明日香にとってはあのまま鎌男の被害者として亡くなってマスコミに報道されるのと鎌男の自演が明らかになって犯罪者としてマスコミに報道されて安住明日香とゆう名前が載るのとどちらが幸せだったんでしょうかね。イカレた女優根性考えると後者の方が本望なんでしょうか。でもこれで芸能生命は完全に終わりですもんね(^^;)。むしろ出所後にまた何かやらかさないかってゆう心配の方がありますよね。亡くなっていた方が世間にとっては良かったんちゃうんかって感じがw。

佐藤仁美さんって若い頃からグラビアアイドルってゆうタイプではなかったですよね?実際水着グラビアとかってデビュー当時の写真集のビキニぐらいだった気が。実年齢より上とゆうか落ち着いた感じに見えますもんね。普通の女性の役よりこうゆうイカれた女性役の方がハマってる感じはしますけど(^^;)。眉間の皺がチャームポイントですな。

2007/11/10 (Sat) 18:52
モップガール 5話 容疑者・東社長の謎を追え!!

何か今回は全編に渡ってコメディタッチの様な感じでしたね。しんみりするシーンもありましたけど佐藤二朗さんと橋本さとしさん本人が若い頃の無茶な回想シーン(竹の子族やローラー族)演じていたり、橋本さんは現在軸でも終始怪しげなラッパースタイルでしたしw(最初誰かわかりませんでしたもんね^^;)。あと池津祥子さんのジュリアナボディコンドレス姿は…(^^;)。最後の橋本さんと北川景子さんの変なラップと踊りもワロタ。あと今回は5話目してようやくリトルエンジェルス社員の詳しい人柄人物紹介ってゆう感じでしたね。片岡(池津祥子さん)に若山(高岡蒼甫さん)環(渡辺夏菜さん)がそれぞれ人生に悩み苦しんでいたところを東に救われ誘われてリトルエンジェルスで働く様になったとゆうのが。これまで大友(谷原章介さん)以外の人は各回そんなに何度も登場しませんでしたもんね。逆にそのせいか今回は桃子と大友の2人だけのシーンが少なくてちょっと残念でした。


ストーリーの方は前回時間を遡ったのに塚田(坂本真さん)を救う事ができなかった桃子(北川景子さん)が今回はタイムリープ(でも前回の事があるので自分から積極的にとゆう感じではなかったですけど)で大津(橋本さとしさん)殺しの容疑をかけられたリトルエンジェルス社長の東(佐藤二朗さん)の容疑を晴らして真犯人も逮捕して大津の命も救って10代の頃お互いに愛していた女性楓が亡くなりその遺骨をどうするかで喧嘩(大津は海に散骨、東は普通に葬式だと)になってずっと喧嘩して張り合う関係(東が父親から葬儀会社を受け継いだのだが大津も形式に捕らわれない新しい形の葬儀が売りの葬儀コーディネーターとなり商売敵に)だったのを修復させて男の友情も復活させて全てめでたしっとゆう展開でした。

まぁでも今回も桃子があと少し気付くのが遅かったら大津の命は救えなかったかも?ってゆうのはありましたよね(^^;)。犯行現場となった倉庫で大津と東が楓の事で口論になりもみ合いにそして東が大津を殴って倒れる大津。その振動で上部で鉄パイプを結んでいた紐がほどけて鉄パイプが落下…で桃子が「危ない!」っと叫んで大津がしゃがみ込み鉄バイプは当たらず。で東は大津に怪我が無いのを確認して桃子と工場の外に。桃子は大津が鉄パイプで殴られ殺された事になっていたのでさっきの口論の時の振動で落下した鉄パイプが大津の頭を直撃した事故だったんだと思ってすっかり安心してしまう。しかし帰り道に東に「ああいう時は“危ない”と叫んでは駄目なんだよ。その場で頭を抱えてしゃがんでしまうものでしょ」と諭されて桃子はそういえばあの時大津はその場にしゃがんだだけで前後左右に動いた訳ではなかったとつまり自分が大声出したので助かった訳じゃなかったんだっとゆう事に気づき慌てて倉庫に戻ろうとするが東は大津ともめたばかりで戻るのを渋る。そこに別行動で大津の周辺を探っていた大友も真犯人の手がかりをつかんで合流。桃子は「このまま社長に大事な友達を失って、後悔してほしくないんですぅぅうう!」っと東を諭す。東は桃子の言葉で昔亡くなった楓からもらったペンダントの石(隕石)を大津と分かち合った時の事を思い出してそのペンダントを握って工場へ走る。

工場では仮面の男が鉄パイプで大津に殴りかかろうとしているところだった。大友が男を取り押さえて桃子が仮面を外すとその男はリトルエンジェルスにも来た事がある若い葬儀コーディネーターの男篠田(北村栄基さん)だった。大友の調べっとゆうより聞き込み先でナンパした中国人娘リンリンからの情報で篠田はヤクザ絡みで殺された死体を葬儀時の別人の棺桶の中に入れてそのま火葬させて死体処理をしようとする闇の仕事をしていたのだ(でも棺桶に死体2体あったらわかるんじゃあってゆう気もするんですけど^^;火葬場って係の人が中の死体の焼け具合チェックしてるので2体あったら燃え方がおかしいとか遺骨の量が多すぎとかでバレる様な気が)。篠田は今回その話を大津に持ちかけたが断られ今度は東に持ちかけたのを大津が知って阻止しようとしたとゆうのが真相だったややこしくなったのは大津がそうゆう事情だと東に話さずにただ倉庫に来いと呼び出しただけだったので口論で昔の事を蒸し返し喧嘩になってしまったとゆう事で。

東も大津も友情の証の楓の隕石のペンダントを今でも持っていて最後に15年前の事を和解する2人でしたね。あの時大津は楓が生前望んでいた様に海に散骨すべきだと主張したのに対してそれを制して普通の葬儀をした東。15年経過して大津も楓の遺族の気持ちを考えるとあの時の東の選択の方がまちがってなかったと思える様になったとゆう事で。大津はラスペガスで新しく葬祭ビジネスはじめるとゆう事で渡米。桃子も今回の事件で本当にリトルエンジェルスのメンバーになれたとゆう自覚がっとゆう事で皆で飲みに行ってるところにテレビのニュースで桃子が葬儀社社員としてインタビューされてるのを見て驚いた桃子の父親(本田博太郎さん)と兄(林泰文さん)(2サスファンとしてはこの2人の使われ方がもったいなさすぎ。登場しても各話1シーンぐらいですから)が追いかけて来て桃子が慌てて逃げるっとゆうラストでした。

2007/11/03 (Sat) 21:00
モップガール 4話  メイド桃子、秋葉原で愛を叫ぶ

回数重ねる毎にバッドエンディングになってゆくって感じですねぇ。
完全にハッピーエンドってゆうのは初回だけだったですよね。毎回本来亡くなった人間の命は救う事はできてましたど今回は亡くなった人間の内1人を救う事ができなかったってゆう初めての展開でしたし。しかも何か結局無駄死にでしたしねぇ。

今回長谷川桃子(北川景子さん)が関わった事件はメイド喫茶の店員品川真理(小出早織さん)がしつこく真理に言い寄っていたストーカー男性塚田浩平(坂本真さん)にナイフで殺害されたとゆう事件。その犯人の塚田もその後ナイフで自殺。桃子が勤める葬儀社「リトルエンジェルズ」の今回の仕事は警察から塚田の遺体を引き取って家に運んで葬儀する事だった。塚田の家の前にはマスコミや野次馬が押しかけてごった返していた。その混乱の中で塚田の母親(山口美也子さん)が落とした物(チェスのナイトの駒)を拾った桃子がタイムリープしてその日の朝に。

桃子は親友で雑誌編集部アルバイトの大河内日奈(浅見れいなさん)に頼んで編集者になりすまして塚田に直接接触して馬鹿な事は止める様にと接触するが失敗し塚田を怒らせてしまうだけだった。仕方なく今度は真理が働くメイド喫茶に店員として潜入する事に。大友(谷原章介さん)は今回は桃子からメイド喫茶に金髪フランス人メイドが居ると聞いてすぐにあっとゆう間に客として来店して金髪メイドと会話してて結局桃子に協力する事に。店に来店ししつこく真理に迫る塚田の姿があった。仕事後の真理を尾行した2人は真理が喫茶店で江本弘樹(泉政行さん)とゆう男に会って現金を渡す場面を目撃。その金は真理がメイド喫茶のバイト代を前借りした金だった。2人の会話から江本が江本はタイムリ-プ前に桃子がニュ-スで見た真理の恋人で犯人が塚田だと目撃証言した男だった。2人の会話から江本が怪しいと睨む大友だが桃子の方は相変わらず塚田を疑うのだった。2人は真理を尾行して江本から紹介された金融会社に入り出てくるのを目撃。そこに江本が来た為に桃子は真理、大友は江本を監視する事に。大友は真理が江本から紹介された金融会社で100万借り江本とその金融会社の男がグルで「良い金ヅルができた。絞り取れるまで絞ってやれ」等と話しているのを聞くが金融会社の社員の男に捕まってしまう。

一方桃子は真理に接触しようとする塚田に遭遇し今度は真理の友人だと嘘をついてストーカーを止める様に説得するが…塚田は「僕は彼女を守りたいんだ」っと意外な発言。更に塚田は真理に自分の小説「吠えナイト!」のあとがきを読んで欲しいとゆう伝言を桃子に残して去ってしまう。桃子は本屋で「吠えナイト!」を買って読み驚く。あとがきから推測するとこの物語のヒロインのモデルが真理で塚田は以前偶然街で出会って見知らぬ自分に親切にしてくれた真理を思ってこの小説を書いたのだった。桃子はそんな塚田が真理を殺す訳がないっとようやく気付いて犯行現場のビルの屋上へ向かう。その頃塚田は電話で江本に「真理を一緒にビルの屋上に連れてくる様に。さもないとお前達の悪事の証拠のICレコーダー(江本と金融会社男の会話)を警察に渡す」と迫っていた。そして屋上に来た真理にICレコーダーを聞かせて江本の悪事を明らかにする塚田。塚田は「二度と真理さんの前に顔を出さないと誓ってくれればこのデータを破棄する」と江本に迫るが江本は真理にナイフを突きつけて塚田にICレコーダーを渡す様に迫ったのだった。ちょうどそこに桃子が到着。桃子はこの修羅場を見てどうしようっと考えて近くの掃除箱からモップを取りだして振り回しながら江本に突撃するがそこはドジな桃子、江本に辿り着く前にドテっとコケてしまう(^^;)。しかし江本の注意が桃子の方にいった隙をついて塚田が江本と格闘し揉みあいに。江本が倒れて気絶する。その江本に駆け寄る真理。塚田も無事そうだったので桃子はとりあえず殺人は防ぐ事ができたっとほっとするが…塚田が倒れてそのまま亡くなってしまう。さっき江本ともみ合いになった時に刺されていたのだ。桃子はそんな~っとゆう感じで狂った様に塚田の遺体に取りすがって塚田の名前を呼び嗚咽して泣き叫ぶのだった。そこに大友がやって来たのだった。

ICレコーダーや桃子の証言が証拠となり翌日江本や金融会社の男か逮捕される。塚田の通夜が行われ真理も来たが真理は塚田の遺体には対面せずに帰ろうとする。桃子が呼び止めるが真理は「塚田さんには感謝しています。でも私はこれからも弘樹の支えになるつもりです」と言う。桃子は「吠えナイト!」のあとがきの話を真理にして塚田が以前真理に会っていたと話すが…真理の記憶の中に塚田の存在はなかったのだった。そのまま去ってしまった真理を茫然と見送るだけの桃子。桃子は時間を戻っても塚田の為に何もできなかった自分の無力さを後悔するのだった。そんな桃子に塚田の母親があのチェスのナイトの駒を桃子に持っていて欲しいと渡す。母親は「あなたのおかげで真理さんは助かったんです。クイーンを守るナイトになりたいという浩平の望みは叶ったんです」っと桃子に話すが塚田を救えず死なせてしまった桃子の心は晴れる事はなくむしろそのチェスの駒を見て余計に辛さと後悔の念がこみあげるとゆう感じに。



まぁ結局真理はイケ面優男に騙される馬鹿女だったって事ですな。完全に利用され騙されていた訳なのに男が出所してくるの待ち続けるって(^^;)。それこそ今度こそヒモとして全部吸い尽くされまっせって感じが。桃子は今回の事でかなり自信喪失っとゆう感じですけどかといってこの仕事続けている限り死者の遺品に触れると好むと好まないに関わらずタイムリープしちゃう訳ですからね。そのタイムリープが起こる基準ってゆうのがよくわかりませんけど。流石に同じ遺品でもう一度タイムリープってゆうのは無理なんですな(^^;)。1話目が家族写真、2話目が手作りブーケ、3話目が議員バッジそして今回がチェスのナイトの駒でしたけど。まぁそれぞれ亡くなった人間の思いが一番こもっていた遺品って事になるんですかね?共通点は。ドラマタイトルになってるモップガールですけどこれまで桃子がモップ持ってるシーンってあったっけ?っと思っていたら今回は強引な感じでモップ振り回してってゆうシーンがあったのでワロタ。いくら時間を遡る事ができてもまだ人生経験の少ない若い桃子には人間観察力とかが不足しているってゆう感じですかね。今回のももっと早く本当の悪者は誰なのかってゆう事に気づいてれば違う展開もあっただろうって感じで。

2007/10/28 (Sun) 19:06
モップガール 3話 アイドル議員の秘密は蜜の味!?

長谷川桃子(北川景子さん)は1人暮らしの老人が亡くなった部屋の清掃と遺品整理の仕事中にその老人が都議会議員根岸小百合(宝生舞さん)の熱心な支持者だった事を知る。仕事が終わって会社に戻るとちょうどその小百合の記者会見(老人介護施設がらみの汚職疑惑に対する釈明)がテレビ中継されていた。その途中で突然小百合の頭上の照明器具が落下して小百合を直撃し即死っとゆう緊急事態に。桃子達は特殊清掃の業務(殺人や事故の後警察の鑑識調査が終わった後に血痕等掃除)で現場に。横内警部補(マギーさん)から照明器具から導線の仕掛けが見つかった、つまりリモコンで遠隔操作され照明器具が落とされた計画殺人だと説明される。警察は容疑者としてカバンの中からリモコンの導線が見つかった小百合(若くて美人の為アイドル的存在だった)とは都議会内でライバルだった女帝の西園寺蘭子議員(片桐はいりさん)に目をつける。でその日の夜に親友の大河内日奈(浅見れいなさん)に誘われて高給料亭で仲居のアルバイトしていた時に大友(谷原章介さん)からの電話で記者会見場に落ちている小百合の議員バッジを探してくれっと命令されバッジに触れてタイムリープでしたね。

朝に戻った桃子はその日西園寺が記者会見前の昼間に料亭に来たとゆう事を思い出して料亭に行き直接西園寺に殺人は良くない!っと忠告するが不審者がられて相手にされずそれなら客として潜入しようとしたが入れず(一番安い料理コースで3万円の為)大友に助けを求める(大友が桃子を「ウザ桃」で携帯登録してるのワロタ)。半信半疑の大友だったが昼のテレビ番組の内容(女子アナが大食い大会で勝利)を桃子が当てた為に桃子に協力する事に。予想外に小百合まで料亭の中に入って行ったので驚く桃子。大友は知り合いのイタリア人ソムリエのクラウディアの協力(料亭で使用するワイン搬入するふりして)で料亭内に潜入。仲居らの会話を立ち聞きして小百合の記者会見時にも同席していた議員の藤井龍平(上杉祥三さん)が小百合と西園寺のお座敷を行き来してるとゆう情報をつかんで藤井の行動を料亭の従業員のふりして監視する2人。藤井は西園寺には小百合は自分がもらった収賄のお金5000万の責任を全て押しつける為のスケープゴートの為(小百合が金を受け取った様に書類とかもなっている)に利用していると説明。トイレに行くと抜け出して今度は小百合の座敷に来た藤井は汚職の証拠は全て処分したからほとぼりが冷め世間が忘れるまでおとなしくしていれば良いっと小百合に語るのだった。小百合は藤井に良い考えがあると何やら耳打ち。2人の部屋を行き来して自分に都合良い事ばかり言ってる藤井にあきれる桃子と参考になるなぁっと感心する大友。

2人は本業の仕事に戻り独居老人部屋の掃除に。桃子は既にこの場面はタイムリープ前に経験済みなので仕事を淡々とこなしてゆくが前の時に捨ててしまった老人の手紙と写真は秘かにポケットの中にしまった。そこに小百合の秘書の平島佳代(小西美帆さん)が現れる。タイムリープ前と桃子が来た時間が違ったのであの時は遭遇しなかった佳代と出会う事に。佳代は1人暮らしで親戚とも疎遠だったこの部屋の老人の話し相手&リハビリ支援をしていたとゆう。老人もそんな佳代の好意に応えようと足が不自由なのに無理して小百合の選挙運動の応援活動をしていたのだった。佳代が記者会見場に向かったので慌てて後を追う桃子と大友は日奈から取材許可用の腕章を借りて記者会見場へ潜入。大友はカメラ撮影の具合を見たいからと照明器具をチェックして仕掛けのスイッチを外すのだった。これでとりあえず殺人は防げるっとホッとした感じの桃子に大友は桃子の話(小百合が殺される)を全面的に信じている訳ではないっとそれに本当に犯人が小百合を殺す気があれば記者会見場でできなくても殺すんじゃないか?っと語るのだった。桃子はそれならばやはり直接説得するしかないっとゆう事で西園寺の元に急ぐが廊下で人とぶつかってポケットの中の老人の手紙と写真を落としてしまう。そこに通りがかった西園寺に「人殺しなんて止めて下さい!」っと訴えるが西園寺は「あんな女の為に一生を棒に振ったりはしないわよ」と答える。桃子は西園寺のカバンを奪い取って中からリモコンの導線を取りだして示すが西園寺は「それは何よ?」っと驚き桃子が自分を陥れようとしていると感じ秘書らに桃子を取り押さえる様に命じるのだった。大友に助けられ何とか逃げた桃子。桃子と大友は佳代と藤井が密談している現場に遭遇。そのやりとりからこの会見が小百合が仕組んだ自作自演で小百合は自分が怪我をする事で世間の同情を引き汚職疑惑を払拭して同時に西園寺が自分を狙った様に画策して政治的に目の上のこぶである西園寺を失脚させる狙いがある事がわかる。しかしそれならどうして小百合が死んでしまう事になってしまったのか?っとゆう事になり真犯人に気づく桃子と大友だった。

記者会見がはじまり佳代がカバンの中に忍ばせたリモコンのスイッチを押すが装置を大友に外された照明は落ちるはずがなかった。どうして落ちないのよっとやっきになって何度もスイッチを押す佳代の元に桃子が来て佳代の手をつかみながら「人を殺しては駄目です。例えどんな理由があっても!」っと諭すのだった。佳代は自分が取り組んできた老人福祉を小百合ら議員は政治に利用してお金を不正に得る手段に利用している。そんな政治を正しい方向に戻す為の犯行だと説明する佳代にあなたのすべき事はこの記者会見で小百合に真実を話させる事ではないかっと諭す桃子。桃子の言葉でハっとした佳代は記者会見場に乱入してマイクを奪ってしゃべりはじめ小百合が高校の同級生だった自分(老人福祉運動していた)を利用して議員になった事や今回の記者会見が小百合の仕組んだ自作自演だった事をばらしてもっと孤独死した老人の問題等を真剣に考える様になって欲しいと小百合に訴えるが…小百合が相手にせずこの女の言ってる事は嘘だと否定した為にその後はテレビ中継されてるのにも関わらず悪口雑言(高校時代からのお互いの恨みつらみから藤井と西園寺の事まで)の女同士の醜いののしりあいとっくみあいの喧嘩wになってしまう小百合と佳代だった。嵐の様な記者会見が終わり佳代は殺人未遂で、小百合と藤井も収賄で逮捕される事に。西園寺も藤井との不倫が明らかになった為に政治生命は終わりだろうとゆう事に。桃子は佳代に老人の手紙と写真を渡す。その手紙には佳代への感謝の気持ちと励ましが綴られていたのだった。老人と自分が笑顔で写った写真を見て自分の愚かさが情けなくなったのか泣き出してしまう佳代。桃子は肩を落とし連行されてゆく佳代の事を思ってか佳代にも聞こえる様な声で小百合に「小百合さんだって間違えば自分が死ぬ危険がある仕掛けを佳代さんに頼んだのは佳代さんの事を信じてたからですよね?」っと声をかけ小百合も「佳代!」っと呼びかけるのだったが佳代はその呼びかけには答えなかった。桃子は大友に「いつか…いつか2人が許しあえるといいですね」と話しかけるっとゆう展開でした。




今回は殺人は阻止する事ができたけど…なんか後味の悪い結末でしたよね。それとタイムリープ前後の関連性ってゆうのが薄かった様な。老人の手紙と写真を捨てずにすんだってゆう事ぐらいでしたかね。まぁあの手紙と写真は最後に佳代に効く重要アイテムでしたけど。
あと亡くなった人の遺品全てに桃子が反応する訳ではないみたいですね。老人の時は何も起こりませんでしたから…病気とか天命的な寿命で亡くなった人の時はタイムリープが作動しないって事なんでしょうか。タイムリープするのは事件とか事故で亡くなった人だけとか?自殺とかの場合はどうなんだってゆうのも。
大友が女の友情をコンドームに例えるところワロタ。薄いと思われるが買って手にしてみると意外に厚い。でも使うと脆くてすぐに破れるってw
あとギャグ的なところでは天然ボケキャラの桃子が言葉を勘違いするってゆうのが3つありましたね。「汚職事件」と「お食事券」(これって「トリック2」の1話目でもありましたよね)
「大脱出」と「幽体離脱」「イリュージョン」と「リラクゼーション」ってゆうのが。

2007/10/21 (Sun) 19:04
モップガール 2話 セレブ花嫁は殺人がお好き

今回は犯人が見つかって殺人を未然に防げたっやれやれっと思ったら別の真犯人がいてってゆう部分が「トゥルーコーリング」と同じでしたよね(^^;)あとゲイやSMが今回事件に関係してましたけど「トゥルー」でレズネタがあった様な気がするんですけど。

長谷川桃子(北川景子さん)は相変わらず何をやってもドジばかりの毎日だった。本社の手伝いの仕事(ブライダルショーの手伝い)で行ったホテルでセレブお嬢様でトップモデルの城之内綾乃(酒井彩名さん)が青酸入りチョコで毒殺される事件に遭遇する。で綾乃が死ぬ直前に持っていたブーケに触れてその日の朝に遡る事に。前回は時間を遡った事に戸惑って行動開始まで時間がかかりましたけど今回は慣れたもので対応が早かったですね。インターネットで桃子の見合い相手云々言いに来た大病院院長の父親(本田博太郎さん)と気弱な兄(林泰文さん)を適当にあしらって親友の大河内日奈(浅見れいなさん)が落として壊してしまった5万のピアス(イヤリング?)も落とす寸前にナイスキャッチ。で日奈がその日綾乃の取材に行く事もわかっているので絶対に綾乃にチョコを食べさせない様にと促すのだった。

が日奈と別れてから1人で現場に向かおうとしたが方向音痴なので迷ってしまう桃子。桃子は休暇中の直属(葬儀屋の特殊清掃課)の上司大友(谷原章介さん)にバッタリ出会って綾乃が殺されるのを防ぐとゆう話をするが大友はなんのこっちゃ?状態。で桃子は自分の祖母が枕元に立ってお告げしたとかなんとかごまかしてその日大友がデートする予定のフランス人女性の名前をズバリ当てたりしてなんとか大友に協力してもらう事に成功。桃子は馬鹿正直に受付で今日殺人事件が起こると忠告するが頭のおかしい人扱いされてつまみ出されてしまう(^^;)。大友がフランス語で通りがかったフランス人女性をナンパして話を聞く。その女性がホテルのメイドだったので「家政婦は見た!」状態で情報収集成功。綾乃をストーカーしていた男の存在が浮かびその男捜しに向かう桃子と大友。その男は桃子がその日(時間が遡る前)病院の階段でコケそうになった所を助けてくれて桃子が一目惚れ(その日の朝の占いに影響された事もあったが)した上腕二等筋がマッチョなフラワーアーティストの男性清島徹(浜田学さん)だった。清島は自分には恋人が居て綾乃はただの友達だと答えた。

この時点では桃子は綾乃の夫になる婚約者の男性本宮和彦(西村清孝さん)が綾乃の財産目当てで殺害したのか?っと考えていたので宝石店から出てきた本宮に直接綾乃毒殺の事を告げてしまうがその事を聞いた本宮はハっとした表情を浮かべて走り出し現場のホテルへ。桃子と大友も追いかける。何とかギリギリで綾乃がチョコレートを食べるのを未然に防ぐ事ができた。桃子は慌てて逃げる人物とすれ違うがその腕の筋肉から清島だと気付く。で女装して会場に紛れ込んでいた清島(ガタイでかいからかえって目立つんじゃあって感じでしたよね^^;)が犯人っとゆう事になるがここからが驚きの展開。清島と本宮は実はゲイカップルで相思相愛だった(途中で本宮と清島がお揃いの指輪持っているってゆうのがありましたから視聴者へのヒントにはなってましたね)が政略結婚的に本宮が結婚する事になり綾乃の存在が許せずに殺害を実行しようとしたのだった。ストーカーと思われたのは綾乃を殺す機会狙っていてつきまとっていたからとゆう事で。で事件解決かと思ったら清島が使用した毒はトリカブトだったとゆう事で他にまだ真犯人が!っとゆう事で桃子は慌てて綾乃の元に行きチョコを食べる寸前で止めたのだった。さっきのチョコは全て証拠品として警察が回収したので新たにチョコを用意して綾乃に食べさせる事のできる人物は…使用人の神林(松田賢二さん)だけだった。桃子は神林が高慢で我が儘で自己中の性格の綾乃から殴る蹴るの暴力を受けている現場を以前見かけていた為に長年の虐げられた恨みからの犯行か?っと思うが実は綾乃と神林はお互い子供の頃から相思相愛でしかもSM関係の愛だった。が神林は使用人の身分でお嬢様の綾乃とは結婚はできないとわきまえてはいたが綾乃が結婚する事になり他の男と結婚してしまうぐらいなら綾乃を殺して自分もその後を追って死んであの世で結ばれようと考えたのだった。桃子は神林に「本当に綾乃さんの事を愛しているなら、例え貧しくても辛くても自分についてきて欲しいって言ってあげるべきでしょう?」っと諭す。この言葉に綾乃も諭され晴れて2人は身分を越えて婚約して格差結婚へ(翌日の新聞で報道って形になってましたね)ってゆうめでたしめでたし?ってゆうラストでした。


実際に綾乃を死に追いやるところだった神林が何の罪にも問われずに綾乃と結婚。実際には仕込んだ毒は綾乃の死には関係なかった清島の方が殺人未遂で逮捕ってゆうのはおかしな感じもしましたけど清島の時には現場に警察がいましたから仕方なかったんでしょうね。北川景子さん変な奇声「うぐっ」とか「ぐえっ」とかあげながら変顔になるシーンが数え切れないぐらいありますよね(^^;)。初主演で熱演ですな。初回より更にコメディ色強まってるってゆう感じでしたね。この原作自体にはヒロインが時間遡るなんて設定はないみたいで結果的に「トゥルー」みたいになってしまったのはテレ朝の考えでそうなってしまったらしいですね。「トゥルー」見ててもそこそこおもしろいですから「トゥルー」見た事ない人には新鮮でおもしろい展開のドラマに映るんじゃないですかねぇ。まぁドラマ全体に流れる雰囲気は「トゥルー」の暗(オチに少し笑いある時も)に比べてこちらは完全に明ってゆう感じですから違いはありますけどね。酒井彩名さんは最近こうゆう我が儘高慢なお嬢様ってゆう役柄が続いてますね~2サスにも出演して欲しいですな。2サスでこうゆうキャラだと殺され役ですけどw

2007/10/13 (Sat) 22:41
モップガール 1話 葬儀会社の美少女は死体を救う

ドラマはじまる前からアメリカのドラマの「トゥルーコーリング」のパクリとか散々言われてましたけど確かによく似てますよね(^^;)。私も「トゥルーコーリング」は時々見ていただけですけどそう感じましたから。

「トゥルーコーリング」は幼い頃に自分を助けて目の前で殺された母親から受け継いだ能力を持つモルグ(死体安置所)に勤めるヒロインが安置所の死体から助けを求められて「一日をやり直す能力」を使って死体の人間の運命を変えて死なない様に一生懸命に努力するとゆう感じの展開。でこの「モップガール」は幼い頃に自分を交通事故から助けてくれて亡くなってしまった女の人(ヒロインとの関係説明今のところ無し。母親かも?)から能力を受け継いだ?(女の人が死ぬ前に何か言ってましたけどはっきり内容がわかりませんでしたよね)ヒロインが結婚式場の仕事で大失敗して左遷的に葬儀屋「Little Angels」に勤める事になり亡くなった人間の遺品に触れる事で「一日をやり直す能力」が発動して亡くなった人間が死なない様に一生懸命努力してゆくとゆう感じでしょうか。ドラマ全体に流れる雰囲気が「トゥルーコーリング」はホラーとゆうかちょっと怖い感じだったのに比べて「モップガール」は明るくコメディタッチな感じですけど。

初回はヒロイン長谷川桃子(北川景子さん)が葬儀する事になった銀行強盗犯(銀行強盗後逃走途中に子供を人質に取ろうとして警官に射殺された)の遺体を見て高校時代の恩師の平松(小倉久寛さん)だった為に先生が銀行強盗なんてっと驚く。自分には昔から変な所があってそれが悩みで自殺しようとした自分を必死で止めてくれたりその後も慰め励ましてくれた優しい先生だったからだ。で桃子が平松の遺品の家族写真に触れて能力が発動してその日の朝の8時の時点に遡る。最初は戸惑う桃子だったが親友の大河内日奈(浅見れいなさん)との電話の内容やその日の午前中に葬儀屋への左遷を上司に告げられた事等経験した事が再び起こるので時間を遡った事を自覚して平松に銀行強盗させない様に必死に奔走するとゆう感じでした。平松の職場(退職していた)や自宅を訪れた桃子は平松が息子が事業に失敗して多額の負債を抱えて借金取りに追われているのを助けようとして銀行強盗を決意した事を知る。で銀行の前で昔自分の自殺を止めてくれた時の事を涙ながらに語り強盗を止める様に平松を説得する桃子。で平松は銀行強盗を思いとどまり命が助かったっと思ったら何と別人の銀行強盗犯人が現れて2人の横を逃走して行った。その時に犯人が子供を突き飛ばして子供が倒れて泣く。平松は子供を助けて笑わそうとして銀行強盗に使う予定だった水鉄砲を出してあやそうとしたのだがそこに連絡を受けて駆けつけた警官が平松を強盗犯と誤解して拳銃を発砲してしまう。っと思ったらその弾は外れて桃子が平松をかばって「違います。犯人は別の人で逃走した」っと訴えて今度こそ本当に助かったってゆう感じでしたね。

元々平松は結局銀行強盗はできずに強盗犯に突き飛ばされた子供を助けて犯人と誤解されて射殺されたっとゆうのが真相だったんですね。平松が銀行強盗に入ろうとするシーンはドラマの冒頭の方でありましたけどその時に平松が持っていたマスクの線の色が実際の銀行強盗犯がかぶっていたマスクと違ってましたから(これ録画してましたので後から見直してみるとちゃんと後で効いてくる伏線になっていたんですね)。さぁ今後どうなんでしょうか。同じ能力持っててヒロインの邪魔する様な奴が登場する様な展開になったらそれこそ「トゥルーコーリング」ですけどw。

「Little Angels」の面々は社長の東(佐藤二朗さん)、特殊清掃課(殺人現場とか事故の血痕掃除等)で桃子の直接の上司になる大友(谷原章介さん)、営業の若山(高岡蒼甫さん)、経理の片山美樹(池津祥子さん)、アルバイトで東の姪の中村環(渡辺夏菜さん)とゆう感じで。あと警察関係で横内警部補(マギーさん)里見麗子警部補(花形綾紗さん)がレギュラーなんですね。あと今週は登場しませんでしたけど桃子の父親役で本田博太郎さん兄役で林泰文さんが登場されるんですね。

ヒロインの北川景子さん私は雑誌とかはあまり見ないので実写版の「美少女戦士セーラームーン」のセーラーマーズ役以来になるんですけどだいぶ痩せはりましたね。あの頃は下膨れ顔だった気が。可愛いですけど何か顔の具の中で鼻が大きく目立つ感じが。あと表情によって菊川怜さんっぽく見えてしまう感じの場面もありましたね(^^;)

| ホーム |

 BLOG TOP