fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2007/10/16 (Tue) 20:55
ガリレオ 1話  燃える!変人天才科学者

おもしろくない訳ではなかったんですけど期待度が高すぎたせいか微妙な感じもしてしまいました(^^;)。これは毎回犯人を最初から視聴者に見せる展開なんですかね~?だとすると犯人当てってゆう面のおもしろさは無いって事なので犯人のトリック崩しが見所になる訳ですよね。まぁ今後に期待しましょう。

福山雅治さん演じる湯川学は天才的物理学者だが論理的思考しかできない変人ってゆう事でしたけど変人の割には講義(理工学部であんなに女子が多いとは思えませんから他の学部の一般教養の物理の講義なんでしょうね)に女子大生が殺到して大人気でしたよね。頭だけではなくてスポーツも万能ってゆう事ですからそうゆう活躍の場面もこれからあるんでしょうかね。
柴咲コウさん演じる新人刑事内海薫は感情的(とゆうかヒステリック)で熱血漢ってゆう感じですけどこの2人の間にラブラブはあるんでしょうかね。事件解決して最後に湯川の講義に来た時スカート姿で髪もおろして急に女っぽい感じになってましたし。

私原作は読んでないんですけど読んだ友人によると原作ではこのドラマでは内海薫の上司で警視庁に栄転になった北村一輝さんが演じている草薙俊平刑事がワトソン的な役割で湯川と共に事件解決してゆくってゆう展開らしいですね。放送枠木10でその設定の方が良かったんちゃうんって感じもしますよね。月9だから男女コンビに変えたんでしょうか。あと東野圭吾さんが作品書かれた時の湯川のイメージは佐野史郎さんだったそうですね。

事件の方は遠隔操作による反射を利用した炭酸ガスのレーザービームによる人体発火殺人でしたけどなんか効率悪すぎって感じがw。3ヶ月間毎日犯人金森龍男(唐沢寿明さん)が勤める金属加工工場の時田製作所から金森の自宅前の川べりの公園で夜な夜な馬鹿騒ぎする近所迷惑な若者グループを狙い続けたってゆう事でしたけど標的が1人だけで毎日必ず同じ場所に座るってゆうのならともかく大人数があれだけ動き回っているんだからあんなに各反射板の角度をいちいち微調整し直す必要性あったんでしょうか?っと思ってしまいました。ずっと狙いが同じままでレーザー撃ち続けてもその内誰かに命中していたんじゃないの?(特定の人間狙った訳でなく見せしめの為に誰でも良かったんでしょうから)って感じが。犯人が神経質だってゆうのを表現する為だったんでしょうかね。けっこう数があった反射板(それだけで目につきますし)を3ヶ月間毎日微調整していたら近所の住人に不審人物として目撃されまくりちゃうんってゆう気もするんですけど(^^;)。あとあの炭酸ガスビーム高価らしいのにあんなに撃ちまくってたら個人の町工場みたいでしたからすぐに社長にバレるやろって感じも。

あと犯人の犯行実証する湯川の実験でも最後の反射板まではちゃんとレーザー届いているんだからその最後の反射板だけ微調整すれば良いんじゃあって思ってしまったんですけど(^^;)何か少し反射板の角度が変わっただけで2メートルはレーザー命中の場所が変わってしまうとか何とか湯川が説明してましたけどそれだったら最初の反射板の角度変えてしまったら次の反射板は角度の微調整ぐらいではすまず反射板の位置自体かなり動かさないといけなくなるんじゃあ?それが最後の反射板まで延々続くんじゃあ?っと思ってしまったんですけど。でもドラマでは各反射板の微調整だけで最終的に標的に命中してましたよね。私理科系特に物理は苦手なのでよくわかりませんけどこの辺はどうなんでしょうか?あとあれは動かないマネキンだから42回目で命中でしたけど実際は動き回る人間なんだから実証にはならないんじゃあってゆう感じも。1発目で当たっちゃう場合もあるし100発撃っても当たらない場合もあるだろうと。マネキンも可動式の物で動き回る様にしてないとって気が。

金森は犯行露見してからも取調べで自分は視覚障害者の為の朗読ボランティアをやっていて若者グループが毎日騒ぐので脅かすつもりでゴミ箱を燃やすつもりがたまたま人間の頭に命中してしまった等と涙ながらに告白して情状酌量有りの傷害致死を狙ったが湯川の犯行実証実験のおかげで犯人が3ヶ月間ずっと計画的に狙い続けていた事(当初公園で若者グループが煙草の火を押しつけて焦がしてできたと思われていた跡は全部レーザービームが当たった跡だった)がわかり更に金森が犯行後に淡々と朗読テープを作成していた事(金森の告白通りなら動揺して録音どころではなかったはずなのに)等から内海が金森に迫ると金森が急に声荒げて本性表して意図的に殺意を持って狙った事を告白して座ったままで机ガンガン蹴り上げるってゆう感じでしたね。やけにあっさり認めすぎの感じも(^^;)。冷静で計算高い犯人ならそれでもあくまでゴミ箱を狙い続けていたんですぅっと言いはれば殺人でのの立証は難しいと思うんですけど。

となんかイチャモンばかりですけどドラマの雰囲気自体は好きですので今後が楽しみです。
これはメインゲスト=犯人なんですかね。そうすると2話は小市慢太郎さん3話は広末涼子さんって事になりますけど。

今回のレーザー反射による殺人方法見て私は「宇宙戦艦ヤマト」のガミラスの冥王星基地の“反射衛星砲”がすぐに頭に浮かんでしまいましたw
スポンサーサイト



<< 浅見光彦シリーズ24「漂泊の楽人」 | ホーム | 2007年10月~12月の連ドラ順位(10月14日終了時点) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP