fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2008/04/22 (Tue) 20:50
2008年1月~3月期の個人的連ドラ最終順位

「ロス:タイム:ライフ」が4月19日までありましたので遅くなりました。

1「フルスイング」
(…→…→1→1→1→1→1→1→1→1→1→1→1)
ドラマ始まる前は高橋克実さん主演ねぇっ大丈夫かなぁって感じでしたけど始まってみると初回から最終話までずっとひきつけられました。実話がモデルですから主人公が最後に亡くなってしまうってゆうのもわかってましたけど単純にお涙頂戴物ではなかったですよね。最終回以外は毎回その回のメイン的な感じで1人の生徒が話にからんできましたけどそれぞれ良い味出してましたよね。それぞれのエピが無駄にならずに最終回に効果的に繋がってました。話数も6話ぐらいで短すぎず長すぎず丁度良かったのではないでしょうか。この枠のドラマとしては視聴率も良かったみたいですし。

2「鹿男あをによし」
(…→…→10→9→8→3→2→2→2→2→3→2→2)
1話の時点では何これ?(^^;)ってゆう感じで不安でしたけどその後はどんどんおもしろくなる一方でしたね。不思議系ドラマに恋愛モードが邪魔にならずに上手くからまってました。奈良が舞台ってゆうのも終わってみれば神秘的で良かったですね。視聴率的には序盤の方で見るの止めてしまった人が多かったからが残念な結果になってしまいましたけど。奈良には年に2~3度は行く(柳生街道とか山の辺の道とか明日香とか)んですけど今度行く時は何かイメージ変わりそうですね。特に奈良公園で鹿とか見た時は。リチャード役の児玉清さんがこれまでのイメージ壊す様な自己中心でわがままな悪役でしたよね。まぁこの人が悪さしてなければ儀式あっさり終了しちゃっていた訳ですけど。ヒロイン2人(綾瀬はるかさん、多部未華子さん)もそれぞれ魅力的で良かったですね。最終回のキスシーンも。鹿に乗って空中飛んで銅鏡キャッチする多部さんには笑いましたけど。玉木宏さん痩せすぎな感じで神経衰弱的な役柄にピッタリでしたよね。EDの音楽と映像が良かったですね。毎回次回が気になる所でドラマが終わってあのEDテーマ曲への流れも良かったですぅ。

3「あしたの、喜多善男」
(…→2→2→3→4→5→4→4→4→3→2→3→3→3)
全体的に地味な感じは否めませんでしたけど安定しておもしろい味わい深いドラマでしたよね。小日向文世さん主演って事で視聴率は最初から苦戦してましたけど1話短縮とかにならず善男が自殺すると決めてからの11日間を1日1話で11話まできっちり描けたのは良かったですね。最後もほとんどの人間にとってはハッピーエンドとゆうかこれからの新しい人生に希望や生き甲斐を持ってのぞんでゆけるってゆう感じでしたし。この喜多善男ってゆうキャラには小日向文世さんピッタリでしたよね。ネガティブ善男が登場するシーンの演じ分けは流石でしたよね。民放の連ドラ初レギュラーだった松田龍平さんのキャラも良かったです。今後も色んなドラマに出て欲しいですよね。宵町しのぶ役の吉高由里子さんは強烈なキャラでしたよね(^^;)。殺人事件の真相が驚きもなくちょっとショボかったかなって感じはありましたけど。役名もわからない様な女子社員が共犯でしたし。

4「相棒season6」
(1→1→3→2→2→2→5→7→7→6→4→4→4→4)
個人的に大好きなドラマなので必ず上位には来るんけど絶対に1位にはならないなぁって感じですね。ってゆうのも基本的に1話完結物で硬軟色んなタイプの事件が複数の脚本家さんによって描かれるので1クール中に1~3作ぐらいは自分の好みに合わないなぁってゆうのが必ずあるんですよね。GWに映画版公開って事でしたから映画に繋がる様な本編終了になるのかと思ったらそれは無かったですね。再来週の土曜ワイド劇場(5月3日)で「相棒」の土ワイド版1作目を新しく撮影したシーン加えて放送するみたいですけど映画公開に合わせてなんですね。

5「ちりとてちん」
(2→3→6→5→7→6→3→6→5→5→6→6→5)
前半3ヶ月の盛り上がりに比べると後半3ヶ月はやや物足りなかったかなぁってゆう感じもしましたけど久しぶりに毎日朝ドラが楽しみだなぁっと思えるドラマでしたね。結局続編はあるんですかねぇ?スピンオフ的なドラマはあるみたいですけど。ラストが新たな生命の誕生と廊下で自分の子供が産まれて嬉しくて号泣する草々。ベッドの上で出産終えて幸せそうな母親の顔で微笑む喜代美で終わりってゆうのは良かったですね。最後は弟子とか含めた大人数でのドタバタな場面で終わるのかな?っと思ってましたから。貫地谷しほりさんはもちろん良かったですけど母親糸子役の和久井映見さんが良かったですね。

6「だいすき!!」
(…→…→9→11→5→7→8→5→3→4→5→5→6)
美代子が胃癌になってしまった時は亡くなるのか?って感じでしたけど死ぬ展開にならなくて良かったですね。ひまわりの子育てとゆう点では本当に大変なのはこれからの様な気もするんですけど。ひまわりが成長して知的障害の事を理解して自分の母親がそうだと知った時にどんな反応になるのかとか。まだ現在の小学校1年生レベルの話だと柚子もついてゆけるでしょうけどひまわりが小学校高学年~中学生になったらもう知能レベルが完全に逆転してしまいますもんね。これは続編もあるんですかね。続きはいくらでも作れそうなラストでしたから。視聴率的にも最近のこの枠のドラマとしては良かったですもんね。連ドラ初主演の香里奈さんは頑張りはったんじゃないですかねぇ。すっぴんに近い感じでまるで別人でしたよね。今度普通の香里奈さんでドラマ主演した時に果たしてどうですかね。

7「薔薇のない花屋」
(…→…→7→8→10→10→11→10→11→9→10→9→7)
野島さんだからもっと過激な内容になって不幸な死者とかが出る展開になるのかと思ったら意外にソフトでしたよね。現在軸での死者はゼロでしたし過去の死者も出産による死亡だけでしたし。最後は登場人物それぞれが今後の人生に新たな希望持って歩んで行くってゆうラストでした。EDで主人公とヒロインが雪山に倒れ込む様な映像があったので色んな憶測が飛び交ってましたけどドラマの本筋には何の関係もなかったですよね。私はハッピーエンドで爽やかに終わって良かったと思います。雫役の八木優希さんが可愛かったですね。

8「刑事の現場」
(…→…→…→…→…→…→…→…→6→8→7→7→8)
良いドラマだったと思いますけど4話はちょっと短すぎたかなぁって気が、最後の方が何か駆け足状態になってしまった感じが。もう2話ぐらいは欲しかったですね。ようやく各警察官のキャラがわかってきた頃にもう終わりでしたからねぇ。

9「ロス:タイム:ライフ」 
(…→…→…→…→12→13→13→13→8→12→12→13→9)
5話(幼なじみ編)8話(部長編)9話(ひきこもり編)が良かったですね。特別編は前編は良かったですけど後編がグダグダだったのがちょっと…でした。9話で終わってればあと1~2位は↑だったのに。ドラマがはじまった頃は審判団がなんか鬱陶しかったですけど後半になってだんだん見慣れてくると気にならなくて楽しめる様になりましたね。だから今初回の頃の話見たら全然印象が変わっていたんじゃないかなぁって気が。結局途中でレッドカードで退場(ロスタイム強制終了)ってゆうのは一回も無かったですね。ロスタイムの個人差が人によってかなりありましたけど無駄に過ごしてしまった時間に比例していたって事ですよね。ひきこもり男性は12年もありましたし。

10「新・京都迷宮案内5」
(…→…→5→4→6→9→9→9→12→7→8→8→10)
杉浦があと1年で定年ってゆうのがドラマの中で何度か強調されてましたけど来年がラストシリーズになってしまうんですかね。主要キャストの方がお元気な限り続けて欲しいシリーズですのでもし終わってしまうとなると寂しいですけど。社会部遊軍設定になってからの新シリーズも味があって良いとは思いますけど私は旧シリーズの京都府警付き部署の時の方が好きですね。旧シリーズの2と3の頃が一番好きだったかなって感じです。

11「斉藤さん」
(…→4→8→7→3→4→6→8→10→11→9→10→11)
前半の強烈なインバクトに比べると後半はちょっと…ってゆう感じでしたけどまずまず面白かったですね。観月ありささん主演の連ドラ最後まで見たのもかなり久しぶりでした。斉藤さんも良かったですけどミムラさん演じる真野若葉のキャラが良かったですね。結婚してしばらくドラマ出演とかなかったですからもしかして引退?っと思ってましたから復帰は嬉しいです。高視聴率だったって事は皆心の中では斉藤さんの様になりたいっと思っている人が多いんでしょうか。でも実際に斉藤さんの様に行動するのは無理ですもんね。注意してうるさいっとナイフで刺されてしまうとか現時にありそうですし。

12「交渉人~THE NEGOTIATOR~」
(…→7→12→10→11→8→7→3→9→10→11→11→12)
最終回の印象が最悪だったのでここまでズルズルと下がってしまいました。このドラマって全8回でしたけど打ち切りでそうなったんじゃなくて最初からその予定だった訳ですよね。それなのに前半の展開がやたら無駄にゆったりしてて中盤からめちゃめちゃジェットコースター的になってラス前とか最終回になって突然これまで全然触れられても匂わせてもなかった後付けの新事実が何個も明らかになってごちゃごちゃしたままえっこれで終わりってゆう感じだったので何かなぁって感じでした。展開によってはもっとおもしろくなったのにっとゆう感じがするので惜しいなあってゆう気が。この枠としたら視聴率は良かったので米倉さん主演ではまた何かドラマあるでしょうね。

13「篤姫」
(3→6→13→13→13→12→12→12→14→13→13→12→13)
篤姫誕生から成長、生家の今和泉島津家から島津本家に養女に、で家定の御台所になる為に江戸に向かうってゆうまでが3月までの流れでしたけど4分の1終了してまだここまでしか進んでないのかって感じも(^^;)これって最終的には江戸幕府終焉で明治維新の時点までなのかその後篤姫が亡くなるまでの暮らしも描かれるのかどこまでなんでしょ。幕末までなら確かにこれぐらいのペースじゃないと1年間話が持たないかなって感じはしますけど

14「3年B組金八先生8」
(…→5→4→6→9→11→10→11→13→14→14→14→14)
これまでなら3月最終週に最終回卒業2時間SPってゆうのが定番でしたけど3月3週目の通常の1時間の放送であっさり終了で寂しかったですね。実質1話(2時間分)短縮だったって事ですかね。だから美香や特に大将の問題も何か中途半端に終わってしまった感じが。何か霊能力の回でもう脚本の人投げたのかな?って気がしてしまったんですけど。さて新シリーズはあるんですかねぇ。あったら見てしまいますけど。やるとしたら普通路線に戻して失敗してしまいましたから6や7以上に過激にするしか無くなってしまう気がするんですけど。でも7以上に過激って事になるともうクラスから死者が出るとか殺人犯が出る様な展開になってしまいますかねぇ(^^;)


1年単位半年単位のドラマも対象です。とにかく1月~3月期に60分物は4回以上30分物は8回以上ある物が対象です。
「京都へおこしやす!」「1ポンドの福音」「安宅家の人々」「三代目のヨメ!」「ハチミツとクローバー」「鞍馬天狗」「エジソンの母」「ネコナデ」「コスプレ幽霊 紅蓮女」「貧乏男子 ボンビーメン」「佐々木夫妻の仁義なき戦い」「未来講師めぐる」「四姉妹探偵団」「幻十郎必殺剣」は「水戸黄門第38部」その他昼ドラや特撮物はリタイア



前半は「フルスイング」がぶっちぎりで独走かなって感じでしたけど後半「鹿男あをによし」と「あしたの、喜多善男」が激しく追い上げて競馬に例えると3頭横並びの写真判定でハナ、ハナ差ぐらいの大接戦の上位3作品でした。
スポンサーサイト



<< 天才刑事・野呂盆六2 | ホーム | 2008年4月~6月の個人的連ドラ順位(4月20日終了時点) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP