fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2007/11/02 (Fri) 22:06
3年B組金八先生8 4話 親父はウザイか?

今回は父親と子供ってゆう感じでしたね。

金八(武田鉄矢さん)は娘の乙女(星野真里さん)が最近帰りが遅くなる事が多いので深夜に帰宅した乙女に遠回しに問い詰めて見ると同僚教師の湯山(蟹江一平さん)とつき合っていると告白される。湯山が乙女より10歳年上の35歳だと聞きもしかして不倫?と危惧する金八。不倫ではなかったが湯山はバツ1で別れた奥さんとの間に子供が居る(奥さんが引き取って育てている)とゆう事だった。金八はその男と結婚するつもりなのか?っと尋ねるが乙女は結婚はするつもりはないとなぜなら湯山がもう結婚するつもりはないからだと言ってるからだと。自分もそれで構わないとそして学校の近くにアパートを借りて一緒に住みたいと思っている等とと告げる乙女にショックを隠せない金八だった。金八はもっと話そうとしたが乙女に逃げられてしまいましたし(^^;)

サトケン(廣瀬真平さん)の欠席が長期化し(母親からは熱が続いているとゆう電話)クラスメイトの何人かが夜の河川敷でサトケンを目撃したとゆうのがあった為金八は家庭訪問。サトケンは父親(小宮孝泰さん)に野球道具を捨てられて暴れた日以来ずっと部屋に閉じこもって出ない引きこもり状態になっていた(夜こっそり抜け出して河川敷に)。金八が部屋の外から話しかけても返答せず出て来ないサトケンに金八は単純に解決する問題ではないと感じとりあえずその日はクラスメイトらが心配している事だけ伝え帰るのだった(若い頃だったらもっと強引に今日全て解決しちゃるぐらいの勢いだった気がするんですけど^^;)。で飲み屋で乾先生(森田順平さん)や本田先生(高畑淳子さん)らに乙女の事を酔って愚痴をこぼす金八w。まぁそこでサトケンが野球進学の推薦を断ったのは同席した父親の強い意向だった事を知りさっきサトケンの家から帰る時にチラっと会った父親の態度の事それに真面目なサトケンが最近見せた変化(野球のユニフォーム風の服で私服登校していた)の事等から父親との確執が原因か?っと気付く金八でしたけど。サトケンと近所の幼なじみでクラスメイトの諏訪部裕美(山田麗さん)(家は寿司屋)の父親(石倉三郎さん)や母親の話からサトケンは昔は野球小僧だった。サトケンが野球する様になったのはむしろ父親の影響で昔は毎日の様にキャッチボールとかして試合にも必ず応援に行っていて店に来てもその話ばかりで親馬鹿ぶりだったが勤めている信用金庫で出世して忙しくなってからは人が変わった様に野球の話はしなくなり店にも来なくなったとゆう事がわかるって感じで。だからサトケンにすれば自分が野球大好きになったのは父親が原因なのに今はその父親に大好きな野球を取りあげられてしまったとゆうやるせないジレンマがあるんでしょうね。父親と一緒に野球やっていた頃の写真見つめてるシーンがありましたし。

裕美の父親がたまたま家に来た北山大将(亀井拓さん)に包丁ちらつかせて悪ふざけ(昔から裕美が男の子をうちに連れてくるとやっていたらしい^^;。まぁ可愛い娘に近づく異性が気になるって事ですな)をして大将がビビって翌朝教室で裕美の父親はヤクザで怖い等と皆の前で発言した為に裕美が泣いてしまう事態に。で金八は生徒らに父親とは?っとゆう感じの話をしはじめて父親を感じた時の事の話を生徒らに尋ね答える生徒達。で金八は万葉の歌人山上憶良が幼い我が子を亡くした時に詠んだ歌“若ければ道行き知らじ賄(まひ)はせむ 黄泉(したへ)の使 負ひて通らせ”(我が子は年端もいかない幼児なのであの世への道の行き方を知りません。黄泉の国の使いの人よ、贈り物をしますからどうぞ子供を背負ってあの世への道に連れて行ってやって下さい)を取りあげて「子供は父と母に愛されて成長します。そして子供はやがて見知らぬ人を愛するようになります。それを思春期と言います。ここからは人を愛し守ろうとする存在になります…」等と父親の子供に対する思いを説くのだったが…金八自身が乙女に対する思いがこみあげたのか途中で突然涙声になってサトケンの席に座り込んで泣き出してしまい生徒らが工エエェェ(´д`)ェェエエ工っと驚いてしまうのだった(^^;)。大将はその後再び裕美の家を訪れて裕美の父親が握った寿司食べて笑顔でこの問題はこれで終わりってゆう感じでしたけど大将の両親は何か問題ある両親みたいですね。父親は酔っぱらって大将の事を殴ってばっかりで大将には父親に関する良い思い出とゆうのが1つも無いみたいですし母親に対しても全く愛情を感じてないみたいですから。。この両親の問題も今後登場するんでしょうな。


乙女は湯山と同棲するって安直に言ってましたけど違う学校ならともかく同じ学校ではまずいでしょって感じが。職員住所録の住所とかどうすんだって感じが。それに学校の近所だと生徒や父兄に目撃されまっせって感じが。
スポンサーサイト



<< 医龍2~Team Medical Dragon~ 4話  絶対殺せない患者 | ホーム | 京都地検の女4 2話  マナーの達人と思秋期 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP