fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2008/03/04 (Tue) 21:15
薔薇のない花屋    8話    さよなら父ちゃん

小野(釈由美子さん)から雫(八木優希さん)が教室に立て籠もっているとゆう連絡が入り英治(香取慎吾さん)が慌てて駆けつけて教室の中に入るがそこにはパペットマメット様式の頭巾をかぶった20人の子供達の姿があり驚く英治。小野が雫からのメッセージ「教室にひいた線の外から見てこの20人の中から本物の雫を当てて欲しいと。父親なら当てられる筈。もし間違ったらおじいちゃんのところには行かない。でも当てたら父ちゃんのの言う通りおじいちゃんの所に行く」を英治に伝える。小野もクラスメイトらも雫に快く協力してくれたのだった(他の教師らも)。20人の子供達を見つめる英治。そしてまず雫はこれまでの集合写真の時にはいつも写っているのは右側ばかりだったとゆう事で教室の真ん中から左側に居る10人を除外。それから膝小僧の形が違うとかくしゃみが違う(雫のくしゃみは加藤茶の様なくしゃみ)と1人ずつ絞り込んでゆき突然ゴキブリっ!と声をかけると1人以外は皆逃げてしまった。雫はゴキブリ等にも逃げずに新聞紙丸めて叩く子だからっと最後に残った1人の前にっと思ったらその子も違うと告げる英治。英治は20人と言っていたが仮面をかぶっている子は19人しか居ない事に気づいていた。英治は教室の隅のカーテンの後ろに隠れている雫の前に行き話しかけながらカーテンを開ける。そこには泣いている雫が居て「父ちゃん…」っと英治に抱きつき英治も雫を抱きしめるのだった。

ビデオの映像を見て英治が雫の母親(本仮屋ユイカさん)の友達で撮影者つまり雫の父親では無い事を知ってしまって驚いた美桜(竹内結子さん)は英治の花屋に来て菱田(池内淳子さん)に見せるのだった。2回見てようやく英治と雫が実の親子でない事を理解した菱田も驚くのだった。菱田も英治と雫とはもう長いつき合いになるが花屋を開く時からのつき合いで普通に父娘として生活していたのでそんな事は思った事もなかったのだ。でも菱田はそういえばっと英治が家を失った自分に一緒に住もうと言ってくれた時に「血が繋がってなくても家族にはなれる」と言った事を思い出すのだった。

直哉(松田翔太さん)がこっそりと花屋の様子を伺っているのを四条(寺島進さん)が気付いて小野から捕まえてくれと頼まれたと追いかける。子供の鬼ごっこの様な追いかけあいが続き直哉は逃げてしまうのだった。逃げた直哉はぬけぬけと自分が強盗もどきに英治のお金を奪った美桜のアパートに。美桜は直哉に英治のお金を返せと迫るがもうそのお金は直哉が闇金への借金返済に使ってしまって無かったのだった。どうしてそんな所で借りたのよっと問われてブラックリストに載って普通の所からは借りられなかったとか田舎から出てきて格好つける為に仕方なかったとかなんとか悪びれずに自分勝手な理由を言う直哉にあきれる美桜。それなのに英治の事が気になって花屋にまで様子を見に行ったと話す直哉。美桜は英治をハメたくせにっと直哉に怒るが自身も加担していたので自己嫌悪に。美桜はもう自分の事も直哉の事も全て皆にバレている事を直哉に告げる。美桜はトイレに入った直哉をそのまま閉じこめて出られなくして外出する。

美桜は花屋にやって来た。もう荷物整理や閉店や引っ越しの準備がだいぶ進んでいた。雫は美桜に自分が居なくなった後の英治の事を頼むのだった。雫と菱田は身の回りの荷物と共に車で安西(三浦友和さん)の家に向かった。2人だけになって英治と話す美桜。英治は残っている花を最後まで売って店じまいにするとゆう。英治はアイリスの花を美桜に渡す。花言葉は“吉報”だと添えて。自分の父親の病気の事を英治が知っているのか?っと驚く美桜に「マッサージの患者さんに…」っと告げる英治だった(お互いにもうバレてる事は知ってるのに敢えてですよね)。美桜から直哉を捕まえたと連絡を受けた小野と四条がやって来て直哉を縛って責める。縛られても悪い事をしたとゆう反省の色が全く無い直哉に小野が怒ってビンタをぶちまかす。四条も地道に働いてお金を稼ぐ事がどんなに大事な事かわかってるのかっ!とお金にルーズな直哉にキレる。そして直哉を縛っていた紐をほどいて「消えろ!二度とこの辺うろつくんじゃねえぞこのやろう!」っと吐き捨ててアパートの外に放り出すのだった。

英治の携帯が鳴る。非通知着信だった。英治が電話に出るとまだこの番号のままだったのかっとゆう男の声だった。また電話すると言ってその電話は切れたが最初は誰だかわからない感じの英治だったがあっとゆう感じで思い出すのだった。美桜が安西の元に怒鳴り込む。自分の父親(尾藤イサオさん)に普通手術前のこの状態では出ないはずの外出許可を出した事と直哉をトイレに閉じこめた時に直哉が安西は実は手術ができないと話していた事からおかしいと思ったのだ。美桜に問い詰められた安西は緊張すると腕が震えるんだと告白して今の自分は手術はできないと答える。その答えにじゃあ自分はこれまで何の為にっと泣き崩れる美桜。院長室に神山(玉山鉄二さん)が現れる。神山は安西が自分の代わりに美桜の父親を執刀させようと知人の大学教授に頼んで派遣してもらった若いが優秀な脳外科医だった。安西は美桜に神山を紹介する。

美桜は花は全て売れて店じまいで後始末をしている最中の英治を訪ねる。英治の今後の行き先はまだ決まってなかった。美桜は雫がもしかして英治がこのままどこかに姿を消してしまうのでは?っと考えてそれで自分に「父ちゃんの傍にいてあげて。父ちゃんを一人にしないで」っと頼まれた事を英治に打ち明けるのだった。美桜は英治に自分のアパートのスペアキーを渡して自分と一緒に暮らして欲しいと花屋再開するにはお金を貯めなきゃゆけないし節約しなきゃいけない、自分も協力するから云々英治に告げるが言ってしまった後でこんな事女から言うのははしたないかなっと等と恥ずかしく照れた感じになる美桜に笑顔で「お言葉に甘えて居候させていただきます」っと答える英治だったがその後に「期間限定ですよね、俺達」っとゆう言葉も(美桜の方は文字通り同棲で今後もずっとってゆう感じだったのが英治の方は?って感じですよね)。

帰宅した安西は自宅に呼んだ別居中の妻久美子(仁科亜樹子さん)に孫の雫を会わせる。安西は娘が居なくなってから夫婦間もギクシャクする様になってしまったがこれからは雫と3人でやり直そうっと久美子に告げるのだったが…久美子の答えはNO。久美子は弁護士の林(小市慢太郎さん)と不倫関係だったのだ。林には安西に無い優しさがある等と話す久美子にもういいと告げる安西。久美子と林が去った後安西の手がわなわなと激しく震える。そんな安西の手を雫が両手で優しく握りしめて天使の微笑みを見せるのだった。小野と四条は直哉から話を聞いた闇金の前に来ていた。小野は警察なり裁判所なのに違法な事を訴えた方がっと進言するが四条はこうゆう相手はそんな方法では駄目だと諭して「俺は家の…目の前に花屋があるのが好きなんです!」っと告げて小野が止めるのを振り切って単身闇金に乗り込むのだった。一方直哉は引っ越しが終わって完全にもぬけの殻になってしまった無人の花屋にやって来ていた。直哉は部屋の中に座り寝転がって「兄貴、俺寂しいよ…」っと泣くのだった。

美桜は安西に英治が雫の本当の父親ではない事がわかるビデオを見せた。花屋が父親じゃない?っと愕然とする安西。英治が裁判を避けたのは調べられて自分が本当の父親では無い事が雫にバレてしまうのを怖れたからではないかと話す美桜。安西はそれじゃあ自分が本当に復讐すべき雫の父親はどこの誰なんだっと動揺するのだった。美桜は英治は知っているかもしれないとそしてもしかすると英治も安西同様雫の本当の父親の事を憎んで復讐しようとしているのかもしれないっと話すのだった。美桜のアパートで雫の母親のビデオを見ていた英治の携帯が鳴る。で男と待ち合わせした東京タワーへ向かう英治。英治はポケットの中に何かを握りしめてその男の方に向かって勢い良く走ってゆき刺すのかっと思ったら男とガッチリ握手して抱き合うのだった。男は神山だった。2人は合い言葉の様に「俺たちが信じてるのは、世界で俺たちだけ」っと声をかけ合うのだった。










結局ストーリー展開としてはあまり進みませんでしたよねぇ。後半の展開の鍵を握る重要人物として神山が登場したぐらいで。この神山がおそらく雫の本当の父親なんでしょうけど優秀な外科医ってゆうのは驚きでしたね。

英治と神山の様子からすると2人は子供の頃からの知り合いでお互い親から虐待されて愛情受けずに育った「名も無き戦士」って事なんでしょうか。神山が雫を引き取らなかったのは何故なんでしょうかね。本当の父親で無い英治が雫を自分の子として育てた理由ってゆうのもわかりませんね。神山から頼まれて育てていたってゆう感じではなかったですもんね。それならあんなにあっさりと親権も手放さなかったはずですし。

安西は今後どうするんでしょうか。予告ではまた直哉に本当の父親の事を調べて欲しいと頼んで拒否されている様な場面がありましたけど。

直哉は典型的な自己中心寂しがりやですなぁ。自分がしでかした事の重大さに全然気付いてないって感じの部分と皆から見放されてゆく所がなくて途方にくれて1人泣くってゆうのは(^^;)。直哉にとっても花屋での暮らしが安らぎだったんでしょうね。それが自分の借金の為にブチ壊す結果になって失ってみて初めてとんでもない事をしてしまったってゆうのに気付いた感じでしょうか。今後直哉はどう動くのかですよね。

四条が闇金に1人で乗り込んでましたけどあれはどうなるんでしょうか。四条が何かやらかして逮捕ってゆう事になるとドラマからもフェードアウトですからそれは無いでしょうけど。喫茶店やる前は実はヤクザの怖いお兄さんで昔取った杵柄で解決とかなんでしょうかね。
スポンサーサイト



<< 犬は見た | ホーム | 篤姫  9話     篤姫誕生 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP