プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/30 (Sun) 16:43
おばさんデカ桜乙女の事件帖ファイナル

やっぱり今回の15作目で最後なんだっと思うと寂しい感じでしたね。まぁ放送枠の終了と共に中途半端に終わる形になってしまった火サスの多くのシリーズ作品の事考えると良かったのかもしれませんけど。最終回っとゆう事でこれまでのシリーズの7作目と8作目それぞれ乙女と共に事件解決した警視庁特捜分室の本田刑事(火野正平さん)と大川刑事(蟹江敬三さん)も 再登場で豪華キャストでしたね。時間の都合もあったんでしょうけど初期の配属先の刑事だった山田吾一さんとか左右田一平さんとか鶴田忍さんの出演がなかったのが残念(EDのこれまでの名場面紹介場面には写ってはりましたけど)。結局1994年の1作目からずっと登場したのは乙女の夫正樹役の蛭子能収さんだけでしたね。その次に多く登場したのは米田刑事役の布川敏和さん(1~6、9~15)とゆう事になりますね。

今回もこれまでの定番シーンてんこ盛りでした。殺人現場に入ろうとして現場警官に「おばさん駄目だよ!」っと野次馬と間違われて怒って警察手帳を示すシーンや殺人現場で主婦ならではの好奇心で冷蔵庫開けて料理の下ごしらえしたステーキ肉手で触って鑑識課員ともめるシーンや正樹が書いている途中のエロ小説を乙女が無表情で淡々と朗読して厳しく批評するシーンや刑事課課長らに「おい!おかめ!」っと言われて「おかめじゃありません!おとめです!」っと言い返すシーンとか(^^;)。今回だけのお笑いシーンは冒頭のライフル持ったシージャック犯をおかめが突然歌とか歌い出して説得しようとするが撃たれて死ぬっと思ったら夢オチだったってゆうのと極秘に捜査対象先の会社のパーティに潜入捜査のはずが陳列品の山倒しまくりで思いっきり目立ちまくりとかでしたw

今回の事件は今世間でも話題になっている食品偽装問題を扱ったとゆう感じでしたね。片岡弓枝(仁科亜希子さん)と大杉薫(床嶋佳子さん)は15年前信島武雄とゆう料理研究家に師事していたが弓枝は信島に弄ばれやはり同じく信島に師事していて弓枝に思いを寄せていた田沼敬三(市川勇さん)が料理教室の調理場で殺害。信島の死体を発見した薫は現場にあった信島の秘伝ハム製造方法のレシピが書かれたノートを盗んでしまった為に警察に連絡せずにその場を立ち去った。その様子を弓枝に目撃された。薫は盗んだ信島のノートのレシピを教わったと夫の大杉和夫(藤田宗久さん)に見せて夫婦の念願だった手作りハムの店をはじめたのだった。最初は手作りで手間がかかる上に1本2万円もする高級品なので売れずに苦しんだがやがてお金持ちの間で買われる様になり上手くいった。が現在は食品会社「片岡フーズ」を興し社長になっていた弓枝に目をつけられ「信島を殺してノートを盗んだんでしょ。ノートを持ち去るところを目撃した」っと脅されてハムの店とハム製造の特許を売る様に迫ったのだった。薫は仕方なく和夫を説得しようとしたが和夫は拒否。それ以降は夫婦仲も完全に冷え切ってしまった。弓枝の方も会社経営が傾きかけた時に信島殺害の真相を嗅ぎつけた元厚生労働大臣の大物代議士角田(立川三貴さん)に脅されて会社を立て直してやるからと銀行紹介されて会社は立ち直ったもののその後角田からお金を要求され続けて地獄の状態に。どんどん弱小会社の弱味につけこんで吸収合併を繰り返して会社存続を計るとゆう日々で大杉夫妻の店も標的にしたのだった。銀行に手を回して融資を止めた為に資金繰りに困った和夫は金貸しに借金し結局店と特許を手放す羽目になってしまった。弓枝の娘映子(濱田万葉さん)が弓枝に目をつけマネ-ジャ-として付き弓枝を料理家としてテレビ番組等に出し主婦のカリスマとして会社の広告塔として利用するのだった。和夫は3年がかりで「片岡フーズ」の開発部社員峰尾(平木隆詞さん) の協力も得て銀行を巻き込んで自分の店を潰した手口と「片岡フーズ」がオーガニックだと大々的にうたって販売しているハムの豚が合成添加物たっぷりの餌で飼育された普通の豚だとゆう事をつかんでこの事を公表すると弓枝に迫った。言い争いになり弓枝は現場にあった置物で和夫を撲殺。その後現在は自分の会社で開発部長になっている田沼に助けを求めた。田沼は強盗の犯行に見せかける様に工作させたのだがその時に包丁を洗った弓枝が手を切ってしまった。弓枝は少量の出血だからとそのまま他の食器も洗ってキッチンぺーパーで手を拭きゴミ箱に捨てたのだが結局これが証拠となる事に。その後弓枝と田沼は和夫が自分達の不正の証拠を暴いた物がないかどうか調べるが見つからなかった。和夫は自分が大事にしていた豚の置物の中にメモリーカードを隠していたのだった。桜乙女らがそのメモリーカードを発見し銀行も裏工作を認めて田沼も弓枝の和夫殺しは頑なに否定し続けたが15年前の信島殺しについては認め弓枝は万事休すにっとゆう感じでしたね。

ドラマの中では角田が逮捕される場面はなかったですけど最後にこれから検事が追及するとか言う場面がありましたから失脚したって事なんでしょうね。あと内部告発しようとした峰尾がビルから転落死した真相の説明回想場面もなかったですけど死体発見時に暴力団風の男2人が現場から立ち去る場面がありましたから角田が手を回して殺させたって事だったんでしょうかね?。乙女は映子に「片岡フーズ」立て直す様に諭してましたけど社長と開発部長が殺人で逮捕、更に企業買収の不正、おまけにに看板商品のハムが食品偽装じゃ…潰れるのは時間の問題ですな。元々角田に助けてもらわなければ潰れていた様な会社ですし。

市原さんも肌つや良くてお若く見えますけどもう71歳なんですよね(^^;)それで各局2サスに主演シリーズがあったんですからすごいですよね。一番長く続いている土ワイドの「家政婦は見た!」は止めないで欲しいですけどね。フックン唯一のレギュラードラマが終わってしまいましたね。
大川の甥で東京地検特捜検事浅野役で木村昇さんが出てましたけど木村さんって石原プロ21世紀の石原裕次郎コンテスト準グランプリで選ばれた人の中では一番早くからドラマ出演(2001年連ドラ「愛は正義」の準主役的なレギュラー)してましたけど最近は尻窄みな感じですね。石原プロ製作のドラマでもあんまり重要な役柄では無い感じですし。
スポンサーサイト

<< 鉄道捜査官8・死体が 線路際を歩いた!?山形鉄道フラワー長井線、狙われた終着駅!密室列車内の 泥だらけ毒殺トリック | ホーム | 2007年10月~12月の新連ドラ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。