fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2008/01/26 (Sat) 00:02
相棒season 12話   狙われた女

向島(正城慎太郎さん)に拳銃を突きつけられて恐怖に怯え絶対絶命の月島幸子(鈴木杏樹さん)。が向島はすぐには幸子に復讐せずに幸子と共に別室に。杉下右京(水谷豊さん)と亀山薫(寺脇康文さん)は城代金融のアジトに踏み込んだがそこは既にもぬけの空だった。現場検証で今回の犯行に城代金融がからんでいる事は立証できるだろうが新アジトを早く突き止めなければ幸子の命が危ないとゆう事に。右京と亀山は新アジト捜索は大人数の捜査本部に任せて保護されて病院に居る戸崎刑務官(久世星佳さん)に話を聞きに行く事に。一方伊丹(川原和久さん)らは中華料理屋で働く吉井春麗(MEGUMIさん)の父親に会っていたが確かに父親は昔春麗が小さかった頃は台湾でマフィアのボスだったがその後は落ちぶれて現在はただの中華料理店の見習いに過ぎなかった。伊丹が春麗の脱獄の事を尋ねても悪い事をすれば刑務所に入るのが当たり前だとゆう答えだった。

戸崎は右京らの質問に対して自分がもっとしっかりしてればっと自責するのだった。自分が犯人らに向かって行ったが春麗や犯人達に拘束されて人質になる結果になり幸子に助けてもらったと話す戸崎。右京と亀山はそんな戸崎をあなたは勇敢ですよっと慰めるのだったが右京は戸崎に不審を感じる事に。向島の部下の男らは酒飲みながらトランプ(ポーカーかカブ?)。自分を助けてくれたのが父親ではなかった…自分は幸子拉致に利用されただけだったのかっと茫然としている春麗に部下らはお前はもう用が無いから目障りだからどこにでも勝手に消えろと吐き捨てる。春麗が屋上に出て階下を眺めると停車している車と男2人の姿が目に入る。建物の中に戻り向島の部下の所に戻った春麗は全く自分の事を警戒してない部下らの隙をつき拳銃奪取。先ほどの部下らの自分に対する言動に逆切れした春麗は部下らの中で一番上らしい男田村秀明(児玉貴志さん)に銃を突きつけて脅し向島と幸子が居る別室に案内させるのだった。春麗は幸子を助けて逃げようとして牽制する為に田村に拳銃を向けるが春麗が銃の素人だと見抜いた田村に拳銃の安全装置云々と言われてそちらに注意がいった隙をつかれて拳銃をはたき落とされてしまうがその拳銃をキャッチした幸子が向島に銃口を向ける。部下らも幸子が拳銃の扱いに慣れている事は知っているので迂闊に手出しできない状態に。向島も好きにさせてやれっと部下らに言い幸子は春麗と共に逃走したのだった。春麗は幸子にさっき屋上から見た不審な男2人の事を話してその男らに見つからない様にビルの反対側の外壁のはしごを伝って下に降り逃げたのだった。

幸子と春麗が脱出したと同時に建物の前に居た2人の男も建物の中に入ろうとしたがそこに城代の新アジトをつきとめた伊丹らがやって来た。伊丹らによって向島と部下らが逮捕された事と幸子と春麗が逃走して行方不明だとゆう連絡が亀山に。右京らはとりあえずその新アジトに向かう事に。そんな2人の様子を見て明らかに動揺する戸崎だった。新アジトの場所に向かおうとした車中で右京は亀山にひっかかっている事があると話す。幸子の残りの刑期は僅か1年半だったのに向島らは何故待てずこんなリスクの高い脱獄を行ったのだろうとゆう事と城代金融は1度壊滅に追い込まれて現在はもう組織として全く機能してなかった(名ばかりで資金調達手段も無い)。今回の大がかりな脱獄を計画する資金があったのだろうか?っとゆう事に。右京は城代金融はあくまで実行犯でその背後に黒幕の人物が居るのでは?っと考えるのだった。右京は犯人グループに協力した刑務所内の人間(幸子の健康診断結果改竄等)が戸崎だと疑っていた。戸崎は犯行グループらに立ち向かったと話していたが拳銃所持している相手に対して勇敢過ぎると裏返せば仲間なので自分が撃たれる事は無いとわかっていたからできた行動ではっとゆう事に。右京と亀山は病院にUターンして戸崎にカマをかけてみる事に。

右京は戸崎に刑務所内に協力者が居たらしい事を告げて戸崎の事を疑う様な怒らせる様な質問をするのだった。亀山が戸崎をかばう言動を取るのだった。戸崎は自分はその協力者ではないし刑務所内にそんな人間が居るとは思わないと怒り反論するのだったが右京はそれなら安心ですっと。もし戸崎が協力者なら事件の黒幕にとっては邪魔な存在になり口封じされる可能性があったから証人として保護する必要があったが戸崎が協力者では無いのなら狙われる事も無いし病室の護衛ももう必要無いですねと言い残して亀山と共に病室を後にするのだった。右京の作戦にまんまとはまり自分が口封じに殺されるっとゆう恐怖に襲われた戸崎は2人を呼び止めて全て告白するのだった

右京らは向島の取調べが行われている場所に。向島は黙して語らずだった。しかし右京が戸崎が自白(ゴッドと名乗る正体不明の人物に1千万の金で買収されてやった)した事を告げると向島もある日玄関先に5千万の現金と幸子に復讐させてやるとゴッドと名乗る男から持ちかけられてその話に乗ったのだと話す。向島は1年半前に城代金融の組織が壊滅して暴力団からも縁切られて組織の再建は絶望的で部下らもどんどん去ってゆく状態だったので復讐も良いかと考えてやったとゆう。しかし向島もゴッドが男だとゆう以外はその正体については何も知らなかった。ゴッドからの指示では幸子は向島の好きにしろと、春麗に関しては一度アジトまで連れてきてそこから解放しろとゆう事だったとゆう。右京は今回の脱獄でゴッドに狙われた真の標的は春麗の方だったのだと考えて春麗の過去と人間関係を徹底的に洗い直す事に。

城代のアジトから逃亡した幸子と春麗は海辺に居た。時折持病の喘息で咳き込み苦しそうな春麗。春麗は幸子に早く警察に行けと促すが幸子は春麗も一緒じゃないと行かないと強情だった。春麗は刑務所では模範囚で優等生で温和な感じの幸子が拳銃を向島に向けた時の表情が凄かった事を思い出して幸子が何をしたのか?っとゆう話に。幸子は向島を撃って殺人未遂で3年になった事を話すが春麗は自分は恋人の男に強盗につき合わされて何もしてないのに襲った店の店員がショックで持病の心臓発作で亡くなってしまってそれで刑期が6年だと、それなのに殺る気マンマンで相手が死ななかっただけで幸子は3年なのかと不満げに。春麗は結局幸子は何をしても上手くゆく様になっていて自分はドブネズミの様に生きてゆくしかないと「私はいらない人間…もう行くところもない」っと話し突然拳銃自殺しようとする。そんな春麗を必死で止める幸子。幸子は以前は自分もそうだったがある人(右京)の言葉「不本意な人生でも立ち向かうことでしか幸せは訪れない」で救われて今後はそれを信じて生きてゆく事にしたのだとだから春麗も真面目に罪を償えばきっと生まれ変われるっと諭すのだった。

角田課長(山西惇さん)が春麗関係で新たな情報を見つける。昔1時期春麗と仲が良かった女性とその恋人の男(シーネットというIT企業の幹部)が2人とも死亡していたのだ。女は麻薬中毒死だった。シーネットに関しては以前経営陣に麻薬が蔓延しているとゆう情報があって角田らが探っていたのだったが結局逮捕に踏み切れるだけの決め手がなく捜査終了になったとゆう。春麗が狙われるとするとこの事件繋がりとゆう事になるがすると黒幕はシーネット?。しかし捜査は既に打ち切られているしっとゆう事に。亀山は関係者に2人も死者が出て怪しいのにどうして捜査打ち切りになったのか?っと角田に尋ねるが角田も悔しそうにそれは突然捜査権を別の部署に奪われてしまったからだと話すのだった。その別の部署とはなんと監察だった。亀山はシーネットが黒幕かと考えるが右京はIT企業に今回の様な手の込んだ犯行を計画実行する能力があるだろうかと疑問を示しシーネットは恐らく5000万の資金を出しただけだろうと考えるのだった。それに監察がからんできたとゆう事はその麻薬事件に警察関係者も関わっている可能性があるとゆう事に。右京は警察関係者がゴッドで春麗の命を狙っているのだと考えるのだった。右京は監察の大河内に話を聞くが大河内にもまだ警察関係者の誰がっとゆう目星はついていないとゆう事だった。2人が普通の捜査員に発見されれば良いがっと考えるがその可能性は残念ながら薄いだろうとゆう事に。向島の話のゴッドの指示(春麗をビルから解放しろ)からその警察関係者は当然ビルの外で出てくる春麗を待ち伏せしていたはずだと考える。しかし今の所春麗が殺されたとゆう報告もない。右京は今は幸子だけが望みだと考えるゴッドにとっては春麗が幸子と2人で逃亡するとゆう事は計算外だったからだ。しかし2人とも捕まってしまえば幸子も巻き添えで殺されてしまう可能性もあるとゆう事に。

明け方近く夜道を歩いていた幸子と春麗の前に突然パトカーが通りかかって2人の刑事飯島(池田政典さん)岡(工藤俊作さん)がが降りてきた。幸子に諭されておとなしくなった春麗も幸子と共に素直に自首して手錠されるのだったが刑事らの顔を見た春麗の表情が変わり「あんた達刑事だったのか?」っと叫ぶ。刑事らの態度も変わりやっぱりこいつ俺らの事を覚えてやがったのかっと吐き捨てて2人を無理矢理パトカーの中に押し込めるのだった。右京は2人の安全の為に一刻も早くこれまでにわかった情報を全ての捜査員に伝えるべきだと大河内に迫るが大河内は今の段階ではそれが誰か特定もできてなくて憶測に過ぎずそれにマスコミにその事が流れる事になれば…っと躊躇する。大河内も正義感はあるので悪徳警察官逮捕し事件解決したいとゆう思いはあったがそれと同時に警察の対面&自己保身も考えて板挟みとゆう感じに。右京がそれならばっと捜査権を監察が手放して角田に渡せば良いと提案する。そうすれば今後の事は大河内の責任ではなくなり角田もすぐに令状を取って捜査できるし自分達2人も勝手に動けるからと。大河内は承諾。右京らは捜査一課の三浦に向島逮捕前にビルの近くに居たパトカ-が誰の物だったかを問うが三浦の回答はそんな該当車両は無いとゆう事だった。それはおかしいと警察の中の誰かがその情報を消してしまったのか?そんな事のできる人間は捜査本部の人間しかなく捜査本部の中にも内通者が居るとゆう事に。

その頃幸子と春麗は刑事らに廃ビルに連れ込まれていた。刑事らは2人の拳銃を取りあげて発射して残りの弾を1発にして幸子を人質に取って拳銃を発砲した春麗を正当防衛で自分達が射殺し春麗が死ぬ間際に撃った弾が幸子に命中して幸子死亡とゆう自分達に都合の良い筋書きを考えてさっそく実行に移す事に。幸子と春麗は今度こそ絶対絶命…だったがそこに突然田村が現れて現場をカメラでバシャバシャ。田村は自分達の黒幕が誰か確かめたくてずっと春麗らを追跡していたのだった。田村は撮影した写真をネタに刑事らに5000万要求するが刑事にあっさり腹部を撃たれて倒れてしまう事に(男は刑事なら丸腰の人間は撃たないだろうって事でしたけどそれは普通の刑事ならの話で目の前で女2人殺そうとしている刑事にそんな常識が通用するはずがなかった)。がこの間抜けな男の出現で幸子らにチャンスが訪れる。幸子は刑事らがその男に注意がいってる間に春麗と共に逃走したのだった。逃げる際に色んな物を倒して逃げた為にそれが障害物になって刑事らも幸子らを見失ってしまう。幸子と春麗は別の建物に逃げ込むが刑事は拳銃を持っているので危ないとゆう事で拾った田村のの携帯電話で警視庁の特命課に電話をかける。右京は警察の電話は内通者に聞かれる怖れがあるので自分の携帯にもう1度かけてもらう事に。

一方刑事らも何とかしろっと捜査本部の内通者に電話していた。内通者の正体は石田署長(潮哲也さん)だった。しかし石田も動いているのが警察の指示等無視するのが当たり前の特命係なので自分にもどうしようもないと答えるのだった。春麗は幸子に昔の話をする。知り合いの女に頼まれてシーネットの社長の夜の相手をした時に偶然麻薬取引の現場に遭遇してしまったのだと、その時に目撃した麻薬の売人があの刑事2人だったとゆう。春麗は「私はいらない人間どころか生きていてもらっては困る、邪魔な人間か…」っと寂しそうにつぶやき奴らが命を狙っているのは自分一人だから自分が囮になって奴らの注意を引きつけるからその間に逃げろと幸子に告げる。幸子は「大丈夫!きっと助かる。私はついている女だから」と春麗を励ますのだったが春麗が喘息で咳き込んでしまってその音で刑事らに気付かれてしまう。刑事らは静かに幸子らが隠れている場所に近づいて幸子らに襲いかかる。今度こそ絶対絶命かと思ったらそこに右京と亀山が来て刑事らと格闘になり取り押さえたのだった。泣きながら右京に抱きつく幸子を右京もよく頑張りましたねっとゆう感じで慰めるのだった。連行される2人の刑事に亀山が警察官として恥ずかしく無いのかっと怒りの言葉を浴びせる。が刑事は「お前らだって似たようなことをやっているだろう。俺たちとは紙一重だ」っと悪びれず答えるのだった。右京はそんな刑事に「確かにそうかもしれない。しかしその薄紙一枚を破る人間とそうでない人間とは全く違うんですよ!」っと激高して一喝するのだった。

その後石田署長やシーネット社長も逮捕される。幸子を事情聴取の為に連れてゆく右京らと廊下ですれ違った春麗は「私も本当に生まれ変われるのだろうか?」っと尋ねる。右京は春麗の父親の話をする。父親は1ヶ月前に日本に来ていた。彼がなぜそんな行動に出たのかは春麗からの初めての手紙を読んで裏社会とは完全に手を切り故郷を捨てて日本に来て中華料理の仕事を見習いからはじめて真面目に働いていると。それはいつかは自分の店を持ち出所してくる娘とその店をやるんだとゆ気持ちからだったのだと教えて「人は誰でも生まれ変われるんです」っと諭すのだった。右京の言葉に父親が待っててくれると自分には帰る所があるとゆう気持ちからか涙する春麗。幸子はそんな春麗に「あなたはいらない人間なんかじゃない。未来がある」っと声をかけるのだった。春麗は「私の名前は春麗、春に麗しいと書いて春麗」幸子は「私は幸せの子と書いて幸子」っとこれまでは囚人番号で呼び合っていたのをお互いの名前を笑顔で名乗る2人だった。「花の里」でたまき(高樹沙耶さん)と美和子(鈴木砂羽さん)と4人で話す右京と亀山。幸子らは残念ながら刑期の延長をくらう事になるだろう(最初にビルから脱出した時にすぐに自首してればなかったでしょうけど逃げてしまったとゆう事で)とゆう事に。美和子はじゃついてなかったとゆ事ですかっと尋ねるが右京は「ついているついていないの問題ではなく彼女達は今回の事で自分で人生を切り開く力を手に入れた…」っと答えるのだった。





まぁ二転三転って感じでおもしろかったですね。結局終わってみれば現在軸では死人が1人も出なかったってゆう展開でしたけど。右京さんの激高もお久しぶりだったのではないでしょうか。刑事らは神経質になりすぎて墓穴掘ったって事ですな。春麗は確かに飯島と岡の顔は覚えていたけれども=刑事とゆう事もどこの誰かも知らなかった訳ですからね。だから偶然町でバッタリ再会でもせん限りはバレる事もなかったのにって感じが。脱獄計画に都合6000万もかけてですしねぇ。

鈴木杏樹さんも普段の温和な時と拳銃握った時の変化とか違いがちゃんと出てて良かったですね。MEGUMIさんも予想外に良かったですし。川原和久さんと工藤俊作さんって似た感じの怖目の顔立ちですよねぇ。それで最後に幸子が伊丹の顔見てこの刑事さん信用できるんですか?って尋ねるオチだったのかと思ってしまいましたけど。

幸子が春麗に自分の犯した罪説明する場面ですけど単に向島撃ち殺そうとしたとしか話しませんでしたけどあれだけだと凶悪犯?っと春麗が誤解しても仕方ないですよね。自分の夫殺させたのが向島で自分はその事知らずに愛人にさせられていたってゆうのまで説明しないとってゆう感じが。その動機聞くのと聞かないのでは全然印象が変わってくると思うんですけど。

次週はちょっと不安な感じも(^^;)。ゲストが深澤敦さんと河相我聞さんで後は犬が活躍するんでしょうかね
スポンサーサイト



<< 斉藤さん 3話    空気なんか読むな!真の友情がくれた小さな勝利 | ホーム | 芸者小春姐さん奮闘記5 江戸芸かっぽれ!たいこもちが犯した花柳界の掟!?上山田美人芸者出生の秘密と老舗銘菓の黒い血縁!! >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP