fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2007/11/12 (Mon) 22:01
風林火山 45回  謀略!桶狭間

今回も架空とゆうかお遊び的な展開でしたね。桶狭間の戦いに山本勘助(内野聖陽さん)がからんでいたってゆう。まぁでもからむといっても勘助が織田軍と内通していたってゆう直接的な関与ではなくて織田軍が桶狭間周辺で最近良く見かけられるとゆうのを伝兵衛(有薗芳記さん)から聞き自分の事を生理的に毛嫌いしている今川義元(谷原章介さん)の性格なら自分が進言する軍略を採用せずに反対の策を取るであろうと考えて駿河に出向き織田軍は今川軍が尾張に侵攻すれば籠城せずに本拠の清洲城から討って出るはずだからその空になった清洲城を先に占領すべきだと進言する。事実勘助が進言した通りに織田軍は動いたのだが勘助の事が頭にちらついた義元は清洲城へは向かわずに信長を直接叩いてやるとゆう作戦で行軍。元々数に勝る今川軍(約10倍の兵力)は織田方の砦を次々と陥落させていたので義元も安心してその行軍の途中の山の中で小休止する事に。その場所が奇襲にはもってこいの地形の桶狭間だった。雨が降りだして兵の士気も落ち本陣の守りもおろそかになったところを織田軍に急襲されて義元はあっけなく討ち取られてしまうって感じでしたけど。

義元が雨が止んで晴れ間が出て亡き雪斎に杯を捧げるっとゆう所でその杯が鉄砲ではじきとばされて本陣に鉄砲が撃ち込まれて側近に奥に連れ戻されて何が何やらわからず茫然とする義元ってゆうシーンはありましたけど義元が討たれて首取られるってゆう直接的な死の場面はなかったですね。
寿桂尼(藤村志保さん)が勘助が義元の性格を利用して謀略を?っと感じて(もちろん問い詰められた勘助は上手くとぼけて逃げてましたけど。義元への進言も正論でしたもんね)もしやっと不安で胸騒ぎを感じているところに桶狭間からの早馬が来て…寿桂尼は「大義であった」と使者を帰しその後茫然とした表情で「桶狭間……」とつぶやき手にしていた数珠が切れてバラバラっと床に転がるっとゆうので義元死亡を視聴者に伝える演出でした。

義元の首って今川方に返還されたんですね。これまでのドラマではそこまで描かれてるのって無かった様な気がします。無言の帰還をした我が子義元の首を見ても重臣達の前では取り乱す事なく毅然とした態度で振る舞い義元の死で3国同盟を破棄して北条と武田が攻め込んでくると特に甲斐の武田には油断するなと家臣らを引き締める寿桂尼だったが…1人になると最愛の息子を失った母親に戻って義元の首に涙するのだった…ってゆうこのドラマでは寿桂尼が寅王丸を利用して武田信玄(市川亀治郎さん)を暗殺しようとした事が勘助の激怒を呼び強烈なしっぺ返しくらって我が子義元を失ってしまうとゆう展開になってましたね。

昔読んだ漫画とかでは勘助が織田信長とか徳川家康とも接触があって桶狭間の戦いを仕組んだってゆうのもありましたからそれに比べるとフィクション度は低めでしたけど。
その他では越後に戻った平蔵(佐藤隆太さん)が宇佐美定満(緒形拳さん)に仕える事になったのと長尾景虎(Gacktさん)が上洛から越後に戻り関東の北条征伐の準備にっとゆう感じで。
スポンサーサイト



<< 2007年10月~12月の個人的連ドラ順位(11月11日終了時点) | ホーム | ショカツの女 新宿西署・刑事課強行犯係 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP