fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2008/03/12 (Wed) 20:04
あしたの、喜多善男   10話    最終章!!絶望をのりこえろ!

マンションの部屋で寝ていて目覚めた矢代平太(松田龍平さん)は喜多嘉男(小日向文世さん)がネガティブ善男と話しているのを目撃して驚く。ネガティブ善男は薄目でこちらの方を伺っている平太を実ながら「おまえはこいつに騙されてるんだぞ!」っと善男に言うが善男は「平太さんは良い人だ!」と平太を擁護するのだった。平太の目には善男が誰も居ない方向に向かって独り言を言っている様にしか見えなかった為善男に話しかける事もできずそのまま寝たふりをするのだった。みずほ(小西真奈美さん)から平太に三波(今井雅之さん)が生きていたと善男の自殺を止めようと思うなら三波に会わせる様にとゆう電話が。善男の自殺を止めたいと思っている平太はは善男に三波が生きていた事を告げて会いに行くように言うが善男は拒否する。が結局平太に強引に連れて行かれる形でタクシーに乗せられて三波の元に向かう。

いつもの様に黒いスーツで出社したみずほだったが会議室に会社の重役?(これまで全然登場してませんけど年輩の人ばかりでしたよね)等が居て何事?っと驚く。森脇(要潤さん)がみずほに自らの意志で社長を辞職して欲しいと迫る。なぜ?っとゆう感じのみずほに前社長鷲巣(神保聡志さん)の保険金殺害の容疑がみずほにかかっている(ボート爆破した実行犯の男が自白した)と告げる森脇。そこにどかどかと刑事がやってきて実行犯の男の携帯にみずほの携帯との通話記録が残っていたと指摘し追いつめられるみずほ。みずほが容疑者になった事を聞いた杉本(生瀬勝久さん)は驚く。杉本のこれまで外れた事の無い勘ではみずほはシロだったからだ。杉本は誰か(真犯人)がみずほが使っているのと全く同じ携帯を使ってすり替えて実行犯の男との通話記録を残してみずほをはめたのでは?っと考える。そしてそんな工作が可能なのはみずほの身近に居る人物だと。

長谷川リカ(栗山千明さん)は闇金の男丸山(眞島秀和さん)に善男殺しはどうなったのか?っと尋ねるが部下のミスと邪魔が入って失敗したと言われ慌てる。明日までに善男を殺さないと、善男に自殺されてしまったら3000万の保険金が入らなくなってしまうからだ。リカは丸山に早く善男を殺すようにと急かして電話を切る。丸山は失敗した部下2人にヤキを入れるがそこに刑事らが踏み込んできた。昨日善男が襲われた時の犯人の車の番号を杉本が調べて警察に電話したのだった。丸山と部下2人は逮捕される事に。

タクシーの中で自分が11日後に自殺する事を決意した掌の“11”の形の傷を見つめる善男に「だいぶ薄くなってきたじゃん」っと声をかける平太(善男は髪の毛の事かっと気にしてましたけど^^;)。三波が居る倉庫の前まで来たものの逃げようとする善男。しかし足がもつれて転倒してしまう。倉庫で11年ぶりに三波と再会する善男。三波は意外な事に満面の笑顔で「喜多さん、喜多さん、喜多さん…」っと名前を呼びながら善男を熱く抱きしめるが善男の方はどう反応して良いのか戸惑う状態だった。
平太は三波に「ちゃんと説明しろよ!あんたは何で生きてんだよ?。喜多さんはあんたの命日に死ぬつもりなんだぜ!」と怒り問い詰める。三波は「おまえは喜多さんの事を何にも分かっちゃいない」と平太に。三波は自分は心理学者だから喜多さんの事は全てわかると「この人はとっくに知ってたんだよ。俺がなぜみずほと結婚させたか…」っと自分とみずほが多額の保険金をかけて殺そうとしていた事も全て気づいていると話す。善男は否定するのだったが三波は自分が11年前に善男にしようとした事について謝り暗示で自殺する様に仕向けるなんて無理だったのだと話す。するとネガティブ善男が登場して「ほら、こいつはお前の恩人なんかじゃないんだ!」っと善男に。善男は隣に居るネガティブ善男に消えろ!っと叫ぶ。そんな善男の様子でネガティブ人格が見えている事を悟った三波はネガティブ人格は暗示のせいではなく善男自身がが作り出した物だと、自分にとって嫌な現実を見ないですむ様に&過去の嫌な思い出を消す為にそうゆう部分を全てネガティブ人格に押しつけたのだと説明する。自分の横でものすごい表情をして自分に迫るネガティブ善男と対決する善男。善男は過去の辛かった事を次々と思い出す。結婚したみずほが自分の事を愛してないとわかった時の事や訳のわからないうちに多額の生命保険に入らされた事等。みずほと別れてからの11年間の気の抜けた様な日々(カップラーメン生活&借金取りに追われる日々)や偶然出会った平太が自分に優しくしてくれるのには裏がある事に気づいている事等善男はそれら全て辛い記憶をネガティブ善男に押しつけて封印して現実逃避していたのだ。ネガティブ善男はますます狂気じみた不気味な笑みを浮かべながら善男に「おまえに最悪の絶望を味わってから死んで欲しいんだよ!」と迫るのだった。三波はネガティブに押されて負けそうになっている善男にネガティブと正面から向き合って一つにならなければ駄目だと忠告する。そして善男はネガティブと一つになったのだったが…善男を心配して駆け寄った平太をいきなり突き飛ばす。これまでの善男からは考えられない行動の為驚く平太。平太の目の前に居るのはこれまで見た事の無い善男だった。

善男は感情を爆発させて「ああ全部分っていたさ!もううんざりなんだよ!皆俺を騙す事しか考えていない。保険に入らなかったら…みずほが俺と結婚してくれたか?一緒にいてくれたか?」と三波に叫ぶ。そして平太にも「何が死ぬなよだよ!保険に入らなければあんなに優しくしてくれるわけがない。どうせ裏があるんだろ?みんな俺を騙すことしか考えてない!自分が得する事しか考えてないんだ!もううんざりなんだよ。こんな世界!騙されなきゃ誰も俺を愛してくれない。俺はずっと独りなんだ。こんな世界大嫌いだ!俺は俺のことも大嫌いだ!喜多善男なんて…この世から消えちまえばいいんだよ!」
っと叫んで三波と平太の前から去り倉庫の外へと消えたのだった。善男が去った後どうすれば善男の自殺を止められるんだよっと困惑する平太。ネガティブと一つになり逃避していた現実を受け入れて向き合った。がそれは自殺を考えている現在の善男にとっては更に深い絶望に襲われる状態になってしまったとゆう事に。しかし三波はそれでも現実と向き合わなければ絶対にそれを乗り越えられないのだと「これが俺にできるせめてもの償いだ」っと平太に話す。平太は倉庫を出て善男を追いかけるが見失ってしまうのだった。

森脇から平太に電話が。みずほが社長辞任となった為にみずほが平太に払うと約束していた2000万の話は無くなったと告げて電話を切る森脇。リカの携帯に刑事から電話が。闇金の男の名前等を出されてまずい事になったと感じたリカは逃亡しようとしたが張り込んでいた刑事らに見つかり手錠をかけられて逮捕されてしまう。闇金の男が保険金殺人未遂で逮捕されたとゆう事になれば当然依頼者であるリカにも罪がとゆう事に。みずほは悩んだ末に仕方なく社長辞任同意書に署名捺印して森脇に渡す。みずほは自分は鷲巣殺しの犯人では無いと森脇に告げるが森脇は「僕は犯人知ってるんですよ」っとみずほに顔を近づけて「犯人は、あなたです!」っと告げるのだった。そんな森脇に「初めてあなたが魅力的に思えたわ」っと告げるみずほ。以前ならみずほの事が好きだった森脇は大喜びっとゆう所だが殺人容疑者で社長辞任したみずほにはもう用は無いとゆう感じに。刑事が来て任意同行されるみずほ。

平太は夜の街で善男を捜すが見つからずおまけにリカに電話してもつながらなかった。仕方なくキャバクラに戻るとなんとそこに善男が訪ねてきた。善男を捜していた平太だったが自分とリカによる保険金殺人の事も気づいていた善男がどうして自分から戻って来たのか戸惑う感じに。缶コーヒーのやりとりの後善男は平太に借りていた携帯を返す。善男は平太と本当の別れをする為に戻ってきたのだった。平太は自分たちがお金の為に善男を利用しようとしていた事をあらためて告白し計画も何もかも駄目になってしまって善男が生きようが死のうがどうでもよくなったのだと告げる。平太は善男にどこでどうやって死ぬつもりなのか尋ねる。善男はみずほとの短い結婚生活の中で唯一思い出の場所が、みずほと一緒に行こうと思っていた場所あるのだと話すが平太は「またみずほかよ」っと呆れ気味。善男は自分がみずほに騙されていた事は知っていたがそれでもたとえ一瞬でもみずほと心がつながった瞬間があるとと感じた場所があると。その場所に行って死ぬつもりだと話す善男に「喜多さん、俺も一緒に…」っと平太が声をかけようとした時突然キャバクラ嬢らが来て久しぶりに会った善男を取り囲んで「死ぬのやめなよ」等と声をかけるのだったがそこに突然刑事らがやって来た。平太を逮捕しに来たのだと感じた善男は咄嗟に平太をロッカーの中に押し込む。刑事らは善男に保険金殺人されそうになった被害者として話を聞きたいと既に善男を襲った男とリカを逮捕した事を告げるのだったが善男はそれは違うと生命保険に加入したのは自分の意志でリカと平太に頼んだのだとそれに2人は良い人で自分が自殺しようとするのを止めてくれた等と話し誰からも命を狙われた覚えなど無いと話して平太とリカをかばって嘘をつくのだった。刑事は「あなた殺されかけたんですよ!」っと再度問うが善男は「何かの間違いでは?」と答える。刑事らは平太がこの店に隠れていると感じて家捜ししようとしたがキャバクラ嬢が「平ちゃん逃げて!」っとフェイントで2階の方に向かって話しかけ刑事らはまんまと2階に。善男はロッカーの外から「平太さん、さよなら」っと別れを告げ店の外に。平太もロッカーから出て必死に自分をかばってくれた善男を追いかけるが善男の姿は夜の街に消えてしまったのだった。

平太は善男が使っていたマンションの部屋に。するとそこに宵町しのぶ(吉高由里子さん)が来ていた。しのぶはあの誘拐騒動の2000万寄付の後2000万アイドルとしてすっかり人気者になってしまって超ハードスケジュールになっていた。その間も善男の事が気になってこっそりと抜け出そうとしたのだがマネージャーに監視され動けなかったのだ。それでも何とか抜け出してここに来たのだった。しのぶは善男を死なせちゃ嫌だと「善男ちゃんを死なせないでよ」っと泣き崩れて平太に懇願。平太は善男が行こうとしている場所を探る為にみずほに電話する。みずほは警察に居たが任意同行なので電話通話は許されていた。みずほは平太から善男が最初から全て知っていた(保険金殺人目的でみずほが自分と結婚した)とそれでも幸せだったと言っていたと聞かされて驚く。平太は善男が一瞬だが2人の心が繋がって一緒に行こうとしていた場所があると話していた事を告げその場所を尋ねるがみずほは思い出せなかったのだった。平太はみずほの居場所を聞き会いに行こうとするが警察の為平太は行けないとゆう事に。みずほは平太の電話を切った後に何かを思いだした様に「クリスティーナ」っとつぶやくのだった。夜の街を1人さまよい歩く善男。善男が死ぬと決めた11日目がやって来ようとしていた。








三波が生きていると知って当初の三波の命日に自殺するとゆう事が意味が無くなってしまった善男でしたけど三波によってネガティブ人格と同一化した事によってこれまで現実逃避していた嫌な思い出が全部こみ上げてきて他人に騙される事でしか利用価値の無い自分が生きていたってっとゆう思いに襲われて自殺願望はますます強くなってしまったってゆう感じでしたよね。

善男とみずほの思い出の地ってゆうとどこなんでしょ。みずほが「クリスティーナ」ってつぶやいてましたけどあれって画集の名前ですよね。平太としのぶがその場所をつきとめられたとして果たして善男の自殺を止められるんでしょうか。もしかしてしのぶが鍵を握る事になるんですかねぇ。しのぶは善男を騙すとか利用するつもりで近づいた訳でも無いですもんねぇ。利用するとゆうよりは誘拐騒ぎに巻き込んで振り回してしまったとゆう感じでしたけど(^^;)。結局あの誘拐騒ぎ以降しのぶと善男は直接は会ってないんですよねぇ。

みずほはおそらくはめられたんでしょうね。でも実行犯の男はなんでみずほの名前を?。真犯人がみずほの携帯でみずほの名前を語って実行依頼したって事なんでしょうか。その時に音声とか変えていたら男性か女性かわかりませんもんね。杉本の推測ではそんな工作できる人物ってゆうのはみずほの側に居る人物って事でしたけど携帯電話をすり替えれるぐらいって事はかなり身近な人物って事ですよね。ってゆうと森脇か予告に久しぶりに登場してましたけど精神科医(岩松了さん)って事でしょうか。他の社員って事は無いでしょうねぇ。森脇だとすると動機はみずほの事が好きで鷲巣を殺してみずほを手に入れようとしたがみずほが自分を拒絶するので方針転換して自分の罪をかぶせて社長退陣に追い込んで会社乗っ取りってゆう作戦に切り替えたって事なんですかねぇ。まさか他にとんでもない真犯人が登場とかってゆうのはあるんでしょうか。

今週のネガティブ善男は鬼気迫る表情で怖かったですよねぇ(^^;)。善男と同一化してしまったって事は最終回はもうネガティブは登場しないんでしょうかねぇ。

視聴率が低空飛行だったのでもしかして1~2話短縮になるんじゃあっと思ってましたけど予定通り11話放送とゆう事でよかったです。サブタイトルに11日間ってついてて1話で1日ずつ描いてましたから短縮になっていたら無様な格好になってましたけど。最終回果たしてどんな結末になるんだろうってゆう感じでおもしろくなってきましたね
スポンサーサイト



<< 斉藤さん    10話     悪いことは悪い!斉藤さんから最後のメッセージ | ホーム | 薔薇のない花屋  9話      衝撃!全ての真実 >>

コメント

はじめましてです

突然のコメント失礼します。私は澤田と申します。ナンパ日記を書いております。

http://signup77.blog109.fc2.com/

コメントが不快なら削除お願いします。ブログ拝見しました。とても素晴らしいブログですね。
すごく良いブログだったので、思わずコメントしてしまいました。また、じっくりと過去の記事なども読ませていただきます。
もし宜しければ相互リンクしていただけるとありがたく思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP