プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/01/22 (Tue) 22:07
警視庁三係吉敷竹史の殺人捜査シリーズ3「北の夕鶴2/3の殺人」

巨大空中ブランコ鎧武者トリック超豪快過ぎてワロタ

シリーズ3作目ですけど何か2年に1回ぐらいなの前作の記憶があんまりですねぇ。前回もけっこうとんでもなかった様なうっすらとした記憶はあるんですけど(^^;)。これって本で読む分にはおおっこれはすごいトリックだ!になるんでしょうけど映像にしちゃうと途端に工エエエエ(´Д`)エエエエ工そんな馬鹿な~ありえねぇよ~ってゆう感じになってしまうんでしょうな(^^;)。真中瞳さんが全く触れられずにフェードアウトでその代わりに新人刑事で田畑智子さんでしたけど田畑さん全然刑事に見えませんでしたよね(^^;)




夜の釧路の霧の立ち込めたマンションから走り去る鎧武者の姿が住人に目撃される。

東京のラーメン屋で1人食事していた警視庁捜査一課の吉敷竹史(鹿賀丈史さん)の携帯に公衆電話から電話が。5年前に離婚して(一方的に離婚届置いて出て行った。その後2度ほど会う機会はあったが通子は頑なに突然出て行った理由は話さなかった)今は釧路で彫金師として生活しているはずの元妻の通子(余貴美子さん)からの電話だった。通子は吉敷に今東京に居てこれから北海道に戻るところだが取り返しの付かない事をしていまったとだけ告げて一方的に電話を切ってしまったのだった。そこに捜査本部からの電話もかかってきたのだが吉敷は通子の方を優先して東京駅に向かった。電車の座席に座る通子の姿を見つけたがドアが閉まり電車は発車してしまって結局会って話する事はできなかった。

吉敷は鳴り続けていた捜査一課からの電話にようやく出て殺人事件を知り現場に向かう。現場はビジネルホテルの一室で藤倉令子(水木薫さん)とゆう女性が刺殺されていた。遅れて現場に着いた吉敷は部下の小谷祐一(賀集利樹さん)や3日前に捜査一課強攻班3係に配属されてきた新人の栗山真弓(田畑智子さん)からこれまでにわかった捜査状況の報告を受ける。令子が殺されていた部屋にチェックインした女性が令子本人ではなく加納通子とゆう女でしかもその女が現場の部屋から慌てて逃げる様子で立ち去った姿がホテルの従業員に目撃されているとゆう。吉敷はその女の名前に驚く。加納は通子の旧姓だったからだ。先ほどの通子の電話の事もあり胸騒ぎを感じる吉敷。その後の捜査で殺された令子と通子が釧路の同住所のマンションに居住していた事(棟は違うが)がわかり元からの顔見知りとゆう線が濃くなった

その頃警視庁からの要請を受けた北海道警察の牛越警部(きたろうさん)が通子のマンションを訪れていたのだがその通子の部屋で女性の刺殺体を発見して驚く。殺されていたのは東京で殺された令子の弟一郎(畠中洋さん)の妻さなえ(真日龍子さん)だった。この事から通子には令子とさなえの2件の殺人容疑がかかる事になってしまうのだった。東京の被害者令子は経営していたクラブ「ホワイト」のホステス面接の為に上京したとゆう事だった。令子が刺された凶器は彫金等に使用する工具の1つの磨き棒だと判明。その凶器から検出された指紋が通子の物と一致した。現場の状況から通子が犯人だとゆう事になるが吉敷は他に犯人が存在する可能性もあると指摘する。令子の刺し傷は2箇所だった。1つ目は心臓の近くだったが致命傷ではなく2つ目の傷が心臓に達していた。吉敷は被害者の指紋が部屋のドアの内側のドアノブにあったとゆう事は被害者は刺された後でなんとか逃走しようとしたと考えられると。吉敷は栗山に頼んで令子の行動を再現してもらう。令子はうつ伏せに這いながらドアの方に向かったはずで普通そこで力尽きたのなら令子は頭をドアの方に向けた姿勢でうつ伏せに倒れてなければならないはずだと。しかし令子の死体は仰向け状態でしかもドアの方に足を向けている姿勢でこれは不自然だと。令子がドアの所に辿り着いた時に訪れた何者かに心臓を刺された可能性があると現場には通子の他にもう1人別人が居たのではないかとこの事件には複雑な背景があるのではっと主張するのだった。

吉敷は以前の事件で面識のある牛越に電話して釧路の状況を尋ねる(通子が吉敷の元妻である事も牛越は知っている)。通子は2日前から行方不明だとゆう。牛越に通子の行方を尋ねられた吉敷はこの1年間音信不通だと嘘をついたのだった。吉敷は通子が殺人など犯すはずがないと無実を信じるが通子が吉敷の元妻である事が警視庁内で発覚するのは通子の戸籍を調べれば時間の問題だった。そうなると当然捜査から外されてしまうと考えた吉敷は先手を打つ形で3日間の休暇願いを出して単身釧路に向かったのだった。事実を知った3係班長の浅田幸吉(伊吹吾郎さん)は吉敷が通子の事を隠していた事と勝手に休暇取って釧路に向かった事に怒る。そこに吉敷と通子の仲人(前作の記憶アレなんですけど確かそうだったと)で迷宮班班長の中村吉遺(夏八木勲さん)が来て今回の事件でもし通子が犯人なら吉敷は刑事を辞める覚悟なんだと訴えて勝手な行動を許してやって欲しいと浅田に頭を下げ浅田も渋々認める事に。

釧路に渡った吉敷は牛越と会った。牛越によると通子の部屋には遺書とも取れる「死にたい」と書かれたメモがあったとゆう事だった。釧路で殺されたさなえには1億円の生命保険がかかっていて半年前に入ったのだとゆう。しかし東京で殺された令子には保険は無かった。令子の弟一郎(畠中洋さん)は令子の共同経営者で二郎(米山善吉さん)は自称フリーカメラマンだったが2人ともチンピラの様で何をしてるのかよくわからなかったとゆう。藤倉兄弟が犯人だと考えると殺されたのがさなえだけなら保険金殺人の線があるが実の姉を殺すだろうかとゆう疑問が。しかも令子が東京で殺された日には兄弟には釧路に居たとゆうアリバイがあった。通子にとってまた不利になる新事実が発覚する。通子は令子の経営する店に彫金細工を納品していたのだがその代金が未納でもめていたとゆうのだ。令子殺しの犯人が通子だと確信した浅田は小谷に釧路に飛び道警より先に通子の身柄を確保しろと命じる。今度の事件に吉敷に興味を持った栗山も志願して同行する事に。

吉敷は通子のマンションを訪れるがマンションの前の源義経ゆかりとゆう夜泣き石に気付き管理人(なべおさみさん)に話を聞く。管理人によると霧の立ち込める夜にこの石が文字通り夜泣きするのだとゆう。殺人のあった晩もそうだったと。午後10時半頃に石が泣く声を聞いたと。それから1時間後の11時半にマンションの若い住人が鎧武者がマンションから走り去るのを目撃したのだとゆう。マンションの防犯カメラにもはっきりとマンションから走り去る鎧武者が録画されていた。吉敷は鎧武者は生身の人間でこれは夜泣き石伝説になぞらえた見立て殺人ではっと考えるのだった。釧路に到着した小谷と栗山が牛越と会ってクラブ「ホワイト」に聞き込みに。ホステスによると令子とさなえの葬式で店の営業どころではないと。最近はずっと閑古鳥状態で店も不景気なので皆店を移ろうと考えていると話す。ホステスらは藤倉兄弟3人の事をボロカスに話す。経営者なのに店に来た客の悪口をあからさまに大声で言ったりしていたと。さなえ殺しも保険金が目当ての兄弟の犯行ではないか等とゆう。

草原で1人泣く通子の姿があった。通子は5年前に吉敷の妻として幸せだった日が終わる事になった運命の日の事を回想していた。あの日買い物で銀座の街を歩いていた通子は鶴の写真に目を奪われてその写真展のギャラリーを訪れたのだがそれが藤原作治つまり藤原兄弟の写真展だったのだ。藤原兄弟3人と通子の間には遠い昔の因縁があったのだ。兄弟は自分達の弟の芳男が通子に殺されたのだと責め怯える通子。それから通子は藤原兄弟に脅迫される事になり言われるままに北海道に渡ったのだった。通子は手に持っていた瓶の錠剤を飲み込むのだった。吉敷は令子と愛人関係だったとゆう相場企画社長の相場浩介(浜田学さん)を訪ねるが相場は愛人関係を否定し共同出資者だっただけだと答えるのだった。さなえ殺しのあった日藤倉兄弟には自分の部屋で撮影していたとゆうアリバイがあった。途中部屋から居なくなったのは霧見物の為の10分程だけでその間に棟の違うマンションでの犯行は不可能でマンションの防犯ビデオにも藤倉兄弟が出入りする姿は映ってなかった為だ。

吉敷は小谷と合流してお互い調べた事を情報交換する。状況から考えるとさなえを殺した人間が鎧武者姿でマンションから逃げたとゆう事になるが吉敷はそれが通子だとすると矛盾があると話す。鎧を着込むとゆう事は顔や姿を見られない様にする為だと。しかし遺書まで残して死ぬつもりの通子がわざわざそんな面倒臭い工作をする必要があるだろうかと。これはさなえ殺しの真犯人のミスだと、通子があの日この犯行現場には居なかったのだと無実を主張するのだった。東京でも聞き込みの結果新たな情報が寄せられていた。現場のホテルから血が付着したワイシャツを着た男がタクシーに乗り込み羽田に向かったとゆう目撃情報だ。吉敷に頼まれて小谷が藤倉兄弟の過去を調べた結果30年前に通子が住んでいた盛岡の実家に藤倉兄弟が出入りしていた事がわかった。兄弟の親が加納家の使用人の仕事をしていたとゆう。兄弟にはもう1人幼い弟が居たのだがその弟が死亡した後突然藤倉の家族は引っ越して盛岡を去ったとゆう事だった。その他二郎が2年前に轢き逃げ事故にあってその犯人はまだ捕まってないらしい事がわかる。吉敷は藤倉兄弟の元に行く。兄弟は葬式の香典の金勘定に夢中だった。兄弟が犯人だと思っている吉敷は妻と姉が殺されたばかりだとゆうのになぁっと後は保険金支払いを待つだけか?っと強烈に皮肉をかます。一郎も負けじと自分と通子はできていたんだよっと挑発的に吉敷に話しカッとした吉敷は思わず一郎をぶん殴ってしまったのだった。

吉敷は牛越と情報交換するがそこで通子にさなえ殺しの逮捕状が出る事を告げられる。吉敷は真犯人は別に居てさなえ殺しの罪を通子になすりつけてその通子を東京で殺すはずが失敗したんですと牛越に訴えて逮捕状を出すのをあと3日だけ待って欲しいと自分が逮捕しないと通子は自殺してしまうからっと土下座して頼むのだった。牛越は捜査を情で判断する訳にはゆかないと告げるが最終的に吉敷に負ける形で2日(実質1日半)だけ逮捕状発行を延ばすと約束するのだった。東京に戻った小谷と栗山は相場の妻に会った。妻は今は東京に子供と住み相場と別居状態だが離婚している訳ではないと話す。相場は令子と別れて東京で子供と家族3人でやり直そうと言ってくれたと。子供が病気の時に運転を急ぎその時に二郎を轢き逃げしてしまったのだと。その時に轢き逃げする瞬間の車(ナンバーも写った)を令子に写真に撮られて強請られその後令子と2人ベッドにいる写真も撮られてあとは身動きできず恐喝されて金を要求されるだけだったと。あの日(令子が殺された日)相場は出張で東京に来ていて子供と遊んでくれたとゆう。その時にもうすぐ解決する元に戻れると言っていたとゆう。吉敷の携帯に通子の携帯から電話がかかる。電話は摩周湖近くの店の人からの電話だった。この携帯の持ち主つまり通子が睡眠薬で自殺未遂を計ったとゆう。フラフラと歩いている所を保護して睡眠薬を全て吐かせたので今はもう大丈夫だとゆう。吉敷は場所を聞きすぐに向かおうとしたが突然何者かに襲われて棒状の物で殴られて怪我を負ってしまう。吉敷は藤倉二郎だと直感する。吉敷は怪我をおして摩周湖に向かうが吉敷がその店に辿り着いた時には既に通子の姿はなかった。回復した通子は吉敷への置き手紙を残して姿を消してしまったのだった。吉敷はその手紙を読む。そこにはこれまで通子が話さなかった5年前の離婚の理由が書かれていた。昔盛岡に住んでいた30年前の子供の頃通子は父親が地元の有力者だった事もあって自分も周辺住民の子供を自分の家来の様に扱ってお姫様の様に威張り散らしていたとゆう。特に自分の家の使用人の子供だった藤倉兄弟に対してはひどい態度だったと。ある時藤倉兄弟の末の弟の芳男が道端で拾った瓶を自分が取りあげようとしたのだが芳男が拒否。自分が芳男にその瓶の中身を飲んだらその瓶をあげると言うと芳男は瓶の中身の液体を全て飲み干してしまった。その晩芳男が急死した。芳男を診察した医者は農薬による中毒死と判断したが死因をごまかして普通の病死で処理した。藤倉の兄弟らは瓶と自分の事をなぜか大人達には言わなかったのだがその日から自分に対しては死ぬまで呪ってやると罵りいじめ出したとしかしその後少しして藤倉一家は突然どこかに引っ越して姿を消してしまったのだとゆう。自分はこんな過去があるから元々吉敷と結婚してはゆけなかったのだと書かれていた。吉敷は通子はどこに?っと考えて以前北海道でどの湖が好きかとゆう話になり吉敷がマリモの阿寒湖、通子は真ん中に島があるから屈斜路湖が好きだと答えた時の事を思い出す。通子に藤倉から呼び出しの電話がかかる。相場の元を小谷と栗山が訪れる。小谷は令子が殺された日の東京での行動を尋ねる。相場は答えるが証言の矛盾を小谷に指摘され更に2年前の轢き逃げで令子に強請られている事を相場の妻が話したと告げられる。相場は令子殺しを認め逮捕される事に。小谷は2年前の轢き逃げは相場が藤倉兄弟にはめられたのだと指摘。事故の瞬間なんて最初からカメラ構えてないと撮れる訳がないでしょうと。二郎が当たり屋専門でそれまでにも同様の事を何度かやっていたと。全て同じ手口で示談にしていたのだと。二郎が足を引きずっているがあれは怪我の偽装で本当は元気に走れるのだと相場に教えるのだった。その事実を初めて知りそうだったのかとうなだれる相場。栗山は刑事になって初めての犯人逮捕の場面だったがやるせなさ後味の悪さを感じるのだった。

吉敷は屈斜路湖周辺のホテルを聞き込んでようやく通子が宿泊していたホテルを見つけるが一足違いでホテルに来た男の白いセダン車に乗って出て行ってしまった後だった。車の特徴から藤倉の車だと察知した吉敷はフロントの女性にこの辺で死体遺棄する様な場所、昼間でも人があまり来ない様な場所を尋ねてキャンプ場に急ぐ。吉敷がキャンプ場に到着すると藤倉兄弟が通子に瓶に入った農薬を飲んで自殺しろと迫っている所で吉敷が止めた。吉敷は藤倉兄弟に令子を殺した犯人は通子ではなく相場だった事を告げて計画通りにゆかずに残念だったなっと話しさなえ殺しはおまえらだろうと指摘するが藤倉兄弟は証拠があるのかっと?逮捕されるのは通子なんだからと不敵に笑ってその場を去ったのだった。通子は吉敷に5年前に銀座のギャラリーで藤倉兄弟らに再会して30年前の事で恐喝される様になって釧路に来いと言われて吉敷に迷惑はかけられない&人殺しの自分には妻の資格がないと考えて離婚届を置いて家を出たとゆう。令子の事件の時は令子に東京に行こうと誘われてホテルの部屋に入ったら突然令子にさなえ殺しの罪をかぶってここで自殺しろと迫られたとゆう。自分の心の中ではここで令子に殺された方がいっその事っとゆう気持ちがあったが体が抵抗してしまってもみあいになって刺してしまったのだとゆう。それで怖くなって慌てて逃げ出してしまったと告白。

取調室で相場が藤倉兄弟らが通子を東京で殺そうとしているのを知りその計画に便乗して令子を殺そうと思ったと。令子が通子を殺した後部屋に行き令子を殺して通子と相討ちになった様にみせかけるつもりだった。ところがあの日通子が慌てて部屋から飛び出して来たと。部屋に行ってみると胸を刺された令子が苦しそうに立っていた。で相場が令子を刺して殺した(通子が罪かぶってくれるとゆう事で)と犯行内容を自供した。令子殺しは決着がついたが今度はさなえ殺しだ。逮捕状発行時間が迫り焦る吉敷。吉敷はあの日どうしてさなえと真犯人が通子の部屋に入れたのか?から考える。通子は藤倉兄弟なら合い鍵を作れただろうと話しこのマンションには半年前に藤倉兄弟に住む様に言われて住み始めたのだと打ち明ける。半年前っと聞き吉敷はさなえが生命保険に入った頃だとピ-ンとくる。吉敷は通子が住んでいるC棟、藤倉一郎が住むA棟、二郎が住むB棟の部屋の位置関係を考える。そして昔通子と湖の話をした時にこのブランコで飛んで行きたいっと通子が話した時の事を思い出してその時のブランコの金具がきしむ音とマンションの前の夜泣き石伝説の事を思い出してそうだ!振り子の原理を利用した巨大ブランコだぁ!っと「死体は窓から飛んできたんです!」っと藤倉兄弟がさなえ殺しに使ったトリックを解明したのだった。まず令子が防犯カメラの作動しはじめる午後8時前に通子の部屋に侵入。一郎の部屋で一郎がさなえを刺殺する。そしてさなえの死体にあらかじめ用意していた鎧を着せた。それは巨大ブランコで死体を運ぶ時にどこかにぶつかって死体が損傷したら殺害場所が違う事がばれてまずいから保護する意味があった。で一郎の部屋から巨大ブランコに乗せてさなえの死体を放して通子の部屋のベランダで令子がさなえの死体を受け止めたのだった。その時にさなえの体重と鎧の重さでものすごく重くなっていた為にブランコに利用した金具がもの凄くきしんでものすごい大きな音を出した。それが午後10時半の管理人が夜泣き石と勘違いした音だと指摘。その後礼子がさなえの死体から鎧を外して今度は自分が着て防犯カメラの前を通ってマンションの外に出たのだった。その姿をマンション住人が目撃して驚いたのが11時半だったと。吉敷は本番で上手くゆく様にそれまでにも霧が出る日に通子を外出させて留守にさせて予行練習していたのだろうと。だからその度に夜泣き石の音と鎧武者がっとゆう事になったのだと。その後藤倉兄弟は逮捕され一郎の部屋からさなえの血痕が検出されてさなえ殺しとトリックを自供。犯行に使用した鎧は通子の彫金の店の床下から発見された(通子に罪なすりつける為)。




ってゆう感じでしたけど最後通子と吉敷がどうなったのかがちょっと?でしたよね。さなえ殺しに関しては完全に無実ですけど令子殺しに関しては無実ってゆう訳にはゆかないですよね。藤倉兄弟が令子が通子殺すつもりだったと証言すれば令子刺してしまった事は正当防衛が認められるかもしれませんけど問題はその後気が動転していたとはいえ令子放置して逃げてしまった時点で何らかの罪に問われるのではないかと。まぁ実刑くらう程の罪にはならないかもしれませんけど刑事である吉敷との復縁ってゆうのは微妙な感じもしますね。前科とかついたらまずいんじゃなかったでしたっけ。

通子も30年前のは自業自得ってゆう感じでしたよね。まぁ田舎の街で金持ちの娘でわがままにお姫様状態ってゆう典型でしたよね。でも30年前の事件からその後ずっと現在の通子みたいな感じに変わってしまったんですかね?その後通子の実家がどうなったのかもよくわかりませんでしたよね。

現実にあんなトリック上手くゆかんやろうって感じが。マンションの棟と棟ってけっこう離れてますからその間ブランコみたいにってゆうとものすごい遠心力つくんじゃあって感じで鎧武者着せた死体受け止めるって女性には無理なんじゃないかと(^^;)。失敗しない様に予行練習wしたってマネキンか何か使ったんでしょうかね。

ドラマの中で吉敷のトリック説明の時に皆納得して聞いてるのワロタ。もしもし頭大丈夫ですか吉敷さんって突っ込む人1人ぐらいおらんのかって感じがw


スポンサーサイト

<< 貧乏男子 ボンビーメン  2話   ボンビーVS買いすぎ女 | ホーム | 薔薇のない花屋 2話   花の様に笑う人 >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


出会い系 摩周

若妻とタダでHをして感謝までされた秘密の方法 \0まずは専用メアドを用意しましょう。Yahoo!やGMailがお勧めです。 \0人妻が多く登録している無料出会い系サイトに登録しましょう。当方の調査によると、奥様方の登録サイト数は 2から...


高校生 出会い 釧路

若妻とタダでHをして感謝までされた秘密の方法 \0まずは専用メアドを用意しましょう。Yahoo!やGMailがお勧めです。 \0人妻が多く登録している無料出会い系サイトに登録しましょう。当方の調査によると、奥様方の登録サイト数は 2から...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。