fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2007/10/28 (Sun) 19:11
ジャッジ~島の裁判官奮闘記~ 3話 告白

三沢恭介(西島秀俊さん)は裁判官になって初めての殺人事件を担当する事になったがその公判の数日前に東京でもんじゃ焼き屋をやっている1人暮らしの母親早苗(大山のぶ代さん)が自宅で転倒して太股部を骨折して入院し手術が必要だとゆう知らせが入る。手術の日は裁判の公判の日だった。裁判が例え無い日だったとしてもここ大美島では恭介1人しか裁判官が居ない為に令状当番の職務の為に島を離れる訳にはゆかず東京の病院に駆けつけるのは不可能だった。その為恭介の妻麗子(戸田菜穂さん)が1人で東京に向かう事に。

殺人事件の公判の日になるが殺人事件等の様な重大事件の刑事裁判の場合は合議体と呼ばれる3人の裁判官で行われるのが常でそれは島の裁判所でも例外ではなかった。その為公判毎に鹿児島の本庁から2人の裁判官が出張してきて裁判が行われる形に。ただ普通の場合と違うのは通常は3人の中で裁判官経験の一番豊富な人間が裁判長を勤めるのだが恭介が大美島支部の支部長なので恭介が裁判長を勤めるとゆう点だった。

その殺人事件とは11年もの長きに渡って病気で寝たきりの夫(左半身が不随)を介護していた妻本田磯子(中原ひとみさん)がその夫を顔にビニール袋をかぶせて窒息死させたとゆう事件だった。公判で弁護士の平正明(寺田農さん)は長年の1人による献身的な介護で肉体的精神的に疲れ果ててしまった被告が思い余って犯行に及んだものだと主張する。が磯子は裁判では黙秘だった。警察の取調べ等や弁護士の接見でも磯子は殺害の事実については認めたが動機等それ以外の事については一貫して黙秘を続けていた。恭介は裁判長席から被告を見つめている内に被告と同じ年齢の母親の事を思い浮かべてしまうのだった。磯子と被害者の夫の間には1人息子(津田寛治さん)が居たが昔詐欺まがいの事件を起こして島民からお金を騙し取って行方をくらましてそのまま10数年音信不通だった。その息子が情状証人として法廷に現れたのだが磯子には高血圧の持病があり息子と再会して血圧が上がったのか裁判中に倒れて公判が途中で打ち切り延期に。

平と共に磯子の弁護を担当する畑夏海(浅野温子さん)はこの裁判を殺人ではなく嘱託殺人として裁判をやり直して欲しいと裁判所に願い出て嘱託殺人立証の証拠集めに取りかかるのだった。弁護側からの申し出に難色を示すその他2人の裁判官に恭介は被害者の死に顔が無理矢理袋をかぶせられて窒息死させられたとはとても思えないほど安らかな死に顔だった事とベッドのシーツ等に乱れがなく争った形跡や抵抗した形跡が全く無かった事等からこの事件が単純な殺人事件では無いと考えてじっくりと時間をかけて審理するべきだと主張して弁護側の申し出を受け入れる事に。

恭介は休みの日に娘の麻衣子(枡岡明さん)と島の祭り等に出かける。そこで今回の事件の被害者男性が昔島の相撲大会で優勝するぐらいの体力があった事を知ったり磯子の息子が島民らからお前のせいであんな事件が起こってしまったんだと責められている場面を目撃するのだった。その後も島ならではで悪天候の為に証人が乗ってくる予定だった飛行機が飛べずに恭介の判断で公判が延期になったりとして遅々として進まなかった。

磯子と夫は夫が経営していた工場が潰れて昔住んでいた場所から引っ越したと思われていたが実は息子の不始末の穴埋めをする為に家と土地を売り払って息子の詐欺の被害者への弁済金に当てて引っ越してからも昔住んでいた村の地区長(河原さぶさん)宛てに少ない年金の中から少しずつお金を自首的に送り続けていたとゆう事が地区長の証言でわかる。地区長は最近送金が滞りがちになっていたので何かあったのかと心配していたらこんな事態になっていたとは…っとやるせなさを語るのだった。

それらの事を初めて知った息子が「島に帰りたかった…」っと法廷で泣き崩れる。そして夏海から殺された夫が不自由な体で書き残していた日記が提出されて更に恭介が被告席の磯子に向かって「私はこれまでのあなたのお話や関係者のお話を聞いていてもまだ判決を書く自信がありません。どうかあなた自身で真実を話してください!」っと話しかけようやく磯子は真実を告白するのだった。夫から「もう楽にしてくれ!」っと何度も頼まれてそんな夫を見続けるのが可哀相で思わず殺してしまったと夫からの嘱託殺人だった事を証言。その後でだからと言って自分が人を殺してしまった事には変わりはなく執行猶予は望みませんっと実刑を希望するのだった。磯子の言動の裏には自分も夫もずっと息子(あんな馬鹿息子でもやっぱり可愛い)が島に帰ってくるのを待ち続けていたのにもし執行猶予がついて今後自分と息子だけが暮らしてゆくなんて事になれば殺してしまった夫に対して申し訳ないとゆう気持ちが強かったとゆうのがあったとゆう事で。夫の日記ノートの最後のページには「いそこ ありがとう」と書かれていた。

で恭介が下した判決は懲役3年執行猶予5年だった。恭介は「どんな事情があったとして殺人は許される事では無いが被告は犯した罪の重大さを受け止めている…」っとそして「今後は帰ってきた息子さんと一緒に生きて欲しい」っと磯子に告げるのだった。

大美島に退院した早苗がやって来て久しぶりに母親と再会する恭介。恭介は母親の体を心配して自分達と同居しようと言うが早苗に断られるとゆう感じでしたけどお互い久しぶりに会えて嬉しそうでしたね。麗子が恭介と結婚を決めた大きな理由の1つがもんじゃ焼き屋を切り盛りする早苗の様子を見てこの人の息子ならっと思ったのだと恭介に告白するってゆう場面もありましたね。夫婦間にも笑顔が戻って完全に夫婦の危機は乗りきったのかなっとゆう感じですね。

次回は交通事故裁判でまた恭介が難しい判断(実刑にするか執行猶予をつけるのか)を迫られる展開になりそうですね。あと夏海の父親が昔裁判官だった頃の話とかもあるみたいですね。鹿児島本庁から派遣されてきた裁判官役の利重剛さんと野波麻帆さんもそれぞれ個性的で良かったですね。後半ほとんどセリフがなかったのが残念でしたけど。
スポンサーサイト



<< 浅見光彦シリーズ27 竹人形殺人事件 | ホーム | ちりとてちん 4週 小さな鯉のメロディ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP