fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2007/11/26 (Mon) 01:07
風林火山 47話  決戦前夜

上杉政虎(Gacktさん)が関東管領である自分の輿を馬上に跨ったまま見送ろうとした為に無礼だと激怒して成田長泰(利重剛さん)を馬上から引きずりおろして衆人の前で鞭で打ちまくった為に上杉勢に参加していた関東の諸将は成田長泰が武藏に戻ったのを皮切りに次々と政虎の元を去ってしまったのだった。(前回宇佐美がまずいっと危惧していたのはこの事を予見したからですね)その報告を受けた政虎は思わず歯ぎしり。そこに柿崎景家(金田賢一さん)が成田の人質である妻の伊勢(井川遥さん)を引き立てて来る。政虎はそんな伊勢に「そなたの夫は無礼をはたらいたうえ味方を裏切りそなたを見捨てた!」となじるが伊勢は動ぜず全く臆する事なく逆に政虎に「裏切りの罪は私が斬られて償いましょう。されど成田家はいにしえの源氏の大将八幡太郎義家公にさえ馬上の礼が認められた名門。無礼なのはそれも知らぬ貴方のほうです」と言い返し更に夫や関東の諸将が政虎の元を去ったのは裏切りではなく政虎を見限ったのだとか政虎が神仏の慈悲とか口で言ってる割には人の心が全然わかってないとか言いたい放題状態w。まぁ斬られる覚悟がある故の言動だったんでしょうけど。主君に対するなんたる無礼とゆう事で柿崎が刀を抜いて伊勢を斬ろうとしたのを政虎が止める。政虎は伊勢の言葉を素直に受け入れて「仏は人の心に宿るもの」だと毘沙門天が伊勢の口を借りて自分を戒めていると最近自分自身が神仏の化身だ等と傲慢になっていた事を反省するのだった。(まあこれは伊勢が自分の生母虎御前の面影があるので母の諫言と感じたってゆうのもあったのかもしれませんな。母親そっくりじゃなかったら無礼うちだったかもw)。そこに武田軍が割ケ岳城を落とし更に越後の領内を荒らしているとゆう報告が入り上杉軍は武田との決戦の為に越後に帰る事に。その際遠回りになるが成田家と約定したからと上州路を通り伊勢を成田家に帰す事に。

政虎が完全撤退し小田原城では宴が行われ北条氏康(松井誠さん)が舞う。その後重臣の清水吉政(横内正さん)と2人で酒を飲むが武田軍が越後を攻めて上杉を牽制してくれたおかげで助かったと言う清水に武田は北条の為に戦ったのではなく自身の為だと。武田がもし上杉との決戦に勝利して越後を手に入れれば次はこの相模が攻められる事になるかもしれぬと武田信玄(市川亀治郎さん)とゆう男は油断できぬと気を引き締める氏康だった。

武田の陣では割ケ岳城攻めの論功行賞が行われて城に潜入して敵を調略したとゆう事で伝兵衛(有薗芳記さん)に金の恩賞が与えられた(両手で3すくい分の金でしたけどあれって現在でもけっこうすごい金額になるんじゃないのって感じでしたよね^^;)。これは実際には一番調略で活躍した葉月(真瀬樹里さん)が自分の手柄を全て伝兵衛の手柄とした為だった。そこに上杉軍が関東から越後に引き上げたとゆう知らせがあり武田軍も割ケ岳城を捨てて来るべき上杉との決戦に備える為に甲斐へと引き上げたのだった。この割ケ岳城攻めで原虎胤(宍戸開さん)が生死不明の行方不明に。

次の川中島の戦いは両軍の死闘になる事が予想される為真田家でも幸隆(佐々木蔵之介さん)が妻忍芽(清水美沙さん)にその覚悟を告げていた。そこに長野業政(小市慢太郎さん)病死の知らせが届く。今は敵同士となってしまったが真田がかって武田信虎に攻められて真田の里から上州に落ち延びた時に一族の世話をしてくれた旧恩ある人物だった為幸隆も涙を流すのだった。

甲斐では山本勘助(内野聖陽さん)が先日の約束通り香坂弾正(田中幸太朗さん)を自分の屋敷に招いていた。勘助はわしの全ての奥義を支えるとか遠回しな事を言うが結局はリツ(前田亜季さん)を香坂の妻にして欲しいとゆう事だった。しかしリツは妻になれなくてもずっと勘助の側に居たいと初めて好きになった男性だからと相変わらず(^^;)。が香坂もそんなリツを見てまた勘助の思いもくみ取って「リツどのが気に入りました」とか「初めて女人に興味を持ちました」(このセリフはまるでこれまではホモでしたって言ってる様なものでは?^^;10代ならともかくもう香坂も30代ですからねぇ)と結婚を承諾するのだった。山本家の婿にはなれないがリツとの間に男の子が何人か産まれればその子を養子にして山本家の後継ぎにとゆう事に。がリツは香坂の人柄は認めるもののやっぱり自分は勘助の側に居たいんだもんみたいな感じでスネてしまうのだった。結局このまま川中島って事は勘助は死亡してしまう訳でこの2人は結ばれるんですかね?。

伝兵衛も葉月と夫婦になり太吉(有馬自由さん)おくま(麻田あおいさん)夫婦との会話のシーンがありましたけどここは決戦前の緊迫感は全然なかったですな(^^;)

越後では政虎が幼い甥の景勝(後に政虎の養子になって上杉家継ぐ事に)の習字を見て笑顔になり褒めながら手本を書いてやるのだった。こんな政虎の姿をこれまで見た事がなかった政虎の姉桃(西田尚美さん)は驚き「そなたは変わりましたな、いかに軍神と言えども怒りだけでは勝てぬ。そうゆう慈悲の心も大事です」っと声をかけるのだった。

矢崎家でも平蔵(佐藤隆太さん)がヒサ(水川あさみさん)に出陣と激しい戦になる事を告げる。ミツは死んだらもうこの家には戻って来れぬと十五郎やミツの為にも死んではならんと声をかけるのだった。

そして春日山城での出陣式で直江実綱(西岡徳馬さん)や宇佐美定満(緒形拳さん)が今回の戦は乾坤一擲の勝負であると鼓舞した後でめちゃくちゃ格好良すぎる南蛮甲冑(足元ブーツみたいに見えたんですけど^^;)で颯爽と登場した政虎が「鎧は胸にあり。手柄は足にあり…」っと全軍を鼓舞して士気が上がった所で川中島決戦に向けて越後を出発する上杉軍1万8千。

上杉軍の出陣は海津城からの狼煙伝達であっとゆう間に甲斐へと伝わり信玄は主な武将全て召集して軍議を開くのだった。信玄も今回の戦は上杉との決戦になるとそして必ず勝利を得ると宣言するのだった。

とゆう事でこれから残り3話で川中島の戦が描かれるとゆう事で盛り上がる事間違いなしですな。
スポンサーサイト



<< 点と線 | ホーム | 2007年10月~12月の個人的連ドラ順位(11月25日終了時点) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


風林火山 政虎

NHK大河ドラマ「風林火山」について。武田信玄(市川亀次郎)チームと上杉謙信(ガ...NHK大河ドラマ「風林火山」について。武田信玄(市川亀次郎)チームと上杉謙信(ガクト)チームとの対決。どちらを応援しますか?できれば、その理由もお教え下さい。失礼します。(続き...


 BLOG TOP