fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2008/05/02 (Fri) 19:53
ラスト・フレンズ  4話   引き裂かれた絆

宗佑(錦戸亮さん)にボコボコに殴られて顔を腫らしてシェアハウスに逃げ込んできた美知留(長澤まさみさん)の傷の手当てをする瑠可(上野樹里さん)。腫れて目立つ部分はタケル(瑛太さん)が上手くメイクしてごまかして目立たなくしてくれた。

瑠可は美知留にこれまでにも何度も同様の事があった事を確認してから「美知留は愛されているとか大事にされているとか言っていたけど…もう別れた方がいい…これは愛じゃないよ。暴力で人を思い通りにするのは愛じゃないよ」っと美知留に。その瑠可の言葉に泣き出す美知留。

瑠可やタケルやエリ(水川あさみさん)や友彦(山崎樹範さん)らが今後の美知留の事を相談する。DVする様な男はしつこくてストーカーが多いとゆう事で、宗佑を美知留に近づけない事、宗佑から携帯電話に電話がかかってきても出ない、現在勤めている美容室も辞めて他の店に移った方が良い等の意見だった。4人で色々協力して美知留を宗佑から守る事に。

怪我が治ってモトクロスの練習に完全復帰した瑠可をチームの監督の林田(田中哲司さん)が飲みに誘うが今日は家に人が居るので…っと断る瑠可に、男ができたのか?お盛んだなっ等とからかう林田に「すぐ男だとか女だとか言うのはやめてください。私をレーサーとして見てください!」っと訴えるが林田はそれは梨を林檎と言えっと言っている様なもんで無理だと。お前は女だからと。お前は優秀な女レーサーだと言う林田の言葉に複雑な表情になる瑠可だった。

シェアハウスの皆でスキヤキの用意をしている最中やはり宗佑の事が気になり(顔の傷がだんだん治ってくるのを見てその思いが強くって感じでしたね)こっそりと留守電を聞くのだった。がそれに気づいた瑠可が「どうせもう絶対に殴らないから戻ってきてくれ…」だろうと指摘(実際その通り)してもう聞いちゃ駄目だと「戻ったら同じ事の繰り返しになるだけだ」と美知留の携帯を奪う。皆でワイワイ楽しくスキヤキを食べるのだったが美知留の為にかいがいしく世話を焼く瑠可の様子を見たエリや皆が「瑠可の美知留ちゃんに対する態度って男みたいだよね」っと冗談交じりで言った言葉に反応して一瞬表情がひきつる瑠可。すぐにそんな事無いと誰に対しても同じだよっと笑ってごまかすのだった。皆が宗佑の事をあんなひどい暴力男等と悪口言うのを聞いて「宗佑も私を叩く度に苦しんでる」っと美知留は宗佑をかばう発言をするのだった。

友彦はエリと買い物している途中で自分の妻が他のイケメンの男と腕を組んで仲良さそうに歩いている現場を目撃して2人の後を追いかけて妻にビシっと文句でも言うのかと思ったら…近くから隠れて2人の様子をうかがうだけだった。妻が自分のクレジットカードで買い物するのを目撃しても結局何も言えずに妻と男が去るのを情けなく見送るだけだった。友彦は泣きながらエリに愚痴をこぼす。エリはそんな友彦に「ばっかだなぁ。まだ奥さんの事愛しているんだ」っと言葉をかけて頭をよしよしとなでて慰めるのだった。

瑠可はモトクロスの練習場で自分を遠くから怖い顔で睨み付けている宗佑に気づき慌てて更衣室からタケルに電話。美知留はタケルのヘアーメイクの仕事に助手としてついていっていたのだが美知留が側にいると聞き安心する瑠可。瑠可は宗佑が今自分を監視している事をタケルに話して帰り道宗佑に尾行される恐れがあるから寄り道してまいてから帰るから遅くなると告げて美知留を絶対に1人にしない様に頼むのだった。瑠可は宗佑の尾行をまく為にこれまで何度か飲みに誘われても断っていた林田を自分の方から誘うのだった。瑠可は林田の事をモトクロスライダーの先輩として監督としては尊敬していたのでモトクロスの話で大いに盛り上がるのだった。そのせいか飲み過ぎて酔っぱらって帰り道にふらついてしまう瑠可。林田がそんな瑠可を助けるがそのまま突然ぎゅっと思いっきり抱きしめてキスをするのだった。激しく動揺した瑠可は何するんだよっと激高して林田を思いっきり突き飛ばしてその場から走り去ったのだった。汚い物を拭うかの様に水で唇をゆすぐ。

瑠可はそれからタケルがバーテンしているバーに行ったのだがまだ動揺が続いている状態だった。明らかに様子がおかしい瑠可に一体何があったのか尋ねるタケル。瑠可は男に襲われたのだと、相手は宗佑ではなく自分の良く知っている好きな人(異性とゆう意味ではなくモトクロスの先輩として)だったのだが「触られたらぞっとした。相手にってよりそういう事されている自分にぞっとして…駄目だな本当こんな事くらいで…私、強くなりたいのに。美知留の為にに強くなきゃいけないのに」っと肩をわなわな震わせながら絞り出す様な声で話すのだった。カウンターの中で話を聞いていたタケルが瑠可の隣の席に座って「肩抱くよ」っと声をかけて震える瑠可の肩に手を回して「俺の事怖い?」っと尋ねるのだった。瑠可はタケルに触られても林田に体を触られた時の様な嫌悪感は無く「タケルは怖くない。タケルは大丈夫だ」っと笑顔で答えるのだった。タケルは「ここでなら泣けるだろ、泣いていいよ」っと瑠可に声をかけ瑠可も我慢していたものが一気にこみあげたのか号泣するのだった。タケルの心の中の声“その日誰も知らない君の弱さを知った。君が美知留を守るなら、俺が君を守ろうと思った”。

美知留はタケルの仕事の助手をしてみて同じ髪の毛を扱う仕事でも新しい世界がある事がわかったと嬉しそうにシェアハウスで皆に話すのだった。タケルが現在シェアハウスで生活している5人全員の新しいお揃いのマグカップを買ってきてくれてそれを手にした美知留も嬉しくてタケルに礼を言うのだった。瑠可は翌日林田にいつもどおり普通におはようございますっと挨拶をするのだったが林田は昨日の事があるので気まずそうに瑠可の方を見ようとせずに練習メニューの内容だけ口にするのだった。瑠可はそんな林田に自分の顔を見て下さいとこれからもいつも通りにして下さいと頼むのだった。林田も瑠可の方からそうゆう風に言ってくれたので安心したのか俺も昨日酔いすぎていてどうかしていたんだ、すまん等と謝って無事に関係修復。

今日はタケルの仕事についてゆかずに1人でシェアハウスで留守番していた美知留が携帯の着信をチェックすると母親の千夏(倍賞美津子さん)から何度も電話がかかってきていたのでかけてみると最近ちっともアパートに帰ってこないじゃないかとかちょっと生活費が足りなくてお金を持ってきて欲しいこの前旅行に行った時のお土産も渡したいから等と美知留にアパートに来る様に促す千夏。美知留は危険を察したのかこの事を瑠可に伝えて瑠可が千夏の元にお金を届けに来た。瑠可はお金渡してお土産だけ受け取るとさっさと帰ろうとしたのだったが千夏が美知留は今どこに居るのかっとしつこく尋ねてアパートの外まで瑠可を追いかけてきて「私は美知留の母親なのよ」っと叫ぶ。瑠可は今度また美知留から連絡させますとだけ告げて乗ってきたマウンテンバイクで走り去ったのだった。部屋に戻った千夏は「居場所聞き出せなくてごめん」っと部屋の中に隠れて様子を伺っていた宗佑に謝るのだった。宗佑は瑠可を追跡する為慌てて外に。

シェアハウスに戻った瑠可がエリと美知留の母親の話をしていると突然ピンポーンっとチャイムが。エリがタケルだと思って玄関に向かうが瑠可は胸騒ぎを感じてエリに開けるなっと言うのだったがエリは確認せずに開けてしまった。そこには宗佑が立っていた。美知留は入浴中だった。宗佑は美知留来てますよね?っと瑠可に尋ねるが瑠可は否定。しかし宗佑は美知留の携帯に電話して着信音が鳴ったのを確認する。瑠可が「美知留には絶対会わせない」と立ちはだかるが宗佑は無理やり家の中に上がり込もうとした。瑠可は「住居不法侵入になりますよ。警察呼びますよ。あなた公務員だから警察沙汰は困るんじゃないですか」等と宗佑を脅して牽制して玄関から外に閉めだしたのだった。

外は雨が降り出してどんどん激しいどしゃぶりになってきたのだが宗佑はずっとシェアハウスの側で傘もささずにズブ濡れになりながら立ち続けていた。完全に暗くなってタケルが帰ってきた時も立ち続けていた。タケルと瑠可は相談して夜も交代で寝ずの番をする事に。夜中に眠れないと美知留が起きてきたのでタケルが精神的にリラックスできるからっとハーブティーを作ってあげる事に。美知留はタケルの入れるお茶を美味しいと感動してこんなお茶を入れれる人は家族関係が良好な人が多いと思うと話してタケルに家族の事を尋ねるのだった。タケルは父と母と姉の普通の家庭だったと答える。美知留は自分と宗佑は育った家庭環境があまり良くなかったのだとゆう事を話そうとしたが宗佑の話なんて聞きたく無いよねっと止めようとしたがタケルに続ける様に言われて話し始める。宗佑は小学生の頃母親と2人暮らしだったがその母親に恋人が出来て宗佑を捨てて出ていってしまって宗佑はひとりぼっちに。その後は親戚をたらいまわしにされる日々だった。自分も父親が借金作って失踪して母親がその後働いて自分を育ててくれたと。「だから最初に宗佑に出会った時に似てるなって思ったの。一人ぼっち同士だと。だからここで皆にに良くしてもらうと嬉しいけど、宗佑に悪いなぁって思う、宗佑は1人ぼっちなのにと…」っと話しながら美知留は寂しそうな暗い表情に。美知留は自分に比べて瑠可が羨ましかったと、モトクロスのレースにも家族皆が応援しに来てくれたりっとか話すのだったが瑠可の人には言えない苦しみを知っているタケルは「人がどれだけ孤独かなんて…傍からじゃわかんないよ…」っと寂しそうにつぶやくのだった。美知留の心の声“雨の音を聞きながら、あなたの事を思って過ごした。瑠可、私を許して。私はあなたの苦しみには気がつかなかった”

翌朝起きてきた美知留と寝ずの番をしていた瑠可が2人で窓から外を見て雨がまだ降ってるねっと話す。瑠可はその時に宗佑の姿が見えなかったので安心したのか美知留がゴミ捨てて来ると言ったのを無理には止めなかった。美知留は雨の中傘をさしてゴミ捨て場にゴミを出すのだったが…ゴミ捨て場の横でズブ濡れになって気を失って座り込んでいる宗佑の姿を見つけて、昨日からずっと雨の中ここで私を待っていてくれたの?っと驚く美知留。美知留に気づいた宗佑が「美知留、僕はいつも君を待ってる。待つのは辛くないんだ」っと弱々しく声をかけると美知留は宗佑をぎゅっと抱きしめるのだった。そんな2人の様子をシェアハウスから出てきた瑠可が寂しげな哀しそうな表情で見つめるのだった。瑠可の心の声“あなたと宗佑を引き裂こうとして傷ついたのは自分だった”







まだ物語序盤ですし美知留はどうせ宗佑の所に戻ってしまうんだろうなぁっとは予想できましたけどやっぱりでしたね。今後も宗佑にボコボコに殴られる→瑠可に助け求める→また宗佑をほっとけず戻る→また殴られて瑠可の元にって延々繰り返して挙げ句の果てに美知留を奪い合う形で宗佑と瑠可が最終決戦で取り返しのつかない結果にってゆう流れなんですかねぇ。それに瑠可を守ろうとしてタケルも巻き込まれるって感じなんでしょうか。

宗佑も住居不法侵入で警察に連絡するとか職場に連絡するっと言われると流石に無理矢理はシェアハウスの中には入れませんでしたよね。でもあれは瑠可の他にエリや友彦も居たからであれが瑠可だけだったりしたら強引に入っていたかもしれませんよね。それにしても美知留のアパートからマウンテンバイクで走り去った瑠可をどうやって追跡したんだ?宗佑って感じが(^^;)。タクシーでも拾って追跡したんでしょうか。

瑠可はやっぱり外見は女でも中身は男の性同一障害って事なんですかねぇ。林田にキスされてモロに嫌悪感出してましたし。でもタケルに体触られても嫌悪感は無しでしたね。タケルには男性の性欲むき出しのオーラが無いからでしょうか、あれが友彦だったら林田と同じ感じになってるんでしょうし。タケルの場合は性同一障害まではいってなさそうですけど、ゲイってゆう訳でもなくて女性とのセックスが子供の頃のトラウマで恐怖感じるみたいですね。

先週登場した伊藤裕子さんはタケルの義理の母親なのかと思ってましたけど今回のタケルの家族構成の話からすると姉なんですかね?でもそれだと実の姉から何かトラウマになる性的な事をされたのか?って事でもっと深刻ですな。
スポンサーサイト



2008/04/25 (Fri) 21:56
ラスト・フレンズ   3話    命を削る想い

病院の廊下で美知留(長澤まさみさん)が宗佑(錦戸亮さん)に怒鳴られて突き倒されてそのうえ椅子で殴られそうになったのを目撃した瑠可(上野樹理さん)は自分の脚の怪我の事も忘れて2人の間に割って入って必死に美知留を庇いながら「私の美知留に触るんな!」っと宗佑に叫ぶ。トイレにいった瑠可がなかなか戻って来ないので心配になったタケル(瑛太さん)が様子を見に来てこの現場に遭遇。真剣な表情で美知留を庇っている瑠可と椅子を振り上げた体勢の宗佑に驚き「何やってるんですか!」っと大声で叫ぶのだった。

瑠可はどうして美知留に暴力を振るったのか宗佑を激しく問いつめるが宗佑は振り上げた椅子を元に戻しながら殴ってなんかいません、「ふざけていたら椅子が倒れただけです」っと淡々と答えるのだった。そう言いながら宗佑は目で美知留を牽制する感じに。瑠可に暴力ふるわれたのか?っと尋ねられた美知留もふざけていただけだと答えるのだった。そこに瑠可の父親(平田満さん)まで出てきたので瑠可も自分が廊下でこけて助けてもらった等とその場をごまかすのだった。病院からの帰り道に約束通りに家に戻らなかった事を謝る美知留に「あいつ(瑠可)とはもう付き合うな!」っと言い放つ宗佑だった。

退院してシェアハウスに戻った瑠可とタケルはエリ(水川あさみ)や友彦(山崎樹範さん)に美知留が宗佑からDVを受けている事を打ち明ける。それなのに宗佑をかばう美知留に歯がゆさを感じる瑠可。タケルは「DVをやられたほうは一生傷が残る」っと深刻な表情で話すのだった。
タケルの元に自宅?からの宅配便が届いていた。タケルの母親の白幡優子(伊藤裕子さん)(実の母親にしてはどう考えても若すぎますから義理の母親ですよね)から電話がかかってきてタケルに優しく話しかけるのだったがタケルの方はその女性の声を聞くのもおぞましい感じであんたは結婚して新しい家族もいるんだろっとか「もう宅配便送ったり電話なんてやめてくれ。あんたは忘れたかもしれないけど、俺は忘れてないんだ!」っと叫んで電話を切ってしまうのだった。電話を切った後にタケルの心の中の声で“瑠可、いつか俺は君に話せるのかな。俺が子供の頃負った傷の事”。

美知留の事が心配になった瑠可は美容室に訪ねてきた。昼食食べながらの雑談の後瑠可は宗佑のDVの事を尋ねる。しかし美知留はDVを否定して「一緒に暮らしてれば喧嘩くらいはするよ。宗佑は本当に優しい人で私の事を大事にしてくれてる」っと答えるのだった。更にしつこく問いつめる瑠可に宗佑の事何も知らないくせにっと告げ、「私はこれまで人に愛されてるって感じた事はなかった。でも宗佑には愛されてるって感じるの。宗佑は私の事を見てくれてるって」っと続ける美知留。そこまで美知留に言われてしまうともうそれ以上話す言葉が無くなってしまって瑠可は「もういいよ」っと席を立ってそのまま帰ってしまったのだった。モトクロスの練習の最中。美知留の心の中の声“もうやめよう。これ以上あなたの事を考えるのは、あなたの事を心配するのは。もうどうしようもできない。愛された事がないって言われたら”。練習を終えて更衣室から出てきた瑠可を遠くから怖い表情で睨み付けている宗佑の姿があった

店長からお客さんのカットを任せてもらう様になって張り切る美知留だったが店の外から怖い表情で自分の事を見つめて待ち続けている宗佑の姿を見て動揺して手元が狂って失敗してしまうのだった。仕事が遅くなって帰宅した美知留はドアの外から部屋の中の宗佑に謝って鍵を開けてもらおうとしたが宗佑は「あんなに僕を待たせた罰だ。そこで反省していろ」っと美知留に。美知留は仕方なく部屋の前で開けてくれるのを待ち続ける事に。しばらくしてようやく開けてくれた宗佑だったが美知留は宗佑の手首に3つの丸い火傷の跡がある事に気づき驚いて宗佑に尋ねるが宗佑は美知留を待っている間にタバコ3本吸ったんだよっと不気味な笑顔を浮かべて話すので怖くなる美知留。

この事があって美知留は店長にできるだけ定時に帰らせて下さいと頼むのだったがあんた何様?ちょっとカット任せてもらうようになったからと思ってっとゆう感じに悪く取られてしまって半年間勤めていれば繁忙な事ぐらいわかるでしょうっと却下されてしまうのだった。美知留が指名されて客の所に来るが客は男性だった。先日自分がタケルのカットをした後の宗佑の態度を思い出した美知留は怖くなり店の外を見るが宗佑はいなかったので安心して男性客のカットをしたのだった。
その夜の夕食時に今日の仕事はどうだった?自分との約束通り男性の髪の毛は切ってないよね?っと問われた美知留は少しひきつった笑顔で切ってないよっと嘘をつく。そのまま黙っておけばよいのに「もし切ったらどうする?」っと思わず言ってしまった美知留。途端に怖い表情になり「切ったのか?」っと尋ねる美知留。宗佑は「切ったんだな!」と立ち上がって美知留の髪の毛を鷲掴みにしてひっばり倒して床に倒れる美知留だった。美知留は泣きながら「お店には男のお客さんも来るんだから、仕事なんだから断っていられないよ」っと宗佑に必死に訴えるが宗佑は「でも約束しただろ。男の客と俺とどっちが大事なんだ?」っと淡々と美知留を責める。そんな極端な選択を迫られた美知留はもちろん宗佑だとすがりつくのだったが宗佑はそんな美知留を「男の客は二度とやるな」と突き飛ばすのだった。

タケルが正式にシェアハウスに引っ越すことになり引っ越しの日に歓迎会が開かれる事に。友彦は自分が来た時には歓迎会なんてなかったのにっとむくれる。エリが友彦はすぐに自宅に戻るからだよっと話すが友彦はここでの暮らしが楽しいと妻とは結婚した時からずっと上手くいってなかったしっと「このままここで暮らしちゃおうかなぁ」と言い出す。タケルがそんな友彦にそれならずっとすめば良いじゃないですか「これだけいたら楽しい事があったら騒げるし辛い事があったら気が紛れるし」っと賛成するのだった。ベランダで1人寂しそうにしている瑠可に美知留の事がどうなったのか尋ねるタケル。瑠可から美知留とのやりとりを聞いたタケルは動き出さないと何も始まらないと瑠可の携帯電話から勝手に美知留の携帯に電話してしまうのだった。

美知留も宗佑との事があって心細かったのか瑠可からの着信を見てすぐに折り返し電話するのだった。すぐに電話に出る瑠可。美知留の声は「瑠可、私ね…会いたいよ」っと不安げで寂しげだった。瑠可はこれから出かけようっと美知留を誘ってタケルが借りてきた車で3人で出かけるのだった。タケルの大好きなスポットらしい夜景が綺麗な港だった。瑠可の美知留への思いを知っている宗佑は気を利かせて姿を消して瑠可と美知留を2人っきりにさせてあげるのだった

瑠可にその後宗佑とは?っと尋ねられるが本当の事は言えずに仲良くやってるよっ幸せだと無理に笑って答える美知留。瑠可は「辛くても美知留が幸せなら文句言えないよ」っと美知留に。美知留は「駄目なとこいっぱいあるけど…このまま私と友達でいてくれる?」っと瑠可に。瑠可はそんな美知留を当たり前じゃんっとぎゅっと抱きしめるのだった。美知留の心の中の声“私の人生には宝物が二つある。瑠可と宗佑。二つとも大切にしようと思ってた…まだあの時は”

翌朝瑠可がシェアハウスで目覚めると早起きしたタケルが昨日の歓迎会で散らかっていたのを綺麗に掃除して皆の分のモーニングコーヒーを入れていた。瑠可とタケルが話している所に友彦とエリも出てきたが2人がエリの部屋から出てきた事に気づき驚く瑠可とタケル。2人は昨夜瑠可とタケルが美知留に会いに行っていた間に酔った勢いで不倫関係になったらしかった。

美知留は店長に今後男の客は担当したくないっと頼むのだったが…定時に帰らせろの次はそんなわがままかと激怒した店長はそれならもう客につかなくても良いと、裏方で雑用ばかりやってなさいっと美知留に宣告。その日は暇だったのでカットの練習をしようとした美知留にもう客につかないのにカットの練習する必要も無いでしょっと雑用すませたらさっさと帰っていいわよっと冷たく言い放ち練習させない店長だった。仕方なく早く帰宅した美知留は久しぶりに高校のアルバムを見るのだったが瑠可の顔写真がマジックで真っ黒に塗りつぶされているのを見つけて驚く。そこに背後からスッーっと宗佑が現れる。どうしてこんな事っ?と尋ねる美知留に「こいつは君に近づいたらいけない女なんだ。知ってるんだよ。君が夜中にこいつと会ってたの。二度と会うなっていったのに!」っと答える宗佑。美知留は「瑠可は私の大事な友達だよ。私は友達とも会っちゃいけないっていうの?」っと珍しく反抗。宗佑は先日の病院の廊下で美知留を庇って自分を睨み付けた瑠可の表情を見て感じたと「こいつは女じゃない。男の目で君を見てるんだ。昔から奴は君のことを狙ってたんだ!」っと冷たく言い放つ。仕事の事だけでも鬱憤がたまっていたのにその上友達にも会うなっと言われて「私は、宗佑の奴隷じゃないんだよ!なんだって我慢できるって。でもこれだけは譲れない。私の瑠可の事を悪くいうのはやめて!」っと更に強い口調で反抗する美知留だったが「私の…瑠可」っとこの言葉にブチ切れた宗佑ははいきなり美知留に強烈なビンタをくらわせる。(映像はなかったがこの後宗佑に相当ひどくボコボコにされる美知留だった)。

シェアハウスで楽しくババ抜きをしていた4人。チャイムが鳴って瑠可が出るとそこには殴られて顔が腫れあがった美知留の姿が。美知留は「瑠可…助けて」っと力無く叫んで倒れ込んでしまうのだった。そんな美知留を抱きしめる瑠可。タケルやエリや友彦もそんな美知留の姿を見て驚くのだった。タケルは美知留を抱きしめる瑠可の表情を見て“瑠可、君はあの時心に決めたんだな、これから先何があっても美知留を守るって”っと感じるのだった。








なんか宗佑登場のシーンが怖いの通り越して笑えてしまう様になってしまったんですけど(^^;)。仕事は一体どうなってんねんって感じですよね。宗佑があんなDV男になってしまった理由ってゆう説明が全然ありませんよね。おそらく子供の頃に親に虐待受けていた過去があるって事なんでしょうけど(宗佑の両親の話が全然出てきませんもんね)、現在市役所の児童福祉課の職員って事でその仕事の場面の合間に宗佑の子供の頃の過去のトラウマが紹介される展開になるのかな?っと初回の時には思ったんですけどその後は宗佑の仕事の場面は一切無しですよね。真顔でタバコ3本次々に手首に押しつけて根性焼きして平然としてましたけどああゆうのも幼少時親にやられたって事なんでしょうか。

美知留はこのまま宗佑から逃げ回って瑠可が美知留を庇って宗佑と対決って事になるんですかねぇ。職場にも行けませんよねぇどうするんでしょ。宗佑も美知留が頼れるのは瑠可しか居ないってゆうのもわかってますし既に瑠可の動きも監視していましたからシェアハウスにやってくるのも時間の問題ですよね。まあでもこれが終盤だったらこのままかなって感じしますけどまだ序盤ですから宗佑がまた優しい甘い言葉かけて美知留が宗佑の元に戻ってしまうんでしょうねぇ。

宗佑の瑠可に対する直感「こいつは女じゃない。男の目で君を見てるんだ。昔から奴は君のことを狙ってたんだ!」は当たってる訳ですよね(^^;)。美知留は瑠可を同姓の親友だと思ってますけど瑠可の方は明らかにそれ以上ですもんねぇ。

冒頭の美知留のナレーションの中に“死”が出てきますから誰かが亡くなるのは間違いないんでしょうけどそれが果たして誰なのかって感じですね。エリや友彦では無いでしょうしタケルでも
美知留から見てあんな後悔口調にはならないでしょうからやはり宗佑か瑠可。どちらかがどちらかを殺してしまったかもしくは2人とも死んでしまったかなんですかね。

タケルはあの義理の母親に性的虐待を受けていたって事なんですかねぇ。男性が好きな訳でも無いのに男女のセックスには思いっきり拒絶反応見せてますし。義理の母親は結婚して新しい家庭持っているのにまだタケルに未練があるんでしょうか。本当はタケルと結婚したかったとか?。でも民法では一度義理でも親子関係になった人間同士はその後絶対に婚姻はできませんもんねぇ。義理の兄妹、姉弟ならできますけど。

エリと友彦は不倫関係になってしまいましたけど今後その事で追い込まれる事になるんですかねぇ。友彦の妻が自分の事は棚に上げて職場に怒鳴り込んでくるとか。

2008/04/18 (Fri) 21:54
ラスト・フレンズ    2話    命がけの秘密

岸本瑠可(上野樹理さん)と滝川エリ(水川あさみさん)が暮らすシェアハウスに泊まった藍田美知留(長澤まさみさん)。朝食時にどこか暗い表情の美知留を見て昨夜美知留が寝ながら泣いていた事を思い出して心配する瑠可。でもこの時は結局その涙について尋ねられず出勤する美知留の後ろ姿を見送るだけの瑠可だった。で瑠可が後にこの朝の事を振り返る様な感じのナレーション「涙を見たのに何でその訳を聞こうとしなかったんだろう。4年ぶりに会ったあなたはとても幸せそうで、でもとても寂しそうで、その訳を私は知らなかった。知ってたらなにか出来たかな」でドラマスタート。

美知留は自分の事を目の敵にしている先輩の平塚令奈(西原亜希さん)のイビリ(髪の毛が乱れている事を指摘され昨夜男の所に泊まったのが丸わかりよ等と言われる)とかに耐えながら美容室の仕事をこなしていたが店の前の道路から自分の事を見つめている恋人の及川宗佑(錦戸亮さん)の姿に気づく。美知留の携帯電話には宗佑からの着信履歴がビッシリだった。結局そのまま美知留の仕事が終わるまで待っていた宗佑は美知留に優しく自分と一緒にマンションに戻って欲しいと告げて抱きしめるのだった。マンションに戻った美知留はこの前宗佑が怒って壊してしまった物を宗佑がまた買ってくれていたり「もう黙って出て行ったりしないでほしい」っと宗佑に優しく言われて嬉し涙を流しながら頷くのだったが…

モトクロスの公式戦が近づき男子顔負けのラップタイムを練習走行で叩き出して絶好調の瑠可。そんな瑠可の元に父親の修治(平田満さん)が訪ねてきた。瑠可は水島タケル(瑛太さん)がアルバイトでバーテンをしている店に修治を連れて行く。まるで友達の様にとても仲の良い父娘。修治は瑠可とタケルの会話を聞いてもしかして2人はつきあっているのか?っと仲を勘ぐるが瑠可はタケルはそんなんじゃないよっと否定。修治もあんななよっとした奴は…とか言いながら安心するのだった。修治が帰った後で瑠可は父親の事を笑顔で「一番の親友」だとタケルに話すのだった。そして「だからあの人を悲しませる事だけはしたくないんだよね」っとつぶやくのだった。

美知留が料理するのを手伝おうとした宗佑が指を切ってしまったので美知留は宗佑に言われて救急箱の絆創膏を寝室に取りに行ったのだったがそこにまるで隠す様に入れられていた自分の高校の卒業アルバムを見つけてどうしてこんな所にっと驚く美知留(自分がアパートに戻って必死に探したのに見つからなかったんですもんね)。しかもアルバムの中のクラス写真の瑠可の名前の部分がマジックで×印で消されていたのだった。宗佑の所に戻った美知留はそれとなくアルバムの事を宗佑に尋ねてみる。アパートに行ったとゆう事は母親の千夏(倍賞美津子さん)にも会ったのかと思ったからだ。宗佑は留守で誰も居なかった。市役所の調査でっと大家さんに頼んで部屋の鍵を開けてもらって中に入ってアルバムを探して持ってきただけだよっと平然と答える宗佑になにか怖いものを感じて怯える美知留だった。

CAのエリは帰り際に先輩社員の小倉友彦(山崎樹範さん)が元気が無く落ち込んだ様子だったので声をかける。小倉の妻が自宅に男を連れ込んで浮気しているのだとゆう、しかも自分が自宅に電話した時にその浮気相手の男が電話に出たのだと、それで自分はこれから一体どうすれば良いかわからず悩んでいたとゆう。エリはとりあえず今晩はホテルに泊まって明日帰ったらどうですかっとアドバイスして帰ろうとしたが小倉に助けを求められる形で結局小倉を自分のシェアハウスまで連れてきてしまったのだった。エリが帰った来た時瑠可はインターネッツで婦人科の性転換手術等のHPを見ていたので慌ててスイッチを消した。小倉がしばらくシェアハウスに住むと聞き男は…っと難色を示す瑠可に小倉は男でも人畜無害だからっとそれに自宅から40インチの液晶テレビも持ってきてくれたしっと説明するエリ。小倉が一度自宅に戻って妻と浮気相手が不在だったのでエリと共にテレビを運び出して持ってきたと聞き普通は自宅で2人が戻ってくるのを待って怒るもんじゃあっとあきれる瑠可。

DVDも借りてきたとゆう事でタケルも呼んで4人で観賞するのだったが外国の恋愛映画の男女の濃厚なラブシーンになった時にタケルが突然目のやり場に困る様な感じでそわそわして挙動不審になり挙げ句に席を立って1人ベランダに。そんなタケルを追いかける様に瑠可もベランダに来て自分もああゆうラブシーンは苦手だと話す。タケルは先日店で瑠可と修治がモトクロスレースの話をしているのを聞いていたのでどうしてモトクロスを?っと尋ねる。瑠可もどうしてだかわからないが走っている時の気持ちよい爽快感(高くジャンプした時等)がたまらないっと笑顔で答える。タケルはエリとレースの応援に行くと告げるが瑠可は一番自分のレースを見て欲しいのは美知留だと打ち明けるのだった

美知留は仕事が終わってこれから帰ると宗佑に電話するがその直後に店の常連のお得意さんのお客さんが急に入って美容師のアシストをしなければならなくなり帰りが遅くなってしまうのだった。帰宅して急にお客さんが入ってしまってっと宗佑に謝る美知留だったがそんな美知留をいきなり殴り「どれだけ心配したと思ってるんだ」っと言う宗佑。そんな時に美知留の携帯電話が鳴る。瑠可からの電話だったが出ずに切ろうとする美知留にどうして出ないんだ?俺の前で出られない電話なのかと促されて電話に出るのだった。瑠可はまた皆で騒いでいるから今から家に来ないかっと誘うのだったが美知留は断って今後なるべく電話してこないでっと用がある場合はこちらから電話するからと告げるのだった。そして今仕事中だからと嘘をついて電話を切ってしまうのだった。自分が本題(レースを見に来て欲しい)に入る前に美知留に拒絶されてしまったと感じたのか電話の後瑠可は暗い部屋で1人寂しくなるのだった。

そんな美知留を気遣ってタケルが美知留が働く美容室に客としてやって来て美知留に話を。タケルは自分の本職がヘアメイクアーティストの卵だと話す。タケルはもうすぐ瑠可が出場するモトクロスの関東選手権大会がある事を話して「瑠可にとってあなたは特別な人みたいだから」とレースを見に来てあげて欲しいとチケットを渡して頼む。しかし美知留は残念だけど自分は行けないからっとタケルに話し、でもこれを瑠可に渡してほしいとお守りを託すのだった。美知留はタケルと話している自分を店の前の道路から怖い表情で見つめている宗佑の姿に気づき怯える。タケルは宗佑を見て表面上は優しいが…何かを感じるのだった。美知留は宗佑の元に。宗佑は男の客もいるんだね?さっきの男は知り合い?っと尋ね、瑠可の友達だけどよく知らない人だと答える美知留。宗佑は今日帰ったら自分の髪も美知留に切って欲しいと言うのだったが…美知留は帰宅していざ宗佑の髪を切ろうとしてハサミを手にするが怖くて震えてしまってなかなか切り出せなかった。すると宗佑は無表情のまま突然ハサミを持っている美知留の手を掴んで自分の耳にハサミを持って行き耳を切ろうとしたのだった。これは自分以外の男の髪をカットした美知留への嫉妬からの行為だった。このままだと本当に耳を切りかねない感じだったので怯えた美知留は「わかった。もう男性の客の髪の毛は切らないから!」っと宗佑に言い、宗佑もようやく手を離すのだった。

タケルは美知留にレースの事を伝えてチケットも渡したが来れないらしいと話しその代わりに預かってきたお守りを瑠可に渡す。瑠可は以前タケルがシェアハウスに住みたいと言っていた事を切り出して一緒に住まないかっと誘う。小倉が住むようになって男臭くなってしまったのが薄められるから等と話す瑠可に俺は何なんだよっ!とゆう感じのタケル。その時のタケルの心の中の声?「一緒に住もうと君に言われてそれだけで俺は嬉しかった。エスパーでも何でもない俺に、それから起こる出来事を予想できるわけもなかった…」

モトクロスのレース当日になり観客席には修治や瑠可の弟、タケルやエリの姿があり大声で美知留に声援を送るのだったが美知留が見に来てくれなかったので元気が無い瑠可。しかしレース直前になって美知留が観客席に現れたのを見てそれまでとはまるで別人の様に目の色が変わり張り切る瑠可。瑠可は序盤から好位置キープでレースを進めて周回毎に順位を上げて行きとうとうトップ争いに加わった。瑠可は何としても美知留に自分が勝つ姿を見てもらいたいっと「今日だけは負けられない、絶対に!」っと奮起してレース終盤とうとうトップに立つのだったが…あともう少しでゴールとゆう所で接触して大転倒して地面に思いっきり叩きつけられてしまうのだった。後続車が次々とゴールに入る中、倒れたまま全く動かない瑠可に美知留は観客席から立ち上がって瑠可に駆け寄ろうとするのだったがコース内には入れなかった。

瑠可が病室で目を覚ますと美知留が自分の手を心配そうに握っていてくれていた。見た目派手な大転倒の割には軽い捻挫と脳震盪だけだった為本当に大事にならなくて良かったと喜ぶ美知留とタケル。病室は和やかな雰囲気になったのだがそこに突然宗佑が現れて表情がこわばる美知留。タケルは先日はどうもっと挨拶するが男のタケルは無視状態の宗佑。宗佑は瑠可には表面上優しく挨拶して色々と雑談するのだった。瑠可がトイレに行こうと廊下に出た時に、美知留が宗佑に「レースは2時に終わって3時には帰宅するからと言っていたのにどうしてすぐに帰って来なかったんだ!」っと怒鳴られ責められてその後突き飛ばされて転倒する現場を目撃してしまう。宗佑が更に美知留を椅子で殴ろうとした為に松葉杖を放り出して捻挫している足で走って美知留の前に覆い被さる形で庇いながら「やめろ!私の美知留に触んな!」っと宗佑を一喝する瑠可だった。








宗佑怖いですな(^^;)今回は暴力的な部分は前回に比べると少なかったですけど美知留のアパートに忍び込んで卒業アルバム持ってきていたり(しかも瑠可の名前マジックで消してましたし)。男の髪の毛切った事に嫉妬して今後男の客を担当しない様に自分の耳切ろうとして脅したりと。てもこうゆうDVの人って普通第3者には優しくて温厚な感じに見えるんじゃあってゆう気がするんですけど宗佑の場合優しいモードの時も既になんか怖そうですよね(^^;)。タケルも初対面で宗佑の二面性に気づいたみたいですし。最後も病院の廊下ってゆう誰に見られるかわからない公共の場所で切れて椅子で殴ろうとしてましたもんねぇ。宗佑は美容室の前で明るいうちから美知留の事眺めてたりしてましたけど仕事は?って感じが。

これまでは瑠可が女だからレース見に行くのとかは許してましたけど最後の「やめろ!私の美知留に触んな!」で宗佑にとっては瑠可も完全に男扱いになっちゃうみたいですね。予告で「あれは女じゃない」とか言ってましたから。それとアルバムの瑠可の写真もマジックで消されてましたね。

美知留もあれだけ怯えながらも宗佑から逃げる事ができないんですね。普通なら自宅に逃げるとかできますけど働かず昼間から酒飲んで男引っ張り込んでいるグータラな母親しかいませんから逃げる場所も無いからでしょうか。職場でも友人は居ないみたいですし最終的には瑠可しかいないって事になるんですかね。でも予告では美知留が瑠可に「宗佑の事何も知らないくせに!」っと怒ってるシーンがありましたからまだ宗佑を愛しているって事なんですねぇ。

タケルは男女のラブシーンに拒絶反応見せてましたけど男が好きな訳では無いですもんね。瑠可に心ひかれてますけどあれはやはり自分と同じ匂いを感じているからですかね。それは瑠可も同様みたいですけど。瑠可が父親とあんなに仲が良いってゆうのは意外でしたね。シェアハウスに入っているのは家族とも上手くいってないからだと思ってました。弟も瑠可の事慕っているみたいでしたからあの様子だと何で家出たんだろ?ってゆう気が。父親の前では余計な心配させたくないので普通の女の子として振る舞わなければならないのが辛いからなんですかね。

2008/04/11 (Fri) 21:19
ラスト・フレンズ   1話   誰にも言えない悩みDV、妊娠、禁断愛

冒頭どこかの田舎の港町を妊娠して大きくなったお腹をさすりながら買い物帰りにすれ違う町の人々と笑顔で挨拶を交わす藍田美知留(長澤まさみさん)の姿が。マンションに帰宅した美知留は自分の前から姿を消してしまった岸本瑠可(上野樹里さん)への手紙を読むのだった。もしも私に人の心を知る能力があったらあの恐ろしい出来事を防ぐ事ができたのだろうか…っ等と思いながら過去を回想するとゆう感じでドラマスタート。





美知留は美容師のアシスタントとして働いていた。恋人の及川宗佑(錦戸亮さん)とデートの約束をしていたが店が繁忙で約束に遅れてしまう。そんな美知留を気遣って優しい言葉(仕事忙しくて大変だろうとか先輩に虐められてないか?とか)をかけてくれる宗佑。美知留の誕生日もちゃんと覚えていてプレゼントで祝福してくれた。宗佑は自分のマンションで一緒に暮らさないかっと美知留に。美知留は嬉しかったが母親の事があるので即答はできなかった。

美知留が自宅アパートに帰宅すると母親の千夏(倍賞美津子さん)が酔いつぶれてだらしなく寝ていた。母親が現在つきあっている男も家にいた。その男になれなれしく体を触られて嫌悪感を抱く美知留。千夏は美知留の誕生日には全く気づいてなかった。美知留は同棲の事は隠して千夏にアパートから出て一人暮らしをしたいと切り出すが千夏は男か?っと。美知留は区役所の児童福祉課に勤めているちゃんとした男性だからと宗佑の事を母親に話す。千夏はこれまで通りアパートの家賃を美知留が払い続ける事を条件に同棲を認めるのだった。

宗佑は児童福祉課の仕事で育児に関して問題(虐待や育児放棄等)がありそうな家庭を同僚と訪問していた。子供に会わせてくれと母親に頼むと母親は今日は両親の所に行っている等と話してそそくさとどこかに出かけてしまったのだった。宗佑はその家庭の子供を見つけて腕に明らかな虐待の跡があるのを見つけて子供と共に母親の帰りを待つ事に(結局この後どうなったかってゆうのはなかったですよね)。そこに美知留から同棲OKになったとゆう電話が。

美知留はルンルン気分で宗佑のマンションに持って行く食器や日用品等をホームセンターで買い物していた。その同じ店で偶然買い物をしてレジ中だった瑠可は店から出て行く美知留の横顔を見つけて突然ものすごい勢いで走り出して店の外に美知留を追いかける。その時に店内で水島タケル(瑛太さん)とぶつかって自分が買ったばかりのマグカップを落としてしまうのだった。美知留がバスに乗ってしまったので今度はそのバスを自転車に乗って猛追する瑠可。そして美知留がバスから降りた所にそこで偶然出会ったかの様に現れて声をかける瑠可。美知留も瑠可の顔を見て笑顔になる。2人は高校時代の親友だったのだ。美知留が父親の借金等で夜逃げ状態で母親と東京から去って以来の久しぶりの再会だった。2人はお互いの近況を話す。美知留は美容師のアシスタントで瑠可はアルバイトしながらモトクロスの選手をしていた。瑠可は現在ルームシェア型式で住んでいて最近2人出ていって現在は2人だけなので一緒に住まないかっと美知留を誘うのだったが美知留は恋人と同棲する事を告げて断るのだった。また合おうとゆう事でお互いの住所や電話番号交換してその日は別れる2人だった。

水島タケル(瑛太さん)は自転車で信号待ちをしていて隣り合わせになった瑠可の顔を見て驚く。先刻ホームセンターの店内で思いっきりぶつかった相手だったからだ。タケルはその時に瑠可が落としたマグカップを拾って持っていたので瑠可に声をかけて渡そうとしたのだがナンパと勘違いした瑠可は「見んな。バーカ!」っと吐き捨てて信号が変わると同時に自転車で走り去る。タケルはなんとか追いかけようとしたが無理だった。タケルがバーテンダーのアルバイトをしている店に顔見知りの滝川エリ(水川あさみさん)が瑠可を連れてやってきたので顔を見合わせて驚く瑠可とタケル。タケルは瑠可の誤解を解くために事情説明してマグカップを渡そうとしたのだが瑠可はマグカップにひびが入っていたのでもう要らないっと素っ気ない感じに。タケルは何となくそんな瑠可に興味を持つのだった(異性としてではなく人間としてですかね。何となく自分と同じ匂いがする感じだからでしょうか)。

美知留は荷物を手に宗佑のマンションに引っ越し。宗佑は美知留を優しく出迎えてくれて荷物運びも手伝ってくれた。宗佑に「何があっても絶対にそばを離れない」と言われて幸せを感じる美知留。しかし美知留にとって幸せだったのはこの時だけだった。翌日からこれまで美知留が知らなかった恐ろしい宗佑の本性が露わになる事に。翌朝美知留が目覚めると宗佑が怖い表情で美知留の携帯電話を勝手にいじくって色々チェックしていた。美知留は宗佑に声をかけるのだったがこの瑠可とゆうのは男か?っと尋ねる宗佑。美知留は名前は男の子っぽいけど女の子だよっと答えるのだったがそれが言い訳がましく聞こえたのが「証拠は?」っ更に怖い表情になり問いつめる宗佑。これまで見た事の無い宗佑の様子に震えながら電話して本人と話してもらえばわかってもらえるからっと瑠可に電話をかけるのだったが留守電で繋がらなかった為にわざとやっていると思われたらしくやっぱり男と会っていたんだなっとますます語気を荒げてテーブルを思いっきり蹴飛ばして美知留の肩を鷲掴みにして高圧的に迫る宗佑。恐怖に怯える美知留は瑠可は高校の同級生だから卒業アルバムの写真を見てもらえば信じてもらえるからっとアパートにアルバムを取りに戻るのだったが…東京から夜逃げしてまた東京に戻りと慌ただしかったのと家の中がごちゃごちゃしていてアルバムがどこにあるかわからず見つからなかった。そこに宗佑からの電話が。机の上に置いていた為に携帯電話に出るのが遅くなってしまった美知留にどうしてすぐに電話に出なかったんだ?男と会っていたんだろ?男が側にいるんだな?等と疑いすぐに戻ってこいと言う宗佑。

美知留がマンションに戻ると宗佑は「卒業アルバムは?」っと尋ねて美知留がないと答えると激しい形相で突然美知留を思いっきり突き飛ばす。そしてその後何度も殴る蹴るの激しい暴行に。美知留は何度も思いっきり頬を殴られお腹を蹴られるのだった。しかし床に倒れ込んだ美知留を見て今度は急に豹変して美知留を優しく抱き起こしてさっきまでの形相とは正反対の泣きそうな顔で美知留に謝って美知留が苦しいと感じるほど思いっきりぎゅっと抱きしめるのだった。

美知留はもう一度アパートに戻ってアルバム探してくると宗佑に告げて逃げる様にマンションを後にした。外は雨だったが傘を取りに戻らずそのまま濡れながらアパートに。しかし母親が男と乳くりあっている現場を目撃してしまって嫌悪感に襲われた美知留はそのままアパートも飛び出してしまう。宗佑のマンションにも戻れずに行き場が無くなった美知留はズブ濡れになりながら高校時代によく瑠可と話をした場所に自然に足が向いたのだった。美知留は瑠可に電話するが、また留守電で繋がらなかった為に元気の無い声で「また電話します…」っと留守電に吹き込んで電話を切るのだった。コンビニで買い物をしていた瑠可が美知留からの着信に気づき留守電再生。美知留の元気の無い声を聞いた瑠可は買った物を放り出して雨の中傘をさして必死に走り出すのだった。瑠可が向かった先はやはり高校時代の2人の思い出の場所だった。雨の中ズブ濡れで座っていた美知留に傘をさしかけて話しかける瑠可。2人は高校時代の頃ここでよく話した事等を懐かしく思い出す。美知留は瑠可のシェアハウスに行く事に。エリとシェアハウスに来ていたタケルに歓迎される美知留。美知留は彼とちょっと喧嘩してしまったので帰り辛いと話して今晩ここに泊まっても良いっと瑠可に頼み泊まる事に。美知留は皆の前では笑顔見せて明るく振る舞っていたが瑠可は美知留が心に悩みがあるのをこらえている事に気づくとゆう感じで。

翌朝タケルは帰り際に玄関先まで見送ってくれた瑠可に自分もここで2人と一緒に住みたくなったっと告げる。瑠可はソファーで寝ている美知留にタオルケットをかけてあげながら美知留の顔を見つめて涙を流している事に気づき顔を近づけてそっと美知留にキスするのだった。







ほとんど若い俳優さんのキャスティングでしかも重そうな感じだったのでどうかな?っと思ってましたけど1話目としてはなかなかおもしろかったのではないでしょうか。脚本も「大奥」の浅野妙子さんですし。DVのシーンはちょっと…って感じでしたけど。これは今後もずっとあるんでしょうね。でもあれだけ頬殴られていたら瑠可に会った時に美知留の両頬腫れあがっておたふく状態になってないとおかしい気もするんですけど(^^;)

冒頭の現在の美知留がもう臨月?ぐらいの妊娠状態でしたから回想で始まった出来事は少なくとも10ヶ月以上は前って事ですよね。普通に考えるとお腹の子の父親は宗佑なんでしょうけど何か場所は田舎の港町でしたよね。部屋も一人暮らしみたいでしたけど。でもそれだと生活費は一体どうしてるんだってゆうのが謎ですけど。

あの恐ろしい出来事がとかもう2度と会えない云々の美知留の言葉からすると主要登場人物の誰か1人は少なくとも死亡してしまった(瑠可の可能性が高そうですけど)ってゆうのが予想できる感じでしたね。

それにしても1話目でけっこう明らかになった事も多かったですね。まず宗佑がDV男だとゆう事。ドラマの様子では同棲した途端にそれが現れたって感じでしたね。美知留とどれぐらいの期間つきあっていたのかは不明ですけどこれまでは全くそんな気配はなかったんですかねぇ(携帯電話チェックとかも)。宗佑の職場が児童虐待を監視する立場の児童福祉課ってゆうのも皮肉な感じですね。これは自分で希望してなったんですかね?DVやる人は自身もDV受けた経験のある人が多いってゆう話は聞きますけど。あとは瑠可が明らかに美知留の事を好きだってゆう事ですかね。美知留の事になると頭がそれだけになって周りが見えなくなってとにかく走り出してしまうって感じですもんねぇ(^^;)瑠可の言動や行動からするとレズってゆうのではなくて瑠可が性同一性障害で男として美知留を愛しているって感じなんですかね。

タケルも瑠可とは逆の性同一障害なんでしょうかね?。女性から誘われても避けてましたもんねぇ。でも男性に興味は示してませんからまたちょっと瑠可の場合とは違うんでしょうか。瑠可に興味を示していますけど恋愛感情なのか同志とゆう感じなのかどっちなんでしょうか。エリは初回ではおかしな部分もなく普通の明るい女の子ってゆう感じでしたけど何か抱えているんですかねぇ。CAの職場で同僚からシカトされている感じでしたけど。

このドラマの長澤まさみさんは可愛い&怯えるキャラみたいですね。上野樹里さんはのだめちゃんのイメージ脱出成功じゃないでしょうか。ショートカットでボーイッシュになった外見もそうですけど演技も。のだめちゃんの時は玉木宏さんが長身だったので小柄で可愛く見えましたけど上野さんってガタイもでかいからこうゆう役もピッタリかと。倍賞美津子さんは「東京タワー」のおかんとは正反対のどうしようも無いだらしない母親役みたいですね。昼間から酒浸りで男とって感じで。そんなに収入が多いとも思えない娘に家賃まで入れさせてですもんね。

| ホーム |

 BLOG TOP