fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2008/04/22 (Tue) 20:58
2時間ドラマでよくありがちな事

☆ドラマの冒頭に顔が無惨に潰された死体や全身黒こげの焼死体が登場する場合はほとんど体型や年齢が似ていて血液型が同じ人間を犯人の替え玉にして世間的に亡くなった事にしている場合が多い。これは生命保険金詐欺が事件にからんでくる場合や自分の存在を完全に世の中から消して別人の戸籍で新しい人生をっとゆう場合の時に多い。歯形鑑定になった場合もその歯医者も犯人とグルであるもしくは犯人の健康保険証で歯医者に行かせる工作をしている。最近はDNA鑑定になった為にその元になるサンプル自体(ヘアブラシの髪の毛とか)を犯人の家族や恋人がグルになって偽装するケースも多い。


☆普通犯人役が多い人でも刑事役の時は安心だが羽場裕一さん(「刑事鬼貫八郎」は除く)と永島敏行さんは刑事役の時でも油断できない。


☆衝動的に身近にあった物で殴り殺してしまったとゆうケースが多いが室内ならまだわかる(灰皿とか置物とか時計とか色々あっても)が屋外でこれで殴って下さいっといわんばかりの手頃な握りやすそうな木の棒や石が不自然に都合良く犯人近くの地面に転がりすぎである。


☆前半善人として登場する人には必ず裏の顔があり犯人である事も多い。逆に無口で無愛想で人付き合いが苦手等の為前半疑われる人は実は良い人とかの場合が多い。


☆ドラマの中盤辺りで事件の核心に近づきつつある主人公達が道路を歩いていると暴走車(バイクの場合もあり)に轢かれそうになる(夜道で何者かに殴られる場合やヘリウムガス等で声を変えた脅しの電話がかかってくる事もあり)。犯人からのこの事件から手を引けっとゆう脅しだが逆に主人公らは自分達の探っている事が正しいと確信し事件解決に向けて張り切る結果になる。


☆事件解決後被害者の幼い子供(親が亡くなって施設か親戚の元に引き取られる)の様子を見に訪れてそっと帰ろうとする刑事に子供が無邪気に「おじちゃんバイバイ」と手をふる。そんな子供の様子を見て刑事はその子が幸せに強く生きて欲しいと願うのだった。


☆主人公や準メイン級のキャラの場合は鉄パイプでボコボコに殴られたり車に轢かれたりけっこう急所に近いところを刺されても死なずにしかも超人的な回復力ですぐに退院する。しかし殺されるキャラの場合はちょっと机の角で軽く頭をぶつけただけでこんなに出るんかいっと突っ込みたくなるぐらいドクドク大出血して即死してしまう


☆車椅子の人間は実は歩ける。目が不自由な人は実は目が見える。痴呆症の老人はボケたふりをしている。


☆途中で犯人の犯行を知り恐喝する人はなぜか人気のない夜の寂しい場所で犯人と待ち合わせておまけに既に殺人を犯している相手なのににものすごく無防備(犯人に背を向けたり)になり背後から刺し殺されたり殴り殺される。犯人が既に犯行で飲み物に毒を入れる方法を使った事を知っているのに犯人から差し出されたコーヒー等の飲み物をあっさり飲んでしまってあの世行きになるケースも多い。


☆「冥土の土産に全て教えてやろう…」(最近の2ドラでは「冥土」はあまり聞きませんけど^^;)と言って犯人が断崖の上で主人公(女性)に犯行の動機や手口等一部始終を長々と全て勝ち誇った様に話した後主人公を崖から突き落とそうとしてもみあって女性が崖から突き落とされそうになった時に刑事や警官(主人公の夫や恋人の場合や刑事達と両方駆けつける場合もある)が急に駆けつけてきて「そこまでだ!…」と声をかける。するとあっさり観念しておとなしくなる犯人(中には悪あがきで主人公にナイフ等を突きつけて抵抗する場合もあり)。


☆山村美紗物の立食パーティでは必ず誰かが「うっ」っと飲み物やコップやストロ-に仕込まれていた毒で毒殺され倒れる。


☆さっきまで家の中など屋内だったのに犯行告白になると事件関係者全てが突然断崖にワープ状態に。しかもまるであらかじめ立ち位置を決めていたかの様な見事に間隔を取った配置で佇んでいる。


☆地方が舞台の場合聞き込みついでに次々有名な観光地が登場するが地元の視聴者の人から「そんなにすぐにそこからあそこに行ける訳がないやろうっ!」とツッコミが入る様なありえないルートで登場する。


☆主人公が宿泊する旅館ではその旅館の豪華な最高の料理ばっかりがテ-ブルに並ぶ。女将役がスト-リ-の鍵を握る場合は女優さんだがそうでない時は本物の女将さんがセリフ棒読みで登場する。


☆主人公(素人探偵の場合)らが事件関係者の家を訪問してチャイム鳴らして応答がなかった時にドアノブを素手で思いっきり握って「あれっ開いてるぅ」っと言いながら部屋の中にズンズン勝手に不法侵入で入っていって死体を発見して(死体で躓く場合もあり)「キャ~!死んでるぅぅ」っと驚く。たまに現場に残ってる凶器までしっかり素手で握りしめてしまう場合もあり。


☆刑事が聞き込みに使う被害者や容疑者の写真は「こんな写真どこにあったんや?いつ撮ってん?」っと突っ込みたくなる様な背景が青色のまるで芸能人の宣伝写真やブロマイドの様な顔がくっきりはっきり写った綺麗な写真ばかりである。


☆昨日か一昨日ぐらいの事ならまだしも「何月何日の何時頃どうされてました?」っとかなり前の事を聞かれても間髪入れず「その日は何時からずっと~でした」とスラスラ答える事件関係者達。


☆独身の女性が主人公(女性3人の旅行物等)の場合旅行先で一目惚れした男性はいつも警察に殺人事件の犯人と疑われる。その男性の無実を晴らそうと主人公は奮起して真犯人をあげ男性の無実を証明するが…結局努力は報われる事なく恋が成就する事はない。


☆ドラマ中に登場する手紙はたいていの場合あんた書道何段でっか?っと聞きたくなるぐらい達筆な物ばかりである。


☆ベッドシーンの場合たいてい上に男性下に女性で男性は女性の右の肩口ぐらいをハグハグ愛撫している。(これは女性の悶える顔の表情をカメラでとらえる為だと思われる。が最近はベッドシーン自体が残念ながらほとんどない)


☆刑事がかかってきた電話を取ったと思ったらわずか2~3秒後に「何、事件の容疑者の○○が今朝△△で撲殺死体で発見された!凶器は、何!例の事件と同じバ-ルの様な物?」等と聞き返すがこれだと電話相手はよほどものすごい早口で用件を伝えないと無理である(^^;)


☆刑事が被害者や容疑者のアパ-トやマンションの聞き込みをしていると「うるさいわね~」っと頭に髪巻きカールつけたままのネグリジェ姿の水商売風の女性が眠そうな顔で登場する。(これも最近は見なくなりましたけど^^;)


☆死体を発見するのが主人公ではない場合は現場が町中や公園の場合は新聞配達人かジョギング中の人か犬の散歩中の人で現場が水辺の場合は釣り人である。


☆単発物やシリ-ズ初期の場合主人公とその相棒的な人が死体発見して驚くってゆうのはわかるがシリ-ズ重ねて20作ぐらいになっても毎回死体発見して大袈裟に驚くのは…もうあんたら普通の警察官以上に死体見慣れてるやろっと突っ込んでしまうw
スポンサーサイト



<< おせん    1話    食は人を信じる心…対決!天然若女将VS電子レンジの女 | ホーム | 2時間ドラマによく登場するセリフ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP