fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2008/01/15 (Tue) 23:05
女子刑務所東三号棟7

前身の「女囚」シリーズが3作でこの「女子刑務所東三号棟」シリーズになってから7作目で通算10作目の泉ピン子さん主演のシリーズですけど流石にちょっとマンネリになってきたかなぁって感じがしますよね。同じ房の中の女囚構成もお年寄りと20過ぎの若い子が必ず1人ずつ居るってゆうのもパターンですし。ピン子さんは毎回事情は違いますけど殺人犯ですよね(^^;)(今回は介護疲れで義父殺し。前は娘をレイプして自殺に追い込んだ男らを復讐殺人とか家庭内暴力がひどかった中学生の息子を夫と共に殺害とかだったと思います)。


今回の女囚達ですけど
☆喜田川静江57歳(泉ピン子さん)は夫が外で愛人を作り浮気に苦しんでいた。しかしそれでも娘の詩織(入山法子さん)が居る為に離婚もせずに身体不自由でおまけに認知症もひどくなっていた義父の世話を1人でしていたのだが24時間気が休まる事のない状態(夜中でも突然大声で叫んで起こされたり)が続き完全に精神的に参ってしまって介護疲れの果てに義父の顔に枕を押し当てて窒息死させてしまったのだった。裁判で殺意があったと自身で証言した為に執行猶予はつかない懲役5年。他の仮出所が決まった同房の囚人に対して一見親切そうにアドバイスしている様で実は出所後してからの生活に不安を覚える様に持ってゆく様な面があった。その言動が発端で↓佳美を自殺に追い込んだり園子が突然暴れて仮釈放が取り消されたりした。出所したら迷惑をかけた娘詩織(自分の事が原因で会社を辞める羽目になった)の為に一生懸命働こうと考えて刑務所の中で色々な資格(パソコンとかフォークリフト免許とか)を取ろうと努力し詩織が結婚すると聞き娘の幸せを喜ぶのだったが…それからしばらく経過して面会に来た詩織に泣きながら相手の男性と両親には静江の服役の事は話せずに行方不明とゆう事にしているとうちあけられ表面上は自分は罪を犯してしまったんだから仕方ないよと詩織に答えるが心の中は唯一の肉親の娘に捨てられてしまったっとゆう絶望感と虚無感に襲われる事に。仮釈放後詩織からホテルでの結婚式への招待状が届くが新婦の母親としてではなく昔の知り合いとゆう事での偽名を使ってくれとゆう招待状だった。静江は複雑だったが娘の晴れ姿を見にホテルに。しかし遠くからこっそりと娘の幸せそうなウェディングドレス姿を見つめただけで会わずに帰ろうとした。がホテルのフロントに偽名の名前で呼び止められ内線電話が。電話は詩織からだった。詩織は泣きながら来てくれてありがとうと話し静江も嬉しくなる。静江は自分と電話なんかして大丈夫なのか?っと詩織を心配するが詩織はここは控え室だからと話し新郎の男性に電話を変わったので驚く静江。新郎男性は全て詩織から話を聞いた事と必ず自分が一生詩織を幸せにしますと今日は来てくれて本当にありがとうございましたっと静江に話し静江は感極まって新郎男性に礼を言うのだった。とゆう事で最終的にはハッピーエンドに。

☆柏崎もと子36歳(横山めぐみさん)は派遣社員だったのだがもう年齢も30代になり正社員になれるラストチャンスっとゆう事で上司を誘惑して肉体関係となり自分を正社員にして欲しいと必死で訴えたのだったがその上司は他の派遣社員とも関係があってもと子よりも若い女の子が正社員になった。上司に苦情を言うと派遣も打ち切られた。で怨みからその上司の家に放火して逮捕されて現住建造物放火の罪で懲役6年。刑務所内でもパソコンの資格の勉強等はしていたが年齢と前科者では出所後に以前の様な仕事に就くのは難しく希望を無くしていた。がそんな時に刑務所の施設の工事に来ていた若い男性川岸良太(田中幸太朗さん)と出会ってお互い一目惚れとゆう感じに。もと子は川岸が耳が不自由だと知り図書室から借りた手話の本で勉強して作業に行く途中手話で話しかけ会話する事に成功しそれからも1日に1度だけの会話のやりとりが続くがやがて工事が終わって川岸はもう刑務所には来ない様になってしまう。工事の最終日に川岸が乗って去ってゆく車を取り乱して追いかけようとして刑務官らに取り押さえられて懲罰で独房に入れられる事に。そこでもと子は刑務官(鷲尾真知子さん)に私はもう恋もしてはゆけないんでしょうかっと問うのだった。刑務官は心の中で思うのは自由ですと答え、でも今のあなたの立場を冷静に考えなさいとここは普通の事が制限される場所なんですよっともと子を諭すのだった。しかしそれから刑務所の外から毎日紙飛行機が刑務所の敷地内に飛んでくる様になった。もと子がその紙飛行機を持ち帰って中身を見ると記号?(何が書かれていてどうゆう意味だったのかわかりませんでしたけど)が書かれていて川岸からもと子へのメッセージだった。やがて仮釈放になったもと子はおそるおそる川岸の勤務する工務店の側まで行く。すると川岸がもと子を見つけて笑顔で迎えるとゆうこれもハッピーエンド。


☆石橋沙也加40(三原順子さん)はDVとギャンブル癖と浮気癖の悪い夫に悩まされていた。そんな中若い男と不倫関係になったのだがその男性と無理心中する事に。しかし男性だけが亡くなって沙也加は生き残ってしまったのだった。で逮捕され自殺関与何とか罪で懲役3年。とにかく人にちょっかいをかける性格で静江が佳美の義父の性的虐待の話を出した時に「なんやあんた姦られたんか、近親相姦みたいやなぁ」等と心ない言葉を浴びせて佳美を自殺に追い込む後押しをした形に。しかしこんな沙也加にも哀しい出来事が。子供だけが心の救いだったのだがその子供が服役中に事故で亡くなったのだ。作業中に泣いたりして一時はへこんでいた沙也加だったがその後はその反動ってゆう感じでまたちょっかい出しまくりに。もと子が手話で川岸とコミュニケーションしていると知るともと子が借りた手話の本をぐちゃぐちゃにしてしまったり(借りたもと子が責められて貸し出し禁止処分を受けてしまう)、新入りの梨花↓が他人と一緒に風呂に入るのが恥ずかしいと入浴拒否した時に臭いしじゃあこれで洗ってやるよっとホースの水で無理矢理頭を洗おうとしたりしょっちゅう口論となる静江とは刑務所内のソフトボール大会の時に投手(本格的なウインドミル投法のスピードボールで)でわざと3打席連続でデッドボールをぶつける。2打席目までは我慢していた静江だったが3打席目に頭にぶつけられてブチ切れてバットで沙也加の足を思いっきりどつき沙也加も切れて自分を止めようとした刑務官をバットで殴ってしまって静江と共に懲罰独房に入れられてしまう事に。その後出所したが知り合った暴力団の男との仲がおかしくなりその男を刺して再び塀の中に戻る事になった。


☆杉下園子71歳(茅島成美さん)は夫に死なれて少ない自分の年金と結婚している息子からの僅かの仕送りで市営住宅で1人暮らししていたのだが生活費に困って近所のスーパ等で万引きで食料を盗む常習犯状態に。で万引きを見つかって警備員に声をかけられるがそこで暴れ回り逮捕されて窃盗傷害懲役2年6ヶ月。出所後に息子が同居しようと言ってくれていたが嫁が快く思ってない為にできなかった。それ以外に自分の事で息子が転職しなければならなくなった事や子供3人抱えていてこれ以上負担をかけたくないとゆう気持ちもあった。が出所後に市営住宅に戻ってまた1人暮らしになる事への不安感も強かった。園子にとっては刑務所の中の方が食事にありつけるし話し相手も居て好きな時代劇のテレビも見られるとゆう事で外での暮らしよりも生活の心配をする必要がなく快適だったのだ。出所後園子は市営住宅に戻り1人暮らしをはじめるが餓死。


☆寺田涼子46(キムラ緑子さん)は子供の頃に人の良すぎた父親が親戚の借金の保証人になってしまって家や土地や車等全て失ってしまった。父親が母親と共に首吊り自殺したのを涼子自身が発見。施設から中学に行き卒業後は水商売しながら詐欺で騙す側になり男達から金をまきあげていたが逮捕され詐欺罪で懲役3年6ヶ月。直接的に誰かと激しく対立するとゆう事はなかった。詐欺の常習犯だけに口は上手かったとゆう事で。出所後はまたクラブを開店したがその後は消息不明に。


☆藤崎佳美22(邑野みあさん)は母親が再婚した義父から性的虐待を受ける様になってその精神的苦痛から逃れる為に覚醒剤に手を出し常用になって逮捕され覚醒剤取締法違反で懲役2年。仮出所を明日に控えた日に↑静江と沙也加に義父からの性的虐待の事を言われてその時の記憶がフラッシュバックして房の窓枠にカーテンで首を吊って自殺を計る。発見された時は意識不明ながら生きていたが搬送先の警察病院で翌日死亡。


☆原島梨花26(山田花子さん)は子供の頃から臆病な性格でその為にずっといじめられ続けて登校拒否で引きこもり状態に。そのまま20代になってもその生活が続き何度かバイト等もやってみたが結局逆戻りになってしまって社会に出られない状態だった。梨花の妹は明るく社交的で恋人もいる大学生だったのだがある時妹が自分の陰口(デブだから駄目だとか)を言って笑っている現場を目撃してしまって殺意がメラメラと。で夜道階段の上から妹を突き落として半身不随の重傷を負わせてしまったのだった。で逮捕され殺人未遂で懲役4年。引きこもりだっただけに刑務所内での集団生活に馴染めず苦労する事に。普段はビクビクおどおどしていておとなしいが切れると何をするかわからない一面(静江の言動に怒って静江の顔に枕押しつけて殺そうとした)もあった。静江にあんた人殺しなんだから自分も殺してくれっとここ出ても自分は今後どうやって生きてゆけば良いかわからないっと泣きながら哀願する場面も。そんな梨花を見て自分も同じ様なものだとここから出てもどうすれば良いのかわからないと涙する静江だった。出所後は自宅に戻り車椅子状態になった妹の世話をしているとゆう。



っとゆう感じで。あとはこのシリーズの3作目以降お馴染みになった刑務所慰問歌手今回は小林幸子さんでしたね。「思い出酒」とあと一曲歌ってはりました。これまでは3八代亜紀さん4島倉千代子さん5都はるみさん6海援隊でした。

ピン子さんの女囚役はハマってますよね。普段の2サスでは事件解決側ばかりですからまた違う一面とゆう事で。横山めぐみさんこのドラマではほっそりした感じで美人に見えましたよね。ドラマによってふっくらされてる時もあるので。三原じゅん子さんもらしい役柄でしたよね(^^;)キムラ緑子さんは現在「ちりとてちん」に菊江役でレギュラー出演中ですけど今後もっとドラマ出演増えるかもしれませんね。邑野みあさんは子役から活躍ですけど最近またドラマとかでお見かけする様になりましたね。すぐに自殺してしまう役だったのでシーンが少なかったのが残念。山田花子さんはこの役にはけっこうハマっていたんじゃないですかねぇ。少なくとも以前ゲスト出演していた「水戸黄門」の時よりは良かったですよ。入山法子さんも連ドラとかでちょくちょくお見かけする様になりましたね。今後もっと活躍されるんじゃないでしょうか。田中幸太朗さんは耳が不自由な役ってゆう事でセリフがありませんでしたけど爽やか笑顔のイケ面でしたね。
スポンサーサイト



<< 貧乏男子 ボンビーメン    1話  ノーと言えないボンビーメン誕生! | ホーム | 薔薇のない花屋   1話  北風と太陽 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


執行猶予 前科

女子刑務所東三号棟7裁判で殺意があったと自身で証言した為に執行猶予はつかない懲役5年。他の仮出所が決まった同房の囚人に対して一見親切そうにアドバイスしている様で実は出所後してからの生活に不安を覚える様に持ってゆく様な面があった。その言動が発端で↓佳美を...


 BLOG TOP