fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2008/04/28 (Mon) 20:29
篤姫 17話  予期せぬ縁談

江戸の薩摩藩邸ではいよいよ篤姫(宮崎あおいさん)の将軍家輿入れが決まってその準備で大わらわ状態に。島津斉彬(高橋英樹さん)に命じられて篤姫の嫁入り道具一式の手配を任されていた西郷吉之助(小澤征悦さん)が用意した道具を幾島(松坂慶子さん)と篤姫に見せるのだったが幾島はチェック厳しく全てに文句をつけて全て作り直し選び直しする様に西郷に命じるのだった。

将軍徳川家定(堺雅人さん)はご機嫌伺いに訪れた斉彬と阿部正弘(草刈正雄さん)に自分が最近作るのに熱中している“かすていら”を食べさせるのだった。篤姫の輿入れに関しては「よきにはからえ」っと無関心だった。阿部が篤姫は聡明な姫ですと話しても「賢さなど役にたたぬ。特に大奥ではのう。哀れな事よのう」とつぶやくのだった。

薩摩の今和泉島津家のはお幸(樋口可南子さん)の元に尚五郎(瑛太さん)が江戸に召還されて旅立ちの前の挨拶にきていた。尚五郎は小松家も訪問してお近(ともさかりえさん)にも挨拶する。尚五郎はお近の兄の小松清猷(沢村一樹さん)から自分が役目で琉球に行っている間に1人になる妹の元を時折訪ねてやってくれと頼まれていたのだ。尚五郎は自分が江戸に経った後は島津忠敬(岡田義徳さん)が訪ねてきてくれるでしょうとお近に話すのだった。尚五郎が江戸に出立する日、尚五郎の両親やお近や大久保正助(原田泰造さん)らが見送ってくれた。

江戸の薩摩藩邸ではある騒ぎが起こっていた。幾島がカンカンに激怒していた。篤姫は何をそんなに怒っているのか?っと幾島に尋ねる。幾島は先刻小の島(佐藤藍子さん)から輿入れの道具は英姫(余貴美子さん)が昔使った道具を使うようにと言われて道具が届けられた。その事が「まるで姫様にはお下がりが相応と言わんばかり」と言われている様に感じて悔しくて仕方なくて怒っていたのだった。しかし篤姫は素直に義母の贈り物を心遣いとして喜ぶのだった。が幾島は再び西郷を呼びつけて必ず立派なお輿入れ道具を調える様にと命じるのだった

江戸に到着した尚五郎は斉彬に目通りする。斉彬は長崎に海軍伝習所ができたことを話す。尚五郎は西郷とも再会。西郷は自分が篤姫の輿入れの道具手配の役目を命じられている事を申し訳なさそうに話して尚五郎を気遣うが尚五郎はもう既に気持ちの整理はついていますと話すのだった。尚五郎が江戸にやって来たと聞いた篤姫は喜んで「友に会いに行くのじゃ」っと藩邸を飛び出して会いに行こうとして慌てた幾島に「男の友などはしたのうございます!」と止められるのだった。それでも会いに行こうとする篤姫に斉彬がいずれ会わせてくれる事になっているからと諭す幾島だった。

しかし尚五郎と篤姫はすぐには会えずそのまま数ヶ月が経ち秋になっていた。その間尚五郎は勉学に励んでいたのだが突然斉彬に呼び出される。斉彬は自分が琉球に派遣していた小松が病死した事を尚五郎に告げる。尚五郎も子供の頃から勉学の師だった小松の死はショックだった。斉彬は小松には兄弟もなく親類にも男子が居ないのでこのままでは小松家が途絶えてしまう事になると話して尚五郎に「小松の家に養子に入ってくれないか」と頼む。尚五郎の肝付家も薩摩では古い家柄だが小松家は遡れば桓武天皇にも繋がり家老職も望める名家で尚五郎に取っても悪い話では無いと話す斉彬。尚五郎は承諾するのだった。しかし小松家の養子になるとゆう事は江戸での滞在を僅か3ヶ月で切り上げて薩摩に戻らなくてはならないとゆう事だった。尚五郎はこの時点では単純に養子だと思っていたのだったが斉彬は小松の妹のお近と結婚してくれないかと尚五郎に頼む。養子の件ははともかく結婚には驚き戸惑い即答できない尚五郎。しかし斉彬直々に頼まれては断れない事も尚五郎は承知していた。篤姫への尚五郎の気持ちを知っている斉彬はせめてものわしのわびの気持ちだとゆう事で尚五郎を本来は自分以外は立ち入り禁止の奥まで連れて行き篤姫と会わせてやるのだった。

篤姫と尚五郎は久しぶりに再会を果たすのだった。が2人の立場は以前とは大きく違っていた。篤姫は以前と同じように親しみを込めて「尚五郎さん」と笑顔だったが尚五郎の方はもうすぐ将軍御台所になる篤姫に平伏して挨拶するのだった。斉彬は幾島ら老女にも下がる様に命じて2人っきりにさせてやるのだった。2人は久しぶりに囲碁をしながら色々話すのだった。話題は篤姫の父忠敦(長塚京三さん)や小松が亡くなった事や小松家の養子となる為に江戸を去る事等だった。お近との結婚話の事までは知らなかった篤姫はお近と尚五郎が姉弟(ドラマ設定ではどちらが年上なんでしょ)になると思っていたのだ。尚五郎は自分がお近と結婚するとは言えなかった。篤姫は尚五郎に「何か私が私でなくなってしまう。自分らしさを失っていくような気がする」っと話すが尚五郎は西郷から聞いた篤姫の高輪邸乗り込みや水戸の徳川斉昭(江守徹さん)との花見の席でのやりとりの話を持ち出して「薩摩の頃と何も変わってないし失っていません」っと励まし勇気づけるのだった。篤姫は今後自分が将軍家御台所として本当にやってゆけるか自信が無いと弱気になるのだったが尚五郎は「大丈夫です。あなたならきっとやりぬくことができますよ。今までそうであったように」と笑顔で励ますのだった。篤姫も「昔と同じように、尚五郎さんに言われるとそう思えてきます」と笑顔で答えまたいつか会える日がくるのを楽しみにするのだった(でも江戸城の大奥に入ってしまうと流石に会うのは不可能ですよね)。

尚五郎は西郷らに見送られて江戸を立ち薩摩へ向かった。篤姫は尚五郎の見送りが出来なかったのを残念がるのだった。幾島に再三駄目だしされて輿入れ支度の調達に必死に奔走していた西郷だったが幾島も西郷が揃えた輿入れ道具をチェックして満足して「西郷殿、よくぞここまでなされました」と初めて褒めて労をねぎらったのだった。その幾島の言葉にほっとしたのか腰が抜けてへたりこんでしまう西郷。その夜江戸で大地震が発生した。死者が1万とも言われている安政の大地震だった。篤姫が住んでいた薩摩藩邸も地震で全壊してしまうくらいのすさまじさだった。尚五郎はその半年後ようやく薩摩に到着していた。尚五郎は江戸でそんな大地震が起こった事も知らずお近もまだ兄の死を知らされてなかった。








サブタイトルには予期せぬ縁談になってましたけど肝付尚五郎が後の小松帯刀になるってゆうのはわかってますから視聴者的には全然予期せぬでは無かったですよね。薩摩での「七夕の再会」ってゆうのがありましたから篤姫と尚五郎もう会えないんだろうと思ってましたから今回の再会はまた会うのかよって感じもありましたね(^^;)。篤姫が御台所になってしまったら流石にもう会えないでしょうけど。

家定が“かすていら”作りに興じている場面がありましたけどフジの「大奥」(連ドラが終了した後の金プレ枠での2時間特別編で)でも北村一輝さん演じる家定が“かすていら”作ってる場面がありましたから実際にもやってはったんでしょうか。

来週はようやく篤姫の輿入れみたいですね。薩摩では尚五郎とお近が結婚。
スポンサーサイト



<< 猟奇的な彼女   2話    恋は、タイミング | ホーム | 2008年4月~6月の個人的連ドラ順位(4月27日終了時点) >>

コメント

プレゼンテーションと30代,40代の転職

プレゼンテーションとは、主に仕事の場面でスライドなどの資料を用いて、聴衆に分かりやすく自分の企画や提案を伝えるコミュニケーション技術のことをいう http://lanceolate.catvtestchips.com/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP