fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2008/01/19 (Sat) 16:16
鹿男あをによし 1話    しゃべる鹿の秘密!古都を巡る恋と冒険

これは…1話だけでは何が何やらってゆう感じですね(^^;)。クスっと笑える部分もありましたけどおもしろいのかどうなのかってゆうのも初回だけではまだ何ともって感じで。何かものすごく長~~~~~い「世にも奇妙な物語」ってゆう感じもしますし。


  
日本近くの深海の海底で巨大ナマズが尾びれ振る度に地震が発生している模様で内閣総理大臣室では総理(夏八木勲さん)や閣僚が地震と富士山噴火の可能性とかについての会議をしていた。何かを祈祷していた巫女(大塚寧々さん)が「お前たちに頼みがある」っと誰かに話しかける(場所不明)。

でこのドラマの主人公小川孝信(玉木宏さん)登場。この小川はこれまでの人生の節目と言える様な時にことごとくアクシデントに襲われてチャンスを逃してばかりとゆう不運続きの男だった。少年時代剣道で都大会出場が決まってはりきっていたが必勝祈願した神社で転倒して足首複雑骨折してしまう。高校入試の時にも全国模試10位の成績で志望校合格間違い無しだったのだが試験当日の通り道で池にワニが居るのを野次馬で見ていたら押されて池に転落してしまって入試受けられなかった。大学卒業時一流企業に就職が決まってこれでようやくっと思ったら入社式で2度目の不渡り出したとゆう報告があってその会社が倒産。就職浪人で路頭に迷うのは嫌だとゆう事でなんとかツテで大学の研究室で働ける様になったのだがそこでは同僚の助手野口と対立してしまって(でもそのきっかけが准教授のチャンスがあった野口の論文研究データをパソコンの操作ミスで初期化してしまったって事でしたから恨まれて当然かと^^;)。それから人間関係も上手くゆかず教授には神経衰弱状態と思われて気分転換の為に3ヶ月奈良の私立女子校奈良女学館の教師をしてみないかと勧められる。小川はつきあっていた彼女にレストランで自分と一緒に奈良に来てくれっと実質のプロポーズをするがあっさり断られおまけに彼女に今度准教授になる野口と結婚すると告げられてショックを受けどん底に。で失意のうちに奈良へ行く事に。

しかし東京から奈良への道中も受難続きだった。バスに乗り遅れて仕方なくタクシーに乗ったのだが突然の謎のデモ行進に邪魔されて道路渋滞になってしまう。仕方ない歩こうと思ってタクシ-降りると途端に渋滞解消。結局乗る予定だった新幹線には乗り遅れてしまって次の新幹線に乗って自由席なので空席を探していると子供にソフトクリームを服につけられてしまう。やっと空いている席を見つけて座れたっとほっとしていると両隣に巨漢デブが座って苦しい状態に。車内販売で弁当を買おうとするが巨漢デブにあっとゆう間に全部買われてしまって売り切れで買えず状態。でそのまま京都駅到着。京都から近鉄電車やバスに乗り換えて奈良に向かう小川だったがまた前からソフトクリ-ムを手にした子供が近づいてきて不安を抱く小川。小川の不安通りにバスが揺れて少年がバランス崩してソフトクリームが小川にっと思ったら突然小川の前の座席に座っていた女性が立ち上がった為その女性のスーツにクリームがベットリついてしまう。がその女性は怒りもせずソフトクリーム食べられなくなって泣いている子供を笑顔で慰めるのだった。

小川は自分が赴任する女子校の校長から紹介された下宿に到着。そこは昔は旅館で今は小料理屋をやっているとゆう事で部屋が余りすぎているので下宿にしているとゆう。小川にとっては食事付きで下宿代も安いのでありがたかった。下宿の女将さん福原房江(鷲尾真知子さん)にシャツが汚れてるから洗うとついでに風呂にっと勧められて服脱いで風呂に行こうとした所に近鉄電車の中で子供にソフトクリームつけられたあの女性が。その女性は藤原道子(綾瀬はるかさん)でそこに下宿していて小川が勤める奈良女学館の同僚だったのだ。小川は入浴後食事等しながらこの下宿屋の孫で3代続いて奈良女学館で美術教師をしているとゆう福原重久(佐々木蔵之介さん)と道子と会話するのだった。で奈良の話になるが鹿は神の使いだから奈良では大事にされるんです等と笑顔でマイペースに話す道子にはぁとゆう感じで戸惑う小川。小川は翌朝初めての授業で生徒らに自己紹介をさせるのだったが1人だけ遅刻してやって来た堀田イト(多部未華子さん)が自分に何も言わずに黙って席についた為に怒って遅刻した理由を説明しなさいと迫る。すると堀田は無表情な真顔のままで「駐禁で捕まって遅れました」と答える。駐禁って?高校生なのにマイカー通学なのか?っと尋ねる小川に堀田は「鹿です、MY鹿です。」っと答える。小川がいぶかしがると堀田は先生は地元の人じゃないですよね?地元の人間なら鹿に乗るのは常識です、私の母親もMY鹿でビブレに買い物にっ等と真顔で話し続ける。

小川も堀田があまりにも堂々としているのでそうなのかっと思ってしまうが道子にそんなの嘘ですよっと言われてからかわれたのかっと堀田に対する怒りが。その事が学年主任溝口(篠井英介さん)の耳にも入り放課後に堀田を指導室に呼んで注意する事に。しかし堀田は悪びれずにあんな事を信じる先生の方がおかしいっと言い切るのだった。が堀田は学年主任から言われた校則書き写しの罰は受けるのだった。その次の日小川が教室に行くと後ろの黒板に大きな字で「チクリ」と書かれていた。小川は構わずに授業をするが私語が多く授業に集中しない感じのクラスに苛立つ。その次の日には黒板に「パンツ三枚千円也」と書かれていた。小川は確かにそうだが誰に見られたんだっと不審に感じる。で小川は堀田を名指しして「俺はチクリなんかじゃないぞ!」等と怒るが堀田は相変わらず淡々として「いくら何でも三枚千円は安すぎだと思います」っと答え周りの女子も笑うとゆう感じに。女子生徒に振り回されてすっかり落ち込んでしまった小川。道子はそんな小川を心配して気晴らしに自分が奈良観光案内しますと小川を半ば無理矢理連れ出す。奈良公園や東大寺や平城京跡等を説明しながら歩く道子だったが小川の方は観光どころではなかった。丘の上まで上がり道子がこの学校の生徒らは教師にあだ名をつけると自分は「かりんとう」だと小川に話す。で小川がどんなあだ名をつけられるのだろうとゆう話になるが小川は大学の研究室の時に同僚につけられたあだ名が「神経衰弱」だった事と恋人を犬猿の仲だった助手に横取りされた事やこれまでの人生ことごとく不運だった事等を話しそれで逃げる様にこの奈良に来たのだと話す。小川の話を聞いた道子は自分も同じ様な経験をしていると。これまでの人生ずっと不運の連続だったと。自分の彼氏に騙されてふられたのだとゆう。ある日彼氏から結婚式の招待状が届いた。彼氏の結婚相手は自分じゃない女性だった。その彼氏がイタズラ好きなところがあったのでこれは冗談のサプライズか何かだろうと彼氏の本当の相手は自分なんだからとその場にウェディングドレス姿で出席したら本当の結婚式で彼氏の横には新婦が座っていた(ものすごく不機嫌な顔した)とゆう。道子の話を聞き驚き呆れていた小川に道子は笑顔で「私達似てますね」っと話しかけ小川は全然違うっと否定する。が道子が自分を何とか励まそうとしてくれている気持ちは嬉しく思うのだった。

が翌日小川が教室に行くと後ろの黒板には「かりんとうとラブラブ」っと書かれていた。小川は放課後に堀田を呼びだして初日のMY鹿の件では学年主任に告げ口するつもり等なかったのだが結果的にそうなってしまって大袈裟になってしまった事を認め謝ったのだが堀田の態度は相変わらずで小川は「俺に問題があるなら言ってくれ!」「お前は俺が嫌いなのか?」っと堀田に問うが堀田はやはり真顔で「嫌いです!」と、でもその理由は言いたくありませんと答えるのだった。更に「先生はちょっと神経が細いんじゃないですか?」っとも。堀田の言葉で同じ事を教授から言われた事を思い出してしまった小川は「もう帰っていい…」っと堀田を返すのだった。小川は奈良公園で鹿に鹿せんべいをあげながらどんな味なんだろうっと好奇心にひかれたのか周囲を見回して誰も居ないのを確認してから自分も一口食べてみる。美味しかったのか笑顔になる小川。翌日教室に行くが後ろの黒板には何も書いてなかったので昨日の事が効いたのかっと安心して前の黒板の方を向くと「鹿せんべい、そんなにうまいか」っと書かれていた。驚く小川だったがあの時はそれまでと違って周囲に誰も居ないのを確認したはずだとおかしいと感じ「何故だ?」っと動揺するのだった。それからは授業も手につかず下宿に帰ってからも食欲が無くとゆう状態に。翌朝奈良公園に佇む小川の前に突然三頭の鹿が小川に接近してきた。しかもその真ん中の鹿が小川に人間の言葉で「鹿せんべい そんなにうまいか?」「さあ神無月だ出番だよ。先生!」等と話しかけてきたのだ。あり得ない事態に自分は相当精神的に参っていて「俺は本当の神経衰弱になってしまった…」っと激しく動揺する小川に鹿が再度「オイ!」っと話しかけてビックリする小川で次回へ。





でこれどうゆう展開になるんでしょうか。あのしゃべる鹿は一体?。冒頭で巫女が話していたのがあの鹿なんですかね?あと海底で蠢いている巨大なまずも?ですし(^^;)。小川が鹿の指令で鹿男にってゆう事みたいですけど。

まぁでも奈良の自然風景が見られて目の保養にはなりますな。奈良って同じ古都でも京都と違ってあまりドラマの舞台になりませんもんね。NHKでは「あすか」とか「ダイヤモンドの恋」とかありましたけど民放の連ドラってゆうのはこれまで記憶に無いですね。2サスでも京都に比べると少ないですな。最近だと昨年2月にあった浅見光彦シリーズ「箸墓幻想」ぐらいでしょうかね。ドラマの中で鹿せんべい小川が食べて美味しそうにしてましたけどあれ味無いですよw。以前鹿せんべい持っていたら鹿に周り取り囲まれて怖かった記憶が。可愛いですけど近くで見るとでかいですからねぇ(^^;)

玉木宏さん「のだめSP」の時より更に痩せてる感じが。テレビであれだと実物ミイラじゃないのかっとゆう感じが(^^;)。綾瀬はるかさんはマイペース不思議ちゃんって感じでしょうか。多部未華子さんの顔のUPは怖い感じも。独特の顔立ちですよね。ドラマ中では魚顔とか言われてましたけど(^^;)「山田太郎ものがたり」の時(オーバー過ぎるぐらい喜怒哀楽出まくり)と違って今回は無表情な役柄ですね。
スポンサーサイト



<< 新・京都迷宮案内5  1話   盗まれた恋愛小説!“忘れえぬ女”の謎 | ホーム | 交渉人~THE NEGOTIATOR~   2話  脱ぐ女刑事VS立てこもり犯! >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP