fc2ブログ

プロフィール

うっかり君

Author:うっかり君
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のトラックバック

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

2007/11/04 (Sun) 11:42
ちりとてちん 5週 兄弟もと暗し

喜代美(貫地谷しほりさん)は自分が草々(青木崇高さん)に恋心を抱いている事に気づき「辻占茶屋」の話に習って目をつぶり最初に聞こえた声に従おうとしたが…聞こえた声は「B子!」っと呼ぶ清海(佐藤めぐみさん)の声でなんでよっ!とショックを受ける喜代美。そこに草々が店から出てきて清海と出会ってしまう。草々は清海に接近して清海の顔を間近でジーっと見つめ何かを思い出した様に清海について来てくれっと告げて喜代美共々3人で下宿に戻る。草々が何やら新聞記事の切り抜きが入った箱の中をごそごそして一枚の切り抜きを取りだして喜代美と清美に見せる。2人はそれを見て驚く。それは清海が高校時代に新種の珍しい恐竜の化石を発見して写真入りで載ったあの記事だったからだ。喜代美は実際にあの化石を見つけたのは私だったのにそれがどうして今こんな形でっとゆう思いに駆られる。で改めて清海に挨拶する草々だったが喜代美と清海が漢字は違うけど同姓同名の“わだきよみ”だとゆう事を知り驚くのだったっとゆうか喜代美の名前をちゃんと覚えてなかった(呼ぶ時はお前とか上方落語の登場人物の喜六にちなんで喜ィ公でしたもんね)んですね。喜代美もショックとゆう感じで(^^;)。恐竜好きだとゆう意外な一面があった草々。恐竜の話になり喜代美は何とか草々に話を合わせようとするが空振りばかり。清海が恐竜にはロマンがあると発言して草々もそうやっとゆう感じで笑顔で会話する2人を喜代美は複雑な表情で見つめるのだった。その日の夕食時草々は草若(渡瀬恒彦さん)に清海の事を話し清とゆう字は清八の清だと話す。上方落語で喜六と清八はコンビとしてよく登場し喜六がアホでどうしようもないのに比べて清八はしっかり者なのだと言う。喜代美は自分と清海の関係そのままやん?っと複雑になる。翌日あきらかに草々の事を意識して見つめているのがバレバレwな喜代美に草若がが草々の事が好きなんだろうっと草々は鈍いから気付いてないみたいだがっと声をかける。懸命に否定する喜代美だったが草若が草々の初恋の女性の話をしてやるとゆうと思いっきり食いつくのだったw。草々の初恋の相手とは「次の御用日」とゆう落語の中の登場人物のとうやんとゆう女性で典型的な可憐で純情なお嬢さんで思わず助けてあげたくなる様なタイプで当時まだ15歳で入門仕立ての草々が夢中になったのだとゆう。草々は偶然町中で大学のサークルの先輩につきまとわれて困っている清海を助け会話を交わすがコンパの意味がわからず真剣な顔で尋ねる草々に思わず笑ってしまう清海だった。喜代美は電話で相談した順子(宮嶋麻衣さん)にあんたが良い女になれば良い等と叱咤激励され奈津子にも良い女とは?っと相談し奈津子は料理のできる女だとアドバイスするがそれは昔彼氏を“肉じゃが”作りの上手い女性に奪われてしまったらしい?体験かららしく感情的になる奈津子だった(^^;)。奈津子は清海が化石の事を本当は喜代美が発見した物だ等と説明するつもりなんかなかったのだろうと話す。が下宿に戻ると清海が来ていて草々に新聞記事の恐竜の化石を発見したのは実は自分ではなく喜代美だと謝っている場面を目撃してしまい良い女とは…っと考えてしまう喜代美だった。


正直な清海にますます惚れてしまった感じの草々。はたから見てもその事がわかる様な状態に。草々は喜代美に清海が自分の事について何か言ってなかったか?自分をどの様に思っているのか?と尋ねる。喜代美は思わず自分の気持ちを答えてしまうのだったがそれは草々が清海が自分に好意を持っていると勘違いさせて喜ばせてしまう結果になってしまうのだった。その様子を見ていた草若に何やってるんだかっとゆう感じであきれられ馬鹿にされてしまう喜代美。しかし喜代美は草々の笑顔が見られた事だけで満足だった。喜代美は清海に会い先日自分に親切にしてくれたのに勝手にマンションを飛び出してしまった事をわびる。清海も喜代美が自分が嫌われた訳ではない事を知り安心する(喜代美は清海の事が嫌いなのではなくて清海と一緒に居ると自分がB子になってしまう事が嫌なんですよね)。喜代美は清海に草々の事をどう思っているか尋ねるが清海は面白い人だと思うとは答えたがそれ以上の感情は持ってないみたいだった。それよりも大学に進学したものの友達やサークルの先輩らが講義等に真面目に出ずコンパ等遊ぶ事ばかり考えていて困っている事や最近芸能界の事務所にスカウトされてどうしようか悩んでいる等を喜代美にうちあける清海だった。清海は小浜から出てきて下宿も自分で見つけてフリーライターのアシスタント等をしている喜代美の事を褒めるので戸惑う喜代美(何となく偶然が重なってたまたまそうなっただけですもんね)。喜代美は清海から聞いた気持ちをそのまま草々に伝えるが草々はそれだけか…っとゆう感じで落ち込んでしまうのだった。そんな暗い草々を見るのは喜代美も辛かった。がしばらくして(いきなり半年ぐらい経過^^;)草々が今度また高座に出る為に久しぶりにやる落語のネタの練習をするから聞いてくれっと言われて喜代美は嬉しくなるが…草々がやりはじめた落語はあの「次の御用日」だった。ショックを受ける喜代美。草々が「次の御用日」をやるとゆう事は心の中で今でも清海の事を思っているとゆう事になるからだ。落語を聞いているうちに辛くなり耐えられなくなった喜代美は駄目だ、聞いてられません!っと言い残して飛び出し母親の糸子(和久井映見さん)からの先日の電話(祖父の命日の法事)を思い出してそのまま故郷の小浜に帰ったのだった。


喜代美は高校卒業と同時に大阪に出て以来半年ぶりに里帰りし実家へ。実家に戻ると正典(松重豊さん)小次郎(京本政樹さん)正平(橋本淳さん)ら家族が何やら口論状態。喜代美は土下座状態で正典に挨拶するが正典は「そうや喜代美に行ってもらおう」っと一言。喜代美が何事?っと思ったら近所のスーパーの特売品の卵(お1人様1パック)を家族が交代で買いに行く事になったが正典が行くのを渋ってもめていたのだった。そこに糸子が卵3パック買って帰宅。糸子は途中で正平の友達に頼んで買ってもらったと説明。糸子は喜代美を連れて買い物に。喜代美は糸子に順子の実家である魚屋食堂の前でこれから食べ物の事で喧嘩するフリするからねっと言われ自分がこうしたらこうする様に等と説明を受けるが何が何やらわからず戸惑う。糸子はそうすれば喧嘩の仲裁が好きな店主の幸助が止めてくれてまあまあっと魚をただでくれるからっと説明するが喜代美はもしかしてうちそんなに困ってるん?っと驚くのだった。奈津子の雑誌で正典の事が取りあげられてからしばらくは塗り橋の売り上げも伸びて好調だったのだが塗り箸は普通だと作るのに半年ぐらいかかってしまうので生産性を高める為に漆を乾かす乾燥機を購入したのだがそうしている間にブームが過ぎて注文が減少しおまけに乾燥機も故障してしまって乾燥機の月賦ローンだけが残ってしまった状態だとゆう。その為に正典が作った箸以外の安価な工場生産の箸も店頭に置かなければ漆代にも困る様になってるのだと。その頃大阪では自分の落語を喜代美に駄目出しされたと思って落ち込んでいた草々がその事を草若に相談するが草若はその落語が「次の御用日」だと聞きはは~んそうゆう事かっと気付くが草々には理由は言わずその落語は駄目だとだけ言うのだった(草々はますます戸惑う感じでしたけど^^;)。居酒屋「寝床」では小草若(茂山宗彦さん)が酔って喜代美はまだ帰って来ないのかっと騒いでいた。そこに草若と草々が。草若は一同に喜代美が里帰り中だと説明。草々が小草若が口笛吹いた事に対して夜に口笛吹くと泥棒に入られるっと文句をつけたので草々と小草若は口論に。小草若は草々に早く天狗芸能の会長に頭下げろ、それがお前の為やっとか早く親父(草若)が死んでくれた方がお前にとっては良い等と言い怒って追いかける草々。だが長いつきあいで小草若も草々には腕力では叶わない事はわかっているので素早くかわして逃げるのだった。喜代美は居間で小次郎に事情も知らずにっと謝るが小次郎も自分のせい(乾燥機選んで購入したのは小次郎)で家族が険悪な感じになってすまないっと喜代美に謝るのだった。喜代美は祖父の命日は家族皆笑顔で迎えたいっと思うのだった。

何とか家族の不和を仲直りさせて家族を励ましたいと考えた喜代美は海岸で順子に相談していたのだが2人の後ろで車から降りて来る全身白い服で決めたサングラス姿の男の姿が!その男の顔を見て驚き固まる順子w。噂していた五木ひろし(本人)だったからだ。喜代美も驚き母親が大ファンですぅっと五木ひろしに告げて母親連れてくるのでちょっと待っていて下さいっと言って慌てて家に戻って知らせようとしたが家では故障した乾燥機を巡って正典と小次郎が喧嘩になっていた。喜代美は糸子に今五木ひろしが海岸におるから会いに行こうっと告げるが信じず、正典と小次郎にも嘘つき呼ばわりされてしまうのだった。仕方なく喜代美は海岸に戻るが残っていたのは順子だけで五木ひろしは少しの間待っていてくれたが次のスケジュールがあるのでと帰ってしまったのだとゆう(順子がちゃっかり自分だけサイン貰ってるのワロタ)。自分もサイン貰えば良かったと後悔する喜代美が順子の家(魚屋食堂)まで来ると何やら店頭が騒がしかった。テレビ中継が来ていてレポートしているのはなんと小草若だった。驚く喜代美。小草若は焼き鯖食べるレポート(そのレポート終了後に喜代美に気付き駆け寄る。そこに清海の兄の友春(友井雄亮さん)が来て喜代美に話しかけるが側に居る小草若と口論になってしまう。仲裁は屋台で現れた順子の親父w。喜代美は小草若と共にその場を離れ実家に連れて行く。喜代美は小草若に家に来てもらって笑わせてもらえれば家族皆元気が出ると考えての行動だった。小草若は定番のギャグ小ネタの後落語「寿限無」をはじめるが最初は皆注目して聞いていたものの途中で長い名前が出てくる部分で子供の頃の円周率巡る兄弟喧嘩の事を思い出した正典と小次郎が口論になってしまう。おまけに正平が突然高校卒業したら自分は働くと宣言。理由は正典に本当に作りたい塗り箸だけを作ってもらう為だとゆう。正典はそれを聞き無言で奥に姿を消してしまう。小梅(江波杏子さん)は親が子に本心見透かされて恥ずかしかったからだと言う。この間に小草若がフェードアウトしたみたいに姿消してましたね(^^;)。喜代美は弟が真剣に家の事考えてるのに自分は…っと思っている所に友春が。海岸で自分と結婚しようと言う友春の言葉に友春との結婚生活を妄想…っと思ったら結婚式の後すぐに友春死亡で喜代美遺産がっぽりで優雅な生活している妄想でワロタ。で友春と結婚するとゆう人生も良いかなっと軽はずみに言ってしまってこれがまた騒動を招く事に…

結局家族がギスギスしたまま正太郎の命日を迎えてしまった和田家。命日と言っても経済的な問題もあり特別何かする訳でもなかったのだが…そこに突然の来訪者が。友春と清海の父親の秀臣(川平滋英さん)だった。小梅が誰がうちの敷居をまたいでも良いと言ったか等と不機嫌になる中(秀臣は昔正太郎の塗り箸の弟子だったが手作りにこだわる正太郎の元を去り機械による箸作り工場建てた為)秀臣が突然喜代美と友春の婚約の事で来たと発言して驚く和田家一同。そこに友春もやって来て喜代美が自分との結婚を承諾したとゆう様な事を言う。喜代美はそういえば誤解を招く事を言ってしまったかなっと回想する。小梅は秀臣と親戚になるなんてまっぴらだと怒る。秀臣が結婚すれば何かと経済援助もできる旨(和田家が今経済的に苦しい)の発言をした為に小梅の怒りは倍加。喜代美は自分の不用意な言動や態度がこの騒動を巻き起こしてしまって小梅に不快な思いをさせてしまった事を後悔するのだった。喜代美が1人海岸で考え込んでいると遠くからズンズンと歩いてくる男の姿が…草々だった。草々は先日のテレビ番組のレポート中に小草若が夜に口笛発言の事で自分を馬鹿にして焼き鯖なんて食べられない云々言ったので怒ってわざわざ小浜まで焼き鯖を食べに来たとゆう(最近バイトもはじめたってゆう事でしたけど大阪ー小浜の往復の旅費だけでもけっこうかかると思うんですけど^^;)。で和田家の縁側で焼き鯖をむしゃむしゃと食べる草々。糸子は草々を見つめる喜代美を見て草々に失恋して辛くて小浜に帰ってきたのだっと悟る。和田家の家族も喜代美の表情や小浜に帰ってきてからの行動や態度を思い出してそういえばずっとおかしかったと、帰って来てから一度も喜代美の笑顔を見てないっと思うのだった。そして自分が失恋の傷心なのに家族が不和になっていたのを何とかしようとしていたのだとゆう事(結果的には全て空回りで裏目でしたけど^^;)も。秀臣が帰った後に友春との結婚話を受けると発言した事も家族の事を考えてだったのだと気付くのだった。焼き鯖を食べ終わった草々は喜代美に一体自分の落語「次の御用日」のどこが聞いてられない程駄目で悪かったのか?っと問いただす。喜代美は草々の落語自体が嫌だったのではなく草々が清海の事を思って「次の御用日」をしている草々の姿を見ているのが辛くて聞いてられない発言をしてしまったのだがとても本当の事は言えなかった。草々は喜代美から小草若が「寿限無」を和田家でやったと聞きじゃあっとゆう感じで喜代美に駄目出しされてから毎日猛練習したからと告げていきなり喜代美の前で「次の御用日」をやりはじめたのだった。喜代美は初めて聞いた時よりもだいぶ上手くなっていてそれに目の前で一生懸命に落語をする草々を見てこの人は本当に落語が好きなんだなっ&自分が落語をしている草々の事が好きなんだと再確認して自然に満面の笑みを浮かべて草々の落語に聞き入るのだった。和田家の家族も喜代美の笑顔を見て喜びほっとして草々の落語を聞き笑顔になるのだった。その傍らには正太郎の遺影があり結果的に草々のおかげで正太郎の命日に和田家一同が明るい笑顔を取り戻す事ができたのだった。

すっかり笑顔が戻った和田家。正典と小次郎の兄弟喧嘩も一段落で仲直り(小梅に喧嘩するほど実は仲が良いとか言われてましたし)。そこに小浜の観光協会の事務局長竹谷(渡辺正行さん)がやって来て知り合いが中古の乾燥機を譲ってくれるとゆう話を持ってきてくれて乾燥機問題も解決(実は秀臣が自分の名前は絶対出さない様にと裏で手を回してくれたのだった)。草々は正平が作った恐竜の自作の模型?を見つけてこれはすごい素晴らしいっとよく復元してくれた等と熱く語るのだった(恐竜マニアですから^^;)。乾燥機問題解決&草々が恐竜について熱く語るのに触発されたからか正平は正典に大学に進学して恐竜の勉強をしたいと告げる。正典もそれがお前のやりたい夢ならっと笑顔で承諾するのだった。喜代美は正太郎の落語の録音テープを草々に見せでもテープが切れてしまったので聞けないと話していると正平が来て直してくれた。で久しぶりにそのテープを聞く喜代美だったがその落語を聞いて驚いたのは草々だった。その落語をしていたのが師匠の草若だったからだ。それを聞き喜代美も小さい頃によく聞いていた落語が草若のっ?と驚くのだった(大阪で草若と初めて出会った時神社で落語している草若の声に吸い寄せられる様に喜代美が草若の元にってゆうのはこれのサブリミナル効果?だったんでしょうか)。草々はこんな師匠の姿をもう一度見たいと思うのだった。草々が大阪に帰った後1人残った喜代美に和田家の家族らが早く大阪に帰る様にと背中を押してくれて喜代美も大阪に戻るのだった。で下宿に戻って縁側に座っている草々に挨拶っと思ったら草々が突然喜代美に「俺の妹になってくれ!」発言で驚く喜代美っとゆうところで次週へ。



次週は草若が干されてから散り散りになっている草若の元弟子らに草々が声をかけて草若一門再結成?みたいな展開になるんですかね。喜代美と兄弟の話になった時に草々が昔は兄貴や弟がおったって言っていたのは肉親の事じゃなくて落語の兄弟弟子の事だったんですね。草々の肉親ってゆうのも気になりますけど。焼き鯖美味しそうでしたね。でも一匹丸々食べるとお腹にもたれそうな感じもしますけど(^^;)海辺で取れたて焼きたてだと美味しいでしょうな。夏場の季節が飛んでしまったのが残念。あれは貫地谷さん薄着だと体型でアレだからでしょうか(^^;)見事に太いふくらはぎが(;´Д`)ハァハァ。昔で言うとサリーちゃんの足ですかな。小草若は落語の腕は…って感じで挫折してテレビタレントになったってゆう事なんでしょうね。現実だと桂小枝さんみたいな感じでしょうか(落語なんてほとんどやってないでしょうし^^;)。でも人気があるうちはそれで良いですけど無くなった時に本業ができないのでは困るだろうなぁって感じがありますよね。宮嶋麻衣さん演じる順子のキャラも良いですねぇ。なんか冷めた感じの部分が。
スポンサーサイト



<< SP(エスピー) 1話 | ホーム | モップガール 4話  メイド桃子、秋葉原で愛を叫ぶ >>

コメント

まとめカキコ

1)水ミス
エンクミちゃん、放送中止ガッカリ。
せっかく作られたのにモッタイナイですよね。

2)信濃コロンボ
このシリーズでは面白かったんじゃないかと、いつもより(笑)義丹も妻の妹に好意持たれちゃったのが運のツキみたいな。
どのぐらいの期間の設定か知らないけど言い寄るの早いなぁ。

3)「金プレ」浅見光彦
ストリキニーネの小瓶の手渡し、
あんな近距離で見られて気づかないのも笑えるw
スミちゃん!ホント頬がコケてるってかなり細いんでしょうね。顔だけ肉つけるというのも難しいけど;

4)「土ワイ」獣医いかり七緒
動物使うのが大変そう。ヒロイン守るため、リュウは噛みついたけど・・・アレじゃれてる風にしか見えずw
高橋さんの演技力に頼るしかないっていうか。
猫の場合は毛を逆立てて怒る、引っ掻くとか。
ネコパンチは可愛いすぎてダメか^^;

走るゴーカート(笑)ゴルフ場にカメラぐらいあるでしょ!
他のスタッフの目にもつくハズだし。
横暴女社長はいずれ解任になったんじゃ?とも思ったけど。

5)モップガール
なんやかんやで見れておりません。
「トゥルー」の方は謎を残したまま、低視聴率で終わり?
トゥルーの母親の死に実父が関わっているんですよ~
あの時点ではトゥルーと弟は全く知らず・・・
親子で敵対することになるのか気になって仕方なかったんですよね~。いかにも次がありそうなラストだったから。
この番組で土屋アンナの歌ウマイと思いましたw
(主題歌だった)

どうも(^^)

エンクミちゃん主演のは荻野目慶子さんも楽しみwだったんですけど本当残念です。関東の方だとおそらく昼間の再放送の時間に放送したりするんじゃないですかね

今回のコロンボの奴「愛するあまり」って前にもどこかで見た様なってゆうのがあったんですけど同じ枠の女と愛とミステリー時代にやっぱりドラマ化されてました。コロンボは登場しませんけどw。妹がとよた真帆さん死んだと偽装する姉が秋吉久美子さんで姉の夫で刑事だったのが宅麻伸さんでした。今回の水ミスのは妹に最初からうち明けるってゆう手もありましたよね。妹の恋心までは計算に入ってなかったとゆう感じで。

ストリキニーネの小瓶の手渡しシーンの尾行は本当コントかよって感じであの角度じゃ向こうからも丸見えでバレバレやろって感じでしたよね(^^;)このスミちゃん不健康w金八4の3B生徒の頃はふっくらしていたんですけどねぇ(登校拒否の女生徒役である意味一番目立つ生徒役でした。もうかなり前ですけど)。

動物は意図通り動いてくれませんからねぇw噛みついているシーンは本当高橋さんが無理に怖がって犬に襲われてる様になんとか見せてるって感じでしたもんね。でも本当に凶暴な犬じゃ俳優さんが怪我してしまいますし(^^;)難しいですな。猫の場合はやはり昔あった三毛猫ホ-ムズ形式ですかねぇ。犯人と格闘はちょっと…ですよね。あと亀では動きが無さ過ぎですしwニシキヘビとかで犯人に巻き付いてギューっと締め付けるとかw。走る無人ゴーカートは…何かこれありだったら何でもありですよねwあんな公道じゃないくねくねした道をGPS設定でちゃんと走らせられるのかってゆう方が驚きでした。そうそう弟頭切れるんだから株主総会とかで他の取締役とかに手回して合法的に横暴女社長解任する方が良かったんじゃないかって感じでしたよね。


モップガールの方は能力伝えた人はヒロインの母親じゃないみたいで通りすがりのお姉さんみたいなので その辺は「トゥルー」とはだいぶ違うみたいです。だから肉親同士のってゆうのもなさそうですね。合計で11回ぐらいしかないですし。外国のドラマって打ち切りのでもそうじゃ無いやつでも何か続き有るように匂わせるってゆうのけっこうありますよね。谷原章介さんの軽い演技もおもしろいですよ。マギーさんは…ですけど(本当テレ朝系に出演多いですな)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP