fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2008/02/21 (Thu) 20:44
相棒season6   16話  悪女の証明

亀山美和子(鈴木砂羽さん)は飯田橋のニュープレジデントホテルで帝都新聞の記者と共に取材に来ていた。現在世間を賑わせている外務省の外交費不正流用事件を追求している超党派の集まりの平成未来派の会合があったからだ。美和子らは国会質問でトリを務める公民党の藤竹議員に今日の会合で何かサプライズな発表があるのでは?っと尋ねるがごまかされてしまう。その会合に片山雛子(木村佳乃さん)が現れる。雛子の側には美人で有名な政治記者加東倫恵(山口香緒里さん)がついていた。美和子も同じ記者として倫恵の名前は知っていたが実際に見るのは初めてだった。倫恵は突然サインをねだられて書く物がなかった雛子に自分のペンを貸したのだった。

雛子が演説する。雛子はマスコミの報道で次期外務副大臣に内定と自分の名前が出ている事を取りあげて自分は副大臣ではなく外務大臣になりたい等と話しその場を笑わせ盛り上げたのだった。その後平成未来派の会合がはじまり地球環境問題の取り組みについて壇上で雛子が説明する。がVTR上映となり壇上から降りた雛子は進行を他の人間に任せて(VTRの説明はあらかじめ録音しておいた雛子の声を流していた)会場からどこかへ姿を消したのだった。

ビルの非常階段から誰かともみあって叫び声をあげながら転落死する男の姿が。男が転落したのは飯田橋ハイネスビル。警視庁捜査一課の現場検証が行われて遺体の身元は外務省の草場課長だとわかった。草場が転落する瞬間の目撃者が居たので15時20分に転落した事が断定される。事件なのか自殺か事故か?っとゆう事になるが既に転落現場の階段を調べていた右京(水谷豊さん)は自殺の可能性は低いと話す。右京は現場の手摺りに残された草場の指紋の付き方から草場は後ろ向きの格好で転落した事になり自殺は不自然で誰かと階段で争っているうちに突き飛ばされて転落したと見るのが妥当ではっと指摘するのだった。飯田橋ハイネスビルのエレベーターの防犯カメラの映像が調べられたが不審人物は見つからなかった。とゆう事はまだ犯人がビルの中に潜伏している可能性もあるが犯人も非常階段を利用して逃走したのであれば調べようがないとゆう事に。

草場の手帳の事件当日の予定を調べると“飯田橋H”と記入されていた。飯田橋ハイネスビルの事か?とすると草場はあの場所で誰かと待ち合わせをしていてその人間に殺されたのか?っとゆう事に。現場検証で現場から採取された物はどれもこれも手がかりになる様な物はなかったが右京はその中のブローチなのか髪留めなのかよくわからない形状の金属片の物に着目する。その物からは米沢(六角精児さん)の鑑識の結果犯歴の無い指紋(部分指紋だが照合は可能)が検出されていた。

特命の部屋で勝手に休憩していた角田(山西惇さん)と共に国会中継を見る右京と亀山(寺脇康文さん)。外務省の外交費の不正追求が行われていて現在マスコミで名前が取りざたされている山浦事務次官(堀内正美さん)が追求されていた。草葉課長の経歴を調べるとその山浦と同じ大学で同じチャイナスクール出身だとゆう事がわかる。それで同じ外務省とゆう事で草場は山浦の子飼いの部下だったとゆう事に。右京と亀山は早速山浦の元を尋ねるが山浦は草場の事はとても残念で無念だと話す。現在問題になっている外交費の件の対応では特に良くやってくれていたと。その疑惑を晴らせぬまま亡くなってしまったと話す山浦に不正経理は事実ではないのですか?っと突っ込む右京。山浦は不機嫌そうな表情になりあれはメディアの…二世議員のたわごとだっと吐き捨ててその場を去ったのだった。

「花の里」で酒を飲みながら話す右京と亀山。山浦が言っていた二世議員とは片山雛子の事だろうとゆう話に。2人は「双頭の悪魔」事件の事を回想するのだった。雛子と山浦は事務次官VS国会議員でずっと仲が悪く激しく対立していたとゆう事実もあった。雛子の亡くなった父親は外務大臣だった。その為雛子の外務省に外務大臣に対するこだわりは相当なものがあった。「双頭の悪魔」事件後に雛子が外務省関連の役職(政務官)から外されてしまったのは山浦の報復による仕業だと思われる。それに先刻の山浦の口振り、本来なら国会質問で問題追求する野党議員の藤竹に怒りが向くところだが藤竹でなくその背後に雛子が居て不正経理問題をあおっているのでは?っとも考えられる事に(雛子は与党議員だから流石に本人が正面きって外務省の不正追求はできない)。そこに美和子がやって来て今日の平成未来派の会合は空振りで結局サプライズはなかったと話す。右京は平成未来派の会合が飯田橋ニュープレジデントホテルで草場の転落死も飯田橋ハイネスビルである事が気になるのだった。

もう1度草場の転落現場に来た右京と亀山は飯田橋ニュープレジデントホテルまで歩いてみる。7分22秒かかった。つまり15分でホテルと現場の往復が可能とゆう事に。それらの状況から確証は全く無いが雛子にも犯行が可能とゆう事になるのだった。とにかく直接雛子に当たってみようとゆう事になり雛子を訪ねる右京達。その時丁度部屋では雛子が倫恵にインタビューを受けている最中だった。久しぶりの再会の挨拶を交わす雛子と右京&亀山。さっそく草場の事を尋ねる右京に草葉と面識があった事は認めたがそれは以前政務官をやっていた時の事でその後は会ってないとゆう。右京の性格から自分を草場殺しで疑っているのだと察知したのか問われる前に自分はあの日ずっと飯田橋ニュープレジデントホテルの平成未来派の会合の会場にずっといたとアリバイを主張する雛子。話は草場がどうして飯田橋ハイネスビルなんかに行ったのだろうとゆう話に。あのビルには外務省関連の企業も入ってなかったからだ。雛子はそんな事私に聞かれてもわからないっとゆう感じで草場があのビルで逢引でもしていたのでは?と冗談めかして笑った後で私には関係ないと事件との関わりを否定するのだった。

警視庁に戻った右京と亀山は内山刑事部長(片桐竜次さん)に呼び出されて雛子の元を訪れた事等の勝手な捜査に対して注意を受けるが先刻雛子の元を訪れて戻ってきた矢先の注意とゆう事でこれが雛子による圧力である事は明らかだった。伊丹と芹沢らが草場の交友関係等を調べたが草場に恨みを持つ人間も見つからず何も手がかりがなかったとゆう。右京と亀山は帝都新聞社を尋ねて美和子と共に平成未来派の会合を取材していた記者に話を聞く。記者によると外務省の不正経理追求の急先鋒で目立っている藤竹だがそれまで野党の無名議員で外務省の人間ともパイプが無いと考えられるのにどうして次々と不正経理追求の証拠を得られるのか不思議だとゆう。その記者は外務省の中にディープスロート(内部告発者)が居るのではないかと話す。それも外務省を揺るがす情報を入手できるとゆう事はある程度の地位以上の人間だと。そう考えると殺された草場がそれに該当する可能性が高いとゆう事に。

右京は雛子が長年の対立関係である山浦事務次官を外務省から追い落とす為に草場を利用していたのでは?っと考える。草場は山浦の子飼いの部下だから本来一番忠実で裏切らないと思われだからこそ狙い目で雛子の白羽の矢が立ったのではないかとゆう事に。そうして草場から入手した情報を与党の雛子が追求する事は党に対する裏切り行為になるので不可能とゆう事で野党議員の藤竹に渡して外務省の問題を追求させたのでは?っと。しかしそれなら草場は雛子にとっては重要な協力者とゆう事になり殺害する動機が?っとゆう事にもなるのだった。捜査一課トリオも雛子に目をつけていた。が相手は国会議員で大丈夫かっとビビるところもあったが伊丹が雛子を直撃して自分の名刺を渡して雛子がそれを手に取った後で伊丹に返しまんまと雛子の指紋を取る事に成功したのだった。

特命の部屋では事件当日のホテルでの会合のVTRを右京らがチェックしていた。確かにVTRではその会合中ずっと雛子の声が会場に流れ続けていてアリバイは完璧だと思われたが右京は環境問題の映像が流されていた約20分間に着目する。それ以外の部分は雛子が壇上で演説していたがその映像の20分間は雛子は舞台から降りて袖からVTRの説明をしていた。つまり声はするがこの間会場の人間には雛子の姿は見えてない事に。右京はその間の雛子の説明の内容が平凡過ぎる事にも疑問を持つ。雛子はその日に起こったタイムリーな出来事をすぐに自分の演説に取り入れるのが上手い政治家のはずだがこの日の朝に新聞にも大きく取りあげられていた外国の大規模な森林火災の問題をまさにタイムリーな環境問題の映像説明中に盛り込まなかったのはおかしいと考えたのだ。だからあらかじめ録音された物だった為では?っとゆう事に。録音だと考えればこの20分間は雛子が自由に動ける時間となり飯田橋ハイネスビルでの犯行も可能になるのだったが…推測だけで証拠は何もなかった。

何者かと電話で話す雛子。雛子はその相手に「そろそろ動かせ」等と催促か指令の様に話す。右京らはまた現場に戻って考える事に。右京は雛子が犯人だとしてどうして犯行現場がこのビルなのかがわからなかったのだ。右京は飯田橋ニュープレジデントホテルの平成未来派の会合の会場が13階だったとホテルの方を見つめるが自分はとんでもない思い違いをしていたとハッっと気付くのだった。そしてニュープレジデントホテルに行き当日雛子が控え室として押さえていた12階の部屋に。その部屋の窓からはハイネスビルが現場になった非常階段がちょうど目線の同じ高さで丸見え状態だったのだ。

警視庁では伊丹が内山刑事部長に雛子を引っ張る許可を求めていた。名刺作戦で入手した雛子の指紋が現場から発見されたブローチなのか髪留めなのかよくわからない形状の物の指紋と一致した為だ。少なくとも雛子があの現場に居たとゆう事に。アリバイについても録音を使ったトリックだと必死で内山に訴える伊丹だったが内山は相手は国会議員だと躊躇する。そして上層部と相談して指示を仰ぐのでそれまでは動くなと命令するのだった。

伊丹らに録音を使ったアリバイの事を話してしまったのは角田だった。角田は右京らに謝る。右京は角田に悪気が無い(おしゃべりな性格だから仕方がない)のは知りながらも「とんだディープスロートですねぇ」っと皮肉も。特命に千代田千代子とゆう明らかに匿名の相手からの郵便物が届く。中身は写真だった。山浦と女性が親しげに写った2ショットの写真や平成未来派の会合で雛子がサインしている時の写真とその雛子が使用しているペンの部分が大きくUPになった写真だった。その写真を見て右京はハッとする。右京は美和子に確認して欲しい事があると頼むのだった。

右京は米沢の元に行きもう1度ハイネスビルの防犯カメラを詳しく分析してもらう事に。やはり特に怪しい人物は映ってなかったと思われたが右京はエレベーターの操作パネルの部分に反射してぼ~っと映っている人物の姿に気付き米沢に詳しく拡大解析してもらう。するとそれは山浦事務次官だった。しかも映っている時刻は草場が転落する少し前だ。更にその山浦の映像をUPしてもらうと耳に何かイヤホンの様な物をつけていた。美和子が事件当日会場から外に出る雛子の姿を目撃していた事がわかった。これらの事で右京は草場殺しの犯人が誰か気付いたのだった。

右京と亀山は雛子の元に。雛子は倫恵のインタビューを受けていた。雛子は自分の悲願である外務省改革について話していた。右京らが来た為に席を外そうとする倫恵を引き留める右京。右京は自分の推理を話しはじめる。事件当日草場課長は外務省の不正経理の決定的証拠を雛子に渡すはずだったのだと。2人が接触するのは危険だったがマスコミも多く集まる平成未来派の会合で決定的証拠を明らかにするのが狙いだったからだ。だから雛子は自分がずっと会場でしゃべっている様にアリバイを作ってこっそり会場を抜け出して1階下の部屋で秘かに草場に会って書類を受け取る事になっていた。草場の手帳に書かれていた飯田橋Hはハイネスビルではなくホテルの事だと。しかし雛子が部屋に入ってもそこに居るはずの草場の姿はなかった。どうして草場が居なかったのかその理由はっ?とゆう話になり突然倫恵に聞くのが一番だと言う右京。右京は倫恵に草場にディープスロートになる様にと打診したのはあなたですねっと指摘。山浦の子飼いの部下の草場が山浦を裏切るには相応の理由が必要だと話しそれが倫恵だと。つまり倫恵に誘惑されて男女の関係になり倫恵に夢中になった草場が言われるままに証拠を持ち出す様になったのだと。倫恵を背後で操っていたのは山浦だと。倫恵は山浦の愛人だった。草場はホテルの部屋からハイネスビルで話している山浦と倫恵の姿を見てしまって倫恵と山浦の関係に気付き自分がまんまと利用されていた事に気づいたのだと。右京は倫恵は2重スパイだったと指摘。山浦が倫恵とハイネスビルで会って話していたのは雛子に偽物の「決定的証拠」をつかませ陥れる相談だった。草場が持ち出した書類に盗聴器もつけて雛子と草場の会話を盗聴しようとしていたのだ(だから山浦はイヤホンしていた)。

草場を殺したのは誰かとゆう話になるが草場の死亡時刻前にビルから去った山浦には犯行は不可能とゆう事で犯人は倫恵とゆう事に。山浦と倫恵はホテルから草場に自分達の姿が見られているとは思わずに相談して山浦が立ち去った。1人その場に残った倫恵の前に突然草場が現れて驚く倫恵。草場は自分を利用する為に近づいたのか等と倫恵に詰めより非常階段でもみあいになりはずみで草場が転落死してしまったのだ。倫恵は往生際悪く証拠があるのか?っと問うが右京は匿名で送られてきた写真を示す。あの写真には現場で採取された髪留めの様な金属片が何なのかがはっきりと写っていたと。あれはペンをポケットに刺す時に使うクリップの部分だったのだと。写真には倫恵がそのクリップがついたペンを持っている姿が写っていた。金属片に雛子の指紋が付着していたのはこの時に倫恵が雛子にペンを貸したからだった。右京に現場の遺留品をもう1度徹底的に調べれば倫恵があの場所に居たとゆう証拠が出てくるでしょうと話すと観念したとゆうか突然殺すつもりなんてなかったのよっと泣き出す倫恵。倫恵が罪を認めたのと同時に捜査一課の刑事らもやって来て倫恵を連行するがそんな倫恵を雛子が引き留めて耳元で囁く。「あなたの様な優秀な記者がいなくなるのはとても寂しい。自分に出来る事ははなんでもする。まず弁護士を紹介するから。だってあなたはあの男に利用されただけなんでしょう」っと声をかけ頷く倫恵だった。

その後事件の事が新聞で報道されるがそこには倫恵と山浦との不倫の事しか書かれてなくて草場の死も三角関係の痴情のもつれとゆう事になっていた。取調べで倫恵が雛子を守って不利になる様な事は言わなかったのだろうとゆう事に。結果的にこの事で山浦が失脚するだろうとゆう事に。右京は草場の足取り等を調べれば雛子が関わっていた事も立証できるはずだかっと考えるがその雛子がテレビのマスコミに囲まれた場で突然外務省の不正経理問題について言及する。雛子は草葉課長から会いたいという連絡をもらっていた事と草場が事実を告白するつもりだった等と話しそれは内部告発とゆう事ですか?っと群がるマスコミ。右京はその様子を見て雛子は自分が草場の事件で公判に呼ばれる事があってもこれで乗りきるつもりなのだと考える。右京は同じカードでも切る順番とタイミングで全く別の効果をもたらす場合があると話す。(つまり草場と繋がりがあった事も隠してもっと後になってマスコミや裁判で追求されてようやく話すのと今この様に自分から積極的にマスコミにリークするのとでは全然印象が違うと)。今のこのタイミングでの発表はまちがいなく雛子にとってプラスになるだろうとゆう事に。雛子が電話で連絡を取り合っていたのは鹿手袋(西村雅彦さん)だった。今回は役に立ったと謝礼の件はまた等と話して電話を切る雛子。

雛子の元に右京と亀山が。匿名の千代田千代子さんっと言って写真を雛子に返す。倫恵が近づいて来た時から怪しいと思って倫恵の周辺を電話1つで動く協力者(鹿手袋)に調べさせて倫恵の行動を全て写真にとらえていたのでしょう?っと問う右京に買いかぶりすぎだととぼける雛子。右京は最後にもう一つだけと事件当日ホテルの部屋から草葉の転落場面を目撃していたのでは?っと尋ねる。そうでなければ特命係宛に倫恵が犯人だと示すあんな写真を送りつけたりもしなかったはずだと指摘する。雛子は自分は何も見てないと、第一殺人現場を目撃して通報しなかったら罪になるでしょうと右京に。右京はそれを正すことは今の警察には不可能だと話して自分が証明したのは雛子の無実などではなく彼女という人間は身近で事件がおきるたびにそれを利用して大きな人間になっていくということかもしれないっと話し雛子は褒め言葉として受け取っておくわっと答えるのだった。右京は雛子がそこまで執念を燃やしてこだわる外務省改革についてそれは無くなったお父様のご遺志ですか?っと尋ねるが雛子はそれについては何も答えずに車に乗り込み去るのだった。






今回の話だけ別個に見れば普通の視聴者にはけっこうおもしろかったのかもしれませんけど私は片山雛子のキャラは「双頭の悪魔」に登場した時からあまり好きではないので今一でしたね。前回みたいに3話も無駄にダラダラ引きずらずに1話ですんでくれたのは良かったですけど。冒頭雛子が今度は実際に殺人?って思わせる演出だったのかもしれませんけどGWの映画に雛子も登場するって事は犯人である訳がないってゆうのは丸わかりでしたもんね(^^;)。この様子だと映画&今後のシリーズにも雛子はおそらく登場するってゆう事ですよね。まぁ確かに直接犯罪を犯している訳ではないですけど前回も今回も右京表現するところの絶妙なカードを切るタイミングで上手く逃げて事件を利用しているってゆう感じではありますよね。鹿手袋もねぇあまり好きなキャラじゃないんですよねぇ(^^;)。この流れだと雛子が外務大臣になってその時にまた外務省がらみで殺人事件が起こるってゆう流れになるんでしょうか。父親の死に外務省内の何かがからんでいるとか

山浦のキャラが雛子と長年激しく対立していた実力者ってゆう割にはちょっとショボかったかなって感じが。雛子が倫恵が犯人だと気付いたぐらいですから当然山浦も気付いていたはずでその後何の策も打ってなかったんかよ?って感じが。だから雛子に事件後の弁護士等のアフターフォローで倫恵を丸め込まれて自分との不倫の事だけ取調べでしゃべられてしまうってゆう間抜けさでしたよね。キャストも堀内正美さんが悪いとは言いませんけどもっと有名俳優でも良かったのではって感じが。

倫恵も優秀な美人政治記者ってゆう事でしたけど結局それは全て下半身で仕事取っていたって事ですか?山浦の愛人で命令されたからと言って草場とも簡単に寝る。おそらく同じ様な事をこれまでにも繰り返していたんでしょうね。

あと確かにホテルの部屋からビルの方は丸見えだったのかもしれませんけど肉眼でその人物が誰なのかはっきりわかるぐらい見えるもんなのかなぁって疑問が。双眼鏡で見てとかならわかりますけど。人間が2人居るなぁぐらいにしか見えないんじゃあっと思うんですけどねぇ。草場の視力は7.0ぐらいあったんでしょうか(^^;)。
スポンサーサイト



<< 不在宴会 | ホーム | あしたの、喜多善男   7話   完全犯罪か友情か >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP