fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2007/10/30 (Tue) 20:52
ガリレオ  3話  騒霊ぐ(さわぐ)消えた夫と幽霊の棲む黒い家!

今回は珍しく湯川(福山雅治さん)の方から薫(柴咲コウさん)に電話がっと思ったら湯川のゼミの生徒村瀬(林剛史さん)の姉の神崎弥生(広末涼子さん)の夫直樹が失踪したので探すのに協力してやって欲しいと半ば強引に押しつけられてしまって困る薫でしたね。おまけに弥生は口が悪くてこんな自分より若い刑事じゃ頼りにならないとか言われ放題でしたし。

とりあえず弥生に話を聞く薫。直樹は介護用品メーカー勤務で得意先の老人ホームを訪問した後に消息が途絶えたのだとゆう。弥生は直樹が老人ホームの近くにある以前車椅子を販売した高野ヒデとゆうおばあちゃんが住んでいる家を訪問したのではないか?っと考えて直接高野家を訪問したがヒデは既に心筋梗塞で病死(直樹が失踪した日に)して葬式の後始末中だ&直樹の事は知らないとゆうヒデの甥高野昌明(甲本雅裕さん)が応対に出たが家中に不審な男女3人が居るのが見えて気になったとゆう。で弥生はその後も張り込みその結果それからずっと高野家に居座っている4人が毎晩8時になると決まって揃って外出するしかも手に数珠を持って。4人はパチンコや食事等で時間をつぶして1時間程経つと帰宅するとゆう繰り返しだった。ある夜弥生が思い切って4人が出かけた後に高野家に侵入してみると何かガタゴトと揺れ動く物音が聞こえたとゆう。その時はすぐに外に出たのだが弥生はあれはきっと屋敷のどこかに縛られて監禁されている直樹が出していた音に違いないとゆう。弥生は早く高野家を家捜しして直樹を助けてよっと薫に訴えるが証拠も無し令状も無しでそんな事はできないっと薫が答えると「役立たず!」等と弥生にボロクソに言われてしまうのだった。

薫は貝塚北署に戻り監察医の城之内(真矢みきさん)にひでの死亡診断書には不審な点が無い事(元々心臓病で治療していた)を確認した後近所から騒音の苦情があったとゆう事にして先輩刑事の弓削(品川祐さん)と共に高野家を訪問し強引に家の中に入ろうとしたが失敗して弓削にもバレて生活安全課の仕事だろうと怒られてしまう。薫は弥生の家を訪れて駄目だったと報告するがまた「役立たず!」っと言われおまけに「あんたが上司も説得できない下っ端だからでしょう」とまで言われてしまう。流石に薫も怒って「確かに私は下っ端だけど、でも事件に巻き込まれたならそんなの関係ないともし本当にこれが事件ならね」っと言い返すのだった。弥生は直樹の足取り捜索中に老人ホームのおじいちゃんが話してくれた話(直樹が自分達一人一人の顔と名前をちゃんと覚えていてくれて訪問する度に家族みたいに優しく声をかけてくれた)をしてだからヒデさんの家にも必ず立ち寄ったはずだと言う。弥生が聖華女子大卒業のお嬢さんで裕福な家庭の出だと知り驚く薫。弥生はだから平凡な会社員との直樹との結婚は家族に大反対されたとゆう。弥生が直樹と結婚した最大の理由はあんなに心の綺麗な人は居ないからっとゆう事だった。弥生は妊娠4ヶ月目だった。

弥生の話を聞き薫も何とかしてあげたいと思い高野家の4人が外出した隙に2人で侵入する。すると室内の至る所に魔除けのお札が貼られていて驚く2人。今度は突然家中がガタガタと激しく揺れだしたので慌てて屋外に避難するがなんと激しく物音がして揺れているのは高野家だけだった。薫はあれはポルターガイスト現象ですぅっと湯川に伝えるが湯川は薫に役所から高野家が建ってる場所の昔の地図をもらってくる様に命じる。薫が持ってきた昭和45年、40年、33年、27年っと遡って地図を見ていた湯川は高野家が出来る前の場所にマンホールがあるのを確認してからひらめいたらしく突然黒板に数式書き殴りはじめるっとゆう毎度のポーズをして結論に達した。がその結論は弥生にとっては哀しい結末になるのだった。湯川はポルターガイスト現象が起こる様になったのは4人の行動からヒデが死亡してからだとゆう事と昌明らがお札貼ったり数珠を持っているとゆう事は何かの霊の祟りを怖れているのだと。しかもそれは誰にも相談できないらしいとゆう点から4人が怖れているのは神崎直樹さんの霊だと。直樹はおそらく殺されて遺体はあの家のどこかに…っとゆう湯川にそんなっと弥生の事を思い表情がこわばる薫だった。悪い冗談はやめて!っと言う薫に「君の仕事も僕の仕事も最悪の結果を予測してしまう事がある。だがだからと言ってそこでやめるわけにはいかない。僕たちには感情を捨てて結果を確かめる義務があるから」っと答える湯川だった。

薫は刑事として自分にできる事っとゆう事で名前はわからないが記憶にある高野家に居たチンピラっぽい男の顔を2万人もの膨大な前科者リストと照合開始。一方で聞き込みもしてヒデがかなりのお金を貯め込んでいたらしいってゆう事と昌明に多額の借金があったらしいとゆう事がわかった。更にガラの悪いしつこい取り立て屋に追いかけられていたとゆう事も。薫は前科者データベースの中についにチンピラ男を発見する。がそれは最悪の予測に更につながるとゆう事だった。心労で疲れ果てた様子の薫に「目が充血してる…頬もこけた…」っと淡々としながらも心配そうに声をかける湯川に眠れなくて食欲も無いと答える薫。薫は「自分は刑事に向いてないかも?」っと自信喪失発言。湯川は「向いてないとは思わないが…もしもこれ以上深入りしたくないのならほかの誰かに任せたほうがいい…」と告げこの言葉で薫はなにくそっとゆう感じで再び事件と向き合う事に。2人は昌明達にカマをかける事に。湯川は助手の栗林(渡辺いっけいさん)に信金職員を装わせてヒデの預金口座がありその事でお話したい事があるからっと昌明を呼び出させて昌明とチンビラ男がニセ電話に騙されて外出してから高野家に踏み込むのだった。中には昌明の妻とチンピラ男の女が居たが2人は家捜ししてセメント袋等を発見して追及。3時になり突然家が激しく揺れ出し皆驚いて外に出るが湯川は予想ずみでこの事が自分の予測の確証となったのだった。湯川と薫は昔マンホールがあった場所に当たる部分の室内の畳をのけて床板をめくる。するとそこにはセメントで固められた物体があった。湯川はこれがポルターガイストの正体だと叫ぶが薫はそれを見て哀しいやるせない表情になるのだった。セメントの物体は直樹の遺体だったからだ。

弓削に取り調べられる昌明。昌明は借金が膨らみ何度もヒデに泣きついたのだが断られた。あの日は借金取りのチンピラ男と女も一緒に来ていたのだがチンピラ男がヒデに強引に金貸してやれよっと暴力的に迫り車椅子毎ヒデを押し倒してヒデは心臓の発作を起こして亡くなってしまった。でそこに外から物音を聞きつけて直樹が家の中に入ってきた。直樹は早く救急車をっと訴えるがチンピラ男が見られてしまってはっとゆう事で直樹も殺害して死体を床下に隠しその上からセメントを流し込み固めたのだった。

一方大学の研究室では湯川が栗林に今回のポルターガイスト現象の正体を解説していた。物体にはそれぞれ固有振動数なる物がありそこに外部から新たに加えられた力の振動数がその物体の固有振動数と一致した場合にその物体は激しく揺れるとこれが共振現象だと説明。今回高野家の床下には古いマンホールがあって下水管を通じて近所の工場とも繋がっていた。その工場が毎晩8時からの1時間作業の一貫として熱水放出作業をしていた。その熱水の熱が蒸気となって高野家のマンホールの蓋を激しく振動させて家全体が激しく揺れる現象を引き起こしていたのだと。しかしヒデが存命中はそんな現象は起こってなかった。とゆう事はヒデの死後マンホール周辺で何か大きな環境の変化があったから新たな激しい共振現象が起こる様になったのだと推測される。直樹の死体をマンホールの蓋の上でセメントで固めた事によりそうなったのだと。湯川は自分の仮説を立証する為に高野家に乗り込んだ日に工場に頼んで午後3時に熱水を放出してもらったのだった。

警察の霊安室で直樹の遺体の傍らに立つ弥生。薫は貸金庫の鍵を弥生に示しこれは直樹のスーツのポケットの中にあったと。直樹はヒデから信用されて貸金庫の鍵を預かっていたようだと。警察が調べた貸金庫の中にはヒデの遺言状がありそこには全財産を直樹に譲るとゆう文言が書かれていたと説明する薫。驚く弥生に遺言書は未開封のまま…つまり直樹はそんな事が書かれているとは全く知らずにヒデから鍵を預かっていたのだろうと…「本当に心のきれいな人だったんですね。ご主人は」っと声をかける薫。弥生は心のどこかでもう直樹は帰ってこないんじゃないかと覚悟していたっとでも「あなたに任せてよかった。ありがとうございました」っと薫に頭を下げるのだった。
そして直樹の顔を触りながらお腹の赤ちゃんは自分が責任持って育てるからっと語りかける弥生。弥生はポルターガイスト現象を直樹が自分に居場所を教えてくれたんだと今でも信じていた。その姿を複雑な表情で見つめる薫だった。

湯川の研究室でぼ~っとしている薫にコーヒーを入れる湯川。薫はもう少しここに居て良いですか?っと湯川に頼む。湯川はじゃあ1時間ほど出かけてくるからっと外出しかけて薫に「何も食べてないんだろ?美味しいおにぎり屋があるから買ってきてやる。何が良い?」っと尋ねて「シャケとおかか」っと答える薫に「僕と好みが一緒だ」 っと答えて出かける湯川だった。1人になった薫はこれまで抑えていた物が一気に噴き出したのか泣き続けるのだった。





これ湯川変人キャラじゃないですよね(^^;)今回は薫に対して思いやりみせまくりってゆう感じでしたし。まぁ今回は自分が薫を事件に引き込んでしまった。最初は単なる失踪事件だと思っていたのが殺人事件とゆう事に。しかも薫が弥生の為に一生懸命になった結果が事件は解決したものの辛い結末になってしまったとゆう事で責任感じてってゆう事なんでしょうか。それだったら次回からはまた元通りの湯川って事になりますけど次回以降もこの流れだと月9だからやはりラブ要素もっとゆう事ですな。福山さん湯川は外見もイケメンだしスポーツマン(今回は前回のスカッシュに続き室内ロッククライミング)ですしあまり変人変人だとドラマ内で強調されてもあまり伝わって来ないんですよねぇ(^^;)。

マンホールの上に家って事は昔区画整理とかある前は道路だった場所ってゆう事ですよね。でも普通そんな上に家建てるのならマンホール完全に塞ぐ処置(蓋除去してコンクリで固めるとか)するんちゃうんってゆう感じもするんですけどね(^^;)。今だったら絶対そうですよね。今日のは昭和30年代みたいですからその辺はいい加減だったってゆう事ですかね。

ヒデの財産の行方は?遺言書の有効性は?ってゆう感じでしたよね。有効なら先にヒデが亡くなって直樹が死亡ですから相続権は弥生と弥生のお腹の中の子にってゆう事になるのかな?でもドラマの感じでは弥生は受け取るみたいな感じではなかったですけどね。昌明以外の親戚は居なかったみたいですから弥生が受け取らなければ全部国庫にって事で。
スポンサーサイト



<< スワンの馬鹿!~こづかい3万円の恋~ 3話  胸キュンさせる法 | ホーム | 獣医・いかり七緒の殺人診断 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP