fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2007/10/06 (Sat) 19:54
ちりとてちん 1週 笑う門には福井来る

落語がテーマだからかサブタイトルもダジャレで「笑う門には福井来る」w。毎週こんな感じになるんでしょうか。ヒロインが両親らと共に福井県小浜市の父親の実家に戻ってくる所から話がスタートってゆう感じでしたけど1週目はヒロイン和田喜代美が小学生の頃とゆう事で桑島真里乃さんが演じてましたけどNHK大阪制作の朝ドラって子供時代→大人でよく似た感じの子起用しているケースが多いですよね。昭和57年(1982年)で喜代美が小学3年生って事は2007年の現在まで描かれたとして最終的に33~4歳までって事なんですかね?それとも未来まで描かれるんでしょうかね?ナレーションの上沼恵美子さんの口調が第3者的客観的ではなくて喜代美自身が自分の過去を振り返っている様な口調なのでもしかして最終形態は上沼恵美子さん(^^;)っとか思ってしまいました。ヒロインの母親役の和久井映見さんが超天然な可愛いお母さんキャラで良いですね。無愛想で無口な松重豊さんの父親役も楽しみです。ヒロインの叔父役が京本政樹さんですけど年齢不詳の怪しい人wですね。でも定番のあの髪型じゃなく今風の髪型だったので若く見えましたけど。喜代美が落語の“愛宕山”を聞いて頭の中でその情景を妄想シーンで京本政樹さんが芸者姿で和久井映見さんが太鼓持ちの役になっていたのがワロタ。普通は逆ですけど京本さんの女形はハマってますし(^^;)。今後もおそらく落語ネタに合わせてこうゆう妄想シーンがあるんでしょうね。1週目はヒロイン周辺の福井での主要キャラクター紹介とヒロインと上方落語との出会いと落語に触れるきっかけを作ってくれた祖父(米倉斉可年さん)の突然の死とゆう感じでしたね。本当は喧嘩別れして家を飛び出した息子(松重豊さん)が家業の塗り箸職人を継ぐ為に戻ってきた事が嬉しかったのに頑固だから素直に口に出せず喧嘩ばかり、亡くなる寸前にようやく父子和解ってゆう感じでした。次週は早くもヒロインが高校3年生に成長とゆう事で貫地谷しほりさんが登場です。朝ドラのヒロインって苦境に追い込まれても明るく元気に前向きに頑張ってゆくってゆう感じの性格が多いと思いますけどこのヒロインは事ある毎に挫折して考え込みそうなタイプ?みたいな感じがしますね(^^;)

自分と同じ同姓同名の子が同じクラスでしかも自分より全ての面で勝っている、恵まれているってゆう事になると嫌でしょうね(^^;)。同じ名字ってゆうだけでも普通嫌なのに下の名前まで読み方が同じなんて。米倉斉可年さんってゆうと私の世代だと「ジャンは生きてます!」の焼き肉のタレのCMの印象が未だに強いですね。あれってあの頃けっこう流行語みたいになりましたよね。

スポンサーサイト



<< 山村美紗サスペンス赤い霊柩車22 代理妻殺人事件 | ホーム | 愛の迷宮 >>

コメント

桑島真里乃さんはTBSで4月から「徳光和夫の感動再会逢いたい」の後継番組として放送が始まった「味楽る!ミミカ」にも出ているほか、7月からTBSで放送が始まる、「金曜ドラマ ブレーメンの音楽隊」にも出る見込みです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ちりとてちん「小さな鯉のメロディ」2007年10月27日(土)

ちりとてちん 1週 笑う門には福井来る今後もおそらく落語ネタに合わせてこうゆう妄想シーンがあるんでしょうね。1週目はヒロイン周辺の福井での主要キャラクター紹介とヒロインと上方落語との出会いと落語に触れるきっかけを作ってくれた祖父(米倉斉可年さん)の突然の...


 BLOG TOP