fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2008/03/10 (Mon) 00:16
新・京都迷宮案内5   最終回  「10年目の罠!1億円を拾った姉妹の秘密…家族に捨てられた姉VS男に裏切られた妹!!封印された約束の謎!?」

東京に住んでいる杉浦(橋爪功さん)の妻から娘が結婚したいとゆう男性が居るので会う様にと電話がかかってくるが杉浦は断るのだった。杉浦は田舎亭の女将貞子(市田ひろみさん)から最近下河原の方で不思議な穴がいくつか掘られているのが見つかって宇宙人の仕業か?かっ等と騒ぎになっているとゆう話を聞かされる。

京都市内で男性が1000万円が入った紙袋を拾って騒ぎ(政治家の裏金か犯罪がらみの金か?)になるがその記者会見中に落とし主のエステ会社の女社長が現れてあっさりと解決する。しかし今回の騒動で遊軍長円谷(小木茂光さん)がそういえばっと10年前にあった初老の姉妹が1億円を拾得してその後持ち主が現れずに1億円がその姉妹の物になった事があった事を思いだしてその時の姉妹佐々木美弥子(馬渕晴子さん)、糸川春子(市原悦子さん)が現在とうしているのかとゆう記事を書けば面白いのでは?っと提案して早速現在の居場所がすぐにわかった(京都市内)美弥子の元を訪れる。美弥子は1億円拾った10年前には居た夫が死亡して現在はレストラン経営の息子明久(中西良太さん)聡子(村松恭子さん)夫婦の家に同居していた。

美弥子は円谷の取材に対して10年前に春子と分けた5000万は現在もそれぞれ預金して持っていて生活自体も10年前と変わらない平凡な生活だとだから取材してもおもしろくないわよと話すのだった。美弥子によると春子は現在北海道に住んでいるとゆう。円谷は連絡先を尋ねようとしたが電話番号や住所を書いた紙を無くしてしまって…っと見つかったら連絡するとゆう。戻ってきた円谷の話を聞いた杉浦はそういえばっと自分が10年前にこの姉妹に取材した事を思い出すのだった。しかもその時に妹の春子が暮らしていたアパートの場所が最近掘り返された謎の穴が見つかって騒ぎになった下河原の土地(現在はアパートは取り壊されて更地に)だと気づきこの姉妹の事に好奇心を示すのだった。

明久の経営するレストランは閑古鳥が鳴いて経営不振状態で倒産寸前だった。明久は聡子と共に美弥子に土下座して美弥子が預金しているとゆう5000万の中から500万でも良いから貸して欲しいと必ず返すからっと頼むのだった。が美弥子は実はあの5000万はもう無いのだと。5000万が手に入ってすぐに亡くなった夫がこんな汗水たらして稼いだお金ではない金を持っていてもろくな事にならないと話してどこかに全額寄付したと話すのだった。全て夫任せだったのでどこに寄付したのかもわからないと話すのだったが明久は自分にお金を渡すのが嫌だからそんな事言ってるのだろうと美弥子にくってかかるのだった。

杉浦はつた子(野際陽子さん)や円谷や渚(国生さゆりさん)に春子が住んでいたアパートの床下にお金を埋めていたのだがそのアパ-トが取り壊されて更地にされたと聞き慌てて掘り返したのだと大胆な推理をするが皆に笑われて馬鹿にされてしまうのだった。杉浦が下河原のその場所の辺りをウロウロしていると突然男に声をかけられる。吉武孝雄(立川三貴さん)と名乗るその男も春子を捜しているのだと杉浦に話すのだった。2人で美弥子に会いに行くがちょうど美弥子が救急車で運ばれるところだった為に病院について行く事に。怪我は幸い軽い捻挫だったが階段から落ちたりしたのではなく昨日息子に突き飛ばされて捻った箇所が今朝になって痛くなって救急車を呼んでしまったのだと。結果的に大げさになってしまって反省する美弥子。

美弥子と共に杉浦と吉武も明久の家に。吉武は春子は自分と家族の命の恩人なのだと話す。吉武は昔脱サラして神戸で妻とバン屋をはじめてそこそこ上手くいっていたのだが震災で全て壊れ失ってしまって追いつめられて一家心中しようと家族で最後の家族旅行で京都に来たと。その時に偶然出会った春子が自分の話を聞いて励ましてくれたのだと。そして春子の姿が見えなくなったと思ったら袋が残されていてその中に春子名義の5000万円の通帳と印鑑が入っていて驚いたと。慌てて春子の姿を探したが見つからなかった。吉武はこのお金はとても使えなかったが春子の気持ちが嬉しくてそれからは心入れ替えて1から頑張ってそのおかげで結局春子の5000万には一切手をつける事なく事業も成功して現在に至っているのだと。その時のお礼とお金を返したくて春子の行方を捜していたのだとゆう。杉浦や明久らは春子の通帳を見せて欲しいと吉武に頼むが吉武は春子本人にしか見せられないと拒否するのだった。杉浦は吉武に胡散臭さを感じるのだった。いい話で美談じゃないのっとゆうつた子に作り話に決まっていると吐き捨てる杉浦。

大洞が杉浦に娘の紹介する恋人に早く会ってやれよと急かすがどうしてその事を知っているのだっと驚く杉浦。大洞は杉浦の妻から杉浦を説得してくれと頼まれていたのだ。大洞は娘の相手が若いのに現在の杉浦の3倍の年収はあるIT関係の人間だからへそを曲げたのだろうっと杉浦に。杉浦は余計な事まで話しやがってと妻を怒るのだった。大洞はつた子が老後に住む家を大洞と共同で持たないかと自分に話しかけてきたと喜んでいた。田舎亭に突然美弥子が杉浦を訪ねてきた。もう息子の家には居たくないと話す。田舎亭では丁度夕食の時間だったが朝から何も食べてないとゆう美弥子は女将さんに頼んでお茶漬けを作ってもらって食べる。そして今日はもう家に帰りたくないからこのまま泊めて欲しいとゆう。杉浦は自分の部屋を美弥子に譲って大洞の部屋で眠る事に。翌日美弥子は3ヶ月前に明久が一人暮らしの自分に一緒に住もうと声をかけてくれて嬉しかったのだがすぐに自分に対する愛情からではなくて自分のお金に興味があっての申し出だった事に気づいたと杉浦に話すのだった。杉浦は吉武の話が本当だと思うかと美弥子に尋ねるが美弥子は春子は他人の為に気前よくお金をあげてしまう人間では無いと話すのだった。2人は下河原の春子が住んでいた更地の場所に。そこで杉浦から穴ぼこの話を聞いた美弥子はそういえば明久に春子が昔住んでいたアパートがこの場所で一階に住んでいた事を話した事を思い出す。穴ぼこを掘ってお金を捜していたのは明久と聡子か?っとゆう事に。美弥子は帰宅した。

大洞が知り合いの建築士に頼んで設計してもらったと設計図を持って浮かれて京都日報のつた子の所にやって来た。その設計図を見て入り口が1つしか無いじゃないのと言うつた子。大洞は完全な思い違いをしていたのだ。つた子が大洞に持ちかけてきた話はつた子や大洞の様な独身で身寄りがない5~6人で老後一諸に生活する共同住宅のつもり(中はそれぞれ個人で独立した家の作りになるので当然入り口も人数分必要とゆう事に)だったのだか大洞はつた子と2人で住む愛の新居だと勘違いして張り切り浮かれていたのだ。つた子はそれから大洞に共同住宅とは何かを詳しく説明するがどうして他人も含む共同住宅じゃないといけないのだと納得できないと大洞はヤケ酒飲んで酔いつぶれるのだった。女将が突然今月一杯で田舎亭を閉めて下宿も止める(建物も老朽化してガタが来ているし疲れたとかなんとか)と言い出して驚く杉浦と大洞。

春子に関しては行方知れずだったのだが大洞から思わぬ情報が入る。美弥子は春子が北海道に住んでいると話していたが春子は京都に居たのだった。しかも警察に任意で事情聴取されたのだとゆう。春子にかけられた容疑は無資格で寝たきりの老人の介護をしてその老人の金品を盗んだとゆうものだった。老人の家族から警察に届け出かあったが結局証拠不十分&本人も知らないの一点張りだったので返されたとゆう。春子には窃盗や詐欺等の前科があり刑務所を出たり入ったりしていた事もわかり驚く杉浦。杉浦はこの事で春子に生き様に興味を持つ様になり春子が介護の仕事をしている家を訪ねる事に。春子に介護されていた坂井信吉(織本順吉さん)は娘が勝手に警察に通報したのだと春子にわび春子も気にしないでっと優しい言葉をかけるのだった。春子に会い10年前のお金の事を尋ねるが春子はお金には一切手をつけてないと話す。飄々とした感じで杉浦の問いに答える春子だったが吉武の話をすると顔色が変わり驚いた表情になるのだった。杉浦は春子の外見や身なりが普通のおばちゃんなのでとても5000万も持っている様な人間には見えないっと告げるが春子は人を見かけで判断するなと怒るのだった。感情の起伏の激しい春子だったが杉浦の室も人関しては上手くかわして結局肝心な事については詳しく語らずごまかすのだった。

渚から春子に関する新情報が入る。何と春子は昭和の頃映画で大活躍して年輩の人間なら誰でも名前を知っている天才子役の風間ハル子だったのだ。渚が検索した映画で活躍していた子役の頃のハル子の写真を見てあの風間ハル子が春子?っと驚く杉浦。杉浦は更にその数日後に美弥子の家で春子に再会するが春子は先日会った時とは別人の様に綺麗に着飾っていた。そしてしらじらしく杉浦に初対面の様に挨拶するのだった。明久や聡子らは春子に優しくすれば吉武から戻るであろうお金を自分達に貸してもらえるかもっとゆう事でもてなすのだった。春子はそのまま美弥子の部屋に泊まる事に。その時にこの部屋は北向きね等とイヤミを言うのだった。杉浦は春子が有名子役だった事や前科がある事を美弥子にぶつける。美弥子はそこまで知られてはっとゆう感じで芸能界引退後に詐欺や窃盗を繰り返して警察の厄介になる様になった頃から距離を置く様になり寄せ付けなかったのだと話す。杉浦はじゃあどうして10年前に1億円拾った時は一緒だったのか?っと尋ねるがたまたまその時だけ一緒に居たと話しその頃の事についてはそれ以上杉浦が尋ねても話さなかったのだった。

春子が聡子と共に買い物をしている所に突然吉武が現れて驚いて逃げ出す春子。逃げる春子に追いついた吉武は昔春子が持ち逃げしたお金を返せと春子に迫り殴るのだった。春子はその怪我で入院する事に。警察の事情聴取に対して春子は吉武を知らないととぼけるのだった。春子は杉浦に自分が10年前に5000万受け取った時に載った新聞記事を見せてこれを見せれば皆自分がお金持っているのだと信用したので詐欺に利用した等と話すのだった。春子は昔子役時代に売れっ子でかなりお金を稼いでいたのだが父親が遊びまくり浪費しまくりで全てすぐに使ってしまったのだとゆう。美弥子が春子の元に来て窮地の息子の明久の為にお金を貸してやって欲しいと頼むが春子は5000万はもう使ってしまって無いと答えるのだった。美弥子と春子の間には亡くなった美弥子の夫富一を巡っての確執もあったのだ。元々春子のファンだった富一と春子がつきあっていたのだが美弥子が富一の事を好きだと知った春子が譲る形になったのだと。帰宅した美弥子は家がもぬけの殻になっていて驚く。借金でクビが回らなくなった明久と聡子は子供2人を連れて夜逃げしたのだった。足手まといになると考えたのか母親の美弥子だけ置き去りにして…

杉浦が「京の散歩道」で春子を題材にしてある子役のそれからっとゆうコラムを書く。城戸部長(西田健さん)は感動したと絶賛するがつた子は杉浦は何か企んでいるとこのコラムには何か思惑があると考えるのだった。そのコラムが載った京都日報を読む春子。その紙面には吉武がリフォーム詐欺常習犯で逮捕されたとゆう記事もあった。田舎亭に春子が杉浦を訪ねてきた。退院してから明久の家に行ったのだが誰もおらずもぬけの殻だったとそれに借金取りらしい連中が家の周りをうろついていたと話し美弥子の行方を知らないか?っと言う。春子は杉浦のコラムに対して上っ面だけの綺麗事の記事だと辛口批評。5000万の事についてあらためて杉浦に聞かれた春子は大金を手にした時も昔お金で苦労してきたから全然嬉しくなかったとそれにお金に手をつけてなかったのは10年前に約束したからだと話す。
杉浦が明久の家に様子を見に行くと春子の言った通り借金取りの男が張っていた。杉浦は美弥子が持っていた昔の家族写真(琵琶湖のほとりの近江舞子の別荘の前での)の事を思い出して近江舞子に。近所の人に聞き込むが昔の事で知っている人は居なかった。がようやく写真の場所にたどり着く。別荘は見る影も無い荒れ果てた廃屋になっていた。が中に入ってみた杉浦は中に人の気配を感じる。美弥子だった。その姿は息子に捨てられて行き場の無くなった哀れな一人の老人にしか見えなかった。杉浦は美弥子に気づかれない様にそっと廃屋を出て京都に戻る。

杉浦が坂井家に行くと春子が手持ちぶさたに座っていた。坂井の娘が坂井を施設に入れてこの家も処分するので留守番を頼まれたとゆう。杉浦は新しい介護の仕事があると春子を騙して近江舞子に向かう。近江舞子に着くと春子も懐かしいらしく昔の話をする。父親が博打にのめり込んでお金浪費する前に購入した別荘があってよく家族で過ごしたと。その後借金がかさんで最後までこの別荘は手放さなかったが売りに出しても結局買い手がつかなかったのだとゆう。春子は杉浦が自分を騙して別荘に連れてきたのだと知る。杉浦は中に美弥子が居るともう現在は一人の哀れな老人だと話す。春子は美弥子に会うのを拒否するが杉浦はもう長年の姉妹の愛憎を忘れて今後の事を話し合った方が良いのでは?っと説得するのだった。

春子が別荘の中に入り美弥子の名前を呼ぶが逃げようとする美弥子。春子は子供の頃に一諸に歌った歌を歌おうっと美弥子に告げて一諸に歌を歌うのだった。春子は自分が小さい頃姉の美弥子の事が大好きで姉が持っていたレコードをかけて一緒に歌を歌った。その時に姉に歌を褒められた事が嬉しくて歌の練習をした事が歌手デビューのきっかけになったのだと子供の頃を懐かしく話すのだった。2人の話を聞いていた杉浦は「それで大好きなお姉ちゃんの為に佐々木富一さんから身を引いた…」っとつぶやくが春子は美弥子と富一が結婚した直後から警察の世話になる不祥事を起こすようになったとゆう、それからは美弥子が居留守を使うようになって自分に会ってくれなくなったと愚痴を。が美弥子の方も結婚後も春子と富一が時々この別荘で会っていたのだろうとそしてあの1億円を拾った時も春子と富一が一諸だったと。2人が一諸だったとわかると体裁が悪いので姉妹で拾った事にしたのだと。それを聞いてえっそうだったの?っとゆう感じで驚く杉浦。

長年たまっていた物をお互い吐き出してすっきりした感じの美弥子と春子。現在の2人にとってはもう遠い過去の話だった。杉浦はあらためて現金1億円の行方について尋ねるが2人ともやはり使ってしまったと答えるのだった。杉浦は春子が田舎亭で口にした10年前の約束について尋ねるがあれは出まかせだと答える春子。杉浦は仲直りした姉妹の祝杯の為にお酒を買いに行ったのだが戻ってみると姉妹の姿はなかった。杉浦はどうして?っと驚くが別荘の床下を掘り出して何かを掘り出した痕跡があるのを見つけて「まさか!ここにかよ!」っと叫ぶ。お金の隠し場所がこの別荘だったとはっと気づいた杉浦は姉妹にまんまとやられたっとゆう感じで大笑いするしかなかった。春子と美弥子は駅のホームのベンチに座っていた。春子の持つカバンの中には現金5000万が入っていた。美弥子が「よく10年我慢したね」と春子をなでる。春子は「だって約束したじゃない…」っと10年間お互いにお金を使わずに我慢して10年経ったらお金を交換しようってっと話すが美弥子の方は約束をすっかり忘れていた。

杉浦は別荘でコラム原稿を書く“とっておきのラストソング”とゆうタイトルだ。内容は「ラストソングを歌い終えほっと胸を撫で下ろす歌手、それは子供が巣立ち仕事を定年退職し自らの役割を終えた人々になぞらえられるのかもしれない。幕が下りてもアンコールの声が聞こえてくれば、もう一度舞台に立つだろう。もう一曲歌えるのだ。とっておきのラストソングを。時間はあまりない。3分か5分、とても短い。でもとっておきのラストソングが歌えるのだ。寿命のカウントダウンで残された時間を過ごすのでなくそんな風にアンコールの時間を楽しんでみたらどうだろう。今までの因縁やしがらみやささやかな栄光を忘れて最初にあった自分の姿にたちかえり今一度歌い直してみればいい。そうすれば誰かに歌声が届くはずだ。さぁとっておきのラストソングを歌おう…」。その原稿を書いている途中で杉浦は春子が残していったらしい札束(100万?)を見つける。その札束には「おとしもの」とゆう紙が添えられていた。このお金をとりあえず田舎亭に持って帰った杉浦はどうしようと思案するがとりあえず自分の部屋の額の裏の部分に隠しておく事に。

杉浦のコラムが掲載された日杉浦が田舎亭に戻ってくるとつた子がお酒を持ってきていた。つた子は杉浦に「今日のコラムは私への応援歌でしょう。こんなさりげないやり方であたしの事を応援してくれるなんて杉浦さんも域な事するじゃない」っと上機嫌だった。別につた子の為に書いた訳じゃないけどまあええかっとゆう感じの杉浦。そこに今度は女将が現れて今月で下宿を止めると言った前言撤回して続けると言う。女将はそのきっかけになったのは杉浦のおかげだと話すのだったが杉浦は何の事か?だった。が女将がこれっと差し出した物を見て驚く杉浦。それはあの「落とし物」の添え紙付きの100万円の札束だったからだ。杉浦が額を見上げると額が傾いていた。女将は直接自分に手渡すのが照れくさいからこんな方法(掃除していたら杉浦の部屋の炬燵の上に置いていた)でっと杉浦さんらしいわぁっと杉浦に感謝してこのお金はあちこち痛んでいる部分の家の修繕費に充てさせてもらいますっと笑顔で告げてさっさと立ち去ってしまうのだった。杉浦はあのっとそれはっと話しかけようとするが駄目だった。そこに粒ややと渚もやって来た。当初は下宿お別れの宴の予定だったが下宿存続の宴に変更。共同住宅購入の話も大洞は下宿存続で必要なくなりつた子も杉浦のコラムでやる気が出てまだまだ現役っと断ったとゆう。大洞が傾いた額を直すのを見てハッとした杉浦は「大洞さん。あんた!」っと声をかけるが額を直し終わった大洞は杉浦の方を見てニヤリと笑って自分の部屋に。杉浦は「違~うっ!」っと思わず叫ぶのだった。





なんか途中までは大洞とつた子がゴールイン?とか田舎亭追い出されてどうするどうなる杉浦&大洞って感じでもしかして今日が本当に最終回か?って思ってしまう部分もありましたけど終わってみれば何でも無いまた続きありますよってゆう終わり方でしたね。今シリーズ中に杉浦が定年まであと1年ってゆうのが何度も出てきましたから来年がラストシリーズって事なんですかねぇ。まぁ定年になっても続けようと思えば嘱託とかフリー記者でコラムだけ担当とかゆう形でなんぼでも続けられる様な気もするんですけど。

市原悦子さんがこうゆう連ドラにゲスト出演って珍しいんじゃないですかねぇ。春子の話題は出るけどなかなか本人が登場しなかったのでイライラしましたけど登場してからは流石の存在感でしたね。それにしても市原さんと馬渕晴子さんの姉妹って濃い感じですな(^^;)。若い頃は仲の良い姉妹で青春~中年期には男性を巡って争って疎遠になった時期もあったけど今後の老後は2人で仲良く暮らそうってゆう事ですよね。5000万あれば贅沢しなければ十分でしょうし。

ドラマの中では1億円拾って5000万円ずつ2人にって事でその後もずっと5000万って言ってましたけど実際は5000万丸々もらえませんよねぇ。現実に1億円拾った大貫さんの場合で税金とか引かれて実際手にしたのは6000万円台だったと思いますから。

杉浦の妻子ってゆうのは結局今回も登場しませんでしたねぇ。もし登場する場合は最終シリーズって事なんでしょうかねぇ。
スポンサーサイト



<< 3年B組金八先生8   20話   裏サイトの暴力金八を窮地に | ホーム | フリーズしまくり(T_T) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP