fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2008/01/10 (Thu) 20:17
斉藤さん  1話    正義のため戦う迷惑ヒロイン登場!

観月ありささん主演って事でどうせ毎度の観月さんキャラのドタバタコメディータッチな展開なんだろうなぁっと見る前は即リタイアかと思って全然期待してなかったんですけど初回としては意外にけっこうおもしろかったですね。でも主演が観月さんの割にミムラさんの登場時間が多くてこれミムラさん主演?って思える様な話の展開でもありましたよね。

斉藤さんこと斉藤全子(観月ありささん)は目にした悪い事はほっておけずに正義の為なら周りから誤解されても悪い事は悪いとハッキリその相手に物を言って勧善懲悪を貫く為に近所の住人や子供が通う幼稚園のママ達からは色んな陰口悪口(夫が外国に単身赴任中だとゆう事を良い事に不倫しているとか暴力団とつき合いがあり背中にイレズミ彫っていてすぐに暴力をふるう)とかをを叩かれて煙たがられている存在だった。そんな斉藤さんの近所に引っ越して来た真野若葉(ミムラさん)は早速ゴミ捨て場で年輩主婦に注意してゴミを持ち帰らせる斉藤さんと遭遇してしまう(自身もダンボール出す日じゃないと注意された)。斉藤さんは更に飲み終わったペットボトルを放り投げて自転車で通過しようとした近所の阿久津高校の女子学生を呼び止めて注意し口論の末持ち帰らせたのだった。

若葉は引っ越して来たこの土地では以前と同じ失敗は繰り返さない様にと心に決めていた。以前の土地では息子の尊(平野心暖さん)が幼稚園で乱暴者だった為に他の幼稚園児の保護者らに散々陰口を叩かれてそれが嫌で引っ越したとゆう経緯があったからだ。その為に近所の家や幼稚園の同級生の家を事前に調べて手作りクッキーに手紙を添えてポストに入れて配りまくるとゆう感じに。そんな苦労の結果で幼稚園初登園の日にはあのクッキーと手紙のっ真野さんっとゆう事で幼稚園のママさんの首領的な存在の三上りつ子(高島礼子さん)に気に入られた事もあってママさん連中にも上手くとけ込めてここでは上手くいった、引っ越して良かったわっと感じて喜ぶののだったが…若葉は自身の事で必死で息子の尊が全然新しい幼稚園にとけ込めて無い事(他の子供らとコミュニケーションが取れてない)に全然気づいてなかったとゆう感じに。

帰宅しても尊の事はほったらかしで仲良しになったママ連中とのメールのやりとりで人間関係が上手くいっていると自己満足してクッキーを褒められたので早速また焼いて翌日の登園時にママさん達に配って誘われるまま喫茶店でお茶にもつき合ってとゆう感じだったがその店にそれぞれの子供らも連れて行ってたのだがそこにあの斉藤さんも登場して店の中で縦横無尽に騒ぎ走りまくる子供とそれをほったらかしにしているりつ子達を厳しく注意するのだった。毎回言われるらしく斉藤さんが現れるだけで静かになる子供達と相手になって口論してもややこしくなるだけだからと表面上は注意に従うとゆう感じで斉藤さんをやり過ごして陰で悪口を言うりつ子達だった。

幼稚園では丁度運動会直前だったのだが尊は友達ができない事や他の子らがもう踊りの振り付けを覚えていて自分がついてゆけない事に苛立ってストレスがたまってその為に家でも全く踊りの練習をしない様になってしまうのだった。その練習とゆうのも若葉が一緒になって踊ってあげるとゆう物ではなく若葉はママさん連中とのつき合い優先でDVD見ながら1人で踊ってなさいとゆう物だった。幼稚園でもますますすねた感じで1人浮いてしまう尊に気付き若葉に忠告する斉藤さんだったが若葉は聞く耳持たずとゆう感じに。

若葉は一緒に買い物に行った尊がくわえ煙草のヤクザ風の強面の男(高杉亘さん)にぶつかって火の粉が尊にかかったにもかかわらず男に怒鳴られてすみませんと謝るしかなかったのだったがちょうどそこに居た斉藤さんが敢然と男に注意する。男はなんだこいつっとゆう感じで煙草を地面に投げつけて立ち去ろうとしたが斉藤さんが煙草を拾って持ち帰れと男に渡そうとして切れた男に突き飛ばされる。それでも男に向かってゆく斉藤さんだったが今度は思いっきり突き飛ばされて駐輪していた自転車毎倒れて頭を切る怪我をしてしまう事に。その場は警備員が来た為に男は去り何とかおさまったのだった(周りで見ていた人達は斉藤さんの行動に後から拍手したものの男と争っている間はだっただの傍観者でしたね。まぁでも実際は皆そんなもんでしょうね)。

若葉はスーパーで買い物中に自分が側に居る事も知らずに自分の陰口を言っているママさん連中に遭遇してしまう。自分にはクッキー美味しかったありがとうとか言ってながら裏では突然誰が入れたかわからない手作りクッキーなんて気色悪くて食べられないわよね~それなのに何回も作ってくるなんて&運動会の予行練習の時に尊が全然踊れてなくて迷惑だったみたいな事を話していたのだ。家に帰った若葉はまた焼こうとしていたクッキーを捨てて激しく落ち込んでしまう。が結局ママさん連中からメールが来ると返信してしまう若葉だった。

結局そのまま若葉は尊と一緒に練習る事なく運動会当日に。そして踊りの時間になるが尊は周りの皆の様に踊れず途中で1人どこに行こうとしてしまう。若葉が声をかけても駄目だった。ところが斉藤さんが尊に声をかけるとそれまで暗かった尊の表情が一変して斉藤さんの掛け声と共にちゃんと踊れたのだった。若葉が知らないうちに斉藤さんが尊につきっきりで踊りの練習を見てくれて踊るコツを教えてくれていたのだった。尊のそんな姿を見て斉藤さんが自分に忠告してくれた事が正しかった事を知る若葉だった。

その後も運動会は順調にっと思われたが隣接する阿久津高の男子生徒らが運動会の様子を見ながらヤジを飛ばす。実は幼稚園の運動会と阿久津高の模擬試験の日が重なってその事を知った地元の市会議員の妻(息子が阿久津高に通っている)が幼稚園に抗議。で園長が独断で運動会を音楽無しでやる事にしたのだったがママさんらが反対。しかし市会議員の妻の苦情だったと知るとりつ子を先頭にじゃあ仕方ないわねっとゆう雰囲気になってしまうのだった。斉藤さん1人がそれはおかしいと阿久津高と話し合うべきだと訴えるのだったがりつ子にあなたは協調性が無い等と言われてしまうのだった。その場は多数決を取る事になり結局話し合おうとゆうのは斉藤さん1人だけだった。しかし結局斉藤さんは独断で阿久津高に。しかし阿久津高では別に音楽の事は何とも思ってませんから構いませんよっと言われて拍子抜けの斉藤さん。で運動会は音楽有りで行われる事になったのだったが…模擬試験が終わった阿久津高の生徒らがやって来たのだ。ヤジがエスカレートして飲んでいたジュースの空き瓶を幼稚園の校庭に投げ込んで危うく園児達に当たる所だった。ママさんらはビビってしまうだけだったが斉藤さんが生徒らに猛然と抗議。生徒らも自分達に事ある毎に注意する斉藤さんの事は知っておりまたこのおばはんかとゆう感じに。生徒らのボスらしい生徒(市会議員の息子)が斉藤さんを睨み付けてから立ち去ったのだった。生徒らが去った後で斉藤さんとりつ子が口論に。斉藤さんは悪いことは悪いと言わなきゃ駄目だとゆう持論を展開。りつ子は確かに斉藤さんの言ってる事は正しいかもしれないがその事で生徒らに逆恨みされて誰かが怪我なんかしたらどうするのよ?っと反論するのだった。



っとゆう感じで次回でしたこのドラマは今後どうゆう展開になるんでしょうか。今回初回としてはけっこう面白かったですけどこれから最終回まで延々と幼稚園のママさんVS斉藤さんと斉藤さんVS阿久津高の生徒達ってゆうのが延々と続いてゆくだけだと飽きてしまうと思うんですけどねぇ。まぁもう1人の主人公と言っても良い若葉が途中から斉藤さんの味方になって最終的にはママさんらもってゆう感じになるんですかねぇ。阿久津高ですけど生徒の様子見たら模擬試験の音楽にこだわる程頭賢そうには見えなかったんですけど(^^;)それと今時市会議員ぐらいであそこまでビビりますかねぇ。市長ぐらいだったらわかりますけど。

斉藤さんは現在30歳って事でしたけど子供の時からずっとこうゆう性分だったって事なんですかね。こんな性分だったらずっと独りぼっちでしょうな。それに就職はしていたんでしょうか。この性格だと接客業やサービス業は絶対不可能ですよね(^^;)。普通に結婚して子供が居るのが一番不思議なんですけど。こうゆう斉藤さんと結婚する男性ってどんな人間なんだよっとそっちの方が気になりますよね。

観月さん極妻にもガタイがでかいから貫禄負けしてませんよね。高島さんは主演からだんだんこんな役ばかりですな。幼稚園児の母親役にしては年齢的にちょっと…(^^;)っとゆう感じも。ミムラタン人妻になってから初ドラマですな。
スポンサーサイト



<< 女かけこみ寺刑事・大石水穂! | ホーム | 西村京太郎サスペンス十津川警部シリーズ39 「飛騨高山に消えた女 顔のない連続殺人…失踪美人画家は第4の被害者か容疑者か!?」 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP