fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2007/10/14 (Sun) 19:39
ジャッジ~島の裁判官奮闘記~ 2話 迷走

初回三沢恭介(西島秀俊さん)が判決下した傷害事件の被告の息子が恭介の娘麻衣子(桝岡明さん)に優しくしてくれて貝とかくれていた男の子だったんですね(先週気付きませんでした^^;)。でその男の子が直接父親の事で恨んで麻衣子の事をイジめる様になって他のクラスメイトも同調したのか?っと思ったら子供から「あの子のお父さん(傷害事件の被告)は?」っと聞かれて犯罪犯したから刑務所に送られたのよっとは説明しにくくて困った他の子供の親が恭介によってあの子の父親は島から追い出されたみたいな説明をしてしまってそれが子供の間で広まってしまってっとゆう感じだったんですね。四面楚歌状態になってしまった麻衣子は母親麗子(戸田菜穂さん)にも話せずに1人でストレスを内に貯め込んでしまって過食になり腹痛で病院へ。その後体調不良で不登校状態になってしまう。病院で恭介と話した麗子は最近麻衣子が1人で帰宅している事等からもしかして学校でイジメにあっているのではっと直感して小学校の担任の水谷恵子(安めぐみさん)に相談する。都会の学校とかならうちの学校でイジメなんてっと否定され黙殺されそうですけどそこは島の学校だからか担任がすぐに行動してくれて(そうゆう場面の詳細はなかったですけど)子供達の誤解も解けて最後はまた以前の様に仲良くなって一緒に遊ぶようになって麻衣子の顔にも笑顔でしたね。

今回裁判官として恭介が関わった面ではまず島の老人同士のお金の賃借問題でしたけど、貸した側(菅井きんさん)も借りた側(梅津栄さん)も証文や領収書等文書的な証拠は1つもなくただ貸した、借りてないっと自分の方が正しいっと口論するだけでこれでは流石に恭介も判断のしようがなく困り果てるって感じでしたね(^^;)。もう1件は少年審判。島で何度も窃盗を繰り返す16歳の少年牧竜一(森田直幸さん)。家裁調査官の谷川(的場浩司さん)や刑事事件担当書記官鈴元久美子(市川美和子さん)から竜一のこれまでや生い立ち(両親の離婚で母親の故郷であるこの島に来た)について説明を受けた恭介はこれまで保護観察にしていた処分が甘すぎるのではっとと考え書類を見ただけで事務的に竜一の鑑別所送致を即決してしまう。そして竜一と母親(千堂あきほさん)を呼び出して鑑別所送致を厳しい口調で告げるが竜一はこんな島なんかに連れて来られたからだ!っと悪態をつき反抗的な態度を取りおまけに逃走してしまったのだった。それからまる一日竜一は見つからなかった。恭介は公務の後で竜一の家の前で張り込む谷川の所へ。そこでこれまでずっと竜一と接してきた谷川から竜一は16歳とは言ってもまだ精神的には幼く子供で鑑別所=刑務所と勘違いしてビビって怖くなって逃げてしまったのでは?っとゆう説明を受け恭介も自分が竜一とゆう人間を見ずに杓子定規に判断していたのでは?っと考えるのだった。竜一の母親は恭介と谷川に離婚後故郷の島に竜一と共に戻ってきて最初はサーフショップをしていたのだがその時やはり竜一には父親が必要なのではないかと考えて男性とつき合う様になったがそれから竜一がおかしくなった。その後その男性とも別れサーフショップも潰れ生活する為に観光ガイドの仕事やつむぎの内職で精一杯で竜一にかまってやれる時間がなくなってしまった…っと語るのだった。母親の話から竜一は母親の愛情に飢えていたのでは?それで母親にかまって欲しくて自分の方を向いて欲しくて窃盗を繰り返していたのではっと考えた恭介は竜一が幼かった頃の母親との思い出の海辺の場所にいるのでは?っと考え急行して竜一を発見したのだった。竜一を泣きながら抱きしめる母親。谷川もずっと竜一を見てきたならではの愛情のこもった怒りの言葉を竜一にぶつける。恭介も竜一が無事に見つかった事を嬉しく思うのだった。竜一は前回とは人が変わった様に素直になり恭介も前回の審判時に自分が言葉足らず説明不足で鑑別所の事を誤解させてしまった事をわびた上で将来の事を皆で考えて行こうっと諭し竜一も頷くのだった。

麻衣子が不登校から久しぶりに登校する時に「途中で帰ってきても良いから!」っと声をかける恭介。大阪地裁の知財部の頃の恭介なら子供の事に無関心でこんな言葉はかけられなかったでしょうね。大美島に来て竜一の一件で家族や子供の事を考え直すきっかけになったってゆう感じで。繁忙な中休みの日に家族3人で遊びに行くなんてのも大阪時代にはなかったんでしょうし。

今回は島の大島つむぎ工房の民事再生の件で登場ってゆう感じだった畑夏海(浅野温子さん)が次回は刑事事件の弁護士として登場みたいですね。しかも殺人事件とゆう事で。長年の介護に疲れた妻が夫を殺害してしまった事件の様で中原ひとみさんが被告役みたいですけど津田寛治さんが映ってましたけど何役なんですかね?来週20日は放送はお休みで27日です。
スポンサーサイト



<< 法医学教室の事件ファイル 北九州~横浜 配達された解剖遺体…女医二人が鑑定対決! | ホーム | 2007年7月~9月期の連ドラ総合最終順位 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP