fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2007/12/19 (Wed) 21:58
スワンの馬鹿!  最終回   恋の大どんでん!?

大輔(上川隆也さん)が風呂に入っている間に大輔の携帯にかかってきた絢菜(芦名星さん)からの電話に出てしまった真澄(田中美佐子さん)。その電話の内容自体は川瀬(成宮寛貴さん)の行方がわからないので心配して大輔に相談しようとゆう内容だったが真澄の中では大輔に対する疑念がわき起こるとゆう感じで(電話があった事を大輔に伝えませんでしたもんね)。
真澄が志摩子(森口瑤子さん)に相談して(現在大輔が心ときめいている若い子には嫉妬するのに元カノには嫉妬しないんですな^^;そんなもんですかね?)志摩子が時田(梶原善さん)からこれまでの大輔と絢菜の事を事情聴取。時田も志摩子の事が好きなのでその志摩子に問い詰められて全部しゃべってしまうとゆう感じで。

まぁ実際に浮気ってゆうのはなかった(結局はずみみたいな感じで抱き合った事はありましたけどキスすらなかったですもんね)がそれならどうして正直に自分に言わずにこそこそしていたんだっとゆう事が許せずに娘理英(美山花恋さん)と共に家出。しかも自分の実家じゃなくて(そういえばこうゆうドラマだと1度は登場しそうな双方の祖父母ってゆうのは登場しませんでしたね?)なぜか志摩子の親戚の家に身を寄せるのだった。志摩子から事情を聞いて大輔が謝罪と本当の事を言わなかった言い訳等をするがそれが逆効果で真澄はますます意固地になってしまう事に(実際に形としての浮気はなかったものの絢菜に心ときめいたのも事実ですもんね)。

で加茂(劇団ひとりさん)や時田の家族の問題の時にその他の2人が協力したとゆう事で今回は加茂と時田が大輔の為に真澄の所まで来てくれて土下座してくれて大輔も土下座するがそれでも真澄は許してくれず結局自分の事が原因だと知った絢菜までが真澄の元に来て「本当に何でもないんです」謝罪する展開に。真澄も絢菜本人と会って話して(これまで大輔の会社に来た時に見かけたり加茂の携帯の待ち受けで見ただけで直接会話ってゆうのはなかったですもんね)大輔が心ときめいた理由が少しはわかったとゆう感じに。

まぁ最後は加茂と時田が大輔の夫婦仲直りの為に計画した流星群を見ようキャンプに真澄と理英も来てくれて真澄も自分もちょっとだけ悪かった等と謝って大団円でしたけど。川瀬と絢菜の関係もも絢菜の父親の会社乗っ取りを策謀したのは服部(上杉祥三さん)で川瀬は当時その事を全く知らずに資金提供だけした。川瀬が気付いた時はもう手遅れだったとゆう事がわかってお互いに仕事も無くして一文無しになった者同士一から再スタートっとゆう感じでしたね。

ラストは小遣い3万円トリオが絢菜に変わる新たな心ときめく若いカワイコちゃん発見っとゆう感じで結局単なるスケベ親父じゃねえかこいつらっwとゆう場面でしたけど。この最後の女性の方が絢菜より色気ありましたよね(^^;)



とゆう事でなんとなく終わりましたね。結局盛り上がる事もなかった様な気が(^^;)まぁほのぼのとしていて見てて不快になるドラマではなかったですからその点は良かったですけど…このイワンの馬鹿もじったタイトルとか主人公が水球の元選手ってゆう設定は必要だったの?ってゆう感じもしてしまったんですけど。OPの所で言ってる用に水面より上では優雅に見える白鳥も水中では必死に足バタバタしてもがいている様子が水球している人間と同じ状態だからって事だったんでしょうけどねぇ。ヒロイン的存在だった芦名星さん綺麗ですけどまだこうゆう重要な役柄は荷が重かったかなって感じですかねぇ。「敵は本能寺にあり」のくノ一姿はなかなかでしたけど(^^;)。
スポンサーサイト



<< 愛しのファミーユ 12話 | ホーム | 塗られた本 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP