fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2008/02/12 (Tue) 20:37
ロス:タイム:ライフ   2話

このドラマは審判団&解説者をおもしろいと思える人には良いと思いますけどねぇ。私はあれ鬱陶しくて仕方ないですぅ。

何か今回は主人公が亡くなる瞬間までゆくまでの時間が長かったですねぇ。あれっチャンネル間違えて他の局のドラマ見てるのかな?とか思ってしまったぐらいで(^^;)

2話の主人公は子供の頃からずっとテレビの刑事ドラマの世界を夢見て念願の刑事になった都並浩太(小山慶一郎さん)。新人とゆう事で定年間近のベテラン刑事五味(平泉成さん)と組まされるのだったがその五味は単独で何かの事件をずっと追い続けていた。で町中でその犯人を見つけた五味が犯人を追いかけるが追いつけず代わりに若い都並が犯人を追いつめるが犯人は拳銃所持していて都並も慌てて拳銃を構えるが一瞬遅く撃たれてしまって殉職…っとゆうところで3時間21分のロスタイムに突入(このロスタイムの算定基準は何なんでしょ。先週は4時間17分でしたし)。

警察署に戻って五味の持っていた資料を見て犯人の事を調べた都並はその男が16年前の信用金庫強盗殺人犯だった事を知る。そして五味の家を訪問して奥さん(山口美也子さん)に話を聞くがその最中仏壇の遺影の女性の写真を見てハッとする。五味が持っていた資料の中にも同じ写真があったからだ。妻によると16年前に信用金庫で働きはじめたばかりの娘が強盗犯に殺されてしまったのだとゆう。都並はどうして五味が1人でその事件を未だに追い続けているのか理由がわかった。都並は娘さんを殺した犯人を逮捕できると告げるが時効だと言われてしまう(刑事なんだから殺人の時効が15年だと知ってるやろって感じが^^;。近年刑法が改正されて殺人の時効は25年になりましたけどそれは法律改正後に起こった事件って事で改正前の事件に関しては15年ですもんね)。でそんなっと思って悩んでいたら五味の奥さんから五味の忘れ物だと渡された紙袋の中に犯人の男が使用した偽造パスポートが入っていてそれによると犯人が偽名で出国していた時期がありその期間を差し引くとまだ時効前で逮捕可能とゆう事に。で自分が撃たれたのを防ごうと考えて防弾チョッキを持って現場に戻るのだったが犯人は五味に向けても拳銃発射していて自分が防弾チョッキで死を免れても今度は五味がロスタイムとゆう事で準備にとりかかる審判団。都並は苦悩の末(ここで娘さんに続いて五味まで死んだら奥さんが可哀相だとゆう事でに)に防弾チョッキを五味に着せて自分が撃たれて死ぬ運命を受け入れる選択をするのだった。

でロスタイム終了。時は流れて1年6ヶ月後犯人に死刑判決が出たとゆう新聞を読みながらお茶を飲む五味夫婦の姿が。その新聞の隅には都並が犯人に撃たれて殉職した記事がってゆうラストでしたけどなんだかなぁって感じが。


これ極秘に1人で捜査していたからってゆうのもあったんでしょうけど五味が最初から強盗殺人犯の事を都並に話して拳銃所持の危険性があるから気をつけろってちゃんと言ってたら殉職する事もなかったやんって感じでしたよね。都並はその男がそんな凶悪犯だとは知らなかったので拳銃なんて持ってるとは思わずにその為に拳銃出すのが遅れて撃たれてしまった訳で。犯人を追っかけている時に五味が都並に「拳銃持ってるか?」とは言ってましたけどあれだとはぁ?ですよね。「犯人が拳銃持ってる可能性があるから拳銃撃てるようにして注意しろ」まで言わなきゃって感じが。都並も五味の奥さんの事考えるより自分の田舎の母親が自分が死んで悲しむって事は考えなかったのかってゆう気が。

で五味ですけどなんか呑気に奥さんとお茶飲んでましたけど死んだ都並への申し訳ないってゆう気持ちってゆうのが全然見られませんでしたよね。後から奥さんに都並が家に来て事件の事を話したってゆう事も聞いたでしょうし自分が忘れた犯人のバスポートや自分がいつの間にか防弾チョッキ着ていたらおかしいと感じるはずですけどねぇ。なんか都並の死は無駄死にでしたねって感じに見えて仕方なかったんですけど(^^;)

あとロスタイム開始前に犯人拳銃2発も撃ってましたっけ?。それに防弾チョッキで死ぬ運命簡単に防げるもんなの?(^^;)って感じが。あれは都並が自分の死ぬ運命変えてしまったので銃弾が五味の方に向かったのか?ってゆう感じもしたんですけどどうなんでしょ。

なんか消化不良だと思ったらこの小山慶一郎さん主演で「ロス:タイム:ライフ-真実へのカウントダウン-」とゆう舞台(ベテラン刑事役は古谷一行さん)が3月下旬にあるそうで。今回のドラマで?なところはここでねって事なんでしょうか。でも小山さんのファンの人ならともかく普通の視聴者はわざわざ見に行かんやろって感じでふざけてるのかフジテレビはって感じが。


スポンサーサイト



<< 篤姫  6話   女の道 | ホーム | 四文字の殺意 ひめごと >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP