fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2007/10/24 (Wed) 01:20
愛しのファミーユ 4話

鮎川緑(島崎あゆみさん)は一度六甲アイランドの自宅マンションに戻って母親の雪子(大塚良重さん)に自分が監督になった映画撮影の為にしばらく祖父の大原鉄夫(有川博さん)の家に泊まり込む事を報告するが雪子は何やら不安げな表情。 緑は監督は色々やる事が多くて繁忙で神戸から通っている暇なんてないからっと説明する。雪子が不安だったのは高齢で古い考えで頑固な自分の父親の鉄夫と緑が一緒に暮らして上手くゆくのか?っとゆう事だった。そんな雪子を鬱陶しく思ったのか緑は朝食の途中で家を出てしまう。

学年主任の雪子は中学の鈴木教頭(妹尾和夫さん)に退職した教師の替わりに赴任してきた新任の女性教師佐藤を紹介される。鈴木が担任を任せるとゆうので問題あるクラスなのに大丈夫でしょうか?っと思わず言ってしまう雪子。鈴木は佐藤先生は優秀でこれまでにも色んな問題あるクラスを立て直されてこられた実績ある教師だと説明。相当厳しいやり手で前の学校では煙たがられた程らしい。鈴木は雪子に臨時の担任はお役ご免で今後は学年主任の仕事に専念して佐藤先生の相談にのってあげる様にと告げ佐藤と雪子はお互いに挨拶するのだった(これって雪子は当初別の教師に声かけてましたよね?教頭が雪子は甘すぎて任せておけんって感じで佐藤引っ張って来たって事ですよね ?)

鉄夫は自分が昔勤めていた近鉄電車の整備工として働いていた検車場を訪ねて現在も働いている後輩社員と懐かしい昔話をする(車輪は電車の命だとゆう事を黙々と車輪を磨く鉄夫の姿から教わったとゆう話など)のだった。緑は鉄夫の家で映画の絵コンテ作成に取りかかるが上手くゆかず壁の賞状や絵(幼い子供が描いた様な絵でしたから緑かもみじが子供の頃に描いた鉄夫や家族の絵でしょうね)に目をやり仏壇の祖母の写真(若くして亡くなったんですな)に手を合わせるのだった。その後鉄夫と若い娘が写った写真がありましたけどあれは雪子の若い頃ですかね?。そこに鉄夫が帰ってきた為に慌てて絵コンテ作成に戻る緑。鉄夫が絵コンテを手に取って「学校はどうした…」「漫画みたいだな…」「女だてらに映画を作るとはな…」等と話しかけるので緑はおじいちゃん黙っててよっ!と怒り作業に集中できないと私すぐに出て行くからねっと告げ鉄夫は「おっ怖っ…」っと笑いながら退散するのだった。緑は森田類(藤本強さん)に言われた言葉「…こんなデタラメなコンテじゃ打ち合わせにならない!」を思い出して机に向かうが…挫折(^^;) 。

ふわっとサクライ(櫻井心平さん)の元におやつの買いだしに行っていたもみじ(高野水月さん)が戻る。おやつを食べながらもみじはサクライにイラスト描く時にどうして下敷き使わないのかを尋ね固くて描きにくいから柔らかい方が良いと答えるサクライに「ふわっとサクライってそこから来てるんだ」っと勝手に決めつけるもみじ。サクライは周りが勝手にそう呼ぶようになったと語る。サクライは近所の広告会社に頼まれた携帯サイトのトップページのロゴデザインの仕事をしていたが元々インターネット専門の会社ではないので今後ずっとWEBデザインの仕事があるのかわからないっともみじに語り世知辛いなぁっとゆう話に。鮎川春彦(阿部裕さん)は雪子からのメールで緑の映画監督の事を知り人生勉強だから良いんじゃないかっと返信し部下と共に会議に。

扇風機の風で絵コンテが飛び散り慌てる緑の元に森田が差し入れを持ってやって来て早速コンテを見る。森田の反応が気になり横顔を見つめる緑。農作業(家庭菜園の割には広そうでしたけど本格的な物でしょうか?)終えて鉄夫が家に戻ると「ロボットじゃねえんだぞ。もっと気持ちこめろよ!」とか「見せ方もヨリばっかりで…最後にアップズドンとか色々あるだろ!」っと言う森田に「自分だって一生懸命やってる!第一コンテなんてどうやれば良いのよ!」っと逆切れ気味の緑。森田が「仕方ない俺が教えてやるっ」と言った時に部屋の外で2人のやりとりを聞いていた鉄夫が中に。挨拶する森田に緑なりに頑張ってるんだからあまり口出しするなっと孫の肩を持つ鉄夫にカメラマンとして自分も関わる作品だからっと反論する森田。生意気だなっと怒る鉄夫に「自分の大叔父はカメラマンの森田富士郎(もりたふじお)で小さい頃から撮影現場の空気を吸ってました(でもその頃って年齢的にまだ森田産まれてないんじゃあってゆう気がするんですけど^^;)。人よりは撮影を知ってるつもりです」っと答える森田。険悪なムードにっと思ったがその後は「眠り狂四郎」やら勝新太郎やら田宮二朗の話になり昔の映画は良かったと意気投合する2人に蚊帳の外の緑が邪魔するのなら2人とも出て行ってっと怒るのだった。

携帯電話広告発信サイト事業?のプレゼンを会社上層部にする春彦達。雪子は同僚のマキ(初めて出てきましたよね?)に佐藤についての印象を尋ね「笑顔は少ないけど子供達の成績上げようと努力するのは悪くない事では?」っと答えるマキに「でもそれだけだと子供は窒息してしまうわよ…子供と向き合って色んな可能性も示してあげないとっと」っと返しふわっとサクライが取りあげられた雑誌のページを見ながら「動くわよ!」っと何かを決意する雪子だった。会議が終わり手応えもあった春彦だったが常務に1人呼ばれ春彦のプロジェクトは本社でも評価されたが本社の意向で敢えて敵対するライバル同業他社と業務提携して進める事になったと告げられる。つまり企画だけ本社に取られて春彦の居る子会社(春彦は出向中)は縮小か切り捨てになるとゆう事に。部下の事を心配して必死にくってかかる春彦に常務は「君は本社に戻る話もあるじゃないか」っと諭し携帯業界もサイクルが早く厳しく大変なんだと今うちがそのライバル会社と提携しなければよその会社と合併されてしまうと説明し「これは子供の喧嘩じゃないんだ。戦争なんだよ。君にも家族が居るだろう。本社に戻る話を真剣に考えよう」っと話すのだった。春彦はそれ以上言い返す事ができなかった。部下の元に戻った春彦は部下から結果を尋ねられるが無言のまま。

そこに突然もみじが現れ春彦の働く会社だと知って驚く(って高3ぐらいだったら父親が今勤務している会社ぐらい知ってるんじゃないのって感じが^^;出向先だったからでしょうか)。春彦ももみじの来訪に驚くがその後にサクライが現れてイラストを春彦に手渡すのだった。サクライのイラスト(猫が口から水と魚吐き出す?図柄。これ可愛いですか?^^;)を見ながら「こうゆうのが若い人に人気あるのか?」っともみじに確認した後「俺が会社辞めてもイラストお願いしたいもんだな…」っとつぶやく春彦にもみじは戸惑うのだった。

鉄夫の家では緑が慣れない手つきで玉ねぎを切って涙を流していた。で晩ご飯を食べる2人。鉄夫は戦後の苦労の事もあり食べるのが何よりも楽しみだと料理を作るのも楽しいと語るのだった(おばあちゃんが若くして亡くなって男手1つで雪子育てたんですよね?)。縁側で線香花火をする緑に最後に入浴した時は風呂の栓抜いて換気する様に&食器は洗剤落ちるまでちゃんと洗う様に等注意する鉄夫になんやかやでしばらくは鉄夫と一緒に住む事を決意した(覚悟した)事を告げて2人笑顔に(鉄夫にとってもずっと1人暮らしなので孫との生活は嬉しいでしょう)。絵コンテの構図作りの為に手伝ってと頼んで部屋の中を歩かされる鉄夫。そこにもみじから「パパ会社辞めちゃうかも!?」っとゆうメールが入る。外では花火大会の花火がっとゆうところで次回へ。



今回はこれまでで雪子と春彦の職場のシーンが一番多かった感じが。これぐらい時間があればよくわかりますけどこれまでのって少なかったから今一よくわかりませんでしたよね。春彦が出向していたってゆうのも知りませんでしたし(^^;)。これまでそうゆう説明ありましたっけ?雪子の勤めている中学校って私立?公立?。公立だったら先生指名で来てもらうなんてできませんよね。って事は私立でしょうか。もみじは高校の制服のままサクライのアパートに出入りしていたら近隣住民に誤解招くと思うんですけど(^^;)。
スポンサーサイト



<< スワンの馬鹿! 2話 恋バトル3万男VS社長 | ホーム | ガリレオ 2話  「離脱る」 OL殺人と空飛ぶ少年の謎! >>

コメント

野菜・きのこ

野菜・きのこを探すなら http://www.aceauto-net.com/100227/200990/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP