fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2007/11/29 (Thu) 21:16
相棒season6   6話  この胸の高鳴りを

最近若い女性に大人気のロックバンド“Dee Providence”のヴォーカリスト丹野翔平(松田悟志さん)が自宅で絞殺される事件が発生。現場を見た杉下右京(水谷豊さん)は丹野の死体の傍らにチューニングが全然合ってないギターがあった事から丹野はギターの弦を張り替えている途中で殺されたのだと推理。しかも現場から古い弦のうち第5弦だけが無くなっていた事から犯人がそれを凶器にして丹野を絞殺し犯行後に持ち去ったのだろうと考えた。丹野の死体の第一発見者は丹野の元彼女だとゆう女性でその女性によると最近丹野に新しい恋人ができたので別れて欲しいと言われそれで文句を言いに家に来て死体を発見したのだとゆう。捜査一課の伊丹(川原和久さん)らは犯行時刻の直前に丹野が家の前で若い女性と口論になっていたとゆう目撃情報を得た為にその女性を連行して事情聴取する事に。

一方右京と亀山薫(寺脇康文さん)は事件を知り慌てて現場にやって来た“Dee Providence”のマネージャーの三原研治(猪野学さん)から丹野の新しい彼女である女子大生の笠井夏生(前田亜季さん)の住所を聞き夏生に会いに行くのだが右京らが警察ですと名乗った途端に「私が殺しました」っとバッグの中から凶器のギター弦を取りだして見せて犯行自供する夏生だった。取調室で夏生は丹野とつき合う様になったきっかけは“Dee Providence”の「この胸の高鳴りを」とゆうデビュー曲を聴いてファンになり大学の友人に誘われてコンサートに行きそこでファンを避ける為に裏口からこっそり出てきた丹野に遭遇して話す様になりその後自然に交際になったのだとゆう。ところが最近丹野がプレイボーイの遊び人で自分以外にも多くの彼女がいる事がわかって頭に来て衝動的に殺害してしまったのだとゆう。右京は夏生の持ち物の中にピルケースに入った薬を見つけ質問するが夏生はアトピーの飲み薬だと答えたのだった。そこに伊丹らが来て夏生を取り調べる事に(第一発見者はシロだった)。自供も凶器もあり夏生が犯人の疑いは濃くなるのだったが右京は鑑識課の米沢守(六角精児さん)からの弦の検査結果で弦は綺麗に拭き取られていて普通あれだけきつく首を絞めれば付着してもおかしくない丹野の皮膚片等が一切検出されなかったとゆう報告を聞き疑問を持つ。第一発見者が死体を発見した時に玄関のドアが施錠されていた事もだった。夏生の自供通りの衝撃的な犯行にしては事後処理が冷静すぎるからだ。

右京らは丹野が所属していた事務所に行くが中では社長と三原と“Dee Providence”の残りのメンバーらが口論になっていた。これからバンドどうなるんだ?っと問うメンバーらにすぐに新しいヴォーカルを見つけてくるからとなだめる社長。メンバーらは「曲の作風変えられるのか?」とか社長に聞き返したりどうせ丹野1人の人気で持っていたバンドだし俺らはおまけみたいなもんだとか皮肉を言うのだった。右京らはメンバーに丹野の女性関係を質問。すると丹野は夏生とつき合う様になってから人が変わったとゆう。丹野は夏生と真剣に結婚を考える様になってそれでそれまでつきあっていた複数の女性との関係を切っていたとゆう。一方伊丹らも丹野の元彼女らに聞き込みして丹野が夏生の為に秘かに婚約指輪を買っていたとゆう事をつきとめていた。それが事実なら動機自体が成り立たない事になり伊丹らもおかしいと感じる事に。

亀山の妻美和子(鈴木砂羽さん)の取材で丹野がプロデビュー前に湘南でアマチュアバンドのメンバーだった頃そのバンド内でトラブルがありその直後にメンバーの1人福地大二郎(玉有洋一郎さん)が港の防波堤から海に落ちて溺死したのだとゆう。釣り人らが福地がフラフラ歩いて海に転落するのを目撃していて事故もしくは自殺として地元警察で処理されていた。右京と亀山は念の為にその福地の家を訪問して母親に福地の部屋を見せてもらう。母親は子供は現在も生きていると話し亀山は?だったが右京は臓器提供ドナーカードを見つけて母親の言葉を瞬時に理解する。母親によると海に転落して脳死状態になった時に息子の意志を尊重して心臓移植に心臓を提供したのだとゆう。だから今も息子は誰かの胸の中で生き続けてしまいるのだと。右京は福地が作曲して書いたと思われる楽譜ノートを見たのだがそのメロディ-が“Dee Providence”のデビュー曲「この胸の高鳴りを」と全く同じだと気付き驚く。これが事実だと丹野が福地の曲をパクったとゆう事に。2人は福地の彼女だった添島加奈子(大谷充保さん)を尋ねて話を聞くが丹野が福地の歌う「この胸の高鳴りを」を聞き自分が東京の事務所に売り込みに行くと言ってデモテープを持って1人で行き結局「この胸の高鳴りを」を自分が作詞作曲した事にして自分だけプロデビューしてしまったとゆう。福地はあれは自分の曲だと必死に訴えたが事務所にも相手にされず丹野も逃げ回る状態に。そして魂の抜け殻の様になってしまった福地はフラフラと夜の海に身を投げたのだった。加奈子は怒気を含めて福地は丹野に殺されたも同じだっと話すのだった。

一方警視庁の取調室では伊丹らが丹野が夏生の為に購入していたダイヤの婚約指輪を見せるのだったがその指輪を見た夏生は動揺した様に泣き出して謝罪するのだった。伊丹はここぞとばかりに更に犯行追及するが夏生は突然胸を押さえて苦しみだして倒れてしまうのだった。右京はインターネッツ検索である事を調べていた。福地の死亡日時周辺で日本で心臓移植を受けた人間の情報が出て来ないかどうかだった。右京の狙い通り写真付きのブログがヒットしたのだったが亀山はそのブログの写真の心臓提供を受けた女性を見て驚くのだった。夏生だったからだ。右京はある程度この事を予測していた。右京は夏生がアトピーの薬だと言っていた薬は心臓移植後の患者が免疫抑制剤として服用する薬でもある事を知っていたからだった。右京らは夏生が倒れたと聞いて警察病院に。発作自体はたいした事はなかったがしばらくは話は聞けない状態だった。伊丹は口や表情には出さなかったが芹沢刑事(山中崇史さん)は「ああ見えて傷ついてるんですよ」(あれでも責任感じて落ち込んでいるんですって事ですよね)と右京らに告げる。亀山は芹沢に加奈子の事を教え調べる様に告げる。

右京らも再び加奈子を訪ねる。そして加奈子も右京と同じ方法で福地の心臓が夏生に移植された事をつきとめて夏生と同じ大学の学生のフリをして夏生に接近し友人になった事を知る。加奈子は最初は恋人の福地の心臓が胸の中で生き続けている夏生を側で見守りたいとゆう気持ちだったのだがあろう事か夏生が丹野とつき合いはじめた事を知り驚くのだった。そして夏生に自分の正体を明かして夏生の心臓のドナーが福地だとゆう事と丹野が福地の曲を盗んだ事を告げて丹野と早く別れる様に諭したとゆう。その時夏生は突然の事に混乱した様子だったがそれでも丹野の事を愛して別れるつもりはないと言っていたとゆう。そこに伊丹と芹沢が。犯行当日丹野と口論になっている現場を目撃されたのは加奈子だったとゆう事で加奈子が連行される事に。

右京らは面会可能になった夏生の元を訪れて加奈子の事を話す。夏生は加奈子から聞いた事をそのまま丹野に聞き問い詰めたとゆう。すると丹野は意外にもあっさりと「この胸の高鳴りを」の盗作を認めたのだとゆう。そして「本当は自分には才能なんて無い。プロデビューした時からずっと嘘っぱちなんだ」とそして夏生の前ではありのままの自分で居たいと告げられたとゆう。丹野にそう言われた時夏生の心臓は突然異様にドキドキと激しく高鳴りする様になり夏生はそれが自分に対する丹野の告白へのドキドキなのか自分に心臓移植された福地の恨みで心臓が激しく鼓動したのかわからず混乱してその場を立ち去ったのだとゆう。後日その事をもう一度確認しようとして丹野を家を訪れて自分なりの答えを出したのだとつまりそれが結果的に殺人だったと夏生はあくまでも自分が丹野を殺したのだと主張するのだった。

一方警視庁の取調室では加奈子は丹野を憎み恨む気持ちはあったが殺すつもりなら福地が死んだ時に殺していると犯行を否認。あの夜丹野を訪ねたのは夏生と別れる様に説得しに行ったのだとゆう。丹野はまたかしつこいなとゆう感じで冷たく自分をあしらおうとした為に福地の心臓が夏生の今の心臓だとゆう事を告げてそのまま帰ったのだと。だから丹野の家の中には入ってないし殺してないとゆうのだった。右京は夏生は加奈子が犯人だと思ってかばい続けている加奈子も丹野を殺してないと真犯人は別に居ると考えるのだった。

右京と亀山は音楽事務所に。そして先日自分達が事務所に来た時に“Dee Providence”のメンバーが口にした「作風を変える事が出来るのか?」っとゆう不自然な発言を挙げて社長に作詞作曲をしていたのは丹野ではなくゴーストの存在が居てその人間が作詞作曲していたのでは?っと問い詰めるのだった。右京は更に中古CDショップで捜してきたとゆうマネージャーの三原が昔出したCDを社長に示しそのゴーストは三原では?っと追及する。社長もそこまで調べられてはっとそれに丹野も死んだしもう良いかとゆう感じで右京の指摘を全て事実だと認めたのだった。丹野には作詞作曲の才能はなかったが女性ファンを強烈に引きつけるカリスマ的なルックスがありそれを利用したのだと。三原は音楽の才能はあったがルックスが地味なので売れなかったと。

とゆう事は真犯人は三原とゆう事になるが証拠が無い為に右京らは三原を丹野の家に呼び出してカマをかける事に。右京は犯人は一番細い弦で首を絞めたというが鑑識調査の結果一番太い弦であると考えているとわざと嘘をつきところで一番太い弦は第何弦でしょうか?っと質問する。、三原は当たり前とゆう感じでギターで一番太いのは第6弦ですと答えるが右京は自分は何の楽器の弦だったかなんて一言も言ってないしギターの弦だとゆう事はマスコミ発表もされてないはずだとそれなのにギターとは。この部屋にはベースギターも置いてあるのに妙ですねぇっと三原を追いつめる。三原は丹野はベースギターは殆ど弾けないので弦を張り替えるとしたらギターだと思ったと答えたのだが…これがまた更に墓穴を掘る事に。あの時犯行現場の部屋には入ってない三原がどうしてマスコミ発表もされてない弦の張り替えの事を知っているのかっとゆう事になり観念した三原は丹野殺しを認めたのだった。

あの夜犯行現場の部屋に呼ばれた三原は丹野に夏生の事を真剣に考えていて夏生の為にもゴーストの事をマスコミ発表して公にしたいと告げられたとゆう。三原は今の丹野の“Dee Providence”の人気は丹野がルックスも音楽の才能も全て揃ってると思われてるからでそんな事すればファンが離れてしまうっとこれまでゴーストの自分と2人3脚でやってきたじゃないか等と説得するのだったが…丹野は昔自分が福地の「この胸の高鳴りを」のデモテープを持ってきた時に福地も“Dee Providence”のメンバーにするからと約束したのにその事を守らなかった事を挙げて怒りそして自分が音楽の才能も無いのに勝手にカリスマに作り上げられて嫌になりもう耐えられなくなった事とその為に死んだ福地の心臓が夏生の体の中で生きている事を話し「もう偽者の自分は嫌なんだ」と告げ明日緊急記者会見開いて全部話すと言うのだった。この丹野の言動と態度にお前が偽者だったらそのゴーストの俺は何なんだ?っと激怒して完全に理性を失ってしまった三原はギターの第5弦を握りしめて丹野の首を力一杯絞めて殺害してしまったとゆう。その時に玄関のチャイムが鳴り我に返って逃げたのだとゆう。告白後自分の犯した罪を悔い丹野にわびる三原を促して連行する2人だった。

2人は病院を訪れて三原が真犯人だった事を告げると安心した夏生はようやく真実を語るのだったあの夜丹野の家を訪れた夏生は玄関先に落ちている加奈子のブレスレット(↑の口論の時のもみ合いで落とした)を見つけたのだとゆう。で家の中に入ると部屋で丹野が殺されていて加奈子の犯行だと思った夏生は加奈子をかばう為に現場から凶器の弦を持ち去ったのだった。そうしたのは自分が加奈子の忠告を素直に受け入れて丹野と別れていればこんな事にはならなかったと思ったからだった。右京はあなたは自分を責める事は無いと励ますが夏生は「そうでしょうか。私には未だにわからない…自分にはあの時の心臓の鼓動の意味が…今では翔平の事を愛していたのかさえわからないんです」っと答える。右京は「丹野翔平さんはあなたに出会ってありのままに生きる決意をしたんです。彼にその勇気を与えたのはあなたです」っとそして「あなたがドナーの人の気持ちを思うのはわかるがあなたの心は誰のものでもないと思いますよ」っと諭すのだった。右京の言葉で心が楽になったのか夏生は窓の外の空を見つめながら笑顔で翔平さんっと呼びかけるのだった。






移植された心臓がらみって事でミステリアスな部分もありましたけどドラマ的には三原登場した時点で怪しさムンムンwでしたから後半で犯人確定した時も別に驚きはなかったですね。それにしてもあんなインターネッツ検索で簡単に移植された心臓の相手がわかるってゆうのは実際はどうなんですかねぇ(^^;)まぁ肝臓とか腎臓とか角膜とかに比べると心臓移植ってまだまだ数少ない希有な事例ですからブログとかに書けばそら検索であがるでしょうけどそもそも自分が心臓移植受けましたってゆう写真を友人のブログとはいえ掲載OKにするもんなのかなって感じが(^^;)。心臓移植も日本で現実の物になってからドラマに登場する様になりましたね。2サスでも財前直見さん結婚で終了してしまったみたいですけど月ミスの「外科医零子シリーズ」で4作の内2作は心臓移植がらみの話でやはり心臓移植された少女に自身以外の不思議な感覚がとゆう感じの部分がありましたしちょっとタイトルは忘れましたけど自分の子供が亡くなってその心臓が移植された相手の側でその子を見守る母親ってゆうのもありました。亜季にゃ可愛かったですね。ちよっとスレタ感じで不良っぽい大谷充保さんもなかなか。松田悟志さんは女性ファンには良かったでしょうね。陽春さんも最近は犯人役もけっこうありますよね(^^;) 
スポンサーサイト



<< 猪熊夫婦の駐在日誌4 制服捜査 遺恨…美しい町に猟銃殺人事件20年前の惨劇再び? | ホーム | 愛しのファミーユ 9話 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP