fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2008/02/02 (Sat) 00:56
斉藤さん  4話    子供にこびるな!聖夜に舞い降りた奇跡の贈り物

今回は子供の間で大人気のゲーム機を巡っての話でしたね。

小鳩幼稚園でもほとんどの子供がその人気ゲーム機を持って遊んでいて持ってないのは斉藤さん(観月ありささん)の息子の潤一(谷端奏人さん)、真野若葉(ミムラさん)の息子の尊(平野心暖さん)、中村久美(矢沢心さん)の息子真(加藤清史郎さん)ぐらいの状態だった。

斉藤さんは自分が嫌いだとか子供の機嫌を取るのは簡単だけどとかゆう事で断固としてゲーム機は買わない方針(新聞のおもちゃ屋の折り込みチラシを子供の目に触れないうちにと抜き取ってましたよね^^;)だった。若葉も斉藤さんに同調する形でゲーム機は買わない事にするのだったが子供はそれぞれそんな母親に反発ってゆう感じでしたね。尊はまぁ性格的にわかりますけどこれまでは斉藤さんの言う事に逆らう事なんてなかった潤一がパパに頼んで買ってもらうからっとかスネてましたよね。

そんなある日聖南(秋元晏斗玲さん)が幼稚園に持ってきていたゲーム機がカバンの中から無くなってしまう事件が発生。すぐに園長から園児の母親らに説明があったが園児とゆう事もあり個々の持ち物検査等は行われなかった。しかし普通に考えてゲーム機を盗む動機はゲームが欲しかったからだろうとゆう事で疑惑の目はゲーム機を持ってない子供に向けられる事に。斉藤さんや若葉も自分の子供を信じてはいたがもしかして…っと不安になる部分も。若葉は尊の部屋等は調べたが幼稚園のカバンの中を調べる事だけは怖くてできなかった。帰宅した夫の透(佐々木蔵之介さん)にその事を話し「どんな思いで尊が取ったのか…尊を追い詰めたのは私…」 っと泣いてしまう若葉。で透がカバンを開けるが中身はダンボールに描いたゲームの絵と弁当箱だけで良かったっとほっと安心する若葉とそんな若葉を抱きしめる透。一方の斉藤さんは明らかに挙動不審で何か隠している様子の潤一に気付くが無理に問いただす事はせずに「潤一の口から隠してることを聞きたい」 っとだけ告げて潤一の方から自分に話してくれる事を待つ事に。

翌朝聖南の下駄箱にゲームが置かれていて園長や他の母親らはゲームも無事に戻った事だし一件落着とゆう感じだったが…斉藤さんはこのままうやむやにせずに誰が取ったのかはっきりさせてその子に皆の前できちんと謝らせるべきだと提案した為にまた三上りつ子(高島礼子さん)と対立してしまう事に。嘘をついて心苦しい気持ちを謝る事でやった事を言えない苦しさから解放してあげるのが良いとゆう考えの斉藤さんと皆の前でさらし者的に槍玉に挙げられて傷つく事はトラウマになり可哀相なので避けるげきだとゆう三上とゆう感じで。

結局ゲーム機を盗んでしまったのは真だった。盗んだ理由はゲーム機が欲しかったからではなくて仲の良い聖南が最近ゲームばかりに熱中していて自分と遊んでくれなくなったからとゆう事だった。真がゲーム機を盗んだ事に気づいた潤一がバレないうちに早く聖南のガハンに戻して置いた方が良いと自分が返しておくとゲーム機を預かったが返す前に聖南がゲームが無い事に気づいて騒ぎ幼稚園全体の大問題になってしまったので怖くなってその時は言えずに翌朝こっそりと下駄箱に返したとゆう事で。2人と一緒に居た尊も潤一とこの事は誰にも絶対にしゃべらないと男の約束をしたので若葉や透に聞かれても口を割らなかった(でも潤一との約束だからとか言ってましたから何か秘密があるってゆうのはバレバレでしたけど^^;)。

真から真実を告白された中村さんは子供を傷つけたくないとゆう思いから謝りたいと言う真に「もう反省してるんだから、何も言わなくてもいい」と言い聞かせて隠蔽してそのまま黙ってやりすごそうとしたが潤一から真相を聞いた斉藤さんは潤一と共に中村家を訪れて「潤一が余計なことを言ったから…真君が謝るきっかけをなくしてしまってごめんなさい」と2人で土下座して謝罪するのだった。中村さんはあくまで真は盗んでないと言い張って斉藤さんを追い返すのだったが斉藤さんが母親との会話の中で「本当に辛いのは盗んだ本人だ…」と言ってるのを聞いたり潤一も来てくれた事を知った真は翌日クリスマス会の為に母親らも来ている前で潤一に導かれた事もあり勇気を出してゲーム機を盗んだ事を告白「ゲームがあると遊んでくれなかったからゲームがなくなるといいと思いました」っと泣きながら聖南に謝るのだった。潤一も同様に。母親らもそれを見てよく勇気出して謝ったとゆう感じで拍手してましたね。りつ子も拍手してましたけどその後斉藤さんに「すっきりした?子供達に謝らせて。でも世の中には必ずいるの。一度過ちを犯せばまたやるんじゃないかって思う人がね」っと皮肉は忘れずにって感じでしたね。

その後真野家では透がクリスマスプレゼントで尊にゲーム機を買ってあげる事に。一方斉藤家では斉藤さんが潤一と夜に外に出て降ってきた雪がクリスマスプレゼント?かと思いきや休暇で単身赴任先の外国から帰国した父親との久しぶりの再会がクリスマスプレゼントだったとゆう事で(父親役シルエットでしたよね^^;。今後も登場しないって事なんでしょうか?ドラマ上あまり重要な役ではないからキャストは無しなんでしょうか。「風林火山」で信長が踊ってるシルエットだけだった様に^^;)






真と潤一が勇気出して皆の前で謝るところはジーンと来ましたね。このドラマは視聴者に訴えたい事が毎回わかりやすいのが良いんじゃないですかね。ラストが毎回爽やかな感じで終わりますから後味も良いですし。斉藤さんとりつ子は両方共間違った事は言ってませんよね。ドラマ的には斉藤さんのやる事が上手くゆかないとドラマになりませんからアレですけど現実はりつ子的な感じになるんじゃあってゆう気が。

ゲーム機に限らず子供の間で流行する物でそれを持ってないと一緒に遊べない、話に加われないってゆう感じになってしまうんでしょうね。だから結局子供にせがまれるままに買ってしまう親も多いとゆう事で。
スポンサーサイト



<< 3年B組金八先生8    15話   謝ること・許すことのむずかしさ | ホーム | 西村京太郎サスペンス   トラベルライター榊佑子愛の中央本線殺人紀行 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP