fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2008/02/16 (Sat) 18:54
だいすき!!   5話     遊んでくれないの

予告でひまわり役が松本春姫さんから佐々木麻緒に代わって急に成長した感じだったのでてっきりもう小学生かと思ってたんですけどまだ保育園だったんですね(^^;)

自宅では相変わらず母子仲良く遊んでいる(子供が2人居る感じですけど)柚子(香里奈さん)と5歳になったひまわり(佐々木麻緒さん)だったのだが…保育園での母親参加の紙粘土遊びの時間に他の母親がどんどん器用に色んな動物の紙粘土を作るのにぼ~っとしているだけで何も作れない柚子の様子を見てひまわりは「どうしてお母さんは作ってくれないの?どうして遊んでくれないの? お母さんは、私のことが嫌いなんだ…」っと感じて泣き出してしまうのだった。柚子は昔からこうゆう工作みたいな事が障害の為に苦手でどうすれば良いか全くわからなかった為だったのだがひまわりの言葉にショックを受けてしまう。そしてこの事がきっかけで母子関係がギクシャクしてしまう事に。家でパズル遊びをしているひまわりに残りのピースを渡されるがどこにはめて良いかわからずに混乱する柚子。

柚子はひまわりを喜ばせたいと考えてひまわりの誕生日にプレゼントを買ってあげる事にしたのだったがひまわりが欲しがっているカード式の着せ替えゲーム(保育園の友達の間で流行っていて持ってないと一緒に遊べない感じだった)の事をはっきりと理解してなかった柚子はおもちゃ屋で店員に着せ替え下さいとだけ訴えて店員からこれですかっと見せられた着せ替えの人形を可愛いと思って購入してしまうのだった。

誕生日前にプレゼントに気付いたひまわりは柚子に見せて欲しいと頼み中身を見せてもらうのだったが自分がリクエストした物と全然違った為に「これじゃないもん!」「なんで間違えるの?」っと柚子を激しく責める。柚子はごめんと謝るしかなかったのだった。怒ったひまわりは自分よりも柚子が可愛がって世話をしていると感じていた(自分と遊ぶ事よりも亀の世話優先している様なところがあったので)亀の草ちゃんに嫉妬して草ちゃんを床に投げつけてしまうのだった。それに驚いた柚子がひまわりを体で突き飛ばして草ちゃんの安否の確認の方を優先して草ちゃんが無事なのを見て喜んでいるのを見て「お母さんなんて大嫌い!」っとなってしまうひまわり。柚子はひまわりに謝り泣いて落ち込んでしまう。

美代子によるとひまわりは今一番微妙な年齢だとゆう事でしたね。母親の知的障害の事を理解するにはまだ幼すぎる。かといってその事をごまかせる様な幼さでも既にないとゆう事で。自分の母親がなんとなく他の園児の母親とは違うってゆうのを感じ始めているがそれが知的障害であるとゆう事はまだわからないってゆう。美代子は柚子に「子供を産んだからお母さんじゃないの。子供と向き合い続けてお母さんになるのよ」っと諭してましたけどこれって健常者でも難しい事ですよね。

ますますギクシャクしてしまった母子関係。保育園でのひまわりの様子や送迎に来た時の柚子の様子等からその事を心配した笹岡先生(田中幸太朗さん)は知り合いがやっている「親子サークル教室」(子供との遊び方等を教える)を紹介し柚子とひまわりそして沢田琴音(福田沙紀さん)が付き添いで参加する事に。そこでもゲーム中のヒントを求めて柚子の方を見るひまわりだったが柚子はヒントが出せずに琴音がヒントで助けるのだった。その後柚子もゲームに参加しようとするが子供並に間違ってしまうのだった。帰宅後柚子そっちのけで琴音とずっと教室で覚えた遊びをするひまわり。夜遅くなって現在はアパートで1人暮らしの琴音(この時までドラマ上何の説明もありませんでしたからあらっ別居していたのてゆう感じでしたよね)が帰ろうとするとひまわりが琴音ちゃんと一緒に寝るっとわがまま言って結局泊まってゆく事に。

その日以降琴音はできるだけ親子教室にも一緒について行きひまわりに読み書きや計算等も教える様になり教育ママの様になるのだった。琴音がこうゆう行動に出たのは普通の母親が子供に教えてあげられる事が柚子にはできないので他の子供に比べるとどうしてもひまわりが遅れてしまうとそうなるとああゆうおかあさんだから等とイジメられる事にもなるからとひまわりが柚子の犠牲になってしまう事だけは避けたいとゆう気持ちからだったのだ。

その琴音の気持ちが蓮(平岡祐太さん)との会話の中にもはっきりと現れる。蓮が「お前みたいな妹がいてくれてほんと助かった。お前も家族なんだからもっと頼ってくれ」っと琴音に話すが琴音は「私は蓮の妹なんかになりたくない!その無駄に優しいところほんとにイライラする。蓮は柚子ちゃんの子育てにいつまで付き合うの?この先どう頑張ったってひまわりと遊んであげる事なんて出来なくなっていくんだよ!私はひまわりが柚子ちゃんのせいで周りの子に遅れていくのがいやなの!ひまわりまで柚子ちゃんのお母さんごっこに付き合わせちゃだめなんじゃないの!」(ひまわりが呼び捨てて柚子がちゃん付けですもんね^^;)っと切れ気味に蓮に訴える。蓮は「お前は何も分かってない」っと琴音をなだめるが「何も分かってないのは蓮の方だよ!」っと言い残してバイトに行ってしまう。

しかしひまわりが保育園の宿題で好きな絵を描いてゆく事になりひまわりはピンク色の魚を描いたのだったが琴音は魚はそんな色じゃないとダメ出ししてしまう。それで元気がなくなってしまったひまわりだったがそんな絵を柚子は満面の笑顔で「ひまわりすごーい~。可愛い~」っと褒めてくれて嬉しくなるひまわりだった。

親子サークルに参加していた柚子が改めて注文し直したひまわりの誕生日プレゼントをおもちゃ屋まで取りに行く為に途中退席してしまったのだがそんな事情を知らなかったひまわりは保護者席に柚子の姿が無い事に気づき「お母さんが居ない!」「お母さん!お母さん!」っとパニック状態になって教室の建物から外に飛び出して行ってしまうのだった。(琴音は教室に残っていたのにアウトオブ眼中でしたもんね。これは琴音にとってはショックだったでしょうね。それにしてもひまわりものすごいロケットダッシュwでしたよね。琴音や先生が全く追いつけずに姿見失ってしまうんですから)。連絡を受けて皆ひまわりを必死で捜す。ひまわりは無事に笹岡に保護される。がその後に降り出したどしゃぶりの雨の中ひまわりが見つかった事を知らない柚子は傘無しでびしょ濡れになって必死に捜し回っていた。その途中でプレゼントを川に落としてしまってグチャグチャになってしまう。そんな柚子を琴音が発見する。疲労と雨による風邪?で病院に運び込まれる柚子。そんな柚子の側を離れようとしないひまわり。そんな2人の様子を見て黙って部屋を出て行く琴音。追いかけてきた蓮にまた「何も判っていないのは蓮のほうだよ…」(これはひまわりの子育てに関しての自分の考えは間違ってないってゆうのと蓮の事が好きなのに妹なんて言わずにとっとと気づけよってゆう気持ちが含まれているんですかね)っと告げて去ってゆくのだった。目覚めた柚子は水で濡れてグチャグチャになってしまったプレゼントを謝りながらひまわりに渡すがひまわりは笑顔で受け取るのだった。それから琴音はひまわりの誕生会に呼んでも来なくなってしまって音信不通状態に。その誕生会で美代子に亀の草ちゃんを投げたりしてはゆけないとゆう事をひまわりに教える様にと言われた柚子はひまわりに草ちゃんを投げては駄目だと諭す。しかしひまわりにどうして?っと聞かれた柚子は「亀の草ちゃんはひまわりのお父さんだから!」っと答える。そんな答えで良いのかっと戸惑う美代子と蓮だったがひまわりがあっさりと亀がお父さんなんだと納得してしまった為更に工エエエエ(´Д`)エエエエ工状態に。でもまぁ今はそれで良いかっとゆう事になるのだった。








今回からひまわり役になった佐々木麻緒さん流石演技力はありますよね。日本テレビドラマ実写版の「火垂るの墓」の節子役(あの死んでしまう妹役)とか昨年の元旦の「相棒SPバベルの塔」で犯人(杉本哲太さん)に誘拐される聴覚障害のある女の子役とか2サスだと今年の1月にあった水ミスの「女かけこみ寺・大石水穂」踊りの後取りにする為に実母(床嶋佳子さん)から引き離されて育てられている女の子役でした。その他映画でも活躍されてる今後もっと活躍する子役さんでしょうね。実際は8歳ですから5歳役にはちょっと大きすぎってゆう感じもしますけどそんなに何人も子役変えられませんもんね。

今回ドラマの中で既にひまわりが母親に関しておかしいっと思う様な感じもありましたけど今後成長するにつれてますますその部分が大きくなってゆくんでしょうね。琴音が危惧している事も正論ですよねぇ。普通の母親なら教えてあげられる常識とか勉強面の事を柚子は全く教えてあげられないんでしょうからねぇ。誰かが代わりにそうゆうのを教えてあげないと間違いなくひまわりは他の子に比べて遅れてゆくでしょうしねぇ。蓮もこれからどこまで柚子らをフォローし続けるのっ?てゆうのもありますよねぇ。ひまわりが社会人になって1人立ちするまでってゆう事になるとあと13年~17年はかかってしまいますしねぇ。蓮は姉の為にピアニストの夢もあきらめた訳ですし。自分よりピアノの腕が劣っていた昔の恋人がプロの演奏家になって再会でしたよね。でもあの恋人って今後もまだ話に絡んでくるんでしょうか。

琴音は何か色々無理してるみたいでしたよね。夜の飲み屋でホステスのバイトしていたのは昼間はひまわりの世話をしてなおかつ自分の生活費も稼がないとゆけないって事ですよね。そんな中からひまわりの為にと思って3万円の教育用勉強教材セットまで買ったってゆう感じでしたけど。ひまわりの為に必死だったのにやはり本当の母親には叶わないのかってゆう感じでしたもんね。

スポンサーサイト



<< ちりとてちん   20週    立つ鳥あとを笑わす | ホーム | 新・京都迷宮案内   5話    三日だけの淑女!婚約者にされた杉浦!! >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP