fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2008/03/11 (Tue) 02:04
女刑事ふたり~赤い月連続殺人!!




野坂万里子(南野陽子さん)が夜に赤い感じに見える満月を見上げているとすぐ近くで自転車で夜の巡回パトロール中の警官が全身黒づくめの男に背中をナイフで刺されて死亡する事件が発生する。犯人は万里子に気づきナイフを手に迫ってきたが他にも人の気配がした為か逃亡した。事件の起こった外苑署管内では1ヶ月前にも見回り中の警官が襲われて殺された事件が発生していて同一犯の仕業と推測された。外苑署の刑事川島貴衣子(石田ひかりさん)は上司の高松警部(泉谷しげるさん)から目撃者の万里子の事情聴取を命じられる。川島が犯人の年齢や服装等について質問するが万里子は何も答えなかった。しかし突然持っていたスケッチブックに犯人の似顔絵(帽子にサングラス)をあっとゆう間に描き上げたので川島は驚くが万里子が画家と聞き納得。万里子は顔以外の記憶として全身黒ずくめの服だった事とオイルの匂いがしたと話すのだった。捜査会議で警官狙いの通り魔だとゆう事に。犯人からオイルの匂いがしたとゆう事で整備工等の職業の可能性がとゆう事に。万里子が事件直後で精神的ショックが大きく↑以上の事は聞き出せなかったとゆう川島をこれだから女は使えないっと馬鹿にする高松。

それから半月が経過した夜六本木の自分が経営するワインバーでワインを飲んでいた長井圭一(長谷川初範さん)が何者かにナイフで刺されて死亡する。事件の翌日警視庁捜査一課の一色操警部補(伊藤蘭さん)が外苑署に来て高松に長井殺害事件の捜査の為に川島を応援要因に貸して欲しいと頼む。一色は前にも1度ある事件で組んだ事があると川島にはプロファイリングの能力があり猟奇事件を解決したと説明するが川島の刑事としての能力を全く評価していない高松は女同士って事ですかっと皮肉っぽく笑ってやっかい払いができて良いとどうせなら永久に借りて下さい等と一色に話すのだった。川島と一色は再会の挨拶を交わした後早速事件の話に。長井は殺された晩は自分が連載しているワインのエッセイ(ソムリエとして有名だった)の原稿を執筆する為に1人店に残っていたところをナイフで背中を刺されて死亡。犯人の目撃情報は無し。店内が荒らされ物色された形跡もあるので物取りの線も考えられるが…犯人は長井の左手を切断して持ち去っていたのだった。通常では考えられない猟奇殺人とゆう事で一色は川島に犯人の心を読んで欲しいと協力要請したのだった。長井の死体の第一発見者は店のウェイターの横田篤(神田利則さん)だった。事件の日最後に店を出たとゆうシェフの五十嵐純也 (村杉蝉之介さん)によると長井は携帯電話で誰かを怒鳴りつけていたとゆう。長井の女性関係について五十嵐に尋ねる一色。が長井の恋人の名前を聞き驚く川島。万里子だったからだ。店には万里子の絵が飾られていた。五十嵐によると2人はつきあって3~4年になるが2人の仲は良く長井はいつも万里子からもらった指輪をはめていたとゆう。長井が電話で怒鳴っていた相手は通話記録から万里子だと話す一色に万里子が通り魔事件の目撃者と知っていて自分に協力をだったんですねと隠し事は止めて欲しいとくってかかる川島。一色はそんな事は捜査資料読めばわかるでしょうと淡々と。川島は犯人は被害者の利き腕に執着していてそれが動機でおそらく怨恨だと考える(強盗見せかけはカモフラージュ)。

2人は万里子の家に向かう。その家は長井が借りている家だった。一色は万里子にアリバイを尋ねるが万里子はその夜はずっとここで1人で絵を描いていたと話す(つまりアリバイ無し)。携帯電話で長井に怒鳴られていた事についてはランチの約束をすっぽかして怒られただけで仲か゛こじれたとかではなくちょっとした喧嘩だとゆう。万里子はもうすぐ自分の個展があり亡くなった長井の為にも絵を完成させたいのだとキャンバスに向かう。帰り道「恋人が殺されたばかりなのに絵なんて」っと話す一色に「悲しみを忘れる為に絵に没頭する事も考えられます」っと川島。川島は万里子に疑いの目を向ける一色に統計的に見て女性による猟奇殺人は皆無ですよっと諭す川島。一色もわかっているが万里子に対する疑念があるのだった。万里子に音声を細工した男から「長井は殺されて当然の男だ」っとゆう電話が。それから数日後の夜千駄ヶ谷で巡回中の警官が背中を刺される事件が起こったが今度の被害者上田は重傷ながら助かった。現場に凶器のナイフが残されていたのだがなんとナイフの柄からは長井の指紋のみが検出されるとゆう奇妙な事態に。考えられる事は犯人が切り取った長井の左手にナイフを握らせてからそのナイフを犯行に使ったとゆう事つまり警官連続殺人と長井殺しが同一犯?っとゆう事になり2つの事件が合同捜査本部に。捜査会議で犯人の動機は警察への挑戦か愉快犯っとゆう事に。警官殺しの後に長井を殺してまた警官とゆうのは通り魔事件としてはおかしいのではっ?とゆう意見もでるが長井はソムリエとして有名人だったので面識はなくても一方的に怨恨を持たれる可能性もあるとゆう事で狙われてもおかしくないとゆう事に。聞き込みを徹底的に行う事に。川島は犯人像をプロファイリング。犯人は学歴コンプレックスがあり挫折と敵意と怒りに満ちている。そして権威への憧れと支配への渇望があると。ナイフマニアで20代~30代の男で心に闇を持ちそれは過去の悲劇的理由からだと分析するのだった。が川島の分析を立ち聞きしていた高松は精神分析等捜査に不要だとだから女は現場に邪魔なんだと川島に吐き捨てるのだった。

川島は同期で鑑識課員の末長直人(菊池均也さん)と飲みに行く。お互い結婚には縁遠いとゆう話(末長は川島の事が好きなのが態度に出ているが川島は気づいてない)の後で末長は一色が川島を利用するつもりなのだと署内で噂になっていると忠告するのだった。一色と川島は再び万里子の元に。万里子に長井殺しの疑念を抱いている一色は矢継ぎ早に厳しい口調で警官殺害未遂事件のアリバイ等や通り魔についての質問を浴びせる。万里子は警官殺害目撃の時は食事の帰りで1人歩いていて満月を見ていたら近くで警官が刺されたのだと。犯人が自分の方に向かってきたので殺されると思ったと話す。一色は事件が起こったのは真夜中だとそんな時間まで食事を?っと尋ねるが万里子は長井の店で長井と平友彦(松澤一之さん)と食事していた。平は長井のエッセイ担当の雑誌編集者で長井が万里子の個展の事を雑誌で紹介してくれる事になり食事していたのだと。その後しばらく店に残っていたので帰りが遅くなったと話す。が一色は突然万里子のスカーフをはぎ取る。胸元には殴られた痕らしい痣があった。一色は長井に殴られたのだろう。それで殺したのか?っと語気を荒げて万里子に迫る。万里子は長井は普段は優しくおとなしいが時々自分に暴力をふるう事があったと、でもそれは自分に責任があり怒らせる様な事を言ってしまったからだと泣くのだった。その帰り道川島は一色に今回の事件が通り魔だからそんなに神経質になっているのかっと一色の妹の事件の事を口にする。一色の妹は10年前の雨の夜駅に折り畳み傘を持って一色を迎えに来る途中で通り魔に殺害されたのだった。犯人はまだ捕まっていない。川島は時効まであと5年を切って焦っているのでは?自分を捜査に利用するだけして捨てるのでは?等と一色に疑問をぶつけるのだった。一色はそんなくだらない署内の噂に惑わされてるのかっとそんなだから現場に女は邪魔だと言われるのだと川島は甘い等と話して自分は聞き込み続けるから川島は署で待機する様に告げるのだった。

1人になった万里子は長井との事を回想する。万里子が長井に絵のプレゼントをしたのだが突然長井が「おまえが俺に絵を贈るだとぉ、たいそうな絵描きになったもんだなっ」と10年早いわっと怒って万里子を殴って床に金をばらまいて俺が買ってやるから拾えよっと吐き捨てるのだった。がその後は優しく万里子を抱きしめて俺が必ず一流画家にしてやると話すのだった(典型的なDV男ですな)。一色は平の元に。平も事件の日は会社で1人で徹夜仕事とゆう事でアリバイはなかった。その帰り道に雨になり亡くなった妹の事を思い出す一色。平が憎悪一杯の表情で自室でソムリエナイフで長井の写真をナイフで突き刺すのだった。川島は一色に署を出ますと留守電に連絡した後帰途に。その道中背後に追跡されている気配を感じる川島。足下に指輪がコロコロと転がってきて拾う川島だったがナイフを手にした犯人がすぐ側に。しかし犯人はなぜか刺さずに柄で川島の後頭部を殴りつけ気絶させただけで去ったのだった。万里子にまた音声細工した男からの電話が。男は「約束通り助けたと俺はいつでも側に居る」と話すのだった。そして玄関に行けと言われたので言ってみると玄関先に「マリコへ愛を込めて」っとゆう手紙と長井の指輪が置いてあり怯える万里子。川島は軽傷だったが一色は日下部吾郎(隆大介さん)(役職がはっきりしませんでしたけど会議で前に座って指示してましたから課長以上でしょうね)に1人で行動させた事を責められるのだった。川島は高松に女だったから殺されずにすんだ等とイヤミを言われる。今回の事で川島と一色は裏方に回され捜査本部から外されてしまう。

川島は自分のせいでっと一色に謝るが一色は川島を責める事なく頭の怪我は大丈夫か?とか万が一の為に病院に行った方が良いとか気遣うのだった。なぜ川島が襲われたのだろうとゆう事に。それから一週間後防弾(防刃)チョッキを着込んだ囮の見回り警官が襲われるが犯人が取り押さえられて逮捕された。犯人は相馬俊介(西野恭之介さん)とゆう24歳の男で取調べ室でも反省の色なく俺が全てやったんや等防弾チョッキなんか着やがって等とヘラヘラ笑って思いっきり関西弁でのたまうのだった。川島は面通しするが夜間で黒ずくめでサングラスだった為にそうゆう格好してれば同じ背格好なら皆似ている様にも見えてしまうので断言はできなかった。が同じく面通しした万里子はこの男だと断言するのだった。相馬は工業高校卒業後警察官採用試験を何度か受けたが落ちそれから自動車の整備工をやっていた。がむしゃくしゃしていらつき犯行に及んだとゆう事に。警官で無い長井が含まれているのはたまたまだろうとゆう事に。相馬の家宅捜索が行われるが新聞記事やナイフ類等は発見されたが長井の左手はどこからも発見されなかった。川島はもう1度一連の事件を考えるが犯人の心が読めないと悩みそれは犯人が2人存在するからでは?っと考える。最初の2件の警官連続殺人は満月の夜に起こっているのに長井殺しと千駄ヶ谷と自分が襲われた時は満月ではなかったと。つまり警官殺しは相馬の犯行でムーンマニアック(満月の殺人者)だと、それ以降の事件は模倣犯による犯行だと。模倣犯は凶器で背中刺す等手口は真似たがそれが満月の日ばかりだった事までは気づかなかったのだと。川島は自分を襲った人間からはオイル臭がしなかったと。じゃあどうして相馬は自分がやってない犯行まで認めてるんだとゆう事になるがそれは世間を騒がして注目を集める事に酔いしれる偏執狂なヒーロー願望だろうとゆう事に。事件が大きければ大きいほど良いと。その気持ちが強すぎてこのままだと自分がどうなるのか等まで気が回ってないのだろうとゆう事に。川島は模倣犯の目的は長井殺害だと考えるが高松は犯人の風貌(黒ずくめにサングラス)を世間に公表してない(知ってるのは警察関係者のみ)のに模倣犯はおかしいだろうと吐き捨てるのだった。確かにそうだった。

末長が川島に話しかける。さっき捜査会議中に川島がつぶやいたムーンマニアックについて質問しヨーロッパでそう言われるのだと答える川島。川島は生まれながらの犯罪者等居ないとどんな残虐な犯罪者でも何か理由があるのだと話す。末長はだから川島の心理分析が役立つのだと励まし川島も礼を言うのだった。万里子は個展用の最後の絵を描きあげ画廊主に褒められる。がそこにまた男からの電話が。「君のためにやったと。愛しているんだ。わかってくれと」。長井殺しの日の相馬のアリバイ(ゲームセンター)が立証されたのだ。つまり川島の推理通り模倣犯の別の犯人が居る事に。万里子から川島に電話がかかってくる。万里子はこれまでは個展があるので黙っていたがずっと脅迫電話がかかってきていたのだとうちあける。が突然万里子が悲鳴をあげて電話が切れてしまうのだった。川島が一色と共に急いで万里子の家に向かったが家の中は荒らされて万里子の姿はどこにもなく拉致されたのか?っとゆう事に。川島は部屋で男からの万里子への手紙「マリコへ愛を込めて」と長井の指輪を見つけて犯人は万里子のストーカーだと推理。そのストーカーは万里子をつけていて相馬が警官を殺す現場を目撃したのだと推理。長井が万里子に暴力ふるう場面を目撃したストーカーは長井を殺害して利き手の左手を切り取り長井に勝利したと考えたのだと。その左手は戦利品として保管しているのだと。しかし万里子が一色に長井殺しで疑われている事を知り万里子を容疑者から外す為に警官や川島を襲ったのだと考える。一色が長井の指輪を見て“FROM T”と掘られている事に気づき万里子から贈られた物では無いと気づく。長井の周辺でTとゆうと平だとゆう事で平の元に。指輪を示された平はおねえ言葉になり長井とホモ関係だった事を認めたのだった。半年前に出会って関係になったと。平は万里子の事は知らず当初は長井が男性にしか興味が無いと思っていたとゆう。それがバイ(両刀使い)だったとは。万里子と長井が男女の関係だと知った時嫉妬心がわき起こった。長井は自分が嫉妬するのを見て楽しんでいたのだと。平はいっその事自分が長井を殺したかったとそうすれば永久に私の物になったのにと。平は万里子をあのしたたかな女がっと吐き捨てる。長井が万里子に夢中のストーカーが居ると話していた事があったと。長井はその男がとても珍しいワインを持っているとゆうのでそのワインと万里子を交換してやっても良いとからかったとゆう。

川島は独自の分析開始。長井が殺された時に飲んでいた赤ワインは「ルサージュ」とゆう現在は蔵元が倒産した勝沼産の珍しいワインだった。「ルサージュ」とは学識のあるとか賢人、賢者とゆう意味があった。川島は平に電話して長井が今度のエッセイで何のワインについて書く予定だったのか尋ねてイタリアの「トレビアーノ」とゆう白ワインだった事を知る。長井があの晩これからエッセイを書こうとするワイン以外の物を飲むなんて不自然だっとゆう事に。つまり「ルサージュ」のワインはあの晩犯人が持参した物だと。長井は警戒心が欠如してワインを飲んでいるところを刺されて殺されたのだと推理した。川島と一色は勝沼に行き「ルサージュ」の蔵元の浅川醸造所について同業者小菅(不破万作さん)に尋ねる。小菅は「ルサージュ」は確かに素晴らしいワインだったがこの辺りでは愚者のワインと呼ばれていたと、社長の浅川は酒造りに関しては真面目だったが家庭では暴力亭主だったのだと。その為耐えきれなくなった浅川の妻は男の子を連れて家を出たのだと。1人残された浅川は酒浸りになりワイン作りまでおろそかになりやがて倒産して浅川も病死したと。川島は浅川の妻子の行方を尋ねるが小菅は知らなかった。しかし浅川の幼かった息子は当時天才と呼ばれていたとゆう。なぜなら息子は酒のラベルや産地を1度見ただけで完璧に記憶してしまったからだとゆう。川島はこの話を聞いて浅川の息子が記憶する天才つまり“直感象素質者”だと考える。川島は浅川の息子が犯人だと。その天才的な洞察力で1度目撃した相馬の服装や凶器を見て真似る事ができた。子供の頃の経験から暴力を憎む心がありそれで長井を殺したのだと推理。川島と一色は今は廃屋になっている浅川醸造所に。川島は建物の中の冷蔵庫を開けて長井の左手を発見する。川島が一色の元に戻るが横田が突然現れて一色の足をナイフで刺して川島に迫る。川島はあなたが浅川の息子だったのね?っと横田に。横田は万里子をストーカーしていて長井が万里子を殴る現場を目撃した。その時に万里子が自分に気づき唇を動かして“たすけて”っと訴えたが見ているだけで助ける事ができなかったと話す。横田は川島に襲いかかるが飛び出してきた万里子が横田と格闘になり横田が持っていたナイフで横田を刺したのだった。横田は逮捕され病院に搬送される。その場所にはシェフの五十嵐も監禁されていた。

万里子は横田が自分のストーカーだとは知らなかったと。突然拉致監禁されて怖かったと。車の中で縛られていたと。万里子は横田が意識不明と聞き助からないのか?自分は大変な事をしてしまったと落ち込む。川島はおそらく正当防衛が考慮されますと万里子に。万里子は個展の為だったとその為に自分のしてしまった事がショックだと話す。横田とは長井の店に来た時に挨拶するぐらいで話したことは無いと、いつも見られていた事にも気づいてなかったと。川島は矛盾を感じる。横田は万里子が自分の存在に気づいて“たすけて”っと訴えたと言っていたからだ。横田が意識を取り戻した。川島と一色は鑑識である指紋を鑑定してその結果まだ事件は解決してないとゆう事で万里子の個展会場に。2人は万里子に横田が意識を取り戻して長井を殺したのは万里子で自分は左腕を切り取っただけだと告白したと話す。万里子はそんなの嘘よっ私に罪をかぶせようとしているっと話すが川島はあの時長井は一部始終を見ていたのだと。万里子が店に来る前に横田は「ルサージュ」を持参して長井に会って万里子と別れてくれる様に頼んでいた。そこに万里子がやって来た為に長井は隣の部屋で横田を待たせた。これは人の嫉妬心を楽しむ長井の趣味だった。そんな横田の告白を信じるのか?っとゆう万里子に横田は特殊な“直感象素質者”だから利用したのだっと川島。証拠はあるのかっとゆう万里子に横田の車にあった缶コーヒーの缶を見せて万里子の指紋が検出されたと告げる一色。万里子は車の中で縛られていたが横田に渡されて飲んでその時についたのだと答えるが一色は缶コーヒーの缶2つの両方から万里子の指紋が検出されたとこれはつまり万里子が缶コーヒーを買った事を意味している(横田が買ったのなら両方に万里子の指紋がついているのはおかしい)と口封じで横田を正当防衛にみせかけて殺そうとしたんですねっと指摘。

すると突然逆切れして叫び始める万里子。私の個展会場で侮辱する気か!名誉毀損で訴えてやる!っと怒り川島と一色に出て行けとゆう。万里子の変貌ぶりに個展会場のお客らも奇異の目で万里子を見つめる。万里子は「そんな目で私を見ないでよ。絵を見に来たんでしょ。私が長井を殺したのを見たとゆうのか。ここは個展会場よ。私の絵を見てよ」っとその場に泣き崩れるのだった。冷静になった万里子は全てを告白。長井のおかげで絵に没頭できる様になったがその代償がちょっとした事で殴られ続ける日々だった。しかしもう以前の様な安月給で働きながら必死で絵を描くなんてゆう生活にも戻れなかったと。長井は万里子の絵が注目される様になってくると態度がコロリと変わったと、あの男は自分より上に立つのが許せないのだと。個展用に描きあげた絵をナイフで引き裂いて自分を殴り「ちょっと注目されたぐらいでいい気になるな、俺がその気になればこんな個展なんてつぶせるんだ」っとお前は一生俺の飼い猫だと吐き捨てたとゆう。もう我慢の限界だったと。電話で怒鳴りつけられた日に長井が夜に1人で店でエッセイを書くのがわかっていたので強盗に見せかけて殺害しようと決めて夜食を持ってきたと長井の元に。長井はこれは珍しいワインで愚者のワインだと話すが万里子は「愚者はあんたよ!」っと背中から刺し殺したとゆう。その現場を横田に見られていたのは知らなかった。謎の電話の男が横田だとわかったのは面通しの時に見た相馬が関西弁だったので電話の男では無いとわかった、で自分の身近に居て自分を見ている人物っとゆう事で横田だとわかったと。それで自分が横田に拉致された様に自作自演して横田を呼びだして誘って勝沼に来て正当防衛に見せかけて殺すつもりだったと。五十嵐が疑って電話して来たので横田に拉致させたと。川島と一色がやってきたのは誤算だけど利用できると考えた(刑事なら正当防衛にうってつけ証人になる)。今回の個展は自分の人生にとって最大のチャンスで逃す訳にはゆかなかったと、自分は画家になる為に生まれてきたのよっと話す万里子にあとは署で話を聞くと一色が声をかける。川島は横田の母親はDVに苦しんで横田と家を出た後横田が10歳の時に病死した。横田にとっては自分が母親を守れなかったとゆう苦しみと悲しみがあり自分の母親に万里子を重ねて助けようとしたのだと。そんな横田を自分の野心に利用して何とも思わないのかと万里子に尋ねる。横田が告白したとゆうのは嘘だと、横田は意識を取り戻してからも万里子を守って沈黙を守り通していると話すが万里子は「ちゃんと消せば良かった」っと淡々と言い放つ。川島は「あなたに良い絵なんて描けるはずがない」っと万里子に。

事件解決後高松が一色に川島を署に戻してくれる様に永久貸し出しは止めにしてくれと告げる(今回の事で川島を認めた)。川島と一色は万里子は自分に無い“直感象素質者”の横田に嫉妬したのだはないかと。絵描きにとってそうゆう才能があればもっと良い絵の内容を残せたのじゃないかと。万里子は自分の才能の限界を超えて上を目指していた、才能の無さを情熱で埋めようとした、悲しすぎるほどの情熱でっと振り返るのだった。一色は川島の才能は犯罪者の心理を読むのじゃなくて人に対する思いやりだとそれが一番の才能だと話して末長から指紋照合の時には必ず一色の妹の事件の犯人の指紋と照合してくれる様に川島に頼まれたとうち明けられた事を話して礼を言うのだった。川島も署内で流れた噂なんて信じてませんと話して妹さんの事件で役に立てるのならいつでも力になりますと笑顔で答えていつかまたパートナーになりましょうと約束するのだった。









シリーズ2作目でしたけど1作目放送が平成14年の9月でしたから5年半ぶりの2作目だったんですね(^^;)。今回のドラマも撮影は4年ぐらい前だったはずなのにどうしてこれまで放送されなかったんでしょ。内容的にはまだまだ続くってゆう感じの終わり方ですけど続編が撮影されているってゆう気配は無いみたいですからこれで終わりなんですかねぇ。女版「相棒」みたいな感じで私は好きですけど。

一色の妹が10年前の雨の日に自分を傘を持って迎えに来る途中に通り魔に襲われて殺されてその後一色が晴れの日にも必ず傘を携帯する(前作ではそうでしたけど今回はそうでもなかったですよね)っていうのは同じ土ワイドの「京都殺人案内」の音川刑事と重なってしまったんですけど。音川の場合は傘持って迎えに来た妻が車のひき逃げにあって死亡でしたけど(後のシリーズ中にその犯人が別の事件起こした事から逮捕につながるってゆう展開でした)

プロファイラーの刑事が主役ですから内容は猟奇的もしくは異常心理の犯罪者って事になりますよね。前作の犯人の動機は子供の頃家業の花屋の仕事で精一杯でストレスのたまった母親に虐待されたっていうのと教会に行って神様にお祈りしたが全然効果がなかった(その為にその教会に放火)事があって、成人してから母親と同じ様な仕事で頑張ろう目立とうとする女性をターゲットにして自らの手で殺害し胸に十字を刻む事によって魂を浄化させてやろうというとんでもない猟奇的な考えになっちゃったっていう犯人でした。殺害する前の女性の怯えて怖がる表情とか殺害後の姿をポラロイド写真に撮ったりっていうのとか死体を人目につきやすい場所に半裸で放置っていう変質的でした。そしてその犯行のきっかけとなったのが川島が制作した性犯罪防止の小冊子を犯人が見てっとゆう事で。前作は刑事役だった羽場裕一さんが殺されるとゆう驚きの展開もありましたけど。

前回は殺人に関しては全て同一犯でしたけど今回は2人犯人が居てややこしいってゆうのはありましたよね。犯行動機は相馬は警官になりたかったが試験に落ち続けてむしゃくしゃしてその反動が警官に向かったってゆうのと万里子はDV男に耐えながら自分の夢の画家を目指していたがその夢を奪われて一生飼い殺しにされるってゆう事での殺人でしたね。その画家をかばって殺人未遂や死体損壊までやった横田は幼い頃に父親が母親を殴る現場を目撃してその母親が病死してトラウマになっていたとゆう事で。川島の同期の末長が突然登場してきたので相馬が捕まるまではもしかして犯人?っとか思ってしまいました(^^;)。

“直感象素質者”ってゆうのは音楽やる人の“絶対音感”みたいな才能なんですかねぇ。“ムーンマニアック”ってゆうか満月の晩に実際犯罪が起こりやすいってゆうの前に何かで聞いた様な記憶もあるんですけど実際のところどうなんですかね。

石田ひかりさんはどうなんですかねぇ。復帰されてからはちょこちょこドラマにゲスト出演はされてますけどまだ主演ってゆうのは無いですよねぇ。伊藤蘭さんの一見クールで冷たそうだけど実は優しい刑事役ってゆうのも良いですねぇ。ショパンのこうゆう女泣かせの悪役は良いですねぇ。松澤一之さんのホモはワロタ。ショバンとのラブラブシーンがあれば良かったのに(^^;)。南野陽子さんの2サスの犯人役ってこれまでありましたっけ?。悪女で殺され役と刑事で事件解決側だったのは記憶にあるんですけど。泉谷しげるさんはわかりやすい典型的な男尊女卑キャラ(団塊の世代の刑事に多い)でしたねぇ。まぁ最後は川島の事を認めてましたけど。隆大介さんってもっと活躍しても良い渋い俳優さんだと思うんですけどねぇ。

前回は川島と同居している弟役で高橋一生さんが登場してましたけど今回は登場無しでしたね。高橋さんも1作目の頃は2サスによく登場されてました(犯人役もありました)けど最近は連ドラ「医龍2」の外村役とか大河ドラマ「風林火山」の武田信玄の側近の駒井役とかで活躍ですね。
スポンサーサイト



<< 篤姫  10話  御台所への決心 | ホーム | 2008年1月~3月期の個人的連ドラ順位(3月9日終了時点) >>

コメント

犬は見た!&誤算

復活されたんですね^^。ときどき不安定という状況なの
かな。だとしたらコメント控えた方がいいのでしょうか?

≪犬は見た!≫
火事が起き夏実は搬送。置いてきぼりレイラがウロウロし
てたら(逃げて来られたのね~)と思っても表面上異変を
感じたフリとかしないんでしょうか>敏子。大型犬がさ迷
ってたらオカシイですよねえ。

康代も病院の外で「レイラ~!」と抱き合うも保護してや
らず、野良生活を余儀なくされちゃったり(そうじゃない
と自由に動けないから活躍も出来ないけどw)

犬は真実を語る信奉者の裕子もヘンで面白かったけど。い
くら賢くても人工呼吸器を倒して他の人に危険を知らせる
っていうのまでは訓練でも受けてないと難しいのでは。
てか簡単に犬が出入り自由な病院もどうかと。

稲村を躊躇なく刺した康代に爆笑しちゃったんですけどw
「え!もっとためらってひと呼吸ぐらい空かすでしょ?」
と思ったのに。車の事故で稲村は姉妹をなきものにしよう
と企んだが、失敗したので今度は夏実だけ何とかすれば配
偶者として彼女のものは自分の手に入ると考えたんじゃな
いですかね。

先日、環境問題(?自信なし)シンポジウムのゲストに吉
本さん出てましたよ。チラ見だったので、またはその様子
が流されたニュースかもしれません。

ミッキーは独身者扱いばかりですよね。年齢的には小さい
子供の父親役があってもよさそうなのに。若く見える、っ
て取ればいいのか?

2ドラでは久しぶり?>渡辺裕之さん。秋本さんは出演作
続いてますよね。撮影が2~3年前でも放送で時期が重な
ることって多いんでしょうかねえ。クール・ビューティだ
から勝ち気なキャリア・ウーマンとかミステリアスな愛人
に配役されてしまうんでしょうね。少なくともおっちょこ
ちょいな「はるちゃん」ってイメージじゃないな。
そうそう、殺人未遂のお咎めなしって軽く流された感(^^;
)

≪誤算≫
もっと各々暗躍するのかと。京子はお菓子(高カロリー)
戦法だけど食べ物に神経尖らせなきゃいけない人に故意に
高カロリーもの与えて殺人未遂にならんのかね?確か海外
かもですが、夫に早く死んでもらうため毎日のように脂っ
こいメニュー作った妻に殺人(未遂かも?)罪適用された
とか訊いたことあるんですが・・・

はじめから恵太に全幅の信頼を寄せていましたが。嫡出子
達からは疎まれ仲は普通考えて良くはないとは思うけど。
妻になったとしてもならなくても、奈緒を陥れ財産をもら
う方向で手を組んでる可能性も否めないじゃないですか。
そこはヒヤヒヤしました。

あと入籍をなぜ一緒にいって確認しない?そしたらすぐ解
ったのに。恵太も連絡はいくらでもできただろうに。突然
失踪はドキドキさせられました。

山崎が美恵子に気がある風なニュアンスとでもいうのでし
ょうかねえ。ならもっと上手く導けばいいものを(オイ)

弁護士と次女が繋がってるんだもんなぁ。この2人的には
めでたし、めでたしか。奈緒の居場所つきとめる敏也もス
ゴイけど、その敏也を捜し出して協力させる遠山も悪い奴
よのぅ。今後も敏也には要注意。若い女と再婚できたとし
てもすぐ愛想つかされ離婚じゃん?そうなると人のいい奈
緒に付きまといそう。最後は恋の予感も漂いつつ、明るい
雰囲気でしたけど。

解らなかったのがリハビリ散歩で丈一郎が話してたら、う
しろに奈緒の姿はなくてその先で両手を広げここまで来て
下さいと言った際にムッとして杖で奈緒の肩を打ったでし
ょ。俺の話しをちゃんと聞かんか!なのかこっちにおいで
的子供みたいな扱い方に怒ったのかどっちだろう?

パソコン快調です

≪犬は見た!≫
確かにドラマの冒頭で彷徨っていたレイラを捜して保護した敏子ってゆうのはドラマ終わってから考えると変でしたよねぇ。レイラを火災起こすのに利用したって事はレイラが火災で夏実と共に死ぬって事も計算に入っていたでしょうからねぇ。むしろ犬とはいえ生きてられたら困るって思うんじゃあって感じが。

康代もレイラ可愛がっている感じの割にはけっこう放置プレイwでしたよねぇ。まぁ病室の中に入れる訳にはゆかない自身もほとんど病院に泊まり込む訳にもゆかないからって事だったんでしょうけど。それにたまきさんご指摘の通りレイラ動き回らないと“犬は見た”になりませんもんねぇw

そうそう人工呼吸器倒したのはどう考えてもたまたまだったんじゃあって感じですよねぇ。倒したら非常用電源で警報が鳴るなんて仕組み犬にわかる訳ないですし(^^;)。確かにいくら夜間で人が居ないっていっても犬が簡単に病院の中の病室にってセキュリティ甘過ぎでしたよねぇ。それに正面玄関みたいな所から入ってた様な気がするんですけどあの時間だったら非常口みたいなところしか開いてないんじゃあってゆう気がするんですけど。それにしても建物の外から夏実の病室まで迷うことなく一直線ってレイラの嗅覚凄すぎですな。でもそういえば私が昔借っていた犬(スピッツと柴犬の混血)が家で繋がれていた首輪外して私の通っていた中学校(家から徒歩15分ぐらい)の教室まで来ちゃったってゆう事がありましたから。休憩時間私がトイレから戻ると教室がざわざわどよどよ。何かなっと思ったら私の席の椅子にわんこがちょこんと座ってて尻尾ふっててワロタ(^^;)。犬の嗅覚ってすごいなぁっと思った瞬間でした。

康代が稲村刺すシーンは確かに、刺せるもんならさしてみろっと稲村が言い終わらないうちにあっさり背中からブスッっと刺してましたもんね(^^;)。最初から殺る気満々でしたよねぇ。だから尚更殺人未遂不問ってゆうのがねぇ。夏実と康代の両親の話ってゆうのが全然出てきませんでしたよね(死んだってゆう話もなかったですし)、康代は実家の家に住んでいるみたいでもなかったですから両親死んでいるとしたら誰も実家に住んでねえのかよって感じになりますし妙。姉妹の設定とか脚本がおかしいですよこれ(^^;)

吉本さんここ数年は女優活動はされてないみたいですね。環境問題とかアウトドアライフみたいな番組とか取り組みされているみたいで。女優さんの趣味も様々ですもんねぇ高樹沙耶さんの潜水みたいに。

ミッキーはイメージ的にお父さん役ってゆう感じがしませんもんねぇ。まぁ今後は増えてくるのかもしれませんけど。

渡辺裕之さんで2サスってゆうと火サスの「身辺警護」ですかねぇ。金プレ枠でも昔犯人役(最後に自殺)見た記憶ありますけど。秋本さんもたまには違った感じの役やってもおもしろいかもんって感じしますよね。「鹿男あをによし」の児玉清さんみたいに誠実なイメージの人が腹黒い役ってゆう意外さもおもしろいですし。
)

≪誤算≫

ドラマはじまる前はもっとドロドロかと思ってましたよねぇ。糖尿病の人に菓子(高カロリー)戦法ですけど罪に問うのは難しいんじゃないですかねぇ。この場合は本人も納得して食べてる訳ですし(^^;)
塩分濃い物ばかり食べさせて脳梗塞か心筋梗塞起こさせるってゆうのもあり得ますよねぇ。

恵太と他の姉妹の確執は確かに全然なかったですよねぇ(^^;)。恵太ですけど丈一郎が死んだ時親族が皆集まっている中で恵太だけ行方不明だったら普通真っ先に疑われるんじゃあってゆう気もするんですけどドラマでは全然でしたよね。恵太は奈緒と組んで奈緒が相続しないと自分の取り分は増えませんから他の兄姉か誰かと組んで奈緒陥れてもあまりメリットが無いのでは無いかと。奈緒をはめて犯人にしても奈緒の相続自体が無効になるだけで結局法定相続分だけでしょうし。

確かに入籍自分で行けよってゆう感じもしましたよね。携帯で何日間も連絡つかないってゆうのは変でしたよねぇ。そんな事態になってるのなら尚更すぐに電話するのが普通なんじゃあって感じで。

山崎が指示するのならもっと他にいくらでも病死に見せかけて殺せたんじゃないのかって感じがしたんですけどねぇ。寝室で発作で亡くなる様にすれば山崎が来て病死と判断して終わりだったんじゃあって感じが。 なんであんな皆集まっている日にわざわざって感じが

弁護士と次女はまんまと上手くいったって感じでしょうね。7分の2って事は約6億ですもんねぇ。非嫡出子の恵太でも約3億ですからねぇ。敏也は最初から遠山が呼び寄せたんじゃないですかねぇ。敏也は確かにこれからも金に困ったら奈緒の前に現れそうですな。自分が浮気しておいて離婚届け出すのが遅かったから結婚できなかったから慰謝料よこせはワロタ。

丈一郎が奈緒殴ったシーンですけど、俺が恥忍んで一生懸命話してるのに話をちゃんと聞かんか!ってゆうのもあったでしょうね。あれだけ離れた場所に移動していたって事は全然聞いてなかったんでしょうし(^^;)。その直後に笑顔でおちょくる様に(奈緒にその気はなくても丈一郎にはそう見えた)奈緒に手招きされて血がカ~ッと上ったんでしょうねぇ。でも殴った後でよく考えたら俺の体の事心配してくれてるしこれまでの看護師の中では一番良いって事で反省して500万残す発言にって事だったのではっと。お金でしか誠意を形で表せない寂しい老人でしたけど。あれ以降丈一郎が奈緒に対しては素直になりましたもんね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


千駄ヶ谷 完全無料 出会い系

若妻とタダでHをして感謝までされた秘密の方法 \0まずは専用メアドを用意しましょう。Yahoo!やGMailがお勧めです。 \0人妻が多く登録している無料出会い系サイトに登録しましょう。当方の調査によると、奥様方の登録サイト数は 2から...


 BLOG TOP