fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2007/11/07 (Wed) 20:51
愛しのファミーユ 6話

鮎川緑(島崎あゆみさん)らはパイプオルガン演奏者の元(同じ大学内なんでしょうか?大阪芸大にどんな学部学科あるのか知らないもので^^;)を訪れて映画音楽の事を頼む(まずイメージを膨らませてもらう為にシナリオを渡して読んでもらって映像も出来次第送るとゆう事に)。映画のクランクインを明日に控えて監督として色んな準備予定に張り切るっとゆうか緊張感ありありの緑。そこに珍しく母親の雪子 (大塚良重さん)からの電話が。 もみじがここ1週間高校に行ってなかったと聞かされて驚く緑。今朝その事でもみじと喧嘩になり家を飛び出して行ったまま何度携帯に電話してももみじが出ずに連絡がつかないのだとゆう。だから緑からもみじに電話してくれ(雪子が心配してるから家に帰る様に言ってくれ)とゆう事だった。電話を切り考え込む緑。緑が電話してももみじは出ないので仕方なくメ-ルを送り電話がかかってくるのを待つ事に。その頃もみじはふわっとサクライ(櫻井心平さん)のアパートを訪れていたがドアの所に貼り紙がありサクライは留守だった。もみじはドアノブをガチャガチャしたり窓から中を覗き込むが人の居る気配はなく行く所がなくどうしようっと考え込むのだった。


映写室で森田類(藤本強さん)が撮影に使うカメラとフィルムのテストを行い皆でチェックしていたのだがもみじの事で考え事をしていた緑は森田から話しかけられてハッと我に返る状態で森田に注意されてしまう。そこにもみじから電話が入り森田が「おい!」っと声をかける中緑は部屋の外に出て電話に。行く所が無いと話すもみじに緑は家に帰る様にと学校にも行く様にと促すがもみじは聞く耳持たずで今日おじいちゃんの大原鉄夫(有川博さん)の家に泊まっても良いかなっ?と緑に尋ねる。OKしてくれなければ補導されるしかないと言うもみじに緑は仕方なくOKと答える。もみじはおじいちゃんには自分から電話すると緑に告げるが両親にはその事は言わないで欲しいと緑に頼む(お互い電話もしなかったとゆう事に)のだった。緑も仕方なくOKするが電話を切ってこんな時にっ(自分も映画で忙しいのに)…とつぶやくのだった。そこに森田が来て普段と違う緑の様子に気付き森田は「何かあったら話せよっ皆も心配してるしっ」と声をかけるのだった。緑は大丈夫っと答えて部屋に戻るのだった。車で映画の準備に行く事になるが皆も心配してタッチャン(中野敬祐さん)も「まだ俺の事怒ってるのか?」等と声をかける。緑はそうじゃないと答えて家庭内の問題だとうち明け、でも大丈夫だと答えるが…やはりもみじの事が気になって鉄夫に電話するのだった。もみじからまだ電話は無いと聞きどうしようかと迷う緑だったがもみじの不登校の事を鉄夫にうち明けもみじが家に泊まりたいと言っている事を伝え鉄夫に了解を取るのだった。緑は自分は映画の準備で遅くなるからもみじの相談にのってあげてと鉄夫に頼みでも両親には内緒にっと頼むのだった。鉄夫は頷いたが…電話を切ってフーっと溜息をつき考え込むのだった。春彦(阿部裕さん)は部下達と共に新しくスタートの拠点にする事務所の下見に(前回でどうするか迷っているってゆう事でしたけど急に行動してますよね^^;)。そこに雪子からの電話がかかるが出なかった。部下らに出なくて良いのですかっ?と言われるが春彦はお前らの様に自由になりたいよっと思わずつぶやくのだった(部下らは皆独身って事ですな)。 1人になり雪子に電話する春彦。話題はもみじの事だった。雪子はもみじは自分が何とかして連れて帰るからっとその為に嘘を言って学校も早退したと告げる。任せてと言う雪子にできるだけ早く帰ると告げ電話を切る春彦。春彦も「こんな時に…」っとつぶやくのだった。


緑が鉄夫の家に帰るがもみじはまだ来てなくて鉄夫が晩ご飯の天ぷらの準備をしていた。そこに突然雪子がやって来て驚く緑。雪子はもみじが来たらすぐに連れて帰ると言うが鉄夫はもみじは自分の所に来たんだからすぐには帰さんからと言い皆で晩ご飯を食べようと雪子を諭すのだった。鉄夫が雪子を呼んだと知って鉄夫にどうして?っとくってかかる緑だったが鉄夫と雪子にまぁまぁと諭される。そこにもみじが来て雪子が居るので驚く。雪子は優しくもう怒らないから一緒にちゃんと話し合いしようともみじに訴えるがもみじの表情は暗いまま。鉄夫が晩ご飯食べようと声をかけるが雪子はもみじを連れてすぐに帰るから良いと断ろうとするが鉄夫が「駄目だ!」っと一喝。で食事がはじまるが暗い雰囲気の食卓に。緑がもみじに何か言いなよっと促すが駄目。雪子が「イラストの先生と一緒に居たんでしょ?」っと春彦から会社でもみじを見かけた時の事を聞いたと話す。雪子はイラストの先生の所に行くのは構わないけどそれは学校が終わった放課後でもできる事でしょうっとだから学校には行きなさいっと諭す。雪子は更にもみじが美術系の大学に進学したいのならそれでも良いと思っているっと自分もパパも応援してるのよっとだからその為にも高校は卒業しないとねっと諭すのだった。相変わらず黙り込み何も答えないもみじに鉄夫が何か言いたい事はないのかっとお前は自分の思っている事を堂々と答えれば良いんだっと話しかけるが…もみじは固い表情のまま学校へ行くとだけ答えたのだった。雪子や緑はとりあえずほっとしたのだが鉄夫は厳しい口調でまた学校休むくせに嘘を言うなっともみじを責める。鉄夫は雪子と緑にこれで一件落着だと思ってるんじゃないだろうな?っと言うが雪子に煽らないでよっと言われる。お互いもみじの事をどれだけ知ってるのよ?っとゆう父娘喧嘩に。鉄夫はこの子らは雪子が思っている以上に賢いと、自分一人で自立して生きてゆこうとしているっお前はその事を考えた事があるのかっ?と言い雪子に母親失格だと告げもみじは今学校よりも大事な物があるとゆう事だと続けるが…雪子がそれじゃ自分が駄目母でもみじが高校行かなくて良い事になるじゃないのっ!とそこまでうちの家庭の事をとやかく言われたくないっと迷惑だと怒る。緑が仲裁しようとするが…鉄夫は甘やかして育てたからこんな屁理屈ばかり言う様になったと雪子を責め、雪子は頑固爺いなんだからっと応戦しより険悪なムードに。緑がとりあえず学校は行った方が良いでしょっとなんとか場を納めようとするが…鉄夫は1週間や2週間学校休んだってどうって事ないだろうっと反論。雪子は話しにならないっとこれ以上ここに居ると子供に悪影響が出ると告げてもみじを連れて鉄夫の家を出るのだった。鉄夫は昔から雪子とは合わんっとつぶやくのだった。緑は2人が心配なので今日は神戸に帰ると鉄夫に告げ鉄夫に「頼んだぞ(もみじと雪子を)」っと言われるのだった。帰り道を急ぐ雪子の後ろでおじいちゃんに申し訳ないと思う緑ともみじだった。


神戸の家に帰宅した3人。春彦はもみじにサクライの所に泊まったんだって?っと声をかける。雪子はもみじが親しくしているイラストレーターがサクライだとゆう事を初めて知り驚く。雪子は自分が学校のスクールパートナーに招いたとは言えず雑誌で見たっととぼける。春彦はサクライの事が好きなのか?っと尋ね雪子も気になって尋ねるがもみじはもうすっかり良い関係等と答え慌てる雪子とビ-ルを噴き出す春彦。すぐに否定するむもみじだったがもう外泊は禁止だととにかく学校に行きなさいっとキツイ口調で叱る雪子。もみじはわかったっとだけ答えて部屋に戻ろうとするが緑が呼び止めて春彦に会社の事を尋ねる。春彦は何もないよっと答えるがもみじに自分が会社で会った時の様子がおかしかったと言われるとお前らは黙ってなさいと思わず声を荒げる春彦。すぐにスマンっと謝り最近睡眠不足なんだと睡眠薬が欲しいぐらいだとつぶやく春彦、雪子や緑が心配して本当は会社で何かあるんじゃないのっ?と尋ねるが春彦は何もないっと否定して部屋に戻ってしまう。雪子はお父さん疲れてるからもう止めようと緑を止め春彦を追って部屋に。もみじも部屋に戻り1人居間に残された緑は思わず携帯で森田に電話してしまう。明日からクランクインだねっとか話す緑だったがだんだん涙声に。森田もそれに気付きどうしたっと心配して声をかけるが答えられず座り込んでしまう緑だった… 





もみじの不登校が明らかになって大問題にってゆう展開でしたけどもみじは最初高校の友達と話しててこのまま当たり前に何となく大学進学する事に疑問感じて学校の帰り道にサクライと出会ってサクライの部屋に行く様になって不登校にってゆう感じでしたけど結局何がしたいのかってゆうのがよくわかりませんよね。高校中退してイラストレーターになりたいって事なんでしょうか?それとも1時的に親が決めた進路のレールの上を何となく走る事に抵抗感じているだけなのか。でもあの状態じゃ家飛び出してもサクライもしくは鉄夫に頼らないと寝る場所もない状態ですからね~それにおそらくバイトとかして自分で金稼いで苦労するってゆう経験もないんでしょうから。1人暮らしはじめるのも大変だってゆう事も知らないんでしょう。雪子の説得もとりあえずその場しのぎみたいな感じに見えましたね。美大進学しても良いとか言ってましたけど本心では?とりあえずそうでも言って高校通学する様になれば後はどうにでもなるってゆう感じに見えましたよね。雪子と鉄夫の父娘関係もずっと衝突の連続だったみたいですね。男手1つで育てたってゆう事でしたけど。春彦も雪子にも相談せず部下の話にのってしまうみたいですけど完全に本社に喧嘩売る形になりますから潰される可能性もありますわね。緑の方はようやく映画撮影開始っとゆう時になって色々家族の問題が明らかにっとゆう感じでこの精神状態の中で果たして監督の役目をちゃんと果たせるのかっとゆう感じですね。
スポンサーサイト



<< スワンの馬鹿!~こづかい3万円の恋~ 4話 元カノVS未来カノ | ホーム | 探偵左文字進11 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP