fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2008/03/18 (Tue) 21:11
薔薇のない花屋   10話    愛を取り戻すため

工事現場で働く英治(香取慎吾さん)は同僚の男とお互いの家族の話になる。携帯待ち受け画面の雫(八木優希さん)の写真を男に見せて娘だと話す英治。そこに「父ちゃん!」っと本物の雫がやってきた。英治は嬉しかったがまた何も言わず勝手にやって来たのでは?っと心配して雫に尋ねる。が雫はおじいちゃんの安西(三浦友和さん)にちゃんと話して許可をもらったと来週も来るからと言う。ここまでも安西の家の運転手の車で送迎してもらったと。英治はどうして安西が自分の所にそんなに何度も来るのを許してくれるのだろうっと?っと不思議そうな表情に。雫は工事現場で働くおっちゃんらにお茶を組んであげたりしてあっとゆう間におっちゃんらの人気者になるのだった。

美桜(竹内結子さん)が病院の食堂で神山(玉山鉄二さん)と話を。神山は自分の事を安西には言わなかったんだなっと美桜に。美桜は英治が神山の代わりに安西の憎しみを受け続けてきたのだっと話して当初自分が安西の復讐の手先として英治を騙して近づき花屋や家を奪ってしまった事等を神山に説明。その話の中で英治に娘が…るり(本仮屋ユイカさん)が産んだ子供が居る事をつい話してしまう美桜。神山はそれは俺の子か?っと尋ねるが美桜は否定して英治の子だと答え席を立つ神山。

英治が四条(寺島進さん)の喫茶店「コロン」に呼び出されて行くと店には四条の他に菱田(池内淳子さん)と小野(釈由美子さん)も来ていた。菱田が自分達はもう英治が雫の本当の父親で無い事も誰が本当の父親なのかも知っているとうち明ける。英治も自分の事で心配をおかけしてすみませんと皆に謝る。英治はいずれ雫にはその話はしなければと思っていたと、でも話すタイミングが難しくこれまでできなかったのだ等と話し雫が自分の元を離れて安西家に行き正直ほっとしていると安西家に居た方があの子にとっては良いのだと話す英治。しかしそれが英治の本心では無い事は3人の目には明らかだった。英治は雫にこうゆう風に告白するのだっと「俺は雫の本当の…本当の…」っと言いかけるが雫が目の前に居ないにも関わらず言葉に詰まり涙ぐみ最後まで言う事ができなかった。菱田は自分達の行為が英治を追いつめて辛い思いをさせてしまったのではっとと英治にわびるのだった。

病院の屋上で直哉(松田翔太さん)らも既に雫の父親が神山舜だとつきとめていた事&その事を安西にも伝えていた事を知らされて安西は既に知っている?っと驚く美桜。直哉も神山が現在この病院に居て安西の代わりに美桜の父親(尾藤イサオさん)の手術をする医者だと知り驚く。神山が工事現場に英治に会いに来て雫の事を尋ねる。が神山は今更自分が本当の父親だと名乗り出るつもりは無いとそれにガキなんて足手まといでうんざりだと、家族なんて言葉を聞くと痒くなるとそして最後に「俺に子供なんていらない」っと冷淡に吐き捨てるのだった。英治はそんな神山にるりの事を…るりの神山に対する思い等を必死に訴えようとするが神山には英治の言葉は届かなかった。

菱田は病院に美桜を訪ねて美桜がアパートを出た(現在あそこに住んでいるのは英治1人)事を知る。菱田は自分が英治に話して2人の仲を何とかしようかと美桜に言うが(美桜が盲人のありして英治に近づいた時には早く手を切れとか言っていたのにコロコロ変わりますなぁ^^;)美桜は英治が自分の話を聞いてくれなかったと、それに英治にはるりさんの様な人が似合っているのだとだからもう自分は英治とはやり直すつもりは無いと菱田に話すのだった(それ以外にも自分の父親としばらくは田舎の農村で暮らすからってゆうのもありますわね)。

小野は神山の元を訪れていた。小野は「名も無き戦士」の話が気になっていて2人の昔の事を神山に尋ねる。神山は自分と英治は養護施設に居た。しかし自分がそこに居たのは少しの間だけだと。なぜなら裕福な家庭(都内でパン屋を数件経営する)に養子にもらわれたからだと。しかし本当は英治がその家庭に養子にもらわれるはずだったのだと。その裕福な家のおばさんは英治の事が気に入っていたのだとしかし英治を迎えに来たその当日に英治が突然施設内で暴れたのだと
、それで英治の養子の話は無くなり代わりに神山が養子になったと。英治は普段はおとなしくてそんな事をする奴じゃなかったと話す神山にじゃぁどうして?っと尋ねる小野。神山の答えは驚くべき物だった。神山が英治にそうしてくれと頼んだからだとゆう。神山はそれ以来英治の事だけは信じるようになったのだと話すのだった

美桜の父親の手術の日がやって来た。安西が父親の所に回診に来て安西が執刀しない事を残念がる父親に神山は若いが腕は良いからっと諭して大丈夫だと励ます安西。美桜は安西が神山の事を知っていて自分の父親の手術の為に手術が終わるまでは我慢してくれている事を知り感謝する。が神山も英治から安西が既に自分の事に気づいている事を聞かされていた為に手術直前になって美桜に「院長と話してはっきりさせたい」っと告げて安西の元に。神山は美桜の父親の手術を執刀するにあたって条件があると切り出して「るりさんのことは忘れてください」っと安西に告げる。そうでなければ元々成功率の低い難しい手術なのに患者が亡くなってしまった時に医療ミスの責任を押しつけられかねないからっと、るりの事が頭にあるなら安西はきっとそうするだろうとゆうのだ。そしてるりの話になるがお互い若かったとか自分と別れたとしてもその後新しい出会いもあったはずだ等と話しはじめる。るりの事では妊娠させてしまったのは確かに悪かったが自分はアメリカ留学の直前だったとか自分が別れ話&堕胎の事を英治に頼んだのに英治がるりにその事を話さなかった事が誤算だったのだと、あれは事故の様な物だったと話しもしあの時にるりが安西の娘だと大病院の院長の娘だと素性を自分に明かしてくれてれば病院の跡取りになれるのなら自分もるりと別れなかったかもしれない等と自己弁護とるりと英治が悪かったのだとゆう話に終始する神山。

そんな神山の一方的な自分勝手な暴言に耐えきれなくなった安西は、るりが神山を自分に紹介しなかったのは自分が神山に愛されてなかった事をるりも気づいていたからだと、そんな人間を自分に紹介しても自分が認めるはずが無いとわかっていたからだと、娘を侮辱するのもいい加減にしろ!っと激怒して「私の病院から今すぐ出て行け!」っと神山を怒鳴りつけてしまうのだった。神山もそうですかそれなら仕方ないとゆう感じで病院を去る事に。父親の手術がどうなるのか?っと心配な感じの美桜に自分が執刀するからっと告げる安西だったが…

直哉がパチンコ屋で闇金の取り立て屋に見つかり拉致されてしまう。倉庫の様な場所で男達にボコボコに殴られ蹴られ痛めつけられる直哉。直哉はお金を借りられるあてがあると自分には金持ちの友達がたくさん居るから等と男達に話して携帯に登録してある友達に片っ端から電話してゆくが相手にされずにすぐに切られてしまうのだった(お金の事を口にした瞬間に切られたりひどいのは名前言っただけで切られる)。追いつめられた直哉が頼れるのはもう英治だけだった。で英治に電話するがお金の事は言えず土地家屋の権利書が戻って花屋再会できる様になって良かった等と精一杯の強がりを言ってしまうのだった。英治は直哉の様子がおかしい事や近くで乱暴な男達の声が聞こえたので直哉が闇金に追いつめられている事を察知してお金が必要なんだろ?っと尋ねる。が直哉は最後までお金の事は言わずに「兄貴に謝りたくて…すみませんでした」っと
泣きながら英治に謝って電話を切ってしまうのだった。直哉は男らに自分を殺せっと迫るのだった。英治は花屋の権利書を手に慌ててアパートを飛び出すが表には四条が居た。四条はドアの外で立ち聞きして事情を悟っていた。四条はせっかく権利書を取り戻したのにっとゆう感じで「お人好しも度が過ぎると病気だな」っと英治を止める。英治は無言のままだったが四条は英治の決意が固い事を悟ったからか道を開けて行くように促すのだった。

英治は直哉が拉致監禁された倉庫に駆けつけて(電話で場所の事は話してましたっけ?どうしてここだとわかったんでしょう)倉庫の中に。海辺で殴られて気絶していた直哉が目を覚ますとそばに英治が。英治は直哉にあいつらにお金は渡したからもうお前があいつらに追われる事は無いと優しく言葉をかけるそして先刻の電話で直哉が自分は一人っ子だったので英治が兄の様に思えたと話した事に対して自分も直哉の事を弟の様に思っていると答える英治。直哉の目にうれし涙があふれて「兄貴、一生ついてくよ!」っと英治に。英治は「いいよ、迷惑だって」っと照れくさそうに答えるのだった。

自分の父親の手術を放棄してロッカーで私服に着替えて病院を去ろうとしている神山に「あなたは光には近づけない。どんなに頑張っても暗闇に紛れ込むのよ!」っと辛辣な言葉を浴びせる美桜の姿が。美桜の父親の手術がはじまるが途中で看護師が手術室から飛び出してきて別の医師を呼びに行く緊急事態が。美桜が手術室に飛び込むと床に散らばったメスと震えて自由が利かない腕を押さえて美桜に申し訳なさそうにすまない、駄目だとゆう感じで首を横に振る安西の姿が。美桜は愕然とする。それは自分の父親の生命が風前の灯火だとゆう事だからだ。美桜は英治に電話する。英治は美桜の声の様子からただ事では無い事を感じて何があったのか問う。美桜は「助けて、父を助けて!」っと泣きながら英治に訴える。美桜は手術前に安西と神山が衝突して安西が神山を病院から追い出してしまった。更に自分も神山にひどい事を言ってしまったと。だから神山を病院に連れ戻す事を頼めるのは英治しか居ないのだと泣きながら震える声で訴える。英治は「俺が必ず連れて行きます。心配しないで下さい」っと告げて電話を切るのだった。

英治は神山が宿泊していたホテルに向かう。神山はちょうどタクシーで成田空港に向かう所だったがその前に立ちはだかりタクシーを止める英治。英治は自分はあの病院を追い出されたのだと海外に戻るのだと言う神山をなんとか説得して美桜の手術をして欲しいと説得するのだったが神山には一度は英治を騙した美桜の為にどうして英治がそこまで必死になるのかが理解できない様だった。英治は「彼女だけじゃない、俺には信じている人が沢山いる。もし裏切られても俺はまた信じる。その方が幸せだ」っと神山に人を愛して信じる事の大切さを諭すが神山は今更自分の生き方を変えられないと、俺には騙された美桜の事を信じる英治の気持ちが信じられないと話しいくら英治の頼みでも病院に戻って手術するつもりは無いと英治に。しかし神山は「娘に電話するってのはどうだ?俺は本当の父親じゃないと」っともしそれができれば手術してやっても良いと英治に持ちかける。神山は英治にそんな事はできないだろうと手術の事はあきらめるだろうとゆう思いがあった。考え込む英治にほらやっぱりとゆう感じで立ち去ろうとする神山。しかし英治は携帯で雫に電話をかけて出た雫に対して「これから話すことをきちんと聞いてほしい。俺は…」っと切り出す所で最終回に。雫に電話をした英治を驚きの表情で見つめる神山でしたね。









神山がこうゆう性格になってしまったのは養子にもらわれていった先で養父母に気に入ってもらおうと可愛がられようとして勉強等一生懸命にやって良い子でいたのだったが…子供ができないとゆう事で神山を養子にしたはずの養父母に子供が産まれてしまってそれからは何かと実子と愛情面で差別される様になってしまって養父母から「きらい」と言われた言葉で心が深く傷ついてそれからは他人を信じる事愛する事ができなくなってしまったって事なんでしょうか。で神山がこの世で信じられる唯一の人間は英治だけとゆう事に。

さて最終回は一体どうなるんですかね。まず美桜の父親の手術が果たしてどうなるのか?ってゆう感じですけど予告の感じだと何か美桜が「お父さん!」っとか泣きながら絶叫してましたから亡くなるのか?でも視聴者フェイントって事もありますからねぇ。それにしても手術が中断状態になってから美桜が英治に電話して英治が神山の所に行って話して神山が手術する事になったとしとしてもあそこからまた病院に向かう訳ですから一体中断から何分経過してるんだよ?(^^;)ってゆう気がするんですけどねぇ。その間美桜のお父さんずっと開頭状態って事でしょうから。安西も神山が執刀できなくなって自分が自信なければ執刀は止めるべきですよねぇ。

英治と雫の関係は果たしてどうなるのか。今回のラストがこれからまさに告白ってゆう場面で切れてしまいましたけど実の父親では無いって事は話してしまうんでしょうね。8年前にどうして英治が雫を実子にしたのかとゆうのがはっきりしてませんよね。るりが死亡して雫が産まれた時に安西は病院に来なかったのか?るりの遺体は引き取って火葬したはずだから雫が産まれた事もわかっていたはずでその当時は雫の行方を捜して引き取ろうとはしなかったのか?っとか。英治にしても雫の肉親(祖父母)が居るのわかっていて血縁的に雫とは赤の他人の自分の籍に入籍ってゆうのは犯罪にはならないんでしょうか?。雫がその事実を知ってしまった時のショックは大きいでしょうね。実はもう菱田さんから聞いて知っていたとかゆうオチだったらすごいですけどね。雫も母親のビデオ見ていた訳ですから例の英治が母親の友人として登場したビデオってゆうのも見ている可能性もありますし。

直哉はどうしようも無いですなぁ。お金が英治の所に戻ったって事は自分がまた闇金に追われるって事もわかっているはずなのにのこのことパチンコなんかしてるんですもんねぇ。普通だったら他の街にトンズラする所だけど英治の側を離れたくないって事で留まっていたんですかね。直哉の素性か今いちよくわかりませんよね。学生とか言ってましたけど大学生なんでしょうか。あと一人っ子とか言ってましたけど親は健在なのかとか。携帯の登録人数だけは多いけど皆うわべだけのつきあいだけで親友は1人も居なかったってゆう寂しさって事ですな。
スポンサーサイト



<< あしたの、喜多善男  最終回 衝撃の最終回へ!!生きるか、死ぬか | ホーム | 徳川家康と三人の女 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP