fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2007/10/07 (Sun) 16:56
ジャッジ~島の裁判官奮闘記~ 1話 新天地

都会育ちで大阪地裁で知的財産権の裁判ばかり扱う高度で豊富な知識が要求される特殊部署でバリバリ働きエースとして超多忙な日々を送っていて近々東京で新設される予定の知的財産権専門部署への異動を熱望していた三沢恭介(西島秀俊さん)に突然鹿児島県の大美島への転勤の内示が。本来赴任予定だった恭介の同期の裁判官が病気(はっきり病名は出てませんでしたけど癌ですよね)になった為の異同だった。恭介は裁判官の仕事に没頭するあまり家庭をかえりみず、すれ違いの生活が続きその為に妻の麗子(戸田菜穂さん)は8歳の娘麻衣子(桝岡明さん)を連れて実家に帰ってしまい離婚秒読み段階だった。恭介は妻の実家を訪ねて「自分と一緒に島に行ってくれないか、もう一度家族3人新天地の島でやり直したい」と麗子を説得する。麗子は恭介のこれまでの生活(家でも恭介が徹夜で仕事したりするので娘が物音も立てない様に気遣っていて不憫だった事等)の事をあげて躊躇するが2人の話を聞いていた麻衣子の「3人で島に行きたい!」の一言で大美島行きに同意する事に。恭介が今度赴任する大美島では裁判官が恭介1人だけの為に都市部の裁判所ではあり得ない1人で刑事から民事、離婚や未成年犯罪等の家裁事件まで全ての事件を担当し更に支部長として裁判所内の人事(書記官とか調査官とか事務職)を行う行政職も兼ねなければならなかった。

で早速島での傷害事件と幼い息子の親権争いのからむ離婚調停を行う事に。離婚調停は初体験の恭介は調査官谷川(的場浩司さん)の忠告も聞かずに激しく仲違いしている夫婦(これまでは一人一人個別に調停をやっていた)を同じ部屋で調停する事に。が夫婦が罵りとっくみあいの喧嘩になり収集つかない状態にw困った恭介は麗子にアドバイスを求め夫が実家に連れ帰った状態になっている息子を母親に合わせる事に。子供は母親に嬉しそうに抱きつく。子供は母親に皆で仲良く一緒に暮らそうっと訴え結局一番良い解決策を今後皆で前向きに話し合う事になり解決。一方の傷害事件の方は被告が傷害事件の執行猶予中の再犯だった為に懲役10ヶ月の実刑判決を下したのだが法廷に来ていた被告の男の子に完全に悪者扱いにされて憎悪の目で睨み付けられる恭介。その子が麻衣子と同級生だった為にこの判決の結果麻衣子が学校でイジメにあう様になってしまう。これまで仲良くしてくれた子達までイジメに加わってショックの麻衣子っとゆう所で次回へでしたけど。これは怖いですよねぇ。何しろ島には裁判官1人だけなんですから恭介の下した判決に不服な人達に全員恨まれてゆく形になってしまいますよねぇ(^^;)。でもこの場合大人は執行猶予中の再犯だから仕方ないと思ってくれるんでしょうけど子供はそこまで理解できませんから父親を刑務所送りにした悪い奴になってしまうんでしょうね。次回は少年犯罪みたいですけど殺人事件も扱うみたいですね。あと深夜の逮捕や捜索令状当番や事故の実地検分や大美島の周りの近隣諸島への巡回裁判等が描かれるみたいですね

この大美島には弁護士が3人とゆう事で1人は傷害事件の弁護士の平正明(寺田農さん)でしたけど平は公判前に黒糖焼酎飲んでほろ酔いで来る事もしばしばらしいとゆう事で弁護もはぐらかしてるのかボケてるのかよくわからない感じで戸惑う恭介でした。もう1人は今回は法廷の場面はなかったですけど畑夏海(浅野温子さん)。東京で敏腕弁護士として活動していたらしいが数年前に自ら進んで大美島に弁護士としてやって来て最近亡くなった父親の跡を引き継ぐ形でしばらくは島で弁護士活動をするらしいとゆう感じでしたね。あとの1人ってゆうのは?現時点でのキャスト紹介には登場してませんけど登場するんですかね。

西島秀俊さんはどんな役でも淡々とこなしてるってゆう感じですね。戸田菜穂さんの大阪弁は違和感なく良かったですね。桝岡明さんはNHK大阪(「風のハルカ」のハルカの妹アスカの少女時代、「誰がパパやねん」メッセンジャー黒田脚本主演ローカルドラマのもう1人の主役的少女)ではお馴染みの子役ですね。

結果的にこの枠前の「新マチベン~オトナの時間」から法廷ドラマが続く事になってしまいましたよね。本当なら木村多江さん初主演の「上海タイフーン」放送予定だったのが木村さん妊娠休養でドラマ撮影中止(撮影再開未定)で未完成になってしまった為に海外ドラマ急遽放送してこのドラマになったとゆう経緯で。裁判官が主役の連ドラってゆうのは珍しいですかね。「家裁の人」(片岡鶴太郎さん主演)とかはありましたけど。朝日新聞のラテ欄にもその「家裁の人」と「Drコトー診療所」を足した感じのドラマではってゆう風に書かれてましたね。2サスだと火サスで「転勤判事」(渡辺えり子さん主演)「新任判事補」(千堂あきほさん主演)土ワイドで「京都のテミス女裁判官」(若村麻由美さん主演)変則的な物だと月ゴーの「パートタイム裁判官」(本職は弁護士だが離婚調停や近所のもめ事の和解等の軽微な事件に限り週1で担当する)(水谷豊さん主演)とかありましたけど。
スポンサーサイト



<< タクシードライバーの推理日誌 東京~蔵王、死体と待ち合わせた女 | ホーム | パセリ 1話 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP