fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2008/03/01 (Sat) 15:59
交渉人~THE NEGOTIATOR~    最終回   突入前1時間!!衝撃の交渉

北岡(田中圭さん)は宇佐木(米倉涼子さん)に「奈津子はね…この5年間一度も目を覚まさなかったんだ…」っと自分の犯行復讐動機を語りはじめる。奈津子が真里谷恭介(城田優さん)の不良グループから抜けようとしてひどい集団リンチにあって脳挫傷で植物人間になりその後北岡が5年間つきっきりで奈津子の看護をしていたがその奈津子が亡くなってしまったのだと。北岡は人質にした真里谷の昔の仲間3人を憎悪の目で睨み付けるが3人はそれぞれ俺じゃない等と醜く責任転嫁しあうのだった。北岡は復讐する為に真里谷をここに連れて来させると宇佐木に話すのだった。ロッジの周辺には警視庁や新潟県警の人間そして報道陣らが大挙して押しかけて来てロッジは完全に警察に包囲される状態になった。宇佐木は北岡にこんな事をしても無駄だと警察が死刑囚の真里谷を超法規的措置で外出させてここに連れてくる訳がないと話すのだった。

SIT班5係にも現場への出動命令が出るが桐沢(陣内孝則さん)は高林警視正(大杉漣さん)の命令で現場責任者を外されてしまう事に。責任者は木崎(筧利夫さん)に。包囲する警察の前に1人ロッジから出てきた宇佐木は北岡からの人質解放の条件だと「真里谷恭介を引き渡すこと」を要求するのだった。宇佐木は木崎にロッジの中の状況(人質の人数や北岡が所持している武器)を伝えて何気なく「外気温は何度ですか?」っと尋ねて「マイナス3度だ」っと答える木崎。そして北岡の要求に対して警察が検討する時間を1時間に設定する宇佐木。北岡は何気ない会話に感じとったかもしれないがこの会話は宇佐木から交渉班へののある作戦実行の合図だったのだ。ロッジに戻った宇佐木は意図的な言動で北岡が発砲する様に仕向けてロッジの窓ガラスを撃たせるのだった。窓ガラスが無くなり吹きっさらしになったロッジの中は外気(ますます気温が下がりマイナス5度に)と同じ寒さに。更に警察がロッジの電源を落とした為に暖を取れなくなってしまう事に。これは寒い場所での立て籠もり事件の時に交渉班がよく使う手で寒さ責めにして犯人の思考能力を奪って弱らせる作戦だった(が同時に人質の体力も弱ってしまうとゆう危険性もある)。

自分の携帯電話の待ち受け画面を見つめる桐沢。その画面の写真は宇佐木の父親矢島とのツーショット写真だったのだ。その写真を見つめる桐沢に5年前の事で責められている気分だと話しかける片桐(高橋克実さん)。片桐は高林に宇佐木が5年前の真里谷の立て籠もり事件の時の殉職者矢島の娘である事を報告し表情がひきつる高林。桐沢は片桐にどうしてその事を高林に教えた?っと問い詰める。桐沢には片桐が高林の反応をうかがった様にも見えたのだった。片桐は桐沢に5年前の事件の真相を語る。真里谷ら少年グループが連続射殺事件&立て籠もり事件時に使用したあの拳銃は実は警視庁の警官がトイレに置き忘れた物を真里谷らが手に入れて犯行に使ったのだ。警視庁上層部はその事実を隠蔽したのだがその事実を知ってしまった矢島が内部告発を考えて自分にもその決意を打ち明けたのだと。片桐は矢島の告発の事を上に報告してしまったので矢島が真里谷の事件の時に消されてしまったのだと話す。そしてあの時に自分が現場の拳銃すり替えを実行したのだと告白する片桐。矢島を消す様に拳銃の事を隠蔽する様に指示したのが高林だったとゆう事で。5年前の真実を知り驚く桐沢。

宇佐木の作戦が上手く行き北岡がだいぶ弱ってきたと思われた時に突然警視庁が高林の判断で人質の命優先名目で真里谷を立て籠もり現場に連れて行く超法規的措置を決定してしまった為に北岡が喜びハイテンションになってしまったので作戦が台無しになってしまった。おまけにSIT5係は現場の交渉担当から外されて新潟県警が担当する事に。上層部のやり方に5年前のあの時と同じだと怒りを露わにする交渉班の面々。真里谷の護送には甘利(高岡蒼甫さん)が付き添っていた。実は甘利は高林から「真里谷が護送中に逃亡を計ったのでやむなく逃げる背後から発砲して射殺しろ」っとゆう密命を受けていてその透りにわざと真里谷を逃がして背後から撃とうとしたのだったがその事を読みとった真里谷は逃げずにじゃあ正面から撃っちゃまずいよねぇっと笑いながら甘利にジリジリ近づく。そんな真里谷にビビった甘利は結局撃てずに真里谷に拳銃を奪われて撃たれて情けない声をあげながら地面をのたうちまわる事に。真里谷は「ラクラカーチャ~♪ラクラカーチャ~♪」っと陽気に歌を口ずさんで車を奪って自ら運転して立て籠もり現場のロッジに向かうのだった。そして自らの頭に銃を突きつけ歌いながらロッジを取り囲む警官隊をあっさり突破(とゆうか警官隊も真里谷にビビって道開けるとゆう感じで)してロッジに陽気にお待たせっとゆう感じで現れたのだった。

真里谷が来たっと北岡は散弾銃を手に真里谷に向かうがいざ対峙すると役者が違うのかビビってしまって逆に頭に銃を突きつけられて散弾銃をあっさり真里谷に奪われてしまう北岡。真里谷はロッジに戻る様に促すが宇佐木は人質を1人解放してっと頼み妹の澪(林丹丹さん)を解放させたのだった。ロッジに入った真里谷はかっての仲間達との5年ぶりの再会を喜ぶが仲間らはひきつった表情のままだった。宇佐木は警察の交渉相手に桐沢を名指しで指名するが現場担当になった新潟県警に難色を示される。がそこに東京から駆けつけた桐沢が現れて自分が全て責任を取るからと宇佐木に「時間をかけていい。全員を説得し投降を望めるか」っと告げて宇佐木ははいと答えてロッジに戻るのだった。ロッジの中で真里谷と話す宇佐木。真里谷は両親も誰だかわからないゴミ捨て場の冷蔵庫の中に捨てられた捨て子だった。実は5年前の一連の犯罪に関しても真里谷は実行犯ではなかったのだ。しかし真里谷は仲間の犯した罪も全て自分がやったと1人で罪をかぶって死刑判決を受けたのだった。しかし自分の命まで賭けて仲間の罪を引き受けたのに当時の5人の仲間らは誰もその事を感謝していない。それが証拠に真里谷からのラブレターにも誰1人として返事する者はなかった。そんなのが本当に友情なのか?っと真里谷を問い詰める宇佐木だったがそこで突然機動隊の強行突入が。桐沢らSIT5係の人間は驚き5年前と同じだっと吐き捨ててロッジに向かう。北岡と真里谷の昔の仲間3人はロッジの中に居たが真里谷と宇佐木の姿は無かった。

2人はロッジから離れた雪山の中を彷徨っていた。逃げる真里谷を宇佐木が追跡していたのだ。
宇佐木は雪の中で倒れて動かない真里谷を発見して近づき覗き込むが真里谷が起きあがってナイフを手にマウントポジションで宇佐木を押さえ込んで刺そうとナイフを振りかざした。宇佐木は不利な体勢で耐えながら真里谷に手と自分の手を手錠で繋ぐとゆう行動に出る。そして「私ならあなたを待てる!」っと声をかけるのだった。その宇佐木の言葉に一瞬涙を浮かべる真里谷だったが雄叫びをあげて再び宇佐木に襲いかかり宇佐木はナイフを喉元に突き立てられて絶対絶命…
っと思ったら場面が変わってロッジ周辺に。桐沢らSIT5係らの姿に雪山の方から歩いてくる2人の人影が。宇佐木と真里谷だった。真里谷はさっきまでとは別人の様にすっかりおとなしくなって宇佐木に付き従っていた。真里谷を引き渡して役目を終えた宇佐木に「ご苦労!」っと桐沢に声をかける。宇佐木も桐沢やSIT5係の面々に頭を下げて感謝してその場を去るのだった。宇佐木の後ろ姿を何とも言えない表情で見送る桐沢。

現場で5年前と同じかっ(警察上層部にもみ消される)と書きかけていた原稿を燃やそうとした工藤(伊武雅刀さん)の手を押さえて原稿燃やすのを止めて「5年追い続けたスクープをやるよ!」っと片桐が現場から持ちだした拳銃を工藤に手渡す。その後高林が5年前の事件の事で取調べを受けるとゆう新聞記事が載るとゆう感じで失脚したとゆう事に。で交渉班の面々は今日も事件にっとゆう感じで終わりでした







う~んやっぱり1時間でどう考えても全部描くの時間的に無理だろうなぁと思ったら案の定そんな感じになりましたよねぇ。ラス前で盛り上がっておもしろくなったのになんじゃこりゃって感じに中途半端になってしまいましたし(^^;)。これじゃ思いっきり↓ですな。5年前の事件も回想による再現シーンはなくて(まぁそれやるのなら矢島役もそこそこの俳優さん起用されているはずですけど)真里谷とか片桐の言葉による説明だけでしたよねぇ。

なんかよくわからないままに終わってしまった部分もありましたよね。桐沢はあんな2ショットの写真撮るぐらい矢島とは親しかったって事なんでしょうか。それだったら娘の話なんかもしていたはずじゃあっと思うんですけど(^^;)。宇佐木が矢島の娘だと知ってから急に態度が変わった感じもありましたよねぇ。宇佐木が警察官になったのは5年前の事件の後なのか元々警察官だったのか?。5年前の現場で矢島を撃ったのは結局誰だったんでしょう。片桐は拳銃はすり替えたけど矢島を撃ったとは告白してませんでしたから撃ったのはまた別の人間って事ですよね。

真里谷が捨て子で両親とか家族の愛情も無く育ってそれで友情とか愛とゆうものに飢えていたってゆうのもこれまでそんな説明ありませんでしたよね。最終回のしかもラストに突然そんな話出されてもなぁって感じが。その真里谷ですけどあんなにイカれていたのに最後よくわからんうちに宇佐木に諭されておとなしくなってましたよねぇ。あれも変でした。これまで散々宇佐木と会話してて全然変化なかったのになんでやねんって感じが。まぁ確かに直接間近で話したのは今回が初めてでしたけど。

真里谷の今後はどうなるんでしょ。仲間の罪をかぶったってゆうのも宇佐木は何で知っていたんでしょうかねぇ。宇佐木の推測だったのか面会している途中に真里谷が話した事だったのか。仲間3人が今更過去の罪は自分がやりましたと認めるのかどうかも?ですよね。まぁ5年前の矢島の父親を撃ったってゆう罪は無くなりますからどっちにしろ死刑ではなくなるかもしれませんね。

あと先週澪が北岡に自分は姉とは実の姉妹じゃない(血の繋がりが無い)みたいな事言ってる場面がありましたけどそれに関しては結局何の説明もなく終わってしまいましたよねぇ。姉妹の関係も前半ギクシャクしていたのが後半急に仲良くなってましたし訳がわかりません

打ち切り短縮で8話になったのならともかく最初から8話予定だった訳ですからこの展開は?でしたよねぇ。3話ぐらいまでが無駄な展開だった感じが。最初から5年前の事件がらみで良かったんじゃないのって感じが。そうしたら終盤もっと丁寧に描けたのではって感じが。8話ならせめて最終回2時間にすれば良かったのにって感じが。これどうなんでしょ、続き作ろうと思えば作れそうな感じですけど。まぁ父親の事件は解決しましたから今度は単純に交渉班としての日々になるでしょうけどね。
スポンサーサイト



<< 新・京都迷宮案内5  7話  消えた連続放火犯!狙われたお惣菜屋の秘密 | ホーム | 鹿男あをによし   7話  謎の少女の正体!?衝撃の事実が明らかに >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP